愛する者たちへ

最近は、部屋の模様替えをしようと、業者と打ち合わせをしたり、今までにない勢いで部屋の掃除をしたり、何処に何を置こうか考えたりしながら過ごしてきました。

お陰さまで、ダイナミックな変化はありませんが、少しお部屋の様子が変わりました。写真はまだ撮っていませんが、そのうち、変化に気づいてもらえると思います。

かつが亡くなってから、明日でちょうど3週間。

時間が解決してくれるとすれば、早く時間が経ってほしいけれど、私の場合、「ペット」ロスではなく、長男であって、末っ子のかつを失ってしまったので、そ う簡単にはいかないようです。薬の力を借りても、尚、地獄のような時間が流れる事が多く、副作用ばかり強いのに、肝心の効き目はあるのか?と思ってしまう ほど、悲しみと向かい合わなければなりません。でも今、薬をやめてしまうと、病的にお酒に手が伸びてしまうので、それならば、精神安定剤や抗うつ剤の方が マシ。という毎日を送っています。

かつに会いたい。
もう一度、「偉かったね。」と抱きしめたい。どうしても叶わないけれど、どうしても叶えたい。
会いたいです。

でも、私を廃人にしてくれない方々が居ます(笑)。


かつを愛する気持ちと同様、ベベナナリルを愛しています。100%の愛情を4で割って、1頭25%ずつではなく、多頭飼いであっても、私は400%の愛情で、それぞれに接してきたつもりでした。保護している子を入れると、500%600%ともう、凄い量の愛になる。

なのに、かつが永くないと知ってからの約1~2ヶ月は、果たしてそのバランスを保てていたかというと、そうではないと自分が一番良く知っています。

かつ中心の生活に、犬達は一言も文句を言いませんでした。
それは彼ら犬が口を利けない、人間にとって都合の良い生き物だからではなく、今は我慢すべきだと知っている、優しい生き物だからです。

ベベは、わがままな振る舞いをしませんでした。一切。
かつに話しかける横でちょこんとお座りして、一緒に話を聞いているようでした。そしてふと目が合うと、遠慮がちにボールを持ってきて、遊んでもらえないと、端の方へ消えていきます。6歳なのに、何度も何度もそれ以上に老けて見えた瞬間を、私は頭で消して無視しました。

ナナは元々、家族には凄く優しくて手のかからない子ですが、伸びきった爪が、手入れされていない犬の証拠みたいで、それに気がつきながらも、私はかつかつと、かつを呼び続け、抱きしめ続けました。ナナの爪を切るのに要する時間は5分。
その5分の余裕でさえ、私にはどうしても持てませんでした。

リルは、お散歩から連れて帰ると、玄関で足を拭く私に何度もチューして甘えてきますが、シャンプーをまめにしなくなってから、毛が匂い、所々小さな毛玉が出来ていました。

甘えたいのは、病気のかつだって、健康なベベナナリルだって同じ。
でも、私が甘やかせていたのは、もう助からない、未来のない最年少のかつだけでした。

何やっているんだろう私。
こんなにも、こんなにも大切な存在の子達なのに・・・。

それに気づいてからは、精神的に余裕がある時には、ベベとボールで遊んで、ナナの爪を切ってブラッシングして、リルをお風呂に入れました。

そしてかつが亡くなってから15日後、ベベナナリルと保護子猫のほほを連れて、病院であらゆる検査を受けさせました。もう1頭も失いたくない。

失いたくありません。

検便用に用意した袋。頭数が多いので整理して持って行きました。


病院には、私が数年前に保護したハハ妹の飼い犬「まめ」も連れて行きました。


病院に来ただけなのに、皆嬉しそう。(キャリーバックの中にはほほが居ます)


