合掌 さよなら、さくらちゃん


マイ太郎さんの愛猫、さくらちゃんが亡くなりました。享年6歳。今年の1月21日、雨の降る夜、外猫だったさくらちゃんを保護したのは私なので、さくらちゃんには格別の思い入れがあります。

また、マイ太郎さんがさくらちゃんにどれだけの愛情を捧げてきたか、どのようにケアしてきたのか、間近でみてきたつもりですので、今は、ただ胸が痛みます。

永眠することで、さくらちゃんが辛い闘病から解放されたとも考えられますが、難題ばっかふっかけてくる神さまに、文句を言いたい気もします。

6年の外暮らしに耐え抜いてきた小さな女の子が、ようやく得た終の棲家。本当の家族。

どうしてもう少しだけ、一緒に過ごす穏やかな時間を与えてくれなかったのでしょうか。

先ほど、マイ太郎さんのお宅にお邪魔して、さくらちゃんにお別れをさせていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

さくらちゃんの亡骸は、年頃のお姉さんのようないい香りが漂い、毛の1本1本まで、艶々でした。まるで、眠っているみたい。毛布をかけられているためか、ほんのり、あたたかかったです。

さくらちゃんに会うのは、今日が3度目。

1度目は保護した日。

2度目は、さくらちゃんへの輸血の日。

今から1か月以上前の話ですが……

その朝、マイ太郎さんからの電話を受け、あまたを連れ、さくらちゃんの病院へ向かった私は、酸素室内でのたうちまわるさくらちゃんを前に、心臓が止まりそうでした。

顔色が悪く、目を見開き、口をパカッとあけながら(猫は通常、開口呼吸をしません)、右へ左へ、所在なく体を動かし、叫び声をあげるさくらちゃん。強烈に苦しみ悶える姿をみて、私は、もうダメだ、と思いました。

まさに、危篤の状態。

命のともしびが、目の前で消えかかっていたのです。

病院の緊迫した空気。

マイ太郎さんの泣き声。

今思い出しても、胸が苦しくなるほど壮絶なシーンでした。

あまたを連れてきたところで、なにができるというのか。

失礼ながら、私は勝手にさくらちゃんの命を半ばあきらめ、失意のマイ太郎さんに、どんな言葉をかけようかと、頭の中で、必死に考えていました。

なのに、あまたの血が、さくらちゃんの体に入った途端、さくらちゃんが蘇ったのです。

鼻や口が、赤みを帯び、呼吸が落ち着きました。表情も和らぎました。

輸血がはじまって、まだ間もないのに、さくらちゃんが猛スピードでこっちに戻ってくる。

どんどん、どんどん。

元いた場所に、帰ってきてくれたのです。

生と死の狭間で、ものすごく、努力をしたことでしょう。

「わたし、生きたい」

さくらちゃんの全身が、そう訴えているようでした。

さくらちゃんが命を再び宿す瞬間は、光を失い、落ちこんでばかりいた頃の私にとって、あまりにも鮮烈で、私は、さくらちゃんの10分の1もちゃんと生きていなかった自分を恥じました。

輸血中のさくらちゃん
クリックすると元のサイズで表示します

輸血後のあまた
クリックすると元のサイズで表示します

犬や猫は、言葉を話しません。

だけどいつも、貴いことを教えてくれるんですよね。

さくらちゃん、見事でした。ありがとう。

さくらちゃんのように、私も一生懸命、自分の命を生きようと思う。

さくらちゃんの冥福を祈ります。

さくらちゃんは長いこと苦労しましたが、不幸な猫さんではありませんでした。

マイ太郎さんが自分の身を削りながら、守った命です。

誰かにとって、特別な存在になれるって、幸せだよね。

家族のいない犬猫たちだって、みんな、家族がほしいよね。

こうやって過ごすことを夢見て、地を這い、歯を食いしばりながら、生きているのよね。
クリックすると元のサイズで表示します

今日、さくらちゃんにお別れのあいさつをさせてもらいながら、心に誓いました。

私にも、冷たい土の上で逝かせたくない子がいます。

だから、今いる保護猫たちのご縁を繋いだあと、必ず迎えに行きます。

どうかそれまで、私を待っていてほしい。

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す