4 保護犬バービー、未来へいらっしゃい


1 東洋の奇跡―――さぶがわが子になりました。

2 703号室の保護猫たち―――いせやんと萌乃の今

3 我が家のメンバーより皆さまへのごあいさつ―――2015年の抱負を入れて

4 703号室の保護犬―――未来へいらっしゃい

5 (予定) 703号室を彩った卒業生たち―――それぞれの卒業後の写真も添えて

 

ブログを読んでくださっているIさんよりタラバガニが届きました。Iさん、ポストカードもお買い上げくださりありがとうございます。

IMG_1211

 

カニは数えるほどしか食べたことがないので楽しみです。ありがとうございました。

 

卒業犬てん(ペタ)のママさんより便箋13枚のお手紙、数え切れない枚数のてんたちの写真、プレゼントが届きました。ちょうどペットシーツが必要になったので助かりました。

IMG_1216

 

餓死寸前だったあのてんの元気そうな様子がうれしくて!! ありがとうございました。

 

さて、今夜10時前に保護犬がやってきました。

IMG_1221

 

チチがバービーと名づけました。

犬種はシーズー、性別は女の子です。

 

いきさつは、先日の忘年会の席でおーあみ避難所リーダーの大網さんのひと言が発端です。

 

「アンニイさん、犬……預かれない? (上目遣い)」

「え……まあ1頭くらいなら……」

 

実はあまり詳しい話を聞いていないのです。

いえ、聞いたと思うのですが良く覚えていないという(汗)。

なんとなく大網さんが犬の保護で困っていらっしゃるような雰囲気を察した私は、微力ながら1頭でよければ手伝おうかと。

 

来るのが小型犬と決まっていたのでどこかの「多頭飼育崩壊現場からのレスキュー」だろうと想像していたのですが、本日お届けしてくださった方に話を伺い詳細を理解した次第です。

 

保護当時のバービー

KIMG0501

 

この子は世間を騒がせている栃木の犬の屍骸を大量に遺棄した業者からの生き残りでした。

驚きました。

とは言っても私はほぼまっさらの状態で、事件の概要をさらっとどこかで読んだだけですけど。

バービーが来てから慌ててネット検索したほどです。

情報に疎いにも限度がありますよね。反省。

しかもバービーの写真を見たのは、つい数日前という^^;

さっきはじめて外見を含めいろいろ知ったのです。

 

犬の命を軽視してきた業者のもとでどれだけ辛い日々だったでしょう?

IMG_1220

 

憂いの目をした若い女の子です。

IMG_1224

 

氷点下にもなる場所に置かれた糞尿まみれのケージの中で一生懸命生きてきました。

IMG_1225

 

「ここはどこですか?」

IMG_1226

 

バービーちゃんいらっしゃい♪ ここは【幸せの703号室】です。

IMG_1229

 

ご縁がが見つかるまでの間、私たちは家族だよ。

どうぞよろしくね^^

 

2014年にギリギリ滑り込んできた我が家の保護犬バービーをお見知りおきくださいね。

1月中に里親サイトへの掲載を目指します。

 

大晦日は2014年の卒業生たちが一気に集結します。お楽しみに!

 

LOVE!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*