ほほ、べべ、ナナ、リル、まめの順に診察。


ほほは、先生が驚くほど状態が良く、ワクチンを打って、次回血液検査の予約を入れました。

ベベナナリルは、血液検査であらゆる臓器を調べ、それにクリアしたので、それ以上の検査はしていませんが、隅々まで調べたので、何時間もかかってしまいました。


まめは歯石取りの予約を入れ、軽く検査してもらいました。


終わったのは、病院へ入ってから3時間半後。帰るときは皆ヘトヘトでした。

次の日の日曜、写真は撮っていませんが、チチと二人で、ベベナナリルを連れて、夕方少しお台場へ行ってきました。沢山歩かせて、色んな方に可愛いと誉めて もらえて、嬉しそうにはしゃぐ姿を見ながら、まるで3頭に対する罪滅ぼしのような時間を過ごしましたが、それはそれなりに楽しかったです。

今私は、2歩下がって、1歩歩いているような状態です。

でも下がり続けず、1歩でも前に進めるのは、間違いなく、ベベナナリルのお陰。

そして、かつが私に残した保護子猫、ほほのお陰。

トイレも出来て、手もかからず、未知の可能性を秘めた子猫のほほ。人間大好きで、走り回るし、スクスクと育っています。

ほほくん、里親さん大募集中です。

「ぼく、ちゃんと何でもできるいい子。誰かさん、ぼくをちゃんとみて。会いに来たらお膝でゴロゴロしてあげる。ぼくは、ゴロゴロ星からやってきた宇宙猫さんだから。」

「ほほはぼくの最後の弟です。ほほを自慢したいので、今日も愛のポチをお願いします。ほほの可愛さは実際見てもらえれば絶対に分かります。ぼくもとっても可愛い子猫だと思ったよ。皆さま、どうか応援してね。ほほにも優しい家族が必要だから。」

rp_middle_1183825675.jpg

スポンサーリンク





ホホの紹介

こんにちは、チチです。
今日はホホから自己紹介を兼ねて言いたい事があるとのことで、インタビューしたいと思います。

ホホ
「おはようございますこんにちはこんばんは、ぼく、ホホ。」

「かつおにいちゃんがてんし様になる3日前に703号室にきました。」

「ぼくがからすさんにつつかれている時に703号室の近所のかわいいお姉さんが助けてくれました。」
チチ
「そのお姉さんは、以前ハハから「くーちゃん、らむちゃん」と言う猫の里親様になって頂いた方です。」

ホホ
「おねえさんは色々な事情があって、ぼくを家族にできませんでした。だから思い悩んだあげく、ハハに相談したそうです。」

「それで、ぼくがここに来ることがきまったとき、チチは”駆け込み寺じゃねぇんだよ”とぼやいてたみたいです。」

チチ
「とても反省しています。チチは本当に心が狭いチンケな男だね。」

ホホ
「ぼくは”すいとうしょう”っていう病気だそうです。」
「頭がおおきくて、目がちょっとでてるでしょ?」
「でも、でも、一生懸命生きています。ふつうのねこさんのように飛び跳ねたりは苦手ですが一生懸命走ります。走っていると、ときどき頭をコチンしちゃいますけど。」
「あと、お薬もがんばってのんでます。いい子にのみます。おひるねは大好きです。おわりです。」

チチ
「もうそれで終わり?おトイレは出来るの?」

ホホ
「おトイレはできます。毎日おしっこと、ちいさなうんちをおトイレでしてます。
あと、大きな声でなきません。
ハハは最近ぼくのことをゴロゴロ星人といいます。人が大好きだからさわられるとゴロゴロいっちゃうんです。」

チチ
「そうか、それではホホの動画を皆さんに見てもらおうか?あとお前の絵を描いてくれた人がいるからそれも見てもらおう。」

ホホ
「え?いいの?うれしいなぁ。」

チチ
「ホホは普通の猫のような機敏性はない水頭症の子猫です。でも、可愛さは1000%。この子の可愛さを理解してくださる方を里親様として募集いたします。ホホ、頑張ろうな!」

