雷恐怖症

皆様、ご機嫌いかがですか?私はまあまあです(笑)。

昨夜、ひとりっこ願望の強いべべを連れて、ババ(母)の家に泊まりに行きました。お風呂に入ったら「あ!!!ドアを閉めちゃダメ!!!」と言われましたが「?」と思い、無視してドアを閉めたら開かなくなりました(涙)。もう既に夜中の12時過ぎ・・・。

お風呂の外でババがわめいているのも気にせず、湯船につかって、ささ、体を洗って出よう!いくらなんでも力いっぱいやれば開くだろう、と余裕をかまして出 ようとしたら、ん?どうにも出れない・・・。ババが外側から、ドライバーやらペンチやらのこぎり(ナゼ?)を持って開けようにも開かない。私が内 側からどう粘っても開かない(泣)。

時間だけが虚しく過ぎて、又風邪で寝込むことを覚悟していたら凄い衝撃音と共にドアがあっさり開きました。。。

ババからSOSの電話でやってきたハハ妹が、ドアを蹴破って脱出させてくれたんです。それにしても凄い力・・・。1時間私とババがどうやっても開かないド アを、3秒で開けました!アンビリバボ!(爆)。本人は次の日会社なのに、電話で叩き起こされたのが不服で、ドアを蹴破るとさっさと帰って行きまし たが、今朝7時にはまめを連れて朝ご飯を無心しにやってきました(笑)。助かった・・・。はあ~。。。

夕方は夕方で雷が少し鳴りましたね。
予報ほどではなかったのですが、ナナはビビリまくりでした^^;
どうしてなんでしょうね。ナナだけが雷ダメなんですよ。あ、私も・・・。前は平気だったのに、ナナのビビリ方を見ていたらダメになってしまいました^^;

我が家に居るトアのお見合いもカフェで行いましたが、その後里親さんと一緒にお散歩しようとカフェを出たら雷が急に鳴ったので、話もそっちのけで一人車内に避難しました(爆)。情けない・・・。でも本当にダメなんです。。

だから雷の日だけ、703号室はこんな感じになります。


リビングに3面大きな窓があるのが気にいってますが、この日ばかりはカーテンしないと居られません。予報で雷!と出たらすぐにこうやって全面閉めちゃいます。逆に言えば、カーテンは雷の日しか使わないんですよ。家のカーテンは雷用です!


準備OK!いつもはどこかで幽霊のように過ごしているナナも私の足元を離れません。


寝室も2面窓があって、客間も大きな窓があるので逃げ場がない家なんです。どうしてもひどい時は、ナナを連れてお風呂場へ避難します。お風呂場とトイレだ けは窓がないので^^;最近は、私がリビングのカーテンを閉めるだけでこれから起こる事が分かるらしく、ストーカーのように私にべったりくっついて離 れません。あ、可愛いな♪と思いますが、心に余裕がないのでひたすら雷の恐怖から逃げ惑っています(爆)。

「あたし雷なんてこわくなーい!」とべべ。さすがだわ!私は怖い・・・。
「あたしはハハの方がこわーい!」とリル。いい?覚えてなさい・・・。


かつくんはすごいです。。。


雷から一番近い場所へ行って、悠々と寛ぎ、爪とぎを敢行!


「え?なんか言った?」ゴロゴロの空の下でゴロゴロ言いながら爆睡。カッコイイー!


「え?ぼくかっこいい?」トアの髪型をソフトモヒカン風にアレンジしてみました(笑)。


おまけにこの方、茶色のメッシュもいっぱい入っていてオシャレの達人だわ!ステキー!

「かみなりってなあに?」

びびりまくった雷もすぐに去り、私とナナは恐怖から解放され、カーテンを開けていつもの703号室に戻りました。夜はハハ妹のお陰で死なずに済んだし・・・。

スポンサーリンク





並の新居

チャド君の正式譲渡が決まりました♪

不衛生な家に置いておくしかなかった4頭の里親募集犬でしたが、チャドは4月末には新しいお家でお試し飼育の為、一足早く旅立ちました。703号室には 今トアが居て、あの不衛生な家にはあとシーズー犬2頭残っています。正確に言うともっと沢山居るのですが、里親を募集している犬であそこに残っているの はあと2頭。トアが卒業し次第、手を打たなければ・・・。まあ、それまでにワクチン・不妊手術など、できることは済ませていますが。

ささ、チャド君の新しい名前なんですが「並(ナミ)」君になりました^^
何で並かって?そりゃ、お見合い前にパパママが吉野家へ行ったからだそう(笑)。なんか印象に残るものでもあったんでしょうね。きっと。とっても可愛いですよね!並って。女の子みたいな響きですが、おっとりして人間大好きのチャドにピッタリです!!

