ブラシに込める思い


リルの抜け毛がひどくなって来たので、最近こまめに掃除機をかけています。ダイソンの威力で、 今年は咳喘息から解放されていますが、朝掃除機をかけても、夕方には抜け毛がフワフワっと部屋を舞ってます(汗)。うちは5頭居るから、抜け毛の量が半端 じゃないので、ダイソンだけでは対応できません。ファーミネーターも必需品です。ダイソンとファーミネーターの両刀遣いでやつらの抜け毛をやっつけてます (笑)。

私は、犬や猫にブラシをかける時が何となく好きです。

頭数が多くても、やると決めた日は丹念にブラッシングします。ブラッシングはとてもいいコミュニケーションになるので、自分自身も癒されます。

「今日は涼しいね、あとで少しお散歩へ行ってみようか。」

「朝あまり食べなかったね。夜は頑張って沢山食べようね。」

「昨日の夜、沢山騒いだね。今日は静かにしてね。」

「お利口だから、あとで鰹節あげようね。」

「ほら、沢山抜けてるよ。見て見てこれ、凄いね~。」

傍から見たら物凄く怖い女ですが、犬や猫と暮している方は、絶対に理解してくれますよね(笑)。愛する子の体に触れてしまうと、つい優しい言葉が溢れて来る。可愛い顔を見ていると、共に過ごす時間が、いつも特別な時間に思えてくる。

私は毎日、特別な時間を過ごしている幸せ者です。

土手からナナがやって来たばかりの頃、私は毎日1時間ほどブラシをかけて話しました。ナナがどんなに可愛いか、どんなに強いか、そしてナナと暮せる日をど んなに待ち侘びたか、ナナと築く未来がどんなに楽しみか。いっぱいいっぱい話しかけました。だから今でも、手にブラシを握ると、ナナの番ではなくても、ナ ナは安心したような表情になります。その顔を見る度に、昔の事が蘇って来て、胸がいっぱいになる。

ナナと暮せて幸せ!


ナナがいるから幸せ!


ナナの目に映るお母さんは、


とても嬉しそうでしょ?

「ナナちゃん、ブラッシングも好きだけど、ブラッシングされてる時の雰囲気が好きなんだろうね。ぼくもブラッシングは大好きでした!でも703号室で一番のブラシ好きは、あまたんです。あまたんは、ブラシを見ただけでお歌を歌うブラッシング狂です。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*