ホホ
「うん!」

ねこママさんが描いてくださったホホの似顔絵。」
クリックすると元のサイズで表示します

ホホ
「すごくにてるとおもいます。」

チチ
「あたたかいね。本当あたたかい。それにそっくり!よく似てるよ!」
「次は、ナナとリルに囲まれたホホ(画像があまりよくありません。。。)」

「そして、ホホのお薬シーン」

「最後にホホがゴロゴロしてるシーン(雑音にも聞こえますが、”ブーーーン”と言っているのがゴロゴロ音です)

「ちょっと頼りない弟だけど、どうぞ宜しくお願いいたします。今日も愛のポチをお願いします。」
703号室かつくん

スポンサーリンク





かわいいほほ

今日は、犬達を連れて、午前中から健康診断へ行ってきました。
べべ・ナナ・リル・それからハハ妹のまめ&保護している子猫のほほ。
総勢5頭なので、病院を出たのは、3時間半後でした。
私もチチもハハ妹もクタクタ。薬の影響で眠くてたまりませんでした。

その写真などは、次の機会にUPします。病院では皆、まあまあいい子にしていました。
かかったお金は半端じゃありません(笑)。隅々まで検査してもらったので・・・。

その後チチが土手へ行ってくれて、ナナの兄弟やリルの兄弟達にフィラリアのお薬を飲ませてくれました。凶暴な子も居るので、私の体調が悪い時は、チチ以外 に頼める相手が居ないので、チチにちょっと忙しい思いをさせてしまったかも。。。でもお陰で、ホームレスが飼っている土手の犬達は今月も、蚊に刺されま くっても大丈夫です(笑)。

私はかつの仏壇にお線香をあげたり、部屋の模様替えの事で業者と相談したりしながら家で過ごしました。眠さに勝てず、少しの間、お昼寝もしました。

犬達の病院での様子は次回書きますが、かつが通い詰めた病院はきつかったです。
かつの思い出が、何処にもかしこにも詰まっていて、かつがそこにいないのだけが不思議な位のままでした。まあ、いつも骨を首からぶら下げているので、かつも一緒に居たと言えば「居た」のですが。

ほほの検査もしてもらいました。

詳しいCT検査をしていませんが、ほほはほぼ水頭症と診断されています。
どんな病気か?

チワワなどの小型犬には良く見られるそうですが、猫で水頭症の子は珍しいとの事。正直言いますが、ほほが来た初日は、トイレすら決まった場所で出来ない状態でした。目は片方が異常に飛び出して、眼球の位置も左右大きくずれていました。

ジャンプは勿論、走り回ることも出来ず、私は瞬時に「水頭症」と判断しました。

1回目の診察で、とにかく栄養をつけさせてくださいと言われ、脳圧を抑える薬を処方され、3ヶ月~半年に1度位の通院を続けるよう言われました。トイレも 徐々に覚えるし、目の方も少し良くなるであろう、普通の猫よりは少し「のんびり」したところがあるけれど、逆に手がかからないから、凄く飼いやすいと何度 も言ってくださった副院長先生の言葉からは、ほほに対する慈しみと愛情を感じることが出来ました。

私は怖くありませんでした。

かつはまだ存命でしたが、手のかからないほほに、シロップタイプの薬を与えることはとても簡単だし、水頭症といっても、ほほは手術を要さない「軽度」のものです。
薬は1ヶ月500円。たったこれだけ。

そして今、目は徐々に良くなり(視力は全く問題ありません)トイレは、来た次の日から、ピッタリと決まった猫トイレで出来るようになりました。粗相は一度もありません。
来た日に1度失敗しただけ。驚きました。

そして、普通より少しのんびりしていますが、よく遊ぶし、よく寝るし、何よりよく食べる(笑)。高い場所へのジャンプは苦手ですが、こういう子を飼うと、高い場所にお花を飾れる生活を送れるわと前向きに考えてくださる方もきっと居る、そう思っています。

そして短命かもしれないというのも、今のほほからはみじんも感じず、実際チチが他の水頭症の子を飼っている方のブログを見たそうですが、12歳ほどの 子が沢山居るそうです。勿論、まだその子達は存命だから、12年以上生きている子がポピュラーというのは大げさではないのかもしれません。

