ぼくはぼくに出会ったよ

タロはめっきりいい子です。正直、猫とはあまり相性が良くありません。
けれど、それくらいの問題なら、どうってことはないです。違う部屋にかつくんがいれば、部屋越しに威嚇することもないので、生活空間を分けてあげれば、何の問題も起きないって訳です^^

短期間で、この心の成長は、本当に感心です。
タロ、だめ犬だったあなたも愛嬌があったけど、今のあなたはもっと素敵。大好きよ!


タロが問題を起こしたのは、里親さん宅だけではありません。ご存知の通り、703ではチチを噛み(笑)、店では、まめが悪いのですが、それでも十分喧嘩を 買った(汗)。その前に一時預かりしてくれたお宅では、玄関の下駄箱を粉々に破壊しただけでなく、そこの女主人が仕事へ出かけるときには、洋服を噛まれ、 怒った女主人はタロを突き飛ばして出勤したそうです(爆)。女主人が強気な方なので、怖がってもないし、怪我もしていませんが、それでも普通は噛まれた ら、怖い思いをするでしょう。

そして、女主人のお宅から、703に移した時、時間の関係で、Kさん(保護活動の先輩)のお宅のガレージに半日置いてもらったのですが、その時は、Kさん がご飯を食べやすくするために、タロの食器を動かそうとしたら手を噛まれ、あまりの勢いに逃げたら今度は足を噛まれ、ナイロン製のズボンに大きく穴が開い てしまったそうです(苦笑)。
Kさんは、土手のどんな凶暴な犬でも、平気で保護する方ですが、タロはさすがに勢いがあって、怖かったと話していました。

でも、今のタロは、口の中からオモチャを奪っても、手から小さなおやつをあげても、間違っても歯が当たる事もないし、噛まれるなんてトンでもない。こんなにおとなしい子は居ないってくらい物静かに過ごしています。穏やかな顔をして。
タロの口の中に手を入れても、噛まないようにそっと離し「噛まないよ。試したってぼく、噛まないからね」とでも言うように、私の目をまっすぐ見つめて来ます。
この子のどこに問題があったの?
何もかも変わりました。著しく。
まるで、悪い細胞が全部新陳代謝して、タロ本来の優しい細胞に生まれ変わったかのように……。足だって、自分から「拭いていいよ」って差し出すんですよ。 昨日の夜あたりから(驚)。足は、本当に拭けなかったんです。どうしてもダメでした。お手上げ状態。どんな手でやっても、まるでダメ。それが我慢するだけ でなく、自ら差し出してくれるなんてまるで奇跡が起きたようです♪

長期戦覚悟だった私は、拍子抜けしてしまいました(笑)。

でも、これって私に特別な力があったからでしょうか?
私はそうは思いません。

長い放浪で、悪い癖が顕著に出てしまったのかもしれませんが、タロは多分、誰かによって飼われていたときから、気が強くて手の付けられない犬だったと思い ます。そして外飼いだからタロに多少凶暴な一面があっても、気にならない環境だったと思います。タロの悪い所を直してくれる人間など、彼の周りには1人も 居なかった。本気で取り掛かれば、すぐにいい子になるということを知る人は一人も居なかった。手に負えないから、捨てられてしまったのかもしれません。つ まり、タロを心から愛した人は、一人も居なかった、私はそう思っています。

今、私の厳しさの中に、愛を見つけてくれたタロは、足元でスヤスヤお昼寝を楽しんでいます。私の顔色を伺うように生活している部分が多いから、多少、規律 が多くて彼には不自由かもしれません。でも、彼は愛の中で暮らしていることに、とても満足していると私は都合よく解釈します。我慢できない犬が、我慢する ことを覚えること、あるいは我慢を強制されすぎた犬が解放され、その後又正しい我慢を覚えなおすこと、これは難しいことかもしれません。けれど、タロは今 ようやく、本当のタロになりつつあって、それを一番喜んでいるのは、里親さんでもなければ私でもない、タロ自身だと私は思います。

「あたしはタロ君が大好き♪」(タロはべべを犬の中のボスとはっきり認識しています)


「あたしもタロ君が好きよ!」(タロはナナのことも自分の上だと認識しています)


