ねこのはなし2(愛)


ねこのはなし、第2弾です。

最近感じたことをいろいろ書きたいので、家事や用事の合間に更新します。細切れになりますが、よかったらお読みくださいね。

主役の名前を書いておきます。

ウイリアム、愛、福多朗、セーラ&コテツ&並、アー太郎、プー太郎、あかり。以上の面々でお送りします。

【愛】(特別出演)

703号室の保護猫ではなく、私のお友だちみいさんの保護猫です。
クリックすると元のサイズで表示します

愛ちゃんに心から、おめでとうが言いたくて。

みいさんちに保護されて2年4カ月。

2年4カ月ですよ。

なんとこの度愛ちゃんにご家族が決まったのです。

先にお話ししておきますが、2年も保護しているなら、自分の子にすればいいじゃない? っていうご意見は、この際ナシでお願いします。各家庭には各家庭の 事情があり、先住との相性などの問題もあり、考え方があるのです。私は、みいさんが感情を一定に保つ努力をしてきたのを間近に見てきました。

上がったり下がったり。

人とぶつかり合うこの活動は、疲弊の賜物。

疲れが岩のように大きく、重く、心にのしかかる。

いろんな感情を殺す。

まるで何度も精神的な自殺をする感覚。

真剣に取り組んできたつもりですので、私も幾度も心が死にました。

そしてまた生き返り……の繰り返し。

むろん、保護主にとって良縁を得る喜びもまたひとしおですけど。

2年4カ月。

愛ちゃんの家族を募集しつづけたポテンシャルの高さ。躓いても躓いても、愛ちゃんの家族はどこですか? と書きつづけたみいさん。同じ保護主として、尊敬します。

愛ちゃんの幸福を、心より祈ります。

自分の子にしてしまうのも「愛」。

諦めずに里親募集しつづけ、送り出すのも「愛」。

「愛」にはいろんな種類があります。

今回はみいさんの「愛」に感服です。

愛ちゃんのお見合い時、気になって数回みいさんに電話してしまったのはここだけの話。

おめでとう。幸せになるんだよ。

私もみいさんを見習って、感情を一定に保ちながら、酸いも甘いも経験していけるようになりたいです。

LOVE!

スポンサーリンク





コメントを残す




*