かつがなくなる3日前、ほほは縁あって703号室へやってきました。

これは、かつが私へ与えてくれた「出会い」と信じて、ほほの新しい家族を探そうと心に誓いました。

かつは、感染症だらけのハンデを背負って生まれてきました。
3年しか生きることが出来ませんでした。

ほほは感染症のハンデを背負ってはいませんが、それでもやはり「ハンデ」を背負って生まれてきました。

ハンデとはどういうものか?少しのハンデがどれほど気になるものか?それは個人差があるので一概に言うことは出来ません。けれど、ハンデがあるほほは、 ゴロゴロと喉を鳴らしながら一生懸命人間に向かって走り寄って来て、ぼくを撫でてと訴えて、掃除の時は邪魔にならないよう、端の方で地味に遊び、薬を 嫌がることなく、ご飯の好き嫌いもありません。

それでも1日に1・2度の薬を飲ませるのが億劫だったり、カレンダーに載っている様なモデルのような可愛い子猫が欲しいと願う方は多いでしょう。それは恥ずかしいことでも、悪いことでもありません。

でも、この子と一緒に成長していこう、この子の成長を楽しみに暮らしていこう、そう思ってくださる方が居てくれると、必ず居てくれると信じて、ほほのご家 族を募集させていただきます。これは亡きかつが私に与えてくれた大事な事だから、私も誠実にそれに向かい、一生懸命頑張ります。

「ぼくほほくん。」


「チチにむりやり抱っこだれてます。」


「でもなんだか、きもちよくなってきたな。」


「くびのうしろつかまないでー!ぼく痛い!」


「リル馬に乗って703を探索。いってきまーす!」


★仮名:ほほ、オス
濃いグレー&ブラウン(ほぼ黒に見えます)の縞模様の珍しい毛色。
尻尾が真っ直ぐで長く、華奢でお目目の大きな可愛い3ヶ月位の男の子。

お留守番も半日程度なら出来ます。
殆ど鳴きません。
おトイレは完璧です。どんなタイプのトイレでも大丈夫です。
おとなしい犬となら共存出来ます。
猫とも共存出来ます。攻撃性は一切ありません。
いじめられても、じっと耐えています(笑)。
人間大好きで、ゴロゴロ王子様

出来ないことは、高い場所へのジャンプ

出来る事は、無限大です。

あなたの愛と共に成長していける素晴らしい男の子です。

新しいご家族を大募集しています。

ほほの通院の様子は次回犬達の分と一緒にUPします。
とってもおりこうでしたよ。

ね、かつくんも見てたよね。

「ほほはぼくの最後の弟です。ほほを自慢したいので、今日も愛のポチをお願いします。そして、リンクなどしてくれる優しい方は、一言コメントに書いてくださいね。ほほにもぼくと同じように幸せに生きて欲しいとまんまる星から願っています。よろしくお願いします。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





選択しなかった理由

最近、2種類の薬がチャンポンし、相変わらず寝っぱなしで、起きると立ちくらみや倦怠感に悩ま されています。でも精神状態は少しだけマシになり、悪夢からも解放されました。次の診察のときに、もう少し軽いお薬を処方してもらうよう頼んでみます。気 持ちを落ち着かせるためにも少しずつ出歩きたいし、保護している子猫のほほの診察が今週末に入っているので、その診察で問題がなければいよいよ、本格的に 新しい家族を募集しなくてはなりません。ちゃんとした活動をする為にも、いつまでもボーと家の中で過ごす訳にはいきません。勿論、ホームレスが飼っている 土手犬のケアや、お散歩してもらえない犬達のお散歩などは出かけるようにしていますのでご安心を。

家の中では、少しずつ片付けなどを進めています。ゴチャゴチャの戸棚の中身を整理したり、今まで手をかけなかった所を少しずつ拭いたり片付けた り・・・。ただ「やりたくない」のはバルコニーの掃除と、ガラス拭き、それからエアコン掃除(笑)。これは追々、チチと協力し合ってやります。

