女磨き(?)

毎日があっという間。薬を飲んでいるので最近体調は安定しています^^

 

今日は4月に洗いに出した服を取りにクリーニングへ行き(汗)、郵便局でノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)100冊分の支払いを済ませました。

 

もふもふ譲渡祭で販売するために、さんこう社の野島さんから2割引きで買ったのです。

 

 

その後いろいろな雑務を済ませ、これまた8月からご無沙汰していた美容院へ。いやね、美容院は学生の頃から時間のムダな気がして苦手で、本当は行きたくなかったのです。でも白髪がポツポツと目立つようになって仕方なく……あああ、神さま、私だけに不老の薬を処方してください。

 

 

リタッチして白髪とさようならしました♡

mamai (7)

 

 

昔からお世話になっている近所の激安美容院の店主に褒められた(?)のですよ!

 

「お金も手もほとんどかけていないのに、髪質がよく、量、ストレートさ、芯、髪のまとまり方、生え方、艶が生まれつきすばらしいんですよね。あの……親に感謝したほうがいいですよ?」

 

無精だとバレているところが悲しいですが、素直に喜びます。

 

 

美容院のあと一度帰宅。お子たちのお世話を終え、シッターへ

mamai (10)

 

 

常連マイ太郎さんちのマイ兄とはっちゃんです。

mamai (11)

 

 

マイ兄~ おなかすいた?

mamai (12)

 

 

仕事で伺っていますが正直かわいくてしょうがないです。

 

 

連日行っているので、本日だけでなく昨日撮った写真も自慢させてください↓

 

 

忙しいマイ太郎さんに代わってマイ兄が飲んでいるセミントラ(慢性腎不全の薬)を買いにemi-goの病院へ寄ってからマイ太郎さん宅へ行きました。

 

 

emi-goの病院ではもふもふ譲渡祭に使うケージが用意されていましたよ。

mamai (13)

 

 

新しいケージいいなあ。私もメル子に買ってあげようか迷い中

mamai (14)

 

 

到着! 朝ごはんを5時半に食べているボーイズは腹ペコを訴えてきます。

mamai (15)

 

 

マイ兄、おいしい?

mamai (16)

 

 

写真や動画をマイ太郎さんに送ると安心してくれるのでパチパチ撮影

mamai (17)

 

 

人見知りのはっちゃんが私にはこんなにベッタリなんです。

mamai (18)

 

 

もうたまらんわ(鼻血)。生きていてくれてありがとう♥

mamai (1)

 

 

マイ太郎さん宅にはしばらく通う予定です。そして少しでも収入を得たい私は母に頭を下げ、今週から不定期(週2)で母の店でバイトをすることに。今週は明日の夜と明後日の昼に店にいます。

 

忘年会シーズンですので、駒込にて皆さまのお越しをお待ちしています。

 

 

女磨き、などというオーバーな題名をつけた割には白髪染めとカットをしただけじゃんか! と思ったそこのあなた! ふふ。実はネイルも行ったのです。

 

 

ランチ代程度で爪をきれいにしてくれるのは、里親きえさん

mamai (9)

 

 

きえさんはもふもふ譲渡祭のバザーに美しいハーバリウムを30本寄付してくださった方。5名のお仲間といっしょに作ってくださったのですよ。

mamai (3)

 

 

ご夫婦で2014年卒業生の麦ととろろを寵愛しまくっています。

mamai (2)

 

 

笑顔が輝くきえさんですが、麦の目の病気は深刻でとても悩まれていました。

 

 

懸命なケアをしているにもかかわらず、直近の眼圧の検査結果が過去最高に悪かったらしいのです。麦は現在我が家と同じ東京大学動物医療センターへ通っています。

 

麦、がんばっているんだもんね。ママもパパもついているから大丈夫!

mamai (8)

 

 

いつもおもしろくて朗らかなきえさんを見ていると、人は内側では絶えず葛藤し、それぞれが大きな問題や苦しみや痛みを抱えているんだということに気づかされます。

 

なのに人の前では明るく優しく振舞うきえさんが、私は好きです。

 

 

ネイルは私のイメージを漠然と伝え、ふたりでペチャクチャ相談しながら決めるのが私たちの恒例ですが、今回は「黄色」「スター☆」にこだわりました。

mamai (5)

 

 

理由はもう説明不要ですね?

