ビーナスの出所


新顔の漆黒ビーナスを預かり家族募集をさせていただくことになりました(写真はmegさんより拝借)
クリックすると元のサイズで表示します

今ビーナスはナーバス中なので703号室でのちゃんとした写真はもうちょいお待ちください。私のカメラの力量で黒猫さんをお迎えするのは本当におこがましいですが、いいご縁を結べるよう諸々努力します。

週末、703号室卒業犬コロンJの里親megさんとパパさんに連れられ我が家にやってきたビーナス。ビーナスの保護主はmegさんです。
クリックすると元のサイズで表示します

ひさびさに我が家のお子たちにもふれあってくださいました。
クリックすると元のサイズで表示します

さぶは「はじめまして」だね^^
クリックすると元のサイズで表示します

パパさんはあまぱんを撮影中!
クリックすると元のサイズで表示します

保護犬コロンを通じ、私はmegさんご夫妻に出会いました。

megさんの第一印象は「ゴージャス!」の一語でした。

リッチで華々しくなにもかもを持っているような方だと思ったのです。でも、お話を重ねるうちに、megさんご夫妻の真の姿が見えてきました。

律儀でやさしく実は倹約家でもあること。

犬猫を思う気持ちのまっすぐさ。

自分たちにできることとできないことをしっかり見極め線引きしながらも、引いた線の上で葛藤を繰り返し苦悩を重ねていること。

megさんは自腹で自宅周囲に集まるホームレス猫を地域猫に昇格する活動を行っています。いわゆるTNR活動。何年も前から不定期でつづけていますが、普段はTNRのことをブログに書きません。私は知っていましたが、megさんはあえて私にもあまり話をしないのです。

疥癬だった猫や怪我を負った猫の不妊手術や面倒も見ています。ご自身でも猫3匹と暮らしています。megさんのお子たちはFIVキャリアだったり老齢で慢性腎不全だったり。

そのmegさんがこのたび、どうしても胸を痛めたのがビーナスのリリースでした。珍しく悩みをブログに打ち明けていたのを読み、megさんのお人柄と照らし合わせ、その苦しみの大きさをはかりました。

先日、食事を共にした際にその話題を出すと、megさんはたまらずレストランで泣き出してしまいました。ビーナスのお腹に入っていた4匹の赤ちゃんを自分が産ませてあげられなかったのが申し訳ないと。今回ばかりはリリースが辛い。そう深く落ち込んでいました。

今までmegさんご夫妻には数え切れないほど助けていただいたこともあり、恩返しには遠く及びませんが、私でよければと厚かましくも預かりに名乗りをあげさせてもらいました。

ビーナスの里親探しの一存を得ましたので、ビーナスはこれから我が家の保護猫として家族募集のスタートラインに立ちます。今までの医療ケアはすべてmegさんが済ませてくれました。

手ぶらでとお願いしても絶対に聞かないmegさんからはまたいろいろおみやげが……。いつもすみません。

おいしい桃ゼリー
クリックすると元のサイズで表示します

猫用爪とぎ
クリックすると元のサイズで表示します

犬猫のおやつなど
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございました。

この後母親のお店に寄ってもらい、みんなでごはんを食べました。

写真がないです。撮ればよかった^^;

そのかわりに私が最近はまっている台湾の冬瓜茶の写真を!
クリックすると元のサイズで表示します

これもお出ししましたよ♪

蜂蜜の甘さが絶妙にうまい!

名前どおりのものを想像してはいけません(笑)。

めっちゃめちゃさわやかな味です。

飲んだことある方いますかね?

新顔ビーナスはもちろんのこと、まずは保護猫ウイの家族募集をはじめますので、応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク





コメントを残す




*