世話


もう少し寝ていたいという睡魔の誘惑は、目が合った瞬間にかき消されます。

「おはよう。今日も一日始まったよね。」

どんな日になるだろう。
でも昨日とはそんなに大きくは変わらないはず。
昨日と大きく変わらない今日に、つい感謝してしまいます。

変わりたいと願っていた頃よりずっといいです。変わらない日を送れることに感謝できる日の方が。こうやって同じ速度で、私たちは一歩一歩歩いていく。この道のりが、とても長くて緩やかであることを信じて。

起きたらまず、猫トイレの掃除、犬のトイレ掃除。忠太が失敗したトイレの後始末。ちょっとうんざりする時もありますが、健康なうんちを見つける度に、あ あ、今日も確かに私は穏やかに過ごせる、と確信できます。ある程度トイレの始末が終わると、今度はべべの投薬。胃酸を押さえる薬を飲ませ、薬が効き始める までの間、べべナナリリと散歩へ。

先頭を歩くのはナナ。ナナだけが家の中でトイレをしないので、朝のお散歩の主役はナナです。べべリリはおまけ。引っ張りを矯正しながら上手に歩けばいいけ ど、土手出身のナナが堂々と、そして軽やかに歩く姿を見ていると、多少引っ張られても、自分が犬をコントロールできる体力を備えていればいい、とナナに とって都合のいい発想に変換してしまう。ある意味、私にとっても都合がいい発想なんですけど(笑)。

背筋をぴんと伸ばして歩くナナ。べべもリルも悪くありません。

その姿に、思わず自分の背筋も伸びてしまいます。

足を拭いたあとはお待ちかねの朝ごはん。

うちの子はべべに合わせて1日4回ご飯を食べます。
手作り食だから、ちょっと大変。
でも、よだれを流しておりこうに待っている様子を見ると、つい嬉しくて、手も早くなる。もうちょいよ、もうちょい待って。もうすぐだから。

猫たちもそれぞれの食卓に上がって、皆で一斉にご飯タイム。

食後、再びべべの投薬を終えると、今度は少しだけ自分だけの時間です。他に予定が入ってる時は、この時間は戦争で、急いで支度を済ませなくてはなりません が、今日のように、ゆったりと過ごせる日は本当に心地いい。左手にナナの寝顔、すぐ右横にはあまたんの寝顔、これをサカナに今日は、ミルクティを飲むこと にします。

もし神様にお願いすることが出来るなら、私の家族を私から奪い去るのは、ずっとずっと後にしてもらいたい、共存できるこの喜びをもっともっと味わわせて頂きたい。その為に出来る努力は惜しまない、だからどうぞ、どうぞこの願いを聞き入れて欲しい。

家族の世話って、大変ですが、世話することによって、自分が実って、そして生かされている気がします。いや、ナナの寝顔に、確かにそう書いてあります。もっともっとお世話しろって。そしたら、毎日、天使のような寝顔を見せてあげるからって(笑)。

全ての人間が私と同じ価値観だとは思いませんが、

犬猫のお世話が面倒で、彼らをゴミのように簡単に棄て去る人間が、どうか老後同じように、社会からも世間からも家族からも棄て去られてしまいますように(笑)。

☆☆☆おまけ☆☆☆

忠太の妹、ちゅちゅ姫は、ももママちゃんの家に移動しました。ようやく保護できたちゅちゅ。うんと幸せになって欲しい♪ももママちゃんの選ぶご家庭なら絶対に大丈夫だと思って託しました♪ももママちゃん、昨日はうちに来てくれたのに、チチと見苦しく口論してごめんよー。ちゅちゅのこと、よろしくお願いします。

こちらは、カメラも最高だしかなり写真がうまいんですが、うちの忠太の写真もどうぞ♪(笑)。

ほほと


かなり距離がありますね(汗)。忠太がしつこいからほほがひいてます。


「え?」


「そぉ?」


そうよ!元気なのはいいことだけれど、ちょっと追い回しすぎるんじゃない?(笑)

「・・・・・・・・・・・・・・・・。」

反省したか!忠太郎!

「エヘ。」


「だってぼく、まだ小さいもん。」

「ちゅちゅ、幸せにね。そのうち忠太を連れて会いに行くからね。家族のお世話が楽しいって思うのはいいことだと思います。誰だって、人の手が必要になると きがくるし、誰だって助け合いながら生きていくものだから、ハハはお世話しているようで、実はぼくやべべナナリル、ほほあまたに色々と与えられながら生き ているんだって。

ランキングに参加しているので応援クリックお願いします! かつくんより」

703号室かつくん&なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*