違和感


昨夜に引き続き、連続更新です。

保護した猫のこと。

ゴンタグッズを片づけ来週迎えに行きます。早く片づけなきゃと思う反面、一気にはできなくて。1日少しずつやることにしました。猫は今、うららさんのお宅に居候させてもらってます。うららさんも保護猫を抱える身なので甘えっぱなしでは申し訳ないのですが、不妊手術後、病院にお迎えに行けませんでした。ゴンタが亡くなってしまったから。うららさんのご厚情で数日預かってもらっています。ありがたいです。

猫の名前は、「あかり」にしようかな?

ご家族の灯りになってほしいのと、ひかるとおそろいっぽいから。一応、同期の保護猫ですからね。

あかりは予想通り女の子でした。

捕獲箱の中で座ったまま動かないので、はっきりと性別がわからなかったのですが、お腹が膨れている気がしたのです。腹水か、妊娠? 腹水ならまたうちで看取ることになるのかな? 漠然といろんなことを考えました。そして、なんか、うんざりしました。

術後、あかりは推定1歳くらいの若い女の子で、お腹に4匹の赤ちゃんがいたと知った私は、電話口で思わず、「よかった」とつぶやいてしまったのです。

ん?

なんかちがうぞ?

猛烈な違和感。

自分の口から飛び出た言葉に鳥肌が立ちました。

なにが「よかった」んだか。

お腹の腫れが腹水じゃなかったことが?

それとも外で出産する前に保護し堕胎できたことが?

自分の言葉が、思想が、とてつもなく恐ろしくなり激しい動悸を覚えました。あかりと同じ女性として、恥ずかしいです。でも、産ませればよかったとは思って いません。出産直前ならそのまま産ませたかもしれないけれど、まだそういう段階ではなかったのです。ただ、こういう選択をしつづけることに辟易しました。

犬と猫が好きです。

子犬も老猫もみーんな好きです。

生殖機能を奪うことに罪悪感を感じない日はありません。

諸外国の考え方、病気の予防、ストレスの軽減など、不妊手術のメリットを熟知していても、手術のたびに胸がチクッとします。保護活動をはじめてからずっと。たぶんこれからも。

活動をしていらっしゃる方はみんな同じじゃないかな?

お金儲けでガンガン産ませる業者の陰で、身銭を切りながら不妊手術を行いつづけるのは辛いはず。できるならこんなことやりたくないでしょう。捕獲や搬送な どの労力だってかなり大変です。だけど、今の日本において、行き場のない子たちを救うにはこれしかないのです。犬猫の数が膨大すぎるし、生まれてしまえば もっと苦しめるから。

私はひとりで近所の猫たちの不妊手術をしています。保護もしています。だけど毎年、新たな出会いがあるのです。なにもやらなかったらきっともっと出会うでしょう。家のない猫に。彼らが都会の隅で野垂れ死ぬ姿は見たくないです。だからこうするしか術がありません。

今回、私があかりにしたことは、保護活動上仕方ないことで、正論を並べようとすればいくらでもできるけれど、ひとりの人間として、覚えた胸の痛みを否定せずに持ちつづけようと思います。

あかり、ごめんね。
クリックすると元のサイズで表示します

償いになるかわからないけど、いい家族をさがせるよう努力します。

スポンサーリンク





コメントを残す




*