mamai (6)

 

 

歳を取った私の手の肌の質感が「黄色」に超負けているけれど、いいのいいの。全然気にしてないもん。爪だけ若作りしていると陰口を言われても平気ですっ。見てほしいのは腕でも手でもないの。

 

私の爪はすでに私の手からも腕からも乖離し、ひとり歩きをはじめました。

 

爪先だけがキラキラならそれでいいの。決して無理してませんっ!

mamai (4)

 

 

それにしても「黄色」ってやつは眺めれば眺めるほど若者に特化した色に感じられて憎らしい。

 

 

自信なさげな私の眼球はきえさんの顔と自分の指先を行ったり来たり……果てにはすがるような上目遣いの私に「いい♪」「かわいい♪」と元気づけてくれたきえさん。

 

 

うん。そうだそうだ! 自分の人生、何歳でも前のめりに生きてやりますよ。

 

 

ということで、女磨き(?)はパパっと終了です。

 

 

明日は2つお仕事が入っているのでそろそろおやすみなさい。

 

 

Smile!

 

スポンサーリンク





星太郎のファミリー

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

さて皆さま、本日は星太郎の新居へご案内します。

 

 

星太郎のおうちは都心のマンション。人間の家族はパパ、ママ、お兄ちゃんの3人。とにかく明るく朗らかで、しかも家族の会話がひたすらおもしろいご一家です♡

 

 

ワンフロアーに2世帯しかなく、そのうえ内廊下。非常に脱走しづらい構造です。

Inkedhositarou (6)_LI

 

 

にもかかわらず、じゃーん! 玄関に脱走防止対策をしてくださっています。

hositarou (10)

 

 

立派な3段ケージは爪とぎつき! このケージお高いんですよね^^; ご覧のとおり、掃き出し窓にも脱走防止柵がついています。安全安心、ですね。

hositarou (25)

 

 

「え~? ここはどこでしょうか? ぼくプチパニックですっ」

hositarou (15)

 

 

星太郎の終の棲家なの。きっとすぐなれるから♪

hositarou (21)

 

 

だいじょうぶだいじょうぶ!

hositarou (8)

 

 

ほら、後ろにパパさんがいるでしょ? 星ちゃん落ち着いてね。

hositarou (14)

 

 

開口呼吸でドキドキしていた星太郎。意外とビビりで繊細ですね。

 

 

ママさん手づくりのプレートが星太郎のお部屋(ケージ)にかかっていました。

hositarou (23)

 

 

かわいい……星太郎が待ち遠しかったのがよく伝わってきます。

 

 

チリひとつない清潔なお宅

hositarou (1)

 

 

壁に素敵な飾りを見つけました。家族の象徴ですね。旅先で買ったそうです。

hositarou (9)

 

 

星太郎のために準備された寝床と丈夫なキャリーバッグ

hositarou (13)

 

 

震災時にも使えるようにと大きめのタイプを選んでくださいました。

 

 

星太郎のファッショングッズ

hositarou (17)

 

 

黒猫は何色でも似合うので写真撮影のときに小物たちが役立ちそうです。

 

 

マイ太郎さんお手製のブルーサテンのシュシュをさっそくつけてみることに

hositarou (20)

 

 

うわ……ハンサム! 端正な顔つきの星太郎にピッタリです。

hositarou (19)

 

 

おいしいコーヒーとケーキをごちそうになりました。

hositarou (4)

 

 

もりよさん夫妻もいます。和気あいあい、星太郎の未来について語りました。

hositarou (11)

 

 

このファミリーなら1㎎の心配もありません。本当に素敵な方々です。

hositarou (7)

 

 

ノラスタノラ猫あがりのスターたち)も買ってくださっていたので

hositarou (18)

 

 

僭越ながらサインとメッセージを書かせていただきました。

hositarou (26)

 

 

里親さんはもふもふ譲渡祭にもいらしてくださいます。またお会いできるのが楽しみで仕方ない。(里親さんのtwitterアカウント→@yamada_seitaro 星太郎★)

 

 

星太郎の医療費交通費のほか、お菓子、保護猫メル子の首輪、そしてなんと星太郎のマウスパッドをプレゼントしてもらいました。もりよさんとお揃いです。ありがとうございました。

hositarou (3)

 

 