里親募集の為、トリミングを済ませハハ妹の家で写真撮影した並


仲良しのトアとツーショット(並の方が1歳年上 左トア・右並)


お見合いを控え、Kさん(活動仲間)が運んできてくれました。


お見合いは、ドックカフェで和気藹々行いました^^
(奥にナナとリルが小さく写ってますね。ベベも居たけど写ってません^^;)


並はちょっと不安そうな顔ですね。トアとそっくりですが、並の方が1歳年上で、1㌔大きくて、トアよりお耳が垂れているのが特徴です(え?分からない?私はちゃんと見分けがつきますよ!・笑)

お見合い終了後、ドックランへ行ったのですがあまりの暑さと人(犬)見知りで、ずっとママに抱っこをせがんで、ママが拒んだら違う人の元へ走って抱っこを催促していました(爆)。もうここまで来ると犬ではなく人間の子供のよう。。

「ぼく!抱っこが一番!」(ママに抱っこされて)


ドックランで遊んだ帰り、誓約書にサインしてもらって、迷子札やゲージを渡してそのまま連れて帰ってもらいました。絶対に付けて貰いたい迷子札はそのま ま差し上げることにして、ゲージはユキちゃん(保護活動友達)から借りて貸し出しました。え?ちょっと手を抜きすぎではないか?お届けしなくていいのか? と思われるかもしれませんが、いいんです(笑)。よーく知っている方々ですから。

里親さんは、既に私から2頭の成猫をもらってくださってるセーラさん!去年703号室にも泊まりに来た、卒業生成猫セーラにゃん&全盲の老猫コテツを大切に育ててくれてる方。お宅にも数回お邪魔しているので何の心配もしていません。セーラを渡して3年1ヶ月。コテツを渡して1年7ヶ月。2頭とも元気いっぱい暮らしています。

セーラさんと相方さんは前々から犬も欲しいと言っていて、猫と相性が合う子が居たら声をかけて欲しいとの事でした。でも、無理にお勧めするわけにもいかな いので、なかなかお話が進まなかったのですが、今回里親募集する4頭の写真を見て一目で気に入ってくれました。黒いパグ系の犬が大好きだったそうで、 お試し飼いしたいとメールしてくれました。並は本当に優しい子だし、猫とも一緒に暮らしていたのでお勧めできると思って、お見合いし、そのままお試し へ・・・。と言うことです^^

セーラさんは共働きですが、相方さんは並にメロメロで仕事が終わるとすぐ直帰するそうです(笑)。セーラ&コテツとも仲良くお留守番できるし、多頭飼育に 慣れた並も淋しくない環境だと判断しました!ただ、並・・・。トイレが不安定だったようで、あちこちでおしっこしちゃったり、会社から帰宅したらうんちの 山だったりしたそう^^;でも、最近覚えてきたようで、少し安心しました!

先輩猫コテツ(かつくん以上にまんまるで可愛すぎる♪)

 

パパに抱っこされる並(ちょっと目が光ってますが、可愛いですね^^)

 

3頭で仲良くおねんね


「コーちゃん、アレ見て!あいつお腹出してるわ。。」とセーラにゃん?(笑)


セーラにゃんも並も本当に甘えん坊だからパパママを取り合うのは必至!でも、どっちも私にとって可愛い卒業生だからどっちが勝っても許す!(笑)。

並、いつまでも幸せで居てね^^ セーラにゃんもコテツも苦労してきた子。そういう子は優しいから、きっと3頭でうまくやっていけるよ。頑張って先輩の言うことを聞いて、いっぱい甘えてね(笑)。トアも必ず幸せにするよ!

あ、あとこの子達は誕生日がはっきりしているのですが、並はH17年5月9日生まれ!だから、昨日で2歳になりました♪2歳のお誕生日、新しいお家で迎えられて良かったね!本当に本当におめでとう!ずっとずっと長く生きてね^^

スポンサーリンク





光の午後

午後、ぼくはここに居る。


聞こえるのは古いカメラのシャッターと、かつくんの鈴の音だけ。

心地よい波に乗って、ぼくの中の時間が流れる。

静かに、でも確実に。

ぼくはなぜここに居るの?