それから、「出来ない」のは、PC内の整理。
かつの写真がわんさか入っていて、重くなってしまったPCの整理だけはまだ出来ません。

だから何処にどんな写真があるのかさっぱり。
昔の703号室の記事もまだ読めない。
楽しかった頃の記事もまだダメです。

話は変わりますが、頂いたコメントの中に、私を心配して「かつの安楽死を選択しなかったことを後悔しているのでは?」という内容のものがありました。

かつが生きている頃から安楽死については、何度か書きましたが、私は最後まで安楽死を考えていませんでした。死なせることでしか、楽にしてやることが出来ないほど、かつは苦しんでいましたが、安楽死は選択していませんし、選択肢にありませんでした。

正直、安楽死を選択しなかったこと、堂々と自慢できません。
それ程かつは苦しんでいましたから。

私は今まで、数え切れない程の犬猫の生殖器を奪ってきました。

ちゃんと数えてはいませんが、まだブログで紹介していない大勢の卒業生を合わせると、ざっとその数は150を越えています。家のベベナナリル、亡きか つ、それから私とKさん(保護活動仲間)が手掛ける地域猫、ババ(母)のお店にご飯をもらいにやってくる多くの猫達、土手の犬達、それらを合わせると、と んでもない数の犬猫の生殖器を奪ってきた。子猫や子犬を里子に出す時は、里親さんとの誓約書に「不妊手術してください」と明記し、他の方から相談されれ ば、健康な犬猫であれば、勿論手術を受けさせるべきと勧めてきました。

それは、保護活動しているボランティアであれば今や共通の認識です。
Kさんやユキちゃんも、私とは別に、年間多くの数の犬猫の不妊手術を行っています。

健康な体にメスを入れ、大切な生殖器を奪い、性をコントロールすることに疑問を感じたことは無いか?と聞かれたら、私は無いとは言えません。どんな理由であれ、人間がそれを奪うことは残酷で、生まれてくる子犬や子猫が可愛くないと思う人間は少ないでしょう。

けれど人口は減少し続けています。

又全ての方が犬猫が好きで、飼える環境にあるとは言えません。
ペットショップはアホの様に乱立し、その結果、日本だけで見ても犬猫の絶対数は人口を上回る勢いです。上回った犬猫はどうなるか?

生き場を失い、溢れた結果、いのちを絶たれる。

血統の子も、雑種も関係ありません。血統の子だって「うちの子だけはお産させてやりたい」ともし、全ての飼い主が言い出したら、その数は膨大になり、日本 全体から見た結果は同じです。だからジャックラッセルテリアのベベも、ハハ妹の飼い犬まめ(まめ柴)も勿論手術を受けさせています。

生まれてしまったのに、生きることを許されないことの方がずっとずっと残酷です。

そう考えるから、私は犬猫の絶対数を減らすために「不妊手術」を行ってきました。

でも、不妊手術だけは何度行っても慣れなくて、いつもいつも心が痛い。
心配で胸が潰れそうで、術後帰ってきた保護犬猫などの傷跡を見ると、これは私による「支配」以外の何ものでもないと気がついてしまいます。

それでも、私はこれからも、ずっとずっと不妊手術を選ぶでしょう。犬や猫の種を断絶したい訳ではなく、不遇な犬や猫を産み落としてしまわないように。

そしていつか、手術をしなくても、不遇な子が居ないような日本、つまり適度に生んでも、生まれてきた新しいいのちが、生き場のある日本になればよいと心より思います。

不妊手術を行って、愛する彼らから生殖器を奪ってきた私が安楽死を選択することは出来ません。

生殖をコントロールしている私が、いのちまでコントロールすることは出来ない。
いかなる場合もそう。
もしその両方をしてしまったら、私は保護活動を続けていくことが出来なくなります。
犬や猫を飼い続けることも出来なくなる。
いのちの誕生も、いのちすらもコントロールしたら、私は私ではいられなくなる。

