愛しいプーマの事


本音を書きます。かなり切羽詰まったような内容です(笑)。

今日の記事も、私らしいかもしれません。
もしかすると、私らしくないかもしれません。
そしてきっと、コメントは少ないと思います(笑)。

ただ、どなたかの心に響く事を願って。

703号室で保護活動する事が難しくなるかもしれません。
ペットに関する規約がないのをいいことに購入したマンションですが、うちがあまりにも犬猫を保護してその出入りが激しいものだから、理事会がいよいよ規約を作ろうと動きだしました。集合住宅に住んでいる方なら、多くを語らなくてもお分かり頂けると思います。

私はいつも住民にペコペコ必要以上に頭を下げながら、犬の散歩や猫の搬入を続けています。だから理解を得られている部分もありますが、全ての方に私の価値 観を押し付けることは出来ません。戸建てに越せる余裕は、もちろんありません。犬猫の医療費だけで、今年に入ってから100万円以上使いました。本当は もっとです(笑)。好きでやっていることだからお金は惜しくありません。だけどこれ以上の余裕はないのが現実です。

それを踏まえた上でご理解頂ければ幸いなのですが、プーマを飼うことは出来ません。
お金の問題だけではなく、リルとはどうしても合わないし、リルもプーマも不幸な状況でこれ以上「うちの子」を増やすことは出来ません。リルがプーマを威嚇 する以上、プーマは永遠に保護部屋という名の狭い密室に幽閉されることになる。マンションの規約問題もあります。もし、プーマを手元に残すことになった ら、私は保護活動をやめることにします。

何それ?それじゃ他の不遇な子はどうなるの?

と思われるかもしれませんが、たった1頭家族が増えるだけで、大きく生活が変わってしまう。現在自分の子5頭、土手の子4頭、地域猫6頭、長年面倒を見て いるよその子2頭、計17頭を抱えています。どの子の運命も私の手に委ねられる。どの子も医療費は私かKさんが払い、通院は私かKさんが担当し、食事面で もサポートしなければなりません。もう、個人ではこれが限界です。だから自分の子は1頭も増やすことが出来ません。これが私の言い分で、私の現実です。だ から保護したら、私の代わりに大事にしてくださる里親さんにその子を託したい、1頭保護して出して、また1頭入れる、これならずっと続けていけそうだと 思っています。中途半端な環境だと非難されるかもしれませんが、共倒れの恐ろしさを知るからこそ、回避したいのが正直な気持ちです。

プーマを飼うことは出来ないけど、プーマを幸せにしたい、そんなわがままな私からのお願いです。猫の飼育を考えてくださる方で、責任感の強い方がいたら是 非、プーマに目を向けて頂けませんか?人気だった和宮や、苦労が多かったタロウの陰に隠れたプーマですが、快活で可愛くて、日に日に心身ともに健やかに成 長をしています。
プーマは可愛い。貰ってほしいから嘘を言っているわけではなく、本当に可愛いのです。その愛らしさをうまく表現してやれない自分が悔しくて凹んでいます。

プーマを里親サイトへ4回掲載しました。健康で可愛い子猫を4回掲載するのは異例です。大体1~2回で決まってしまいます。例え決まらなくても、何かしらのお問い合わせのメールや、希望を頂きます。でも、プーマに至っては、1件のお問い合わせすらありません。

理由は何となく分かっています。

猫を飼う方の80%が「毛色」等に強い拘りを持っています。

「チャトラを探していました!」
「黒猫が欲しいんです。」
「キジトラを実家で飼っていたので同じキジトラの子が欲しい。」

殆どの方がそう言います。
私自身も、本当は白猫に憧れを抱いているのですが、八割れのかつと出会い、失い、また八割れのあまたんを引き取ったので、毛色に拘りを持つ方を非難するつ もりは毛頭ありません。ただ、そうなると、個性的なプーマの模様はどこにも属さず、安っぽい言い方をすると、つまりは人気の毛色ではないということになり ます。勿論、全ての方が毛色に拘りを持っているとは思いませんが、おおよそ固定観念が出来上がってしまっている猫の里親希望者さんに、プーマを希望しても らうためにはどうしたら良いか、ずっと考えて来ました。


ウサギのような大きなお耳。
くりっくりのたれ目。
ピンクの肉球。
優しい性格。
整ったお顔。
何より、ちょんと横に流れた前髪。


これらにトキメキを抱く方、個性を大事に考えてくださる方、プーマ大臣はお勧めですよ。

勿論、保護当時の倍以上の体重になったけどプーマはまだまだ子猫。希望だって沢山あります。希望を捨ててる訳ではない。きっといいご縁があると信じたいで す。けれど、掲載しても掲載しても反響がゼロだと、やっぱり凹んでしまうのが本音です。プーマを出したら、また救える子を救いたい。マンションの規約に悩 まされながらでも、例え1頭ずつでも、出来ることを続けていきたい、そう考える私からのお願いです。

個性的で可愛いだけでなく、私たちから愛を背負わされたプーマ大臣。
とっても大事な存在のプーマの里親さんになりませんか?

余裕を持って頑張るという私の信念から外れたような、ちょっと切羽詰まった内容の文章が続いていますが、最近私の環境や状況自体が切羽詰まっていて(苦笑)。
勿論、いい加減な人に渡したり、プーマを捨てちゃったりしませんが、健康で愛らしい子は703号室に長く居る必要がないと感じています。だからどうか!どうかどうか!(笑)。

「プーマのような可愛い子は絶対に幸せになるべきだよね。人間も個性が大事だから、きっとプーマもその個性的で愛らしい姿がうけるとぼくは思います。早くプーマの里親さんに出会いたいな、と思っています。だって、プーマは本当に可愛いから!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*