すずとかぞく


皆さま、ご心配をおかけしております。沢山のコメントありがとうございました! 実は週末から 少しだけ体調を崩しているのでお返事が遅れると思いますが、近いうちに必ず。子犬たちの件は、保護主さんが信頼を寄せる素晴らしい方が代理掲載をすること になりました。後ほど子犬たちの写真をその方に送ります。その方と保護主さんが手を合わせ、良縁に導くことと信じています。迷惑をかけるといけないので私 のブログに載っていた子犬たちの写真を削除しました。ご理解頂ければ幸いです。

さて、今日はずっと紹介していなかった卒業生について♪
だいぶ前にYさんとお届けしたんですが、今頃になってしまいまして^^;

卒業生黒澤君&ジェリー君の姉妹、ティアラ改めすずちゃんです。


すずちゃんのママさんは、私と同じAB型。すずのお見合いの帰り、車で駅までお送りする途中、色々なお話をしました。初めて会う方なのに、ママさんの猫に 対する思いを知って、胸が熱くなりました。ママさんはご自身でも子猫を保護して里子に出す経験を沢山しています。だからこそ私の気持ちをよく理解してくだ さっていました。嬉しかったです。

ご家族構成は、パパさんママさんと二人のお子さま。それから先住犬ラッピー&先住猫ブースケ。ティアラが「すず」という名前に落ち着くまで、日々名づけを めぐってご家族で熾烈な争いがあったとか(笑)。毎日送ってくださったメールを読んで、笑いっぱなしでした、私。結局お子さまが勝利! どこのお宅でも やっぱり最終的にはそうなりますね(笑)。

先住犬MIXのラッピー。死ぬほど可愛かったです。これでもう中年だとか(驚)。


勿論室内飼育なんですが、ラッピーは玄関横に設置されたハウスがお気に入りの様子でした。


ゴージャスなブースケくん


他の兄弟猫たちはママが里子に出したそうです。この子は最後まで残ってしまった子。


おいしいケーキと紅茶をご馳走になりながら、おしゃべりを楽しみました^^


すずのスペース


はじめの方はちょっと緊張していたすずも、すぐにリラックス


「あたち、ここでこれから毎日楽しく暮らします!」


うんうん^^
良かったね。すずを含め、3兄弟全員幸せになってくれて嬉しいよ~♪ 今年は保護される子猫の数が半端じゃないので、他の年よりも里親探しが難しく感じま す。けれど、頑張ればこういう良縁が得られると思うと、やる気がわいてきます! これからも自分にできる範囲で微々たる活動を続けていきますので、皆さ ま、応援お願いしますね! ペコリ。

「最近のあたちは、ちょっとあそびすぎ傾向です……」


↑ママさんから送られて来た一枚(笑)。私が落ち込んでいる時、ママさんは何通もメールをくださって励ましてくれました。そしてさりげなく自分の経験や思 うことを添えてくださるんです。嬉しかったな。ありがとうございました! 頂いた医療費はYさんの保護猫に充てさせて頂きました。お土産もありがとうござ いました。これからも、すずが結んでくれたご縁を大切に、ママさんとお付き合いしていきたいです。

それにしてもうちの里親さんって、どうしてこんなに素敵な人ばかりなんだろう……。

「それは、お母さんがだらしないから、みんなが心配してくれてるんじゃない?」


ナナー! どうしてお前はそんなことを言うの?!
でも、いつ見てもナナちゃんは美しいね~(よだれ)
大好きだよ~(レロレロ)

☆☆☆ありがとう★★★

いつもコロの応援をしてくださるはなママさまよりペットシーツを頂きました!

 

ありがとうございます^^

コロはチチとラブラブ中なので、べべからお礼させて頂きます!
「はなママさん、ありがとう!」


みいさんとの合同卒業生、千広改め花音ちゃんのママさんから出版祝いを頂きました!


ありがとうございました^^ いつも花音ちゃんを大切にしてくださって、感謝感激です。

それから、みぞさんが私の本をご自身のブログで取り上げてくださいました。
森絵都さんの「君と一緒に生きよう」と渡辺眞子さんの「捨て犬を救う街」など、沢山の本を買ったそうです。実際お会いしたこともありますが、みぞさんはとっても素敵な女性です。みぞさん、ありがとうございます^^

みぞさん→http://gonazu0415.a-thera.jp/

かつくん「Ⅹ127すず、おめでとう。犬と猫は、人と人の縁を結んでくれる素晴らしい生き物だね。ぼくたち猫は縁結びのプロかもしれない……。すずのママ さん以外にも沢山の里親さんがハハに温かいメッセージを送ってくれました。ハハなんて、全然なってないのにね。ただのおっちょこちょいだしさ。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*