ここは沢山の友達が居て


温かくて、清潔で、ご飯もちゃんともらえるし

お散歩だって行けるからぼくにとって居心地がいい。

とても小さなぼくだけど、

痛みを感じる体があって

喜びを感じる心がある。


ぼくはちゃんと感じているよ。

痛みも喜びもちゃんと分かる。

小さいけれど


まだまだ頼りないぼくだけど


あなたのことを幸せに出来る。


ぼくの全てを懸けて、あなたの傍に居るから

どうかぼくに笑いかけて。

大好きだよと抱きしめながら。

トア、去勢終わって1泊入院して戻ってきました。抜糸が終わるまで703号室に居ます。トアは巨大トイレのような家から保護しました。言い方は悪いです が、臭くて鼻が曲がりそうな家です。殴られたり傷つけられたりすることはありませんでしたが、適正に飼育されているとは到底思えないほどの悪臭を漂わせ、 703号室にやってきました。人間に深く依存する部分がありますが、極めていい子です。本当なら、生まれた家で天寿を全うするのが一番幸せでしょう。でも あそこでは天寿を全うできません。4キロの体に色んなものを背負い込んで、不安いっぱいの顔でやってきました。

不安いっぱいの顔が又愛しかった。

トアと瓜二つのチャドは正式譲渡されました。ママは近日中にチャドを連れて病院へ行くそうです。フィラリア予防薬を買う為と、体をかゆがるチャドを診ても らうためです。かゆみの原因は大体分かっています。チャドは所々毛が禿げていて皮膚が剥き出しの状態。今まで不衛生な場所に居たため、体がかゆくて仕方な かったのだと思います。

犬を洗う。
どうってことない事ですが、ただそれだけでも立派な愛情表現の一つだと思います。

人間が犬を世話する。
社会に出て自立しない犬は、生涯人間に依存する。
犬に依存されることを誇りに思える。
そういう人が犬と生きるべきだと思います。

ママから可愛い写真が送られてきているので、次回紹介します!
新しい名前も合わせてお楽しみに~。

スポンサーリンク





いたずら大魔王

昨日は色々かつくんのお祝いコメントありがとうございました。まだコメント返し終わっていませんが、かつくん共々嬉しく思っています^^ 皆さんのお陰でよい3歳の誕生日を迎えることが出来ました♪今後ともかつくんをよろしくお願いします!!


かつくんと言えば、我が家のいたずら王。色んなものをひっくり返したり、高い場所から「いたずら禁止物」を下にいるべべなどのハイエナ軍団にパスしてみ たり・・・。最近は食器棚に隠しておいたお菓子をやられました。妙に静かな時は要注意!行ってみると案の定、べべとふたりこっそりいたずらの最中だったり しますから(涙)。

でも、今日はそれを上回る方の登場です!!

誰だと思います???

ヒント1  オス

ヒント2  いい歳

ヒント3  泣き虫

はい、もう分かりますよね(笑)。

「♪♪♪~~」

鼻歌が聞こえる方へ向かってみれば・・・。

ん?

爆!

こんなことをするのは、一人しかいません。。。最悪ですよ。。。

「あたし、ちょっとおでこかゆい。。。」  そりゃそうよね・・・。


「あたし、なんか変な感じ。。。」  やな感じだよね、可哀相に(涙)。


いたずらに選ぶのはいつもナナ。おとなしくていじりやすいからか?昔はあんなこともあったっけ(涙)。見ていない方はこちらを。

こうやってせっせとガムテープに色をつけて、小さく切れば・・・。

はい!ブス犬の出来上がり!!!

チチのこと、いい加減もう殴ろうかしら。まあ、ネタにはなったけど・・・(笑)。はがす時、少しでも痛い思いをさせたら殺すと言ったら、細心の注意を払いすぎて、指が震えていました。あああ、一緒に居ると疲れちゃいますよ。本当。ダレカタスケテー!

★★★おまけ★★★

「・・・・・・・・・・・・・・・・。」


「あたし、こんな家早く出たい。。。」

スポンサーリンク





かつくん3歳児

今日はあいにくの雨でしたが、703号室ではかつくんの誕生日会を開催しました♪

かつくん、べべナナリル、トアに鳥を茹で


プレゼントを渡しました(爪とぎ大小!セコイ?)


ちなみに一年前は、刺身でした。一年前の記事はこちら

ご存知の通り、かつくんは猫エイズキャリアです。だから誕生日が来る度、ただただ神様に深く感謝してしまいます。猫エイズキャリアは珍しい病気でもな いし、15年生きることも今では普通になっていますが、ストレスが最大の敵とされています。その為、私とチチはかつくんにストレスを与えないよう最大限の 注意を払っています。それでも、色々な犬が代わる代わる来る。来た犬は殆どかつくんと仲良くなりますが、例外もある(タロ・ジャック・・・笑)だから心 配になってしまうこともありますが、それでもかつくんは元気いっぱい育っていて感心します。元気いっぱいのかつくん、大好き♪

昔のアルバムをカメラで写して見ました。


上の写真はチチと昔の家で写っているかつくん。まだ生後半年弱の頃。ホソイっ!下の写真は去年のもの。私に抱っこされているのですが、かなり大きくなってますね^^;

そして!

ジャジャーン!

