幻記事のねこのこと


子どもの頃は、死がとても遠くて、生と死は「対岸」に位置していると思っていたんです。だけど今、生と死は、隣だと気づきました。生の果てしない向こう側に死があるのではなく、すぐ横に。人生なんてあっという間。きっと終わってみれば「一瞬」ですよね。

ああ。ゴンちゃんに会いたい。

そればっかでごめんなさい。

家の掃除もはかどってないし、中途半端な感じ。

先日、記事を更新してすぐ消したんです。

猫を保護した記事。

あの時はまだゴンちゃんが生きていて、いつまで生きるかわからなくて、逆に介護に疲れきっていたんだよな。つい最近なのに妙に懐かしいから、貼りつけておくことにしました。

消した理由は、自分の中で考えがまとまっていなかったから。

でも、答えははじめから決まっていたような気もします。

やっぱりリリースはできないなあって。

危ない場所にいた子だからなおさらね。

この猫を保護してほどなく、ゴンタは逝きました。
クリックすると元のサイズで表示します

まるで旅館を営んでいる気分です。

来ては去り、来ては去り……。

珍客ばかりで困っちゃう(笑)。

ときどき、ふと、自分がなにをやっているのかわからなくなります。いったいなにを目指しているんだろうって。活動をはじめてから今までのこの11年間で、多くを失い、多くを得ました。悩みがない日は1日もなかった。これからもそんな感じなんだろうなあ。

まあ、いいか。

猫は現在、お心ある方に預かってもらっていますが、環境を整え近日中にお迎えに行きます。もちろん、家族募集します。詳細はおいおい書きますね。

ではでは良い週末をお過ごしください。

来週からまたひかるのご縁探しをがんばります。

写真いっぱーい撮ったど!!

★★★3月13日の記事★★★

本日2度目の更新です。

WITHフジコ!

べべのドッグドッグ(検診)に行ってきました。毎年誕生日前後に行っていますが、今年は家計の都合で遅くなったのです。ごめんねべべ。

血液スクリーニング検査、エコー、レントゲンをお願いしました。
クリックすると元のサイズで表示します

肝臓の数値が若干あがっていたけど、他の異常が見つからずホッ!

そして身内のゴタゴタに巻き込まれヘトヘトな1日でもありましたのに、なんとあろうことか猫を保護してしまいました(涙)。今はすべてがいっぱいっぱい で、変な話、ゴンタが生きているうちは休むつもりだったのです。福多朗とひかる、この子たちを送り出すだけで精一杯。精神的な余裕も金銭的な余裕も時間的 な余裕もスペース的な余裕もない。本当にない。今はない。働いてもいないのに毎日が疲労感の塊で、慢性的な睡眠不足に悩んでいます。

ここに愚痴ばかり書いているのも自覚しているし、もっと大変な環境の中で保護活動していらっしゃる方に申し訳ない気もしますが、1日中鳴きっぱなしのゴンちゃんを抱え、私は私のキャパとどこまでたたかえるか不安で。

だけど今にも車道に飛び出しそうな猫を、ほっとくことができない。

危なっかしい歩き方で道路の縁をウロウロしていた猫を。

福多朗を保護した場所だったんです。

いつ轢かれてもおかしくない場所。

あんなところじゃ、3日生き延びるのもやっとでしょう。

ああ、あそこに飲食店があるのが恨めしい。

危ない場所なのに飢えた野良猫たちが集まってしまうのです。

いっそ店を移転してほしい。

あ、猫だ。サイアク。この道通らなきゃ良かった。

と思ってから、5分以内に、私は猫を捕獲器で保護しました。

一回家に戻って倉庫に眠らせておいた捕獲器を取り出し、フードを仕掛け、猫が入るまでの時間を全部足しても、大袈裟抜きに5分かかりませんでした。すばや いでしょう? 私は一旦エンジンがかかると、すごいスピードを発揮する女なのです(爆)。ふだんがだらしないだけだとも言いますが^^;

心の中では全然迷っていなかったってことですかね?

だけどしんどい^^;

性別はたぶん女の子
クリックすると元のサイズで表示します

女の子の顔をしているからそう思っただけ。

写真はひどいもんですが、本当に美猫ですよ。

ビジュアルで勝負できるくらい、整っています。

我が家がこの状況ですから不妊後のリリースも考えましたが、さすがにあの場所には戻せないかも。レボリューションつけたいけど、つけさせてくれるかな?

お願い神さま。

誠に身勝手ですが、今はこれ以上出会いたくない。

スポンサーリンク





コメントを残す




*