ぼくの名はコバ


ただいま。
アマー(祖母)とババ(母)とハハ妹とご飯を食べてきました。母の日、ババには花束だけしか与えなかったので、ヒールを一足買ってあげました(買わされました)。ハハ妹は会う人会う人に「太った」と言われるのがストレスだと嘆き、珍しくご飯が喉を通らないようでした。

ハハ妹「太っていないのに太ったって言われる。うんざりする。イライラする」
私「セクハラで訴えるって言っちゃえば?」
ハハ妹「あ、私、デザート、パス」
ババ「食べな。あんた、全然太ってないよ」
私「そうかな……」
ハハ妹「お姉ちゃんムカつく」

アマー「はい、私、元気になったよ」
一同「?」

アマー「はい私、お陰さまで元気になったよ、と言えばいいよ」
ハハ妹「え? “太ったね”って言ってくるやつらに対して?」
アマー「ええ。そう。そうすればもう誰も言わないと思うよ」

一同「……?」

ハハ妹「すみませーん! じゃあゴマプリン一つ!」

楽しい食事会でしょ?(笑)

「ごはん、おいしかった?」


おいしかったよ^^ コバマ。お留守番ありがとうね♪ お陰で楽しい夜を過ごしたよ。家族っていいよね。コバマにも素敵な家族を探すからね。

「みつかるかな……」


何言ってんの! 見つかるよー。この私にまかせておきなさい。コバマは愛らしいからきっとよいお家のお子になれると思うよ。

「うん。ぼく、おもいっきりあまやかせてくれるかぞくをきぼうしましゅ」


先週やって来たコバマ。
仮名は私がつけました。さて、由来はなんでしょう? 分かるかな?(笑)。
分かった方はコメント欄に書いてくださいねー。

正解者の中から抽選で一名の方をカリブ海の旅にご招待します。

そんなのはもちろん、うそ。エへ。

コバマは飼い猫の不妊手術を怠った家で生まれてしまった子です。他の兄弟たちはみんな死んでしまいました。その家は5匹の成猫を飼っています。メス3匹。 オス2匹。メスたちの手術代を捻出できないというので、コバマの里親探しを引き受ける条件として、まずはオス2匹を手術してもらいました。私が病院へ予約 の電話をかけ、ババ(母)が猫たちを病院へ運んだので、確実にオスたちは去勢手術を終えています。ご安心を。残るメス3匹についても、お金が入り次第不妊 手術を行う約束をとりつけています。

迎えに行った時、コバマは首を怪我していました。
母猫に噛まれたらしいのです。いつまでもおっぱいを吸おうとするコバマを疎ましく思った母猫が、カブっと……。ちょっとやりすぎちゃったのか? 小さな傷 が出来てしまい、そこからばい菌が入って膿んだのです。保護した翌日に病院へ連れて行ったので、今はもう落ち着いています。それにしても、コバマ、とっく に乳離れをしていてもおかしくないのにいつまでもおっぱいを吸おうとするなんて……。

とんだ甘えん坊。

でも、そのおかげで免疫力は高そうですね^^

首に傷があったので、レボリューションやワクチンや血液検査は見合わせました。痩せすぎていたからまずは体力をつけないといけなかったんです。残りのケアはおいおいやりますね。あ、検便はしました。回虫の卵が出たので、駆虫も済ませました^^;

単体だと大きく見えるコバマも


ほほ(5キロ)と並べるとこの通り……。


ちっちゃいでしょ?(笑)


ほほ(オス)に甘えっぱなし。


おっぱいを探すためにほほの下に潜り込んで暴れることもしばしば……。

ほほ、相手にしてあげるなんて、偉いよー!


3月の下旬に生まれたそうなので、まだ2か月弱の男の子。
黒猫コバマの里親さんを募集します! ご希望の方はご一報ください。

夜は人間の腕枕で寝ちゃう甘えぶりです。
黒猫だから写真がうまく撮れませんが、本物はやばい。
可愛すぎて要注意です!

かつくん「コバマの由来わかる? ぼくはすぐにわかったよ。ハハが考えていることなら何でもわかる。一瞬でね。

だって、ハハはおバカだもん。

コバマの家族を募集します。ぜひ問い合わせてね!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*