「ぼくは……。タロ君の卒業を祈るよ……」(この意見には、かつくんの本心が隠れちゃってますね)


「ぼくは、ようやく、ぼくに出会ったよ」

明日は、きゃわゆーい卒業生が泊まりに来るのでこれから大掃除です!その様子は次回のお楽しみに♪

スポンサーリンク





激しいキス

今日(水曜)もタロの里親さんはお仕事帰りに我が家へ寄って、タロとの楽しいひと時を過ごしま した。お仕事もあって大変なのに、往復1時間かけて通ってくださって、本当にタロは幸せな犬だと思います。きっと今までこんなに誰かに思われたことなんて なかったでしょう。タロは、お二人が帰られた後、淋しそうにケージの中でずっと甘え泣きしていました。出してやると、玄関まで行って姿を探し、又泣いて、 あたりをウロウロ。少し人間を甘く見ている部分は確かにありますが、タロもまたお二人が大好きで、一緒に居る時間が楽しくて仕方ないようです。

ご心配頂いていますが、タロは極めて元気坊主です(笑)。二進一退?!って位の成果で、完全ではありませんが、毎日めまぐるしく変わっていきます。

まず、足が拭けるようになったこと!これ、マジですよ!スゴイでしょ?
完全に無抵抗ではありませんが、誉めながら拭くと少し我慢できるようになりました。実際に見てくれた方じゃないと分からないかもしれないけど、スゴイ進歩!タロ最高!

そして猫ですが、ついさっきまでは、リビングでかつくんと一緒に放していても全く我関せずだったのに、どこのスイッチが入ってしまったのか? いきなり 走って追い回し、威嚇してしまいました(涙)。猫についてはまだ時間がかかりますが、幸い、里親さん宅には猫ちゃんが居ませんのでその点は我が家より安心 です。

そして、最大の難関、食へのこだわり(笑)ですが、これについては考えました。チチと、格闘覚悟でお皿を取り上げてみる?との案も出ましたが、無意味だ し、第一、人間はやっぱりぼくからご飯を奪うんだ!と妙にいじけられても困るので、ケージなどの静かな環境で食べさせることに。与える量はそのままに、回 数を1日2回から1回へ減らし、気が荒れる回数を少なくする作戦。ご飯を1回にすると消化が悪くなる子も居ますが、タロは大丈夫。なんせ食べるのが遅い遅 い……。気が強い割には女の子のような食べ方なんです。よく噛んで食べてるから消化は問題ありません!
食べてるそばへ行っても大丈夫。それ位、良い子になりました^^

どうしてこんなに私に従うようになったかと言うと、実はちょっとした事件がきっかけなんです。

「事件の内容はねぇ……。でも、それ、ぼくはあまり悪くないんだけどなー」


その日、タロを連れてババ(私の母)の店(飲食店)へ遊びに行きました。店内の鉄柱に繋いで、スタッフ等と話していると、別のスタッフがタロの存在を知ら ずに、違う部屋にいたまめ(ハハ妹の飼い犬)を放してしまい、放されたまめがこちらの部屋へやってきて、鉄柱に繋がれてるタロを敵だと思い、物凄い勢いで かかってきました。
タロが売られた喧嘩を買わないはずはありません(笑)。
土手で仲良くお散歩をしていた2頭は、文字通り「死闘」になってしまい、物凄い状態になりました(汗)。柴って難しい……。まめはメスなのに、1回スイッチが入ると、相手をクッチャクッチャにしてしまう(爆)。勿論タロも。

このままではどちらかが大怪我する。そう思ってまめを蹴って突き離し、その間にババがまめを抱きかかえ、私はタロを抱えて、喧嘩は収まりました。
タロが悪いわけではないので、あまり怒るのは可哀想でしたが、あえてメチャクチャ叱りつけ、口ばしを掴んでそのまま自分の口の中に入れました。
私の口の中にタロの口ばしごと入った状態で低く唸り「お前、いい加減にしろ」という態度を見せました。そのままの状態で、しばらく静止してから開放してあ げると、タロは何度も何度も舌を出し、自分の口をペロペロなめました。そしてあくびを連発!「退屈、眠い」と言う意味ではありません。この場合のあくび は、犬が恐怖を感じている、あるいは緊張している状態を表します。ついに私、この子の上に立ったわ! 恐れを一歩踏み越えて全身でかかっていけば、この子 にはちゃんと伝わる。まめが悪いにせよ、売られた喧嘩を買いすぎだと。

