すべては明日のために


雷雨が轟く中、春吉は、寝室の窓から外を眺めていました。

春吉は、過去を語りません。だから当然、私は春吉のこれまでを知らないのです。サービスエリアで出会う前の春吉の暮らしぶりが、どんなものだったのか、想像できない。なぜ、高速道路のど真ん中のサービスエリアにひとりぼっちでいたのかも。

春吉の大騒ぎ保護経緯は名もなき猫をご覧ください。

「過去は……」
クリックすると元のサイズで表示します

「にがい」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくは甘い生活を望んでいるんだよ」
クリックすると元のサイズで表示します

「急いで追わなくても、ぼくの前から消えない人。声が枯れるまで鳴かなくても、乞わなくても、ぼくを抱きしめてくれる……そんな人は、未来にしか、いない気がする」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくは、ハハに出会うずっと前から、明日を待っていたんだよ」
クリックすると元のサイズで表示します

「ハハ、ぼくの家族をきっちりさがしてね。ぼくが幸せになる場所を。いや、ぼくが幸せにすべき人を」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼく、全身からマイナスイオン癒しオーラが出てるでしょ?」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくのお腹に顔をうずめて、もふもふしたくなるよね」
クリックすると元のサイズで表示します

「出血大サービス。このポーズがぼくの最大の武器」
クリックすると元のサイズで表示します

今日から春吉の家族募集を開始します。春吉は、里子に出た瞬間から、そのお宅に完璧になじむ素質を持っています。猫とは思えない才能です。トイレ完璧。い たずらも、過度な主張もしません。強いていえば、人間のまわりをゴロゴロ転がって撫でろと催促する程度? 犬とも猫とも仲良く暮らせます。ただ、お人よし な性格ゆえ、迫害を受けやすいので(笑)、相手の猫の性格によりますが^^;

春吉はひとつも手のかかるところがありません。数日間春吉を預かってくれたみいさんも保証してくれます。よく食べ、よく出し、健康そのものです。みているだけであたたかくなれる存在です。人を幸せな気持ちにさせるのが上手な春吉に終の棲家を与えたい。家族募集中のあずき同様、春吉についても、皆さまの応援を賜りたいので、どうぞよろしくお願いします。

仮名:春吉
推定2歳弱の去勢済み男子
まるまるころころ体型
快食快便の健康優良児
ワクチンは近日中
ウイルスチェック済み(FIV、FeLVともにマイナス)
駆虫済み

外見はご覧のとおりの美しさ。愛嬌たっぷりでもあります^^ 毛色や目の色が煌びやかでしょ?

フォトジェニック!!

最大のセールスポイントは、環境適応能力の高さ。新しいお宅に、瞬時になじみますからね。未来の里親さん、びっくりしないでくださいよ(笑)。

保護経緯といい、外見といい、性格といい、インパクト大の春吉。春吉と暮らしてみませんか? こんな猫が隣にいる明日は、サイコーですよ、きっと。

tennjanさん作の、ぼくのアピールフォト。中世の貴族を彷彿させる美しい肖像画みたいだなんて、いやいや、ほめすぎですよ。ぼくは幸福を願う、一匹の元野良猫にすぎないのですから」
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「春吉、最後は微妙に自画自賛モードだった?(汗)

たしかに春吉はすごい。

“人慣れ”とか、“場馴れ”の期間が不要ですよ。これが春吉の処世術だったんだね。サービスエリアで愛と食を乞うには、誰にでも頭を下げ……じゃなかった、誰にでもお腹を出すしかなかったのかもしれない。プライドが高く、警戒心の強かったぼくには、無理な技だよ。春吉が営業マンだったら、すごい数の商品をさばいていただろうね。ぼく、心から尊敬します。

今日の写真は、tennjanさんが撮影してくれました。tennjanさん、ありがとう。

703号室かつくん

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す