かつのように、苦しみ抜いて死んだとしても。
その途中で、それを奪うことは出来ない。
それが私の信念です。

だから、かつの苦しみを直視するだけで、代わってやる事は出来なかったし、それが何より痛いですが、その途中においても「安楽死」の選択肢はありませんでした。

それに、私は「生」にこだわって活動してきました。

中には、2年間めいいっぱい幸せを味わったのだから、交通事故で死んだけど、幸せだったのよ。という方が居ます。もしそれがご自分の子供なら、きっとそれは運命だったのよ、それまで幸せだったんだからいいの。とは言えないでしょう。

だから、愛する犬猫を卒業させる時には、何度も何度も新しいご家族に「長生きさせてください。あらゆる危険から守ってあげてください。」とお願いしてきた し、自分でも、卒業前夜にはその子を抱いて「長く幸せに生きてね。生きて生きて生きてね。」と例外なく言い続けて来ました。

私にとって「生」とはそういうもので、長生きして欲しい、不治の病などで、それが無理でも、かつのように、たとえどんなに苦しもうとも、最期まで、ちゃんと生きて欲しい。そう思ってきました。

看取るのは、痛かった。今もその痛みを闘っています。
けれど、その点については後悔など一つもしていません。
かつは自ら生きて
かつは自ら死んだのだから。

ブログを見て下さっているねこママさんがみたかつくんを書いてくれました。
とっても優しいお顔のかつですね。


こちらは遊んでますね。本当に可愛い。。。


素敵な絵をありがとうございました。宝物にします。

※色んな考え方があります。色んな選択肢があります。不妊手術については、「手術に耐えられる健康 な個体であれば」お勧めしていますが、安楽死の問題は個々の問題ですので、私が正しいとは言えません。私は私の考えをここに述べただけです。安楽死を否定 するものでもありません。誤解の無いよう、お願いいたしますね。

「ねこママちゃん、ありがと。こんな風に素敵に描かれるとちょっと照れちゃうな。でも、ねこママちゃんから見たぼくは、こんなに美男子猫さんなんだね。
皆さまもいつも来てくれてありがと。今日も愛のポチをお願いします。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





一番の涙

起きたのはお昼近くでした。

処方されている精神安定剤の効き目がひどく、一旦眠ってしまうと何処までも起きれません。かつの闘病の時は、1日に4時間眠れれば大満足でしたが、ここへ来て私は真夏の冬眠を余儀なくされています。

午後5時から精神科のカウンセリング。優しそうな女医先生が担当してくれました。

生い立ちからかいつまんで三十数年の主婦の歴史をアレコレ聞かれ、かつの死についての自分の気持ちや症状を伝えると、薬を増やされてしまいました(笑)。
安定剤の他に、抗うつ剤も処方されました。

「パキシル」という名の薬で、副作用に吐き気が伴うため、吐き気止めとセットで処方されました。薬は飲みたくありません。例え、今だけは必要だとしても。そう告げても、尚飲むように勧められ、2週間分処方されて、次の予約を入れられてしまいました。

「適応障害」の他に病名が2つ。詳しい病名は伏せますが、必ず近いうちに復帰します。かつのためにではなく、自分のために。

帰り道、まだ明るかったので自宅へ帰る気にはなれず、迷った挙句、車でユキちゃん(保護活動友達)の家に向かいました。アポなし。居てくれなかったら、ユ キちゃんの犬猫たちの顔を見て帰ろう、そう思って。。。かつの死の間際、ユキちゃんにはとてもお世話になったので、手土産もなしですが、一言お礼もしなく ては・・・。

ユキちゃんのお宅は犬猫が更に増え、大型犬4頭、中型2頭、猫4頭、計10頭の大所帯になっていました。どの子もひどい生い立ちで、一番甘えん坊のゴー ルデンのアンは、覚せい剤中毒で、足が1本折られて永遠にまともに走ったり座ったり出来ない体です。覚せい剤を打ったのは、勿論犬のアン自身ではなく 「元飼い主」という鬼の仕業です。
10頭のうち、障害を持ったり、病気を抱えたりしない子は数頭しかおらず、ユキちゃんのお家はまるで彼らの「防空壕」です。