それからは、何の問題も起きず、帰ってきて足をおとなしく拭かせ(驚)、タロ!と呼ぶとどこからでも飛んできて、ご機嫌を取ってきます。

タロは、木刀が似合いそうお父さんが居るお宅だと、きっと借りてきた猫のようにいい子で居られる犬です。でも、恐怖感だけを与え続けることは出来ないの で、その倍、その存在を誉め、一緒に喜び、学び、そして愛することが重要です。その大前提を忘れず、毅然と振舞うことがタロには大切。タロはリーダーを求 めているのだから。

でも、喧嘩を売ったのは、どう見てもまめで、鉄柱に繋がれたタロは、自分の命を守るために精一杯振舞っただけなんですよね……。だから殴ったりしてません のでご安心を(笑)。ただ、犬はボスに絶対的に従う必要があることを教えるためにタロの口を自分の口に入れただけですから! まあ、愛のある激しいチュー ♪って事で!

あまりの乱闘ぶりに、スタッフ達は、犬達を止めるどころか店の外まで逃げていきました(笑)。そこまで逃げなくても(5m位逃げてました)いいのに……。 そして戻って来たあと、いつもまめをからかっている一人がまめに敬語で話しかけているのを聞いて大爆笑。勿論、タロには一切触れず、仕込みに入りました。

「ぼくって案外か弱い男の子だから」


可愛い襟巻きは、満月邸からのお土産!似合いますよね^^ うふふ

「でもハハ、ぼくファーストキスの相手は、もっと若い人だと決めてたんだけど」

 

スポンサーリンク





犬と生きる人

今日はレインのお届けの様子をご紹介しようと思います♪レインの新しい名前は、「まりあ」です。とっても可愛いお名前で「雨」の意味を持つレインよりずっとピッタリです。しかも里親さんは、画数にこだわりを持っているそうで、8画の名前の犬は長生きするとのことから、8画の中で一生懸命考えたそう。

新しく建て替えた5LDKのお宅に住むのは、ご夫妻と、奥様のご両親。
先代犬さんが16年の寿命を全うして、ご家族で恵まれない子の里親さんになろうと応募してくださいました。先代犬さんは20キロ以上の大型のMIXですが、背中の模様がまりあと似ていたため、ご縁を感じたそうです。

新しいお宅はきれいだから、くつろぐまりあもお嬢様に見える? うふふ。


そして、ここでサプライズを! 分かります?


分からない人には、もう一枚!


実は、まりあのお見合いの時、ユキちゃん(保護活動友達)にも同席してもらいました。ユキちゃんは多数の犬猫の世話をしなければならないので、家を長時間 空けさせるのは忍びない、だからせめて里親募集中のさくらも一緒に連れてきては?と提案し、連れてきてもらいました。子犬を長時間留守させることは、ユキ ちゃんにとってはストレスですし、さくらもお出かけするのは好きみたいだから。
まりあの横で、一回り小さいさくらがちょこんとお澄まししている姿を見て、ご主人&奥様が2頭で欲しくなっちゃうな。と言ってくれて「ええ?本当ですか? じゃあ、同居するお父様やお母様にも聞いてみてください!」などと図々しいお願いしたら、夜お電話を頂いた際に「家族一致の意見で、2頭とも我が家で引き 取りたいと思っています」とのお返事を頂きました♪

ええ? キャーーー♪ ルン♪ エヘヘ♪ ラッキー!!!(このテンションでした)
と言うか、電話口で叫び、すぐユキちゃんに相談の電話。
一人ぼっちで生きてきたさくらのためにも、姉弟と寄り添って仲良く暮らして来たまりあのためにも、とってもいいお話なので、こちらから改めてお願いすることに!

ユキちゃんちでのさくら(とってもお転婆だそうです)


703に遊びに来た時のさくら


さくらは、コトネちゃんになりました(カタカナにすると8画!)


