垣根をこえて


難民も富豪も、所詮は人間にすぎないし
野良猫も家猫も、所詮は猫にすぎない。

えらい人、えらくない人?
家で愛すべき猫、外にいて当たり前の猫?

何万回考えても、その垣根がわからない。

区別が差別を呼び
差別は悲劇を生むんだと思います。

By プップ&千吉&あかり With703号室卒業生

名もなき外の猫
クリックすると元のサイズで表示します

仮名:“ひかる”として
クリックすると元のサイズで表示します

保護されて2週間後くらい(うららさんのお宅で)

703号室に移動して
クリックすると元のサイズで表示します

さわれない状態だったので、家族募集に向け本格的に“人なれ”してもらおうとあがきつづけました。ひかるも私たち夫婦も。

気づけば保護から1年以上の時間が流れ……

やっと、やっと掴んだ赤い糸を頼りに前へ前へ進んだら

今こうなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

命名:はな丸
クリックすると元のサイズで表示します

〈里親さんから届いたメッセージ〉

夫に腕枕してもらったはな丸です。

1つ病気があったほうが日々の生活に気を付けるから案外に健康的で長生きするかも…っていうのは楽天的すぎますよね(^-^;

でも私の祖父がそうでハンデがありながらも元気に米寿をむかえたのでそう感じてます。

たとえキャリアじゃなくても他の病気を突然発症するかもしれません。
そんなことを考え始めたら心配しすぎで動物と一緒に暮らせません。

なので私は「お留守番ができてイケメン」という点ではな丸を決めました(笑)。

最初は夜泣きが凄いし触れないしで大変でしたが今は自分からくっついてきたり、仲良くなる過程を楽しんでます。

こんな楽しく過ごしていられるのもアンニイさんが粘り強くはな丸の里親募集をしてご縁を繋いで頂いたおかげです。

サイトで水色の首輪を付けたはな丸に一目惚れしてメールしたんですから。

とりとめがないですが、それぞれの猫にきっと縁があると思います。結婚と一緒でタイミングですよ。

アンニイさんの苦労を充分に理解してないながらすいません…でも応援してます。

↑↑↑ここまで

【703号室でご縁を待つ保護猫たち】

「ぼくたちも」(プップ=プー太郎)
クリックすると元のサイズで表示します

「外の世界からここに来ました」(千吉)
クリックすると元のサイズで表示します

「なんだか無性に、垣根を超えてみたくて」(あかり)
クリックすると元のサイズで表示します

お問い合わせをお待ちしています。

垣根を超えたい猫が、外で待ってます。

力をください。

ツイッター情報
◆名前: anny
◆アカウント: @703_anny

スポンサーリンク





コメントを残す




*