タキシードのシンデレラ1


皆さまこんばんは! 本日の主役はタキシードのシンデレラです。

 

マイ太郎さんのブログの天音の卒業記事のコメントで天音を魔法のかかったシンデレラのようだと書いてくださった方がいます。ほんとうですね。

まずはマイ太郎さんとマイママさんに深く感謝します。

天音と出会ったとき、精神的にも環境的にも私はキャパオーバー気味でした。

ツイッターで天音の保護を報告すると、マイ太郎さんはすぐにマイママさん預かりをに打診。おふたりのお申し入れに恐縮しながらも、マイ太郎さんのご実家ならまちがいないとお願いすることに。

 

そのときの一連の記事はこちらです⇒ 「忠ねこ 天音」

 

保護から数日後、天音はひどく体調を崩しました。今までの疲れが体に出たのでしょう。

マイママさんとマイ太郎さんは、連日天音を連れて病院へ行ってくださいました。

ある日はマイ太郎さんが仕事を休んで連れて行き、ある日はマイママさんがタクシーで。

パパッと文章にしてしまうと軽く聞こえるかもしれませんが、簡単じゃありません。気力、労力、時間、お金がかかることです。その後もおふたりは私が天音に用意した支度金? や医療費などを受け取ろうとはしませんでした。

 

「私には多くはできないわ。でも、私も天音の幸せを願っているのよ」

 

何度切り出しても笑顔で固辞するマイママさん。どうご恩を返せばいいのでしょう。

 

おふたりがなにかに困ったときには、私などでお役に立つことは全力ではたらかせていただこうと心に決めました。天音に対するご慈悲を忘れません。

IMG_0456

 

 

 

天音の卒業はおふたりなくしては語れないですね。手のぬくもりや涙をありがとう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

今だから書きますが、実は私怒っていたのです。

 

天音を保護した直後のこと。

 

過去の記事で触れていますが、天涯孤独でひっそりと暮らしていた天音の存在を、母の店で私に知らせた方とのやり取りでした。 その方は私の顔を見るたびに、ご自身が見かけた不幸な動物の話をしつこくしてきます。過去にはその方が見つけたという「不幸な猫」を私が数匹里子に出したことも(苦笑)。

 

私に期待しているのはわかります。たきつけているのもよくわかる。

私よりずっと恵まれている環境の方ですから、私は正直おもしろくありません。

 

「自分でやればいいのに」

 

ついそんな風に吐き捨てそうになります。

 

どこかで知った天音の存在を私に話し私を動かしたあと、なぜかその方は態度をコロッと変えました。おそらく私の本気度にひるんだのだと思います。

 

話を聞きすぐに天音の元へ向かった私は、とりあえず天音を母の店まで連れて行くことに。

IMG_3144

 

 

厨房の裏に閉じ込めキャリーを用意するまでの時間稼ぎをしました。

IMG_3149

 

 

そんなことをしなくても天音は亡くなった飼い主さんの家から離れはしなかったでしょう。

 

でも、なんとなくいつものクセで保険をかけてしまうのです。

 

 

店に着いてスリスリみんなのご機嫌とりをする天音。甘えたかったのね。

IMG_3150

 

 

天音をキャリーにおさめたあと、私は受け入れてくれそうな動物病院などあちこちに電話をかけはじめました。私に天音の話をしてきた方はその様子をそばで見ていたのです。

 

電話を切り天音を病院へ連れて行こうとしたらその方と目が合いました。

 

「大変でしょう? やっぱりこの猫ちゃん保護しなくていいよぉ~~~」

 

「は?」

 

「私考えたんだけど~ あそこで“死んじゃった飼い主を待つ”のは、この子の幸せなんだろうなあって! 私たちが簡単に(保護するしないを)決めるんじゃなくて……この子はきっと飼い主を待ちたいんだろうなあって! それがこの子の意思なんだよ。この子は待つのが幸せなんだよ~~~」

 

 

意味がわかりません。

 

でも一言一句覚えています。

 

私は一切その方に責任を求めることはしていません。誰が持ってきた話であれ、天音の保護を決めた瞬間から、すべては私の自己責任です。

 

なのになににひるんでこんな形で自分の前言をひっくり返したのでしょう?