まりあもお揃いの迷子札 可愛いですね^^


ユキちゃん&チチに囲まれて遊ぶ姫


先住犬さんのアルバムを囲んで


室内で大切にされてその生涯を全うしました。


こちらにも写真が飾ってありました。


素敵なご主人、終始にこやか!


日当たりの良いリビングにて


チチ、図々しくくつろいでいます。


リビングには、可愛いおしゃべりなインコちゃん達が(放鳥時間は5時間だそうです!)


「あたち幸せになるよ!そしてラッキー君みたいにずっと長生きするっ♪」


未使用のケージも頂いてしまって、本当にありがとうございます!ありがたく使わせていただきます!そしてちょくちょく行き来してくれるそうで、嬉しい限り です!ここ数日、コトネちゃんの方がずっとやんちゃで、まりあは少しお疲れモードだけど、お散歩も楽しんで、ご家族に可愛がられているそうです!お父様も お母様もありがとうございます!そして、これからも末永くよろしくお願いします!

嬉しさ&淋しさいっぱいで帰ってきたら、まりあの弟保護犬かなたのパパママから素敵なプレゼントが届いていました。


ボディクリームやらソープやら、ルームスプレー……。
それに、かなたの音声付メッセージカード・お手紙、私が欲しいと騒ぎまくったご主人お手製の迷子札(べべ・ナナ・かつくん用)3つ。アリガトウゴザイマス!
5ちびが居ない我が家はなんだか広くて静かだけど、5ちびが居るそれぞれのご家庭の笑い声や幸せな姿が目に浮かんできます。
犬を幸せにする、でも幸せになったのは何も犬だけではないと改めて思います。

誰かにとってゴミだった5頭は、それぞれのご家族をこんなにも幸せにすることが出来る。その無垢な姿の中に大きな力を秘めている。犬はやっぱりすごいです。

犬と寄り添うことが出来る人だけ犬を飼って下さい。
犬と生き抜くことが出来る人、犬を家族だと思う人だけ、犬を飼って下さい。

まりあ、コトネ、家族に出会えて良かったね、おめでとう♪

スポンサーリンク





雨上がりの空

タロのことで、ご心配をおかけしてごめんなさい。今日は里親さんが我が家に遊びに来ました。お 仕事帰りにも関わらず、10時半まで我が家に居てくれて、タロと接してくれました。お二人とも手にはバンドエイドが……。タロの行く末はまだ正直分かりま せんが、とても誠意ある対応に感動しています。タロを思ってくれて、タロは幸せな犬です。又ちょくちょく来てくれるそうで、タロも喜ぶし、大歓迎です♪

話は変わりますが、2月3日の土曜、5ちびの中の最後の子犬、レインが我が家を巣立ちました。心の隙間に風がビュンビュン吹いて、まともに立っていられない位、淋しいです(笑)。
去年の12月26日、大雨の日に我が家にやってきてからずっと一緒に居ました。いっぱい一緒にお出かけしました。胃炎を起こし、病院に担いだこともありました。思い出があまりに多すぎて、何を書けばよいか分かりません。とてもいい子でした。

姉弟の中では一番大きかったけど、一番優しい女の子。


そして一番の食いしん坊。


大きいと言っても、来た時は2.45㌔しかなくて


強く抱きしめたら壊れちゃいそうな女の子でした。


一番最初に卒業したまりんと仲良しで


いつも一緒に遊んでいました。


寄り添って遊ぶ姿はまさに天使


かつくんとも大の仲良し!


いっぱい遊んで、姉弟に譲って、愛と優しさを振りまいた。


5姉弟の里親募集を最初にしたのは、昨年末でした。今だから正直に言いますが、レインだけ、お問い合わせがなかったのです。5ちびとも同じくらい可愛いの に、私の写真技術が悪いのか、それともタイミングが悪いのか、他の子には指名つきでお問い合わせを頂くのですが、「レインちゃんと会いたいです」というも のはありませんでした。けれど、私は焦りませんでした。レインにだって、必ず良い出会いがあると信じているし、もしどうしてもない場合には、べべとナナの 妹になればいい。何かと不自由させる我が家ですが、703に残ってしまうなら、その運命を大きく祝福したい。そう思いました。
胃炎が良くなって、再度里親募集を開始したときも、不思議と全く焦りを感じませんでした。良い縁がなければ、ここに居ればよい。そう思っていたから。

