ひとりぼっちの姿


なんか最近、ちょっと苦しくて。

ここになにか書こうとするとうまく書けなくて苛立ちに似た気持ちさえ起こってしまうのです。なら書かなきゃいいって話ですよね。自分のブログなんだから。それもわかっています。

プライベートは充実しています。友人たちと会ったり家族で過ごしたり。大きな不満はありません。べべたちが生きていてくれることがありがたいし幸せです。

保護活動の方は、なかなか力を発揮できなかったひかるのご縁探しがようやくまとまり、ほっとしています。と同時に、ひかるの引っ越しについては神経がピリッとします。今までで最長の保護期間だったし、慣れてきたとはいえ、ガラスのハートを持つ子ですから。

保護猫あかりは、ようやく少しだけさわれるようになってきました。里親募集についてはゆっくり構えるしかないようです。人間と対峙するとものすごいパワー で逃げようとします。網戸なんか、簡単につき破いてしまうでしょう。変な言い方ですが、私はあかりが脱走し、命を落とす姿を容易に想像できてしまいます。 だから今のままでは怖くて里子に出すことができません。進展がありましたらまたお知らせしますね。

ひかるとあかりがいるので、新しい猫を保護するのはもう少し先にするつもりでしたが、一昨日、バルコニーにいたら子猫の鳴き声がしました。迷う暇もなく、すぐにエレベーターを降りて探したのですが、どこにも見あたりませんでした。

朝の4時半までひとりで粘ったんですけど、出会えず。

そして昨日も、同じ子かはわかりませんがやはり鳴き声がしました。

一昨日より素早く1Fに降りてあちこち探し回ったのですが、鳴き声はぴたっと止み姿も見あたりませんでした。私が1Fに着くと鳴き声が止むから、私は自分の正気を疑いました。幻聴が聞こえていたのかと。

やはり4時半まで粘りましたが、出会えず。

今日は今日で、ショックなできごとが。

ずっと野良猫に餌やりをしていた近所の家がもぬけの殻になっていたのです。

突然。

餌やりをめぐり数度話し合った家でした。ごはんだけ与え、不妊手術や医療ケアは一切しないので、そこに食べに来た猫を私が保護することが多かったです。 まーも、チロ、ウィリアム、大けがを負ったFIVキャリアの小太郎、黒猫ひな、妹が里子に出したぽん吉、キジトラのみも、他にもたくさん……。

近所なのでもめたくなかったけど、本音はどうして私が? って……。飢えた野良猫は不憫ですが、無計画に餌やりだけをするのはちがうと思います。

結局、引っ越してしまったか……。

じゃあ、あの猫どうしよう。

その家の人が、ごはんをあげていた猫。最近姿を見ないけど、きっとまだあのお家を信じ、近くに居ついている。家に一歩も入れていなかったのを見ると、引っ越し先に連れて行ったとは思えない。

ひとりぼっちで待っているのかなあ?

人間は野良猫との関係に線引きをするけれど、あの猫はあの家の人たちに線引きなんかしていなかった。かけてもらった情を忘れずに、通いつづけているにちがいない。

そして暗い家の前で、お腹をすかせながら佇んでいるはず。

チチは飲み会だから、ひとりで捕獲箱を仕掛けてみるか。

保護できるのかな?

それに、保護したら、我が家のどこに置くか。

医療費も……。やっとの思いで車検代を払ったばかりなのに(涙)。

あああ。

私も引っ越したい。

野良猫たちの姿に心を痛めずに済む場所へ。

追記:ただいま夜中の3時半過ぎ。まだ捕獲できず。先ほど、姿をちらっと見かけたのに、ダメかなあ? 朝の5時まで粘るつもり。明日は午前中から自分の通院だからいいかげん寝たいけど。来てほしいなあ。ダメかなあ。

追記2:ただいま朝の4:45。夜も明けてしまいましたので捕獲箱を撤収しました。今、無力感でいっぱいです。連れて帰りたい。保護したい。だからまたト ライするつもりです。でも、もしもどうしても保護できないとしても、新しい餌場を見つけ元気に生きてほしい。通りゆく人たちに思いっきり怪しい目で見られ た私。逮捕される勢いかも(苦笑)。

明日の通院は無理そう。具合悪くて病院に行けないから……。

グチグチごめんなさい。次回はテンションを上げて更新します。

スポンサーリンク





コメントを残す




*