ねこのはなし1(ウィリアム)


更新がままならず。すみません。

FBはスマホからさくさくできるけど、teacupブログはそうはいかないからね。teacup実は有料バージョンなんです。年間1万円くらい払ってます(笑)。ブログを書くために^^;

703号室は更新数が膨大で、無料ブログでは追いつきませんし、宣伝広告を貼られるのがいやで。

ペットショップの生体売買とか。

その下に里親募集の記事を書くのは激しく違和感を感じるので、有料バージョンにし、広告を一切取っ払ってます。チチが個人的に広告貼ってますけど。

皮膚がひどいし、プライベートも忙しい。

家のことをおろそかにしているなあと反省し、今日の予定をキャンセルし家で掃除しました。猫たちをケージに入れて、窓を思いっきり解放。布団も洗いました。

ちょっとスッキリ!

今日は、ねこ、私の宝物の話をいくつか。

【ウィリアム】

昨日、帰宅後にママさんからのメールを拝受しました。

ウィリアムは、空に向けて旅立ったそうです。

私の胸は、雑巾絞りされたみたいにぎゅぎゅぎゅっと苦しくて。ウィリアムとの思い出が走馬燈のように駆け巡りました。ウィリアムのご家族のお顔が浮かびました。どうして、どうして祈りは通じないのでしょう。

ウィリアムが天に召された日……そうとも知らず同じ日、私は大師にいて、ウィリアムや他の卒業生たちの健康祈願をしていました。

ウィリアムのママさんのメールです。

「アンニイさん

先日は、お見舞いありがとうございました。
きちんとお礼状をお送りしなければと思いつつ、今日まで時間が過ぎてしまい申し訳ありませんでした。

昨日の夕方、ウィルが天使になりました。
今日の午後、火葬場に行ってきます。

今は胸が一杯で、うまく文章が書けなくてすいません。

本当に本当に、かわいい子でした。
ウィルが我が家に来てくれて幸せでした。

また生まれ変わって会いに来てほしいです。

亡くなる前に、アンニイさんに来てもらえてウィルも幸せだったと思います。

本当にありがとうございました」

どんな思いでメールをしたためたか……。

本当に見上げた方です。

改めて、千度万度感謝の気持ちです。

ウィリアムは濃厚な猫生を送りました。

推定8歳の王子さま、力一杯生きてえらかったよ。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

ごめんなさい。

いろんな子のことを書くつもりでしたが、この不安定な胸が、また苦しくなってしまったのでここでいったん切ります。

写真は里親さんが以前送ってくださった、元気いっぱいの頃のウィリアム王子です。
クリックすると元のサイズで表示します

大好きだよ、ウィル。

話したいことがたくさんあるので、またすぐつづきます。

チャオ!

スポンサーリンク





コメントを残す




*