ユキちゃんは、妹のみなちゃんと犬の散歩で留守でした。
代わりに、ユキちゃんのママが私を招き入れ、お茶を出してくれました。
3頭だったはずの猫が4頭に増えていたので、訳を聞くと、捨てられて放っておけず連れて帰ってきたとか。生後4ヶ月位の可愛い三毛猫で「ココ」と名付けられていました。ココは快活でしたが、特別私に擦り寄ることもせず、近くで遊んだり休んだりしていました。

ユキちゃん、妹のみなちゃん、6頭の犬達、4頭の猫、ユキちゃんのお友達2人、ユキちゃんのママ、ユキちゃんの娘のみらいちゃんがリビングに揃い、私 はかつの時の礼を述べて、犬や猫たちと遊び、猫がご飯を食べる可愛い姿にうっとりしながら、昔かつもこんな風にご飯を食べていたっけなと回想に耽って何と なくお茶をすすりました。

朝から何も食べていなかったので水分がたまり、おトイレを借りて戻ると、妹のみなちゃんが「信じないわ。やめよう。」ママに向かって言いました。そうね、そうね、とママ。

何となく話が私に関係するようだったので「ん?どした?」と聞いて、元の位置に腰掛けると、ユキちゃんが私を真っ直ぐ見つめて「信じないと思うけど、信じなくていいの。」と前置きをしました。

「あなたのかつくん、そこに居るじゃない!!!
あなたの膝の上に居るじゃない!!!
あなたを見ているじゃない!!!」

とママに言われました。
私は、霊も信じなければ、神さえ疑う人間で、占いも全く興味が無い可愛げの無い女です。でも涙を流したママの表情はとても清らかで、私は自分の膝に目を落とし、信じずにはいられないと悟りました。

ママが「ココ、体をかつくんに貸してあげて。すぐに傍に行ってあげて。」と保護したばかりの子猫に告げると、ココは初対面の私に向かって突き進んできて、膝に乗り、私を真っ直ぐ見つめました。みんなが息を呑んで私とココに視線を向けました。

あまりに信じられない状況で、頭がパニックして、私は泣いて泣いて、ココの体を濡らしてしまったけど、ココは何処へも逃げようとはせず、黙って私に抱かれ、いつまでもそのままの状態が続きました。

「痛い思いをさせてごめんね。
苦しい思いをさせてごめんね。
ごめんね。ごめんね。ごめんね。」
そう、ココに言ったのか、それともかつに言ったのか、自分でも分かりませんでしたが、とても素敵な時間を味わうことが出来ました。

今まで流したどの涙とも違う。
一番の涙を流すことが出来ました。

勿論、楽になりきったわけではありません。
かつを忘れることも出来ない。
明日も、会いたくて、胸の苦しみに負けてしまう時間を過ごすでしょう。
だから何もかもが変わったとは言えません。

信じる方を否定しませんが、それでも私は霊や超能力を信じない。

けれどあの瞬間、私が抱いたのは、ココではなくかつでした。

ユキちゃんのお宅から帰る車内で、何度も何度も膝を撫で、私は自分が生きている心地でいっぱいでした。

そして家路に着いて、チチと合流し、ベベナナリルを連れて夜遊びへ向かいました。
公園を散策し、ドックランで放し、ドックカフェへ寄って3頭にご馳走を振舞いました。

走れないと言われた保護子猫のほほも、今では家中飛び回り、トイレも覚え、リルとの相性はいまいちですが、短命なんて言わせないとばかりにイキイキしはじめました。

この星は、こういう星なんですね。
又新たな発見をしてしまいました。

「この星はどんな星?」

「・・・・・・・・・・・・・。」

「いい星。」

「ぼくは今まんまる星で暮らしています。まんまる星は703号室にある小さな星。今日もぽちっと応援してね。そしてぼくがハハのお膝に乗ったこと、信じてください。」
middle_1183825675

スポンサーリンク