雨の休日につらつらと


「あー、つまんないの」    「お母さん、また森さんの本を読んでるよ……」
クリックすると元のサイズで表示します

ごめんねお前たち。お母さんもお出かけしたいけれど、雨が多いし、ちょっと疲れちゃったから、空いてる日は家でのんびりさせておくれ。GWはどこも混みそうだから、お出かけは、1週間ずらしたの。GWの次の週末は、楽しいことが待っているから、もうちょい我慢して。

それに、これはすばらしい本だよ。読んでいるだけで、力が奮い立つの。
クリックすると元のサイズで表示します

もともと、森さんの文章が好きなお母さんにとっては、ますます離せない一冊なの。

「知ってます。森さんの新刊でしょ? お母さんにすすめられて、ぼく、読みましたから。

読んだ感想は……人が解決すべき問題点も多いけれど、ぼく的には、“ありがとう”がたくさん詰められた本だと思いました。希望のたまごもいっぱい見つかりました。お母さんが、繰り返し読んでいる理由、ぼくにはわかります。どれどれ、ぼくももう一度読んでみますかね?」
クリックすると元のサイズで表示します

スヌーゴン……。

字、読めんの?

「読めますよ」
クリックすると元のサイズで表示します

だそうです(爆)。

「ゴンちゃん、ウソばっか」  「ぼくは英語なんかもすらすら書けちゃうけど?」
クリックすると元のサイズで表示します

「…………」        「ABCDEFG……まめちゃんにも教えてあげようか?」
クリックすると元のサイズで表示します

遊びに来たハハ妹&たかちゃんの愛犬、まめも呆れちゃうほど、うちの男子たちは文学的なんです。

お母さんに似てね(笑)。

さて、写真に写っているきのたんですが、無事に我が家を巣立ちました。

3度目の正直。

今度こそ、出戻って来ないと思います!

卒業記事は超長編になりそうですが、近日中に必ずお送りします。期待してお待ちくださいね。

それから、新星まーもですが、食欲が落ちてしまいました。体調が悪そうでしたが、キャリーに入れようとすると、途端に暴れてしまうので、まーもをすぐに移動しない方がいいと考え、昨日、私だけ病院へ行き、先生と今後のことをお話しました。

病院では元気だったようなので、心配していた尿毒症の可能性は薄いとのこと。まずは1日だけ様子見をして、食欲が戻らなければ、無理してでも連れて行く約 束を交わし、家に帰りました。昨夜はどうしてもバイトを休めなかったので、1時間遅刻させてもらい、チチに早めに帰ってくるようお願いしました。仕事中も まーもが心配で心配で……。

でも、家に帰ったら、ちょっと元気が戻っていて、ごはんを少し食べれるようになったので、ホッとしています。人に触れられるのが、イヤでイヤでしょうがな いようだけど、それじゃあ、いざという時になにもできなくなってしまうので、少しずつ人の手に慣れてもらえるよう、がんばります。相変わらず、場所は気に 入ってくれているようで、猫ベッドの上で悠々と寝ているので、ご安心ください。

あ、トイレの掃除やごはんの交換などは、怒らなくなったので、スムーズにできています。

最初はケージの扉を開けるのもお互いに緊張したよね、まーも^^;

カメラを向けると怖がるので、ちゃんとした写真がありませんが、慣れてきてくれたら撮りますから、またまーもに会いに来てくださいね。

★★★ありがとう★★★

スヌーゴンがやってくる前、703号室にはコロという犬がいました。

コロもゴンと同じで、劣悪な環境のもと、長年我慢を強いられた挙句、クッシング病や肝臓がんといった重病を患い、我が家にやってきたのです。老犬コロは、 余命宣告をはるかに超え、1年、生きてくれました。コロのお世話は、当時の私にとって、かなり大変でした。(でも今から考えると、大変と言っても、スヌー ゴンの大変さの10分の1くらいだったけど)

何度もくじけそうになりました。医療費にも頭を悩ませました。コロが飲んでいた薬は、とてつもないほど高い薬で、生命を維持させるための出費が、我が家に重くのしかかっていたのです。

その頃から、MWさまは、定期的に物資やお手紙、ご寄付を送ってくださっています。恐縮のあまり、何度もお断りしましたが、その都度、震える私の気持ち を、大きな愛で包みこんでくださいました。考えてみれば、私はMWさまの好物や、ほしいものを知りません。いつも一方的にいただくばかりでは、もはや気持 ちがおさまらないので、MWさまにほしいものや、好きな色などを聞いてみました。

すると返ってきたお返事が、この子たち↓ 「MWさまの好きなもの」
クリックすると元のサイズで表示します

みんなMWさまのお子です。キャバリア犬の優皆(ユミナ)ちゃんは、劣悪な環境で保護された元繁殖犬。みんなに優しいから、優皆、と名づけられました。他の猫たちは雑種。つまり、犬猫たち全員が元保護犬猫なのです。

犬の優皆(ユミナ)ちゃん
まーも似の、縞幸(シマコー)ちゃん
茶白の食茶寝(クチャネ)ちゃん
黒猫の単子(タンゴ)ちゃん
サバ白の美者(ミーシャ)ちゃん⇒ミーシャちゃんの名は、703号室卒業犬愛者(アイシャ)のパクリだそうです(笑)。

写真(裏に紹介文つき)や、ユーモアあふれるお手紙を拝見して、改めて自分がどれほど幸せ者なのか、わかりました。
クリックすると元のサイズで表示します

偶然知ったことですが、MWさまはうちの大切な卒業猫の大家さんでもあるんですよ。

こういう方が、応援してくださっているのですから、メソメソしていられないですね。

他にも、たくさんの方が、703号室の応援をしてくださっています。本当にありがとうございます。折をみて、他の方のことも、ぜひ紹介させてくださいね。

MWさまより、ビールや洗剤、お手紙、お写真、ご寄付が届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございました。ペコリ。

かつくん「コロちゃんの時も、多くの方から応援してもらったよね。コロちゃんを送り出せたのも、ゴンちゃんを迎え入れたのも、他の保護犬猫たちのご縁探しだって、みんな、あたたかい善意や励ましのおかげだとチチハハは感謝しています。

ぼくからも、ありがとうございます。それにしても、MWさまのお手紙は、いつもおもしろいですね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





コメントを残す




*