コロンJ


保護猫百香(左)とあさひ(右)は元気です。

ccccj (3)

 

 

 

実は私が少しだけヤバい。

 

 

 

703号室卒業犬のコロンJと出会ったのは今から16年前。

 

 

コロンが子犬だった頃からのつき合いです。

 

 

かわるがわるいろんなホームレスたちに番犬として飼われ、生の道中で理不尽な暴力に喘ぎ、それでも決して折れずに、死なずに残った立派な犬でした。

 

 

これは環境が劇的に改善された時代の土手犬コロンJ

cj2 (3)

 

 

 

7兄弟だった子犬たち。コロンJ、リュウ、ゴクウ、土手で焼死したジョウユウ、アオヤマ、土手で餓死したタカコ、そして我が家のナナ。

 

 

走馬灯のように彼らのいろんなシーンが蘇ってきます。

 

 

私を変えてくれた尊い犬たち。幸せになる前に果てた子も、私に保護されるまで粘った子も、私は7頭をまるごと愛しています。守ってやれなかったジョウユウ、アオヤマ、タカコの悲惨な最期は一生私の精神の傷として残っていくでしょう。その痛みは最近、大きくなる一方です。ナナの老化が関係しているのかもしれないですね。うまく説明できないのが残念ですけど。

 

 

リュウは15歳で一足先に天国へ旅立ちました。ナナと同じ慢性腎不全でした。

 

 

このたびきょうだいのコロンJも昇天。

 

 

私はコロンJの家族megさんとパパさんが心配でなりません。

 

 

私たちの親交は長く深く、だから余計に、殿を失ったおふたりの気持ちを想像するだけで頭がおかしくなりそうです。励まさなければならない立場なのに。

ccccj (4)

 

 

 

コロンJの面倒を見ていたホームレス男性に物資と金銭を渡し、交渉をつづけ、土手から出すことに成功したとき、コロンJはすでに6歳9ケ月でした。

 

 

布団の上が大好きだったコロンJ。私が向けたカメラに目線をくれています。

cj2 (4)

 

 

 

咄嗟的にガウっと口が出てしまうことがあり、中年の大きめの雑種で持病もいくつもあったのにも関わらず、コロンJは王子さまの暮らしを手に入れたのです。

cj2 (2)

 

 

 

megさんとパパさんと常にいっしょ。megさんは震災後、有事の際にコロンJと離れるのが恐ろしくて会社を退職し、自宅でできる仕事に切り替えました。

cj2 (5)

 

 

 

megさんはコロンJと愛猫ホーリー(19歳まで生きました)、ミンキー(もうすぐ20歳)を幸せに導いたのみならず、数十匹以上の外猫を身銭でTNRし、譲渡活動もしている女性。なのにいっさいひけらかすことはありません。

 

 

20歳になるミンキーちゃんが長生きしているのはまぐれじゃないです。

ccccj (23)

 

 

 

べべ、ナナ、リルも添えて私たちは毎年たくさんデートしました。

cj2 (6)

 

 

 

そしてmegさんの白子の別荘へのお泊り旅行も何度もさせてもらいました。

 

 

 

megさん夫妻は宇宙一の親バカです。

cj2 (1)

 

 

 

印象的だったペアルック姿

cj2 (7)

 

 

 

撮影場所はうちの妹んち。妹も含め仲よしでした。

cj2 (8)

 

 

 

殿とは数えきれないほど会ったよね。

cj2 (9)

 

 

 

先週末ひさびさに会おうと約束をしていたのに、1日前に亡くなってしまったコロンJ。しかし妹を助手席に乗せ、私は予定通り伺わせてもらいました。

ccccj (7)

 

 

 

バースディカードを用意していたんだよ。おみやげを選ぶのも楽しみだった。

ccccj (6)

 

 

 

メッセージを書く前に、殿は逝ってしまったから、感謝の手紙になりました。

ccccj (5)

 

 

 

コロンJがお出迎えしてくれた玄関

ccccj (21)

 

 

 

昔私が贈ったフォトフレームを発見。LOVE CORONJ 703の刻印入り

ccccj (22)

 

 

 

玄関で703号室卒業生萌(天国へ)&むーファミリーに遭遇

ccccj (8)

 

 

 

こんなときぐらいゆっくりしていればいいのに、みんなにコーヒーやシュウマイ弁当をふるまおうとするmegさん。megさんおねがいだからもう……

ccccj (20)

 

 

 

703号室卒業犬まりん&マリア姉妹、猫のアクアの里親になってくれたあきさん一家も来ていました。Mパパさん、ごぶさたしています。

ccccj (16)

 

 

 

あきさん家とコロンJ家もラブラブ。卒業生が横で繋がるのが私はうれしい。

ccccj (15)

 

 

 

事情がわからない卒業生まりん&マリア姉妹は私を見て大はしゃぎ

ccccj (9)

 

 

 

右に写るマリアの笑顔を取り戻してくれたのはあきさんとMパパさんです。

 

 

 

先日ブログに書いた衝撃の告白「703号室の礎」の6分の1がマリアですから。

ccccj (10)

 

 

 

保護主として私はマリアには謝罪のみです。改めてあきさん一家に感謝

ccccj (17)

 

 

 

マリア、天真爛漫に戻ってくれてありがとう。

ccccj (18)

 

 

 

猫撮るさんが撮ったキラキラの家族写真

ccccj (14)

 

 

 

みーんな殿の味方だよ。殿が大好き!

ccccj (13)

 

 

 

megさんとパパは憔悴しきっていました。介護や闘病を含め、どれだけコロンJに全力をかけてきたか、私はほんとうに知っているのです。

ccccj (11)

 

 

 

コロンJは艶々でしたが、べべ同様、肉体の隅々まで使い切った感が溢れています。隅々まで使い、使い、使い切って家族のそばにいたのがわかりますね。

ccccj (12)

 

 

 

9年前のバレンタインデーに703号室を巣立ったコロンJは、ホワイトデーの本日、家族と「ありがとうのお式」に出かけました。

 

 

 

コロンJが使っていたおむつは姉妹のナナが引き継ぎます。

ccccj (25)

 

 

 

妹の愛犬まめへ大量のフードをありがとうございました。おみやげもすみません。

 

 

あきさん家からはべべへの2回目のお花と

ccccj (26)

 

 

 

ナナの介護枕や猫&人のおやつをありがとうございました。

ccccj (24)

 

 

 

あきさーん見て!!

ccccj (27)

 

 

 

ナナ使ってますよー!

ccccj (28)

 

 

 

「楽ちん」

ccccj (1)

 

 

 

ヨボヨボですが、ナナとゴクウはまだこちらでしばらくがんばります。

ccccj (2)

 

 

 

ゴクウが来週うちに遊びに来るので、写真を載せますね。

 

 

 

どうかどうか、megさんとパパがほんのちょっとでも眠ったり食べたりできますように。涙が出ない日が1日でもありますように。コロンJはぜったいにそれを願っています。

 

 

 

コロンJへ愛と尊敬と感謝と私の人生の大部分を込めて

 

 

 

田辺アンニイ

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*