ハハ妹に抱っこされた3日前の姿(爆)。育ちすぎ?(笑)。今居るトアより大きくて、遊びに来る誰もが「大きい。。。」と漏らすほど立派な猫に育ちました♪

「そんにゃこと、にゃいよ」と否定してみるものの


やっぱり大きい(笑)。


そして、まるい。


犬(&チチ)のダイエットにはうるさい私ですが、かつくんは例外です。あんまりに太ると可哀相なのでさすがにその時は制限しますが、今はまだまだ可愛い盛り(え?違う?・笑)これからもまんまるでいてね^^ ウフ♪

(※ここからは長いです。お時間ある方だけ読んでください・笑)

エイズキャリアの猫は里親探しが難航します。最近、かつくんに似たエイズキャリアの子猫を2頭里子に出したコズエさんは諦めずに頑張り抜いた方。凄いなと尊敬します。実は、かつくんだって子猫の時、里子に一度出したんですよ!え?初耳?(笑)。

粘って粘って、とても裕福な家族がエイズキャリアを承知でもらってくれることになったんです。私は嬉しくて何日も眠れませんでした。お届けにはチチとハ ハ妹で行ったのですが「凄い家だった」と繰り返し興奮していました。大きな美術品のようなマンションを1棟持っていて、お住まいはそのマンションのワンフ ロア。見たこともないくらい素敵なお宅でした。
新しい名前も付けてもらって、かつくんは絶対に幸せになると確信していたのですが、渡してから4日目に電話をかけたら「1日半以上子猫(かつくん)の姿を見ていない。バルコニーを開けたから外へ出てしまったようだ」と言われ、慌てて探しに行きました。

我が家から、車で2時間。あまりに動揺していたので運転が出来ず、Kさん(保護活動仲間)の娘さんに運転してもらって行きました。着いたのは朝の10時。慣れぬ土地で家の中、外を泣きながら探し回りました。苦しかった。
家の人は、少しだけ探してくれていましたが、ご飯を食べたり、近所の動物病院に貼られた里親募集の子猫のポスターを見つけ、その話をしていたり……。きっ とかつくんが戻らなかった時の為に新しい子に目星をつけていたんでしょうね。それを見て、kさんの娘さんは腹を立て「かっちゃんが生きていたとしても、死 んでいるとしても絶対に連れて帰ろうね」と私に言いました。その時はまだ、せっかく渡したんだから、かつくんが見つかったら里親さんに返そう、そう思って いましたが、居なくなってから1日半以上経っているのに、私に連絡もくれなかったし探そうともしていなかった事に少し腹を立てていました。家の中も外も探 すと言うことは、とても疲れることで、里親さんのお宅を何処まで勝手に見て良いか分かりませんでしたが、早く見つけないとという切迫した状況では他に選択 肢はありませんでした。

夜になり、Kさんの娘さんは小さな息子を迎えに行く用事で帰りました。私は一人残って探し続けました。そのうち、心配したハハ妹が車で迎えに来てくれて一 緒に探してくれました。あれほど妹に頼ったことはありません。免許を取りたてのハハ妹は、知らない道を走り続け、3時間かけて私の元へやってきました。

「もう帰ろう。今日は休んだほうが良い」と言われ我に返った私の顔は全面泥だらけでした。「もう帰ってくださいよ。きっと子猫はトンビにやられたんです よ!トンビに殺されたに違いない。だから見つかりません。帰ってくれませんか?」と言われ、あまりにも頭に来て大喧嘩(爆)。立っているのがやっとだった ので一旦は帰りましたが、次の日又行こうと思っていました。家の中に入れてもらえなくても、家の周りを探そう、そう決めていましたから。

次の日の朝、支度をしていると里親さんから電話があって、家の中からかつくんが出てきたから迎えに来るよう言われました。嬉しくてKさんに付き合ってもらい再び向かうと、家の前でかつくんをキャリーに入れて里親さんが待っていました。

キャリーバックにはかつくんの新しい名前が書いてあって、それを見て何だか切なくて涙が止まりませんでした。きっとワクワクした気持ちでかつくんを迎え入れる準備をしてくれていたのでしょうね。

家に戻ると、疲れすぎてベッドに倒れこむように寝てしまいました。もう一回里親を募集しなくては……そんなことを考えながら。

2時間後、はっと目が覚めかつくんをケージに入れ忘れたことに気づき慌てました。寝る時や留守する時、かつくんはいつもケージの中に入れていましたから。 きっとどこかに隠れているんだわ、愛想の悪い猫だし(笑)、探そうと起き上がった私の腕の中に、小さなかつが眠っていました。

「あああ、あああ、あああ、可愛い・・・」

何処にも隠れず、戻って来た安心感いっぱいで私の腕の中で寝息を立てる姿を見て、かつくんを抱きしめました。ここに居て。私の傍にずっと居て。狭くて汚い家だけど、あなたを一生守るから、一緒に暮らそうね。そう決めました。

ねえ、覚えてる?

「わすれた」

スポンサーリンク