 

最後の言葉だけはどうしても納得ができなかったので、私は返しました。

 

「お言葉ですが●●さん、私はあそこで死人を待つのがこの猫の幸せだとは思えません。仰っていることの意味がわかりません。この子は今を生きているから過去には戻れません。●●さんにはなにも期待していません。すべては私の責任で行うことです」

 

ご縁が決まった今、私はその方にも感謝しています。もうこれ以上不幸な動物話を私の耳に入れてほしくはないけれど、その方が教えてくれなかったら私は天音を知らないままでした。そしてあのような生きづらい状況でしたら、天音はもうこの世にいなかったでしょう。

 

だからぜんぶ、ハッピーエンドかもしれないですね。

 

一生懸命ひたむきに生きてきた子は報われて当然です。

IMG_5294

 

 

天音のお見合いのときの写真をコラージュしてみました♪

 

①里親さんからおみやげでいただいた焼き菓子

マイ太郎さんに甘える天音

③天ちゃんきょとん顔

④里親さんはiPadにお宅の動画を撮って持参し、飼育環境を見せてくれました。

⑤真剣かつ和気藹々の話し合い(天音はどこ吹く風で昼寝してました^^;)

⑥私が買って行った栗どら焼き。たまには和菓子もいいですね!

 

いろんな善意を受け、天音は生まれ変わりました。

 

次回は、彼女を見つけシンデレラにしてくださった里親さんが登場します。

 

LOVE! をまとって

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • ボランティアにはなんでも頼んでいいと勝手に思ってる人。
    やってもみないで「私にはできない」とあっさり言う人。
    自分の気持ちを楽にするために平気で人に苦労を押し付ける人。
    いますねー。
    でもやっぱり雨音ちゃんはAnnyさんに会えてよかったな。
    新しいおうちはすばらしいけど、私、マイ太郎さんのお母様のリビングが大好きです。
    住んでいる人の人柄そのもののような明るくて清潔で、優しさがあふれる居心地良さそうなお部屋♪

    • anny703

      lohamakeguさま
      むーこちゃんの希望者さまのお子様へのお手紙の記事拝見し、lohamakeguさまのお人柄の厚さを感じました。
      素敵なお話ですね。とてもご丁寧に活動されていて、見習わせていただきます。

      そうなんですよ。天ちゃんのお家ももちろん素敵ですが、預かってくださったマイママさんのお家も素敵です。
      あの母子様はとっても清潔です。明るいです。私もきれい好きになりたいなあ(遠い目)。
      いろんな方がいますよね。
      今回の方は「どこどこのセブンイレブンに毛玉のひどい長毛のチンチラが捨てられてるの~ とか どこどこの家が犬を虐待しているの~ とか もうそりゃすごい会うたびにといってもいい位聞きたくない話を延々としてきます。
      ペット可能住宅に住み、経済力のありそうな方ですのでぜひご自身でもできることをしてもらえればなあと^^;
      まあ今となってはとても感謝していますけど。
      その方に話を持ちかけられて私が保護してしまった卒業猫が数匹います^^;
      まあぜんぶ終わってみれば清々しい気持ちですけど!

  • 言の葉

    まずは卒業したみにゃさまおめでとう!
    今、前にお見せした「天音ちゃん似のみちよさん」が隣で寝ています。
    足下ではFIPで片目を失ったミニィが悪戯をしています。
    うん、生きてる!
    と幸せを感じながら。

    何処にでもいるんですね、そういう方。
    新顔を見つけると私に連絡してくるおばさんは、団体には私の悪口。
    いつも送迎してくださる方も「〇〇さんが餌やりして呼んだ猫だから私は手術しない」と。
    その〇〇さんも手術しません。
    三毛さんです、産みます。誰かが手術しないと。
    人間のつまらない考えなどスルーします。だって私は話せないあの子達を愛しているから!
    責任主体でやります。
    暫く轢かれた子に出会さなかったのに、6/29次のターゲットであった子が轢かれていました。
    私が待たせたから。
    謝っても謝りきれません。
    必ず野良撲滅させます!
    この可愛い天使たちにもうこれ以上辛い思いをさせたくない。
    だからあなたと一緒に頑張ります。
    だから身体を大事にしてくださいね!
    私達の代で終わらせましょう!

    • anny703

      言の葉様
      いつもお疲れさまです。ご心痛お察しします。まずは亡くなってしまった次のターゲットだったお子の冥福をお祈りいたします。
      人間関係に疲弊しますよね。ほんとうに疲れます。なるべくそういうことは書かないように気をつけているのですが、ため息が出ることも多いです。
      でも同じ思いをしながらご尽力されている言の葉様のような方がいらっしゃると思うと踏んばれます!
      いろいろ大変なこともあるでしょうがお互いできる範囲でやっていきたいですね。
      みちよさん、ミニィさん、いい環境にいられて何よりです。いたずらライフまったりライフをエンジョイしてくださいね~!

コメントを残す




*