「星ちゃんマウスパッドがもったいなくて使えない」と話していたもりよさんですが、翌日には会社で使っている自慢写真を里親さんと私に送ってきて爆笑。

 

 

へ? と呆気にとられるほどのスピードで「家族の一員」として見事に溶け込んだ星太郎。

 

 

以下は里親さんが撮った近況です。

hositarou (24)

 

 

黒々と光ってかっこいいこと!

hositarou (16)

 

 

お兄ちゃんがブラッシングしてくれています。

hositarou (2)

 

 

すぐ仲よしになりました。

hositarou (12)

 

 

来年の年賀状だそうです。最高!

hositarou (5)

 

 

(※画像や情報はすべて里親さんと相談しながら公開しています)

 

 

ふふ。いいでしょう?

 

 

「子猫ではなく成猫を希望した理由はなんですか?」

 

 

そうたずねた私に里親さんは不思議そうに首を傾げ、答えてくれました。

 

 

「え、うちは最初から子猫は考えずに、オトナの子を探していたので……」

 

 

深い理由や理屈もなく、ただ普通に成猫を求めていた里親さんの自然なリアクションが私にはとてもあたたかく、新鮮に感じられました。感動しますね。

 

 

5か月もの間、星太郎を預かってくれたもりよさん、そして星太郎の最後の日まで星太郎を息子として迎え入れてくれた里親さんに感謝しています。

 

 

不遇の犬猫たちが一匹でも多く星太郎みたいに安楽の日々を過ごせますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ291星太郎おめでとう。星太郎が加わったことで、もともと会話の絶えない家族がさらにいっそう楽しくなるだろうね。高い場所にのぼったり走りまわったり……自由もいいけれど、星太郎、いたずらはほどほどにお願いしますよ」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





幸せの譲渡2(サチとユキ)

さて、前回のつづきです。サチ&ユキ姉妹の新しいお宅へご案内します。

 

 

じゃーん♡ 玄関にはにゃんガード!

IMG_2102

 

 

よく開ける換気用の窓には脱走防止の柵が

IMG_2103

 

 

広いお宅はほぼすべてが猫仕様

IMG_6264

 

 

これどこで売っているんだろう? というオシャレなグッズもたくさん……

IMG_6265

 

 

フクちゃんはじめまして

IMG_2129

 

 

ステキなお城の住民フクちゃんは里親さんに保護されたラッキースターです。

IMG_2110

 

 

妹たちを連れてきたよ。いろんなニオイがするからドキドキさせたかな?

IMG_2109

 

 

さわらさせてくれてありがとう。サチとユキをよろしくね!

IMG_6262

 

 

それにしてもフクちゃんは恵まれているね。

IMG_2122

 

 

ごはんスペースもオシャレ

IMG_2121

 

 

かなちゃんが見つめている先は……

IMG_2119

 

 

またお部屋があります。そしてお部屋の大きなウオークインクローゼットを通ると……

IMG_2120

 

 

奥にはサチとユキに使う猫部屋が。まあどこも猫部屋みたいなお家でしたけど^^

IMG_2113

 

 

「わたちたちのおうち?」

IMG_2139

 

 

「すっごくおおきいですね」

IMG_2140

 

 

サチとユキを迎えるにあたって作ってくださった専用ゾーン

IMG_2111

 

 

珍しいタイプのケージの周りを柵で囲い、滑り止めマットを敷いてくださっています。

IMG_2115

 

 

駆けっこしたら楽しいだろうなあ。愛情に満ち溢れているご家族です。

IMG_2108

 

 

本棚にノラ猫あがりのスターたちを発見。買ってくださったのですね。うれしい!

IMG_2117

 

 

おいしいお茶をごちそうさまでした。

IMG_2147

 

 

仔猫たちの医療費とおみやげもありがとうございました。バスグッズ大好きです。

IMG_6105

 

 

皆さまも安心できたのではないでしょうか?