そうしたら、なんと、「レインちゃんに会いたいです。」というメールを何通ももらったではありませんか!レインの可愛さを分かってくれる方々からの温かいお問い合わせが沢山来て、私は嬉しくてたまりませんでした。
その中から、とっても素敵なご縁があって、レインは703を巣立ちました。

レインは言います。


「みんなのように、あたちも幸せになれるの?」


私は言います。


「ええ、必ず。最後まで全力を尽くすからね。レインがとても好きだから」


「じゃあ、あたち、お風呂を我慢した甲斐があったわ♪」


レインがやってきた日、冷たい雨が降っていました。
レインが巣立った日、春のように暖かくていいお天気でした。
太陽が小さな女の子の旅立ちに顔を出して「いってらっしゃい」と言ってくれたようで、何だか嬉しくて、来た時の倍の大きさになったレインを抱きしめました。

「よく育ってくれたね」
女の子からはお礼のチュウ。
又会おうねのチュウかもしれない。

又会おうね!心はいつも傍にある。今までも、これからも。

次回は、素敵なお宅へ巣立ったレインをお届けします♪
サプライズ3が待っていますよ^^ お楽しみに~!

スポンサーリンク





トライ

前回は、柴犬のタロが幸せになった様子をUPしましたが、事態が変わりました。タロは愛嬌があ る犬です。でも、今までどこで飼われ、何故捨てられ、どこを彷徨っていたのかは知る術がありません。一時預かりしてくれた女性のお宅では、室内でしたが、 リードで繋がれていたので、どんな行動パターンがあるのか、正直分かりませんでした。でも分からない分からないと言って、里子に出すわけにはいきません。

だから703で一旦引き取って、短期ではありますが、様子を見ることにしました。
そこで分かったのは、足を拭けない事。猫が苦手だということ。
私はこればかり強調しましたが、実は、もっと深刻な問題行動をとることがあります。
それは、「ご飯」です。
ご飯のときは、性格が変わるとの情報をあらかじめ聞いていたので、我が家でご飯をあげるときは、ケージの中にタロとご飯を入れて、食べ終わるまで、そっと しておきました。レインがケージに近づこうものなら、牙をむき出して威嚇してきます。でも、食べ終わってしばらくすると、レインが近づいても全然平気にな る。二頭でクンクンご挨拶。

チチがタロに噛まれてしまったのは、タロのご飯を取り上げようとしたから。
ダウンジャケットとトレーナーがある程度クッションになってくれたから、チチはあれだけで済みましたが、素手だったら、病院送りになっていたと思います。

でも、チチはその後、物凄い大声を上げてタロを叱り、手をあげました。軽くほっぺをピンしたのです。保護した子達には絶対、手をあげないよう心がけていますが、この場合は例外です。無視という手も通じません。男同士の喧嘩です。
そしたらタロは、おとなしくなって、いつものいい子ちゃんに戻りました。

だから、その点をよく注意して、タロが食べている時は、絶対に近づかないでください。と言って里子に出しました。里親さんは良くそれを守っていました。そ して、温かく接してくれて、タロと一緒に問題を解決しようと懸命でした。でも今日、とうとうタロは、近づいてもいないのに、ご飯時に同じ部屋にいたと言う だけで里親さんを激しく威嚇し、手の付けられない状況になってしまったのです。

バイト中の私に代わって、チチが迎えに行って連れて帰ってきました。
迎えに行ったときもまだ少し興奮状態だったみたいですが、強く叱って連れて帰りました。もう一度、良く考えてみようと思ったからです。帰り際、里親さんは、出来たらタロと一緒に暮らしたいと言ってくれました。それがとても嬉しかったです。

私はどんな時も、人間よりむしろ犬猫に優しい(笑)タイプですが、今回は、里親さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。タロが悪いわけではありません。タ ロを分析しきれないうちに渡してしまった自分が悪いのです。あるいは、分析を超えた行動を予想するべきだったのかもしれません。問題行動があっても、タロ は愛しいいのちです。それにいいところだって沢山ある。それを伸ばし、人間と共存できるよう頑張って行きたいと思っていますので、応援よろしくお願いしま す!!!

スポンサーリンク