ぼくとニコ、ぼくとピース1


今日は4匹の子猫ネタをお伝えします。

ブログ上で4匹揃うのはおそらくこれが最後かと。

 

ピースとニコはすでに未来に繋がる扉を開けて飛び出しました。

残るソレイユとそらみは現在、家族を募集しています。

 

 

まずは私が今朝iPhoneで撮ったへたくそなソレイユとそらみの写真をご覧ください^^

nananawo (7)

 

 

なにをしているかと申しますと、「フリータイム」です。

現在、ソレイユとそらみは基本ケージで過ごしており、1日に3回、それぞれ1~2時間程度放牧しているのです(笑)。楽しそうに走り回っていますよ。

朝は時間がないから私の出勤前に1時間程度。

ごはんを食べさせたあとは必ず!

長いお留守番をがんばるんだもん。まずは運動したいよね。

 

 

※ 以下の写真はすべてみいさんより

 

この写真大大大好き↓ ちんまりのソレイユ、めっちゃめちゃ萌えませんか?

syousyou (5)

 

 

憂い風の美少女そらみ! 遠方よりお問い合わせが来ましたが、移動等の問題を考えますとやはり今回は東京・神奈川・埼玉・千葉に限定させていただきたいと思います。

nananawo

 

 

さて、お待たせしました。先に巣立ったピースとニコの卒業レポです。

nananawo (12)

 

 

ピースはemi-goが、ニコ(ソレイユ、そらみ)はあつこさんが保護した子猫たちです。

nananawo (13)

 

 

里親になってくださったのは、みいさんの妹ちゃこさんご夫妻

nananawo (5)nananawo (2)

 

 

先代猫ふくちゃんの不在を乗り越えちゃこさんが里親に名乗りをあげてくださったいきさつは前に書きましたよね? 忘れちゃった方はこちらをクリック⇒ 「良き縁」

 

お届けの際ちゃこさんに伺ったのですが、ふくちゃんが亡くなってからというもの、みいさんはじぶんが保護した猫の蘭丸くんや私の保護猫たちを片っ端からちゃこさんに紹介していたそうです^^; なんかみいさんらしくて笑えました。

 

当初成猫男子を考えていたちゃこさんにあの子もこの子も「どう?」とすすめてくれたんだね。

 

みいさんありがとう。

 

ちゃこさんが縁あって私が関わった子猫たちの里親になってくださりほんとうに光栄です。

 

お届けの日の車内の乱れた様子はみいさんのブログをご覧ください(汗)。

 

昼、ピースを保護したemi-goが迎えに来てくれたので子猫たちや荷物を積んでみいさんちへ

 

途中、ピースが保護された公園へ寄りました。

 

大きな公園の片隅でemi-goを見上げる頼りないかぜっぴきのチビ。想像しただけで切ない。

 

 

ピース、幸せになってよかったね。ニコという最高の友だちとともに。

nananawo (3)

 

 

ちゃこさんちから見上げた空をみいさんがパチッと!

nananawo (11)

 

 

新しいお家は快適そのもの。姉のみいさんは「妹んち撮るの恥ずかしい」という理由で引きの写真をいっさい放棄。代わりに私が全体の写真をパチパチ撮ったので次回紹介します。

 

 

「ハハ~ ぼくここでニコと暮らすの?」

nananawo (10)

 

 

「ハハ~ ぼくこのおうち気に入りました」

nananawo (8)

 

 

ピース、やんちゃしすぎず、いい子にするんだよ。

nananawo (6)

 

 

フードファイターのニコは食べ過ぎに注意してね!

nananawo (4)

 

 

短い間だけれどピースとニコと一緒に暮らせてよかったです。

 

ピースとニコを通じて見せてもらった希望を、私はいつまでも忘れずにいようと思います。

同時に、感謝の気持ちも大切にしていきたいです。

 

今回の良縁は多くの伴走者が子猫たちの行く末を変えようと、リレー方式で走ってきました。すばらしいアンカーにバトンを渡すことができて本望です。

 

ニコニコピースのプラスオーラをもって、ソレイユとそらみにも波及させていきたいです。

 

最後にみいさん、みいさんはこのたびめでたくもピースとニコの叔母になりましたよね?

 

で、本題ですが、ニコとそらみはなんと!! 同腹のきょうだいです。

 

と、いうことは……?

 

みいさんはそらみの叔母的な存在でもあるのです。くわえて、そらみと同郷のソレイユに対しても無関係ではないでしょう。したがって、叔母的存在として再度そらみたちのアピール写真を撮らなければならないことになるかもしれませんが……いいよね?(笑)

 

 

ちょっと尻切れトンボですが、すでに眠さがピークに達しています。

 

よって、LOVEはつづく!

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*