IMG_2126

 

 

サチもユキも幸せになることまちがいなしです。

IMG_2127

 

 

ちなみに、きょうだいたちと母猫ダッペは3匹揃って明日嫁入りするそうです。

 

 

これで母子5匹とも終の棲家が決まりました。ブログでは私が譲渡を担当したサチとユキのみのご紹介になりますが、一家の明るい未来を祈っています。

IMG_2132

 

 

以下は里親さんのインスタより拝借したサチとユキの近況写真です。

IMG_6784

 

 

満たされている寝顔ですね。

IMG_6785

 

 

まどろむ娘たち(笑)。

IMG_6787

 

 

お腹出しているのはリラックスしている証拠だね♪

IMG_6789

 

 

このとき体調が悪かったけれど、そんな私にもやれることはある。

 

 

サチとユキと里親さんが教えてくれたことです。1匹でも多くのノラ猫が「愛猫」になれることを願いつつ、これからも自分にできる範囲でなにかをつづけていきます。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ289、290サチ、ユキおめでとう。まるで猫の楽園のようなおうちだね。自由に遊びまわっていっぱい甘えて安全にスクスク育ってください」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





ななとみみ2

皆さまこんばんは。間が空いてごめんなさい。

 

 

我が家を巣立ち、先日無事2度目のワクチンを終えたかおたん改め「なな」と、さおたん改め「みみ」の新居へご案内します。保護動物のお届けで東西南北車を走らせまくっている私にとって、こんなに楽でいいの? ってほどのご近所さんです(笑)。

 

 

でももちろん、家が近いからご縁を決めたわけではありません。

 

 

なんていうか本当に大きくてあたたかいご家族なのです。

 

 

先代の愛猫愛犬さんたち(シェルティーと雑種ちゃん)は室内で長い生涯をまっとうしました。ご主人のパソコンの画面は愛犬さんたちの写真のままです。

33 (16)

 

 

先代の愛猫さんのために設けた猫ドア

33 (21)

 

 

ななとみみも活用するのでしょうね。

33 (20)

 

 

ご主人、奥さま、利発なふたりの娘さんに囲まれてななとみみは育っていきます。

33 (1)

 

 

私が小物をプレゼントしたら娘さんが喜んでくれました。おばあさまに作ってもらったというポーチに缶バッジをつけて何度も見せてくれたりしてかわいかったです。

33 (19)

 

 

このとき、高校生のお姉さんはあいにく部活動で不在でしたが、お見合いのときにしっかりお会いしています。穏やかで素敵なお嬢さんです。

 

 

怖がりのななとみみは広いリビングではなく、個室からスタートすることに

33 (10)

 

 

立派なケージを用意してくださいました。ハンモックもふたつ♡

33 (9)

 

 

快くご準備くださった玄関の脱走防止柵

33 (13)

 

 

これがあると安心ですよね。

33 (11)

 

 

先代さんたちのために、床は動物にやさしいマットが敷かれていました。

33 (14)

 

 

掃き出し窓の脱走防止柵もつけてくださっています。

33 (15)

 

 

ご主人は動物との暮らしが長い方なのでビビり姉妹ななとみみはきっとどんどんなれてくれるでしょう。奥さまがまた責任感の強い方で、私の話を聞きメモを取る姿に感動。

 

 

おいしいお茶をごちそうさまでした。

33 (12)

 

 

私がみみの爪切りをお見せしたあと、ご主人がななの爪をチョキチョキ

33 (2)

 

 

あまりにもじょうずでびっくり

33 (3)

 

 

あっという間に終了。さすがです。

33 (4)

 

 

みみは703号室にいた頃から、怖いとこうなるよね^^;

33 (22)

 

 

比較するとななのほうが肝が据わっています。

33 (23)

 

 

お父さんに撫でられるなな

33 (6)

 

 

最初だからオドオドしちゃうよね。だいじょうぶだいじょうぶ!

33 (5)

 

 

姉妹にかかった医療費をお預かりし、北海道のおみやげをいただきました。

33 (18)

 

 

キャー! ペロリですよ。

33 (24)

 

 

先代さんたちのおさがりおやつも高菜がいただきます。ありがとうございました。

33 (17)

 

 

はじめてお会いした日にふたり(特にみみ)が怖がりで、すぐにはなれないかもしれないことをお伝えしたのですが、ご家族満場一致でななとみみを家族として迎えたいと強く希望してくれました。ペットショップで買うのは容易いけれど、保護猫との縁をたいせつにしたいと仰ってくれたのです。

33 (8)

 

 

言葉が通じない分、すぐに状況を理解させるのはむずかしいけれど、近いうちにご家族の気持ちをきっとわかってくれると信じています。がんばれ!

33 (7)

 

 

そしてこれが、里親さんが送ってくれた近況写真

33 (26)

 

 

えーーー! リラックスしてる!

33 (25)

 

 

私は数えきれないほどたくさんの生きづらいノラ猫たちを見てきました。

 

 

飢えて、痩せて、渇いてパサパサ。

 

 

ゴミを漁り、病気にうずくまり、寒さに震え、暑さに喘ぐ。硬いアスファルト、猫がキライな人、容赦ない車の多さとスピードの速さ……ビクビクしながらその日暮らしをつづけているノラ猫たち。

 

 

だから家族に囲まれたななとみみがじーんと胸に迫ります。

33 (28)

 

 

ななもみみも「ノラ猫」で終わらなくてよかったと心から思います。

33 (27)

 

 

なな、みみ、おめでとう。一生ぬくぬくしていてください。

33 (29)

 

 

最後に、3匹の仔猫たちに関わってくださった方々へ深い感謝を添えて……

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ287なな、288みみ卒業おめでとう。ななはおもちゃ遊びが好きでみみは撫でられて寝ることが多いそうです。703号室にいた頃よりずっと楽しい毎日を送っています。広いおうち、一部屋一部屋ゆっくり制覇していければいいね」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





やりがい

皆さまこんばんは。今日は仕事のあとリルと高菜の16歳のお誕生日を祝いました。

yarigai (7)

 

 

うれしかったことをいくつか♡

 

 

長期で伺っているお宅のお嬢がイヤイヤせずにブラッシングさせてくれたこと

yarigai (8)

 

 

長毛ゆえ気になってトライするのですが、ご機嫌斜めになるのが目下の悩みだったのです。

 

 

ふふ。小さな抜け毛玉に大満足。明日もやらせてくれますように!

 

 

 

帰りに乗った電車にて……

 

 

前方の男性の手にふと目をやるとなんとハート型のつり革にぶら下がっているではありませんか!

 

 

衝撃がほとばしるとはこのこと。自分の目を疑いました。

yarigai (9)

 

 

よく乗る電車なのにぜんぜん知らなかった気づかなかった。いったいいつから?

 

 

見まわすとほかのつり革はすべて黒。ピンクのハートはひとつだけです。

yarigai (1)

 

 

ええー

 

 

あまりにもハートのつり革を凝視する私を冷ややかな横目で見やる男性。そしてついにはスッと手を引き、私にハートのつり革を譲ってくれたのです。やったあ!

yarigai (10)

 

 

お手を荷物棚へ追いやる形にしてしまい申し訳ありません。でもありがとうございます。つかまってみたい衝動をどうしても抑えられないのです。お許しください。

 

 

と心の中で念じていました。

 

 

人生、悪いばかりじゃないのですね。

 

 

うれしかったことの3つ目は外猫ふうちゃんが保護猫ふうちゃんに昇格した件♪

 

 

シッターの仕事でお世話させてもらっている外猫ふうちゃん(去勢手術済)。ふうちゃんが少し前に体調不良になり、依頼主さんより「通院代行」の依頼を受けたのです。

 

 

いろいろな検査をした結果、ふうちゃんはまだ若く、重い病気や感染症なども否定されました。また、体質的に慢性的な便秘を患っているほか、手を痛めていることもあり、総合的に考えて家猫として生きていくほうがいいという結論に。依頼主さんはふうちゃんのご縁探しをするそうです。

 

 

ふうちゃんよかったね! 運命の赤い糸が結ばれますように。

yarigai (4)

 

 

変な言い方ですが、ふうちゃんはレベルの高い外暮らしだったと思います。

 

 

しかし危険がないとはいえません。

 

 

だからできれば庇護を存分に受けられる室内で生きるのがいいですよね。

yarigai (5)

 

 

シッター(お世話屋)のやりがいを感じた瞬間でした。

yarigai (3)

 

 

ふうちゃん、依頼主さん、ありがとう!

yarigai (2)

 

 

ふうちゃんのために新調されたケージを前にウルウルと感動に浸った夜でした。

yarigai (6)

 

 

 

最近また体調不良に悩まされていますが、日常の小さな幸せが胸に沁みます。

 

 

すっかり寒くなっていますが、心まで風邪をひかぬよう心の栄養をたっぷりと摂りたいです。皆さまもうれしいがたくさんのステキな日々を送りますように。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク