真央シッターの一週間

マイ太郎さんのお宅にいます。今夜マイ太郎さんが出張から帰ってくるのでみんな大喜びでしょう。ボーイズも真央もお留守番をがんばりました。拍手!

 

 

着いたらにーたん&ねーたんからお給料が(笑)。ありがとうございます。

金 (1)

 

 

パソコンを持ち込んでお茶をいただいての三時間ロングコース(私はもっと長くいますけど)。本当に楽しくやらせてもらいました。みんな超かわいいし♪

 

 

私は①真央の体調管理にウエイトを置いて、②余計なことはせず、③にーたん&ねーたんのプライバシーに関わることはひたすら守り、④臨機応変を心掛けました。覚書のための細かいメモも残してあります。もともときれいなお宅ですが、洗い物やゴミの分別、猫トイレ掃除などももちろん。

火 (6)

 

 

帰ってきて変な風に片づいていたり、逆にゴチャゴチャだったらイヤだもんね。

 

 

あくまで原状回復がいいかなと。今、私は収入がないのでお子たちを養うためにも近々ペットシッターになりたいと考えています。

 

 

爪切りや点滴や老犬介護もできます。いっしょに遊ぶのも得意です。

 

 

私に頼んでみたいなあと思う方がいてくれたらうれしいな♡

 

 

さて、保護猫真央、マイにー、はっちゃんの力作写真を自慢させてくださいね。

 

先週の分はこちらをご覧ください。

 

 

月曜日

月 (5)

 

 

まず検温。理由は検温時間の統一と興奮する前の平常時が理想だからです。

月 (2)

 

 

え? きなこ饅頭のおやつが床に転がっている。食べていいのかなあ?

月 (1)

 

 

キリリ顔のはっちゃん

月 (6)

 

 

後頭部激写!

月 (7)

 

 

ひとり一本ちゅーるをあげていいそうなのでおやつタイム

月 (3)

 

 

月曜のベストショット

月 (4)

 

 

 

火曜日

火 (3)

 

 

平熱

火 (2)

 

 

フリー中は水を得た魚

火 (5)

 

 

電池切れも早い

火 (9)

 

 

ここ好きね

火 (4)

 

 

黄昏中?

火 (1)

 

 

クンクン

火 (8)

 

 

おやつの時間ですよ。

火 (7)

 

 

火曜日のベストショット

火 (10)

 

 

 

水曜日

水 (3)

 

 

平熱

水 (2)

 

 

たまにはしおらしく

水 (4)

 

 

残ったごはん(数粒)をモグモグつまみ食い

水 (1)

 

 

Yチェアの上から

水 (6)

 

 

キマっているね♪

水 (7)

 

 

水曜日のベストショット

水 (5)

 

 

 

木曜日

木 (5)

 

 

平熱

木 (2)

 

 

姫、朝ごはん少し残しましたね?

木 (3)

 

 

頭の大きさのちがいに爆笑

木 (1)

 

 

真央のベットにマイにーが入るとバランスが……

木 (7)

 

 

「アンちゃんそれはナイショですぅ~」

木 (4)

 

 

はっちゃんにマッサージ。猫じゃらし遊びをする日も^^

木 (6)

 

 

膝上にて

木

 

 

木曜日のベストショット

木 (8)

 

 

 

金曜日

金 (4)

 

 

平熱

金 (2)

 

 

※真央はお腹が緩いようなので残ったご飯を片づけておやつを抜きました。

 

 

はっちゃんと真央はリビングでおもちゃ遊びに精を出し、マイにーはおやつのとき限定で張りきっておねだりをするという……。マイにーがお出迎えしてくれなかったのが淋しかったです。

 

 

いろんな意味で私に慣れたのかな?

金 (3)

 

 

「チェッちゅーる抜かれた」

金 (5)

 

 

金曜日のベストショット

金

 

 

真央のお腹が気になるところですが、一食抜けば元に戻る感じです。

 

 

最後に、真央のようにマイ太郎さんに手厚く考えてもらえる保護猫は里親さんになる方は絶対に安心しますよね。卒業まであとひと息! 真央と里親さんの幸せを祈っています。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ハリんち

皆さまこんばんは。また空いてしまいました。

 

 

作業の合間にちょこちょこ写真を整理していたので遅くなってごめんなさい。ハリの新居へご案内します。ハリにはファンが多いので大勢で押しかけて申し訳なかったのですが里親さんは快く迎えてくださいました。感謝です♪

IMG_5307

 

 

ハリは広いお宅で先住猫アジ兄(12歳)と暮らしていくことになりました。

IMG_5354

 

 

里親さん宅にはアジ兄のほかに2匹の先代猫さんがいました。溺愛のケアを受けテトちゃんもさくらちゃんもかなり長生きしたのです。

IMG_5275

 

 

ハリ、ここならまちがいないから安心してね。

IMG_5284

 

 

「オドオドしちゃいます」

IMG_5346

 

 

まあ今はしょうがない^^;

IMG_5349

 

 

アジ兄のホストぶりに大興奮のマイ太郎さん♪

IMG_5355

 

 

里親さんの娘コスモさん宅の愛猫さん、ハリ、アジ兄にシュシュを作ってプレゼントしてくださいました。どれも素敵。ありがとうございます。

IMG_5357

 

 

ハリを受け入れるにあたり、新しく設置された玄関の脱走防止柵

IMG_5309

 

 

階段から玄関が一直線なので柵があると安全ですよね。

IMG_5313

 

 

ハリがメインで過ごすリビングにもドアがついています。

IMG_5310

 

 

リビングの掃き出し窓(二階の寝室にも同じタイプの柵が用意されていました)

IMG_5272

 

 

こちらは換気用の小窓ですが、黄色い丸の部分は【隙間】ではないんです。写真ではわからないと思いますが透明のアクリル板がついているんですよ。すごい。

InkedIMG_5256_LI

 

 

つづいてはハリの生活ゾーンを。リビングの横の和室からスタートします。

IMG_5251

 

 

なんでしょうこのケージのサイズは……

IMG_5287

 

 

超大型犬用だって(笑)。

IMG_5345

 

 

看護師のおだちゃんが入ってもぜんぜん余裕

IMG_5314

 

 

ケージからすぐに出す予定で和室に滑り止めマットが敷き詰められていました。

IMG_5336

 

 

ハリのお部屋、最高でしょ?

IMG_5253

 

 

風が通り、光がたっぷり入ります。キャットタワーや自動給餌機も……

IMG_5252

 

 

ハリのハウスは電気アンカーであたためられていてぬくぬく快適

IMG_5318

 

 

リビングにはおそろいのアジ兄ハウスもありました。

IMG_5319

 

 

アジ兄いい場所にいますね。

IMG_5322

 

 

ウトウト眠くなっちゃうよね。

IMG_5321

 

 

和室とリビングの間が見えるよう、柵で仕切って使うんだそうです。

IMG_5325

 

 

ナイスアイディア

IMG_5332

 

 

「ハハ~ ぼくずっといてもいいのですか?」

IMG_5289

 

 

はい。その通りです。ハリお坊ちゃまのお家ですから♡

IMG_5290

 

 

リビングでお茶をいただきました。

IMG_5328

 

 

ごちそうさまでした。

IMG_5331

 

 

快適で清潔でしょ?

IMG_5327

 

 

コスモさんもちょくちょくご実家に来るそうです。ハリをよろしくお願いします。

IMG_5347

 

 

記念写真

IMG_5344

 

 

かなちゃんとおだちゃんバージョンも

IMG_5341

 

 

ふふ。私のお婿入り道具のひとつ。猫布の包装のお菓子

IMG_5330

 

 

里親さんは慎重で慈悲深い方。ハリを本当に愛してくれています。皆さまに納得していただけるご縁だと自負していますが、いかがでしょうか?

IMG_5334

 

 

ハリの医療費の一部のほか、emi-goの病院へのおみやげや先代猫さんたちのケアで使い切れなかった大量の腎臓フード類、ペットシーツ、おしめなどをいただきました。おしめはすでにすべてemi-goの病院に渡してあります。次病院へ行くときにシーツ類を持っていきます。私とマイ太郎さんにはおいしいお茶を

IMG_5885

 

 

うちの保護猫たちにちゅーるのプレゼントまでいただきました。

IMG_5358

 

 

ありがとうございました。

 

 

里親さんから届いた近況写真をご覧くださいね↓

IMG_5948

 

 

ハリ、元気そうだね。

IMG_5947

 

 

毎日グリーンのペット体重計に乗ってスタイルをキープしている王子です。

IMG_5914

 

 

アジ兄と距離が縮まっていますよ。

IMG_5916

 

 

「うーん ぼく 幸せ~」

IMG_5913

 

 

「ハハ うち楽しいよ」

IMG_5915

 

傷ついた片手を引きずりながら外を這いずりまわっていた元野良猫ハリがシンデレラボーイになりました。私が手掛けたスターたちの卒業レポートや新居自慢に私は厚いメッセージを込めています。時間をかけて丁寧に書いているつもりです。

 

どの犬猫もハリのようになれるのです。関わった人の情熱や考え方次第で彼らの運命が変わります。つまり私たちは彼らの運命を好転させることができるのです。苦境にいる犬猫たちが一頭でも多く終の棲家を得られますように。

 

 

かつくん「Ⅹ271ハリおめでとう。熱烈な歓迎ぶりがぼくにも伝わりました。ハリとぼくは似ているからハハはハリを見てよくぼくを思い出していたそうです」

1-3483

スポンサーリンク





山口えい吉くん

長年応援してくれているソウルメイトのMWさんよりほほへのお悔やみが届きました。ほほをまるで人間の息子のように扱ってくれて……感無量です。

0eik (11)

 

 

心あたたまるお手紙も拝読しました。MWさまありがとうございます。ほほが生前大変お世話になりました。ほほともどもありがとうの気持ちでいっぱいです。

0eik (5)

 

 

 

さて、本日は新星えい吉の紹介です。

 

 

ほほの追悼動画を作ってくださったジャーナリストの山路徹さんが仰ったひと言がえい吉の運命を変えました。ある方から山路さんの会社宛てに「殺処分間近」のえい吉の情報が添えられたメールが送られてきたんだそうです。

 

 

「ほほちゃんは幸せな子ですね。ほほちゃんの動画作っていて思ったんだけど、一方で健康な身体なのに殺処分されていく猫がいるんだもんなあ。たまんないなあ……」

 

 

山路さんはえい吉の写真が忘れられなかったようで助けてやりたいと話していました。そのときおこがましいながらも「私にはできる」と思ったんです。

 

 

※画像はお借りしています。

0eik (6)

 

 

※えい吉を含め画像に載っている3匹の猫たちは全員殺処分を免れました!

 

 

幸いemi-goの病院は山口県で殺処分寸前の子犬たちを引き取って家族募集をしているので情報を得やすいし、協力してもらえる。早速私はemi-goにいろいろ聞いてみました。

 

 

その後、直接現場で動いている山口県のaiさんとのやり取りを経て私は「牛くん」と呼ばれていたえい吉を空輸してもらい、emi-goの病院へ運んだのです。

 

 

山口市の保健所にいた頃のえい吉(写真はaiさんより)

0eik (7)

 

 

aiさんは山口県で個人で保護譲渡やTNR活動をする傍ら保健所に収容された犬猫たちが殺処分施設に行かないよう、流れを食い止める活動をしています。

 

 

話をしていてaiさんの意識の高さや理知的なお人柄に驚きました。頭脳明晰なaiさん。自分がしていること、したいこと、できること、できないことを端的にムダなく説明する能力に長けた方です。

 

 

私「aiさんは山口市の保健所にはどの位の頻度で通っているのですか?」

 

aiさん「施設がお休みの土日を除いて収容された猫がいればその都度必ず行きます」

 

aiさん「去勢手術や医療ケアは一切していませんが、大丈夫ですか? また空輸代金は里親さん(私のこと)の負担になりますが大丈夫ですか?」

 

私「医療ケアはこちらの責任で行います。猫は第三者へ譲渡しますがいいでしょうか? 空輸代金はもちろん支払います。ちなみにおいくらでしょうか?」

 

aiさん「6000円弱だと思います。キャリーケースや備品込みの値段です」

 

私「わかりました。ではすぐに振り込みます」

 

aiさん「空輸の手配は私か個人で活動しているほかの方が行いますね」

 

 

個人……すごい。個人の集合体がいるんですね。個人と個人が手分けして助け合い、山口県で結果を出しているのを知り、大きな勇気に繋がりました。

 

 

そして正直、金額の安さに仰天です。手数料や寄付などの余分なお金が乗っていないんです。本当の実費。犬猫の保護をしている私にはわかります。なにをするにもお金がかかるこの社会で空輸の実費だけで活動が賄えるもんか(笑)。aiさんたちは少なからずポケットマネーを持ち出しているはず。

 

 

遠く離れた山口県で純粋に個人活動をしているaiさんは私にとって目から鱗でした。

 

 

日本は捨てたもんじゃない。素晴らしい人々も大勢いる国ですよ。

 

 

ANA便で一時間半の空の旅を無事に終えた山口えい吉くん♡

IMG_4764

 

 

 

空港で会うなり「シャー」だって^^;

0eik (2)

 

 

 

去勢手術や医療ケアをするためemi-goの病院にしばらくお世話になりましたよ。

0eik (3)

 

 

 

大好物のちゅーるを食べているとき以外はたいがい不機嫌であちこちでシャー&パンチを披露しています。山口県にいた頃もみなさんずいぶんシャーされた模様です。

0eik (4)

 

 

 

実際来るまでえい吉の年齢、病歴、性格はまったくわかりませんでした。

 

 

でも私はえい吉がどんなものを持ってきたとしても、それはえい吉の持ち物だから、えい吉の持ち物をたいせつにしていこうと決めたんです。

 

 

この縁のどこかにほほの存在を感じられることも私にとってはありがたい。

 

 

MIHOさんがプレゼントしてくれたえい吉の大好物で仲よし作戦をはかっています。

0eik (10)

 

 

 

えい吉のハウスは面積を広く使えるようにしてあります。

0eik (8)

 

 

ふだんは自分のポリシーで近所の猫を優先的に保護するようにしていますが、たまには例外があっても楽しいですよね。えい吉、ウエルカム♪

0eik (9)

 

 

ウイルス検査の結果、えい吉はFIVキャリアでした。そして正直まだ今は怒りん坊です。ぜんぶえい吉の持ち物ですから、まるごとをだいじだいじしていきますね。

 

 

えい吉の憧れはぽっちゃりリタ嬢

0eik (1)

 

 

リタに向かって夜な夜な愛を叫ぶえい吉、想いは実るのでしょうか?

 

 

「知らね」

0eik (12)

 

 

では皆さま、山口えい吉くんをよろしくお願いします。山路さんがかわいいイラストを描いてくださったので紹介OKの許可をいただいたら載せます。未来の家族には額に入れてプレゼントします。

 

 

PS aiさんみなさん、こんなにかわいい子を守ってくださりありがとうございました。一生懸命丁寧にえい吉を磨いていきますね。

 

 

日本全国の「えい吉」に活路が開かれますように。

 

 

LOVE♡

 

 

スポンサーリンク





サプライズ

つづきが遅くなってごめんなさい。菊ちゃん改めチョビちゃんの卒業式です。

 

 

チョビちゃんとのプチドライブを経て新居へ到着した私は、聞いていたお部屋の呼び鈴を鳴らしました。玄関口に出てくれたのはお兄さん。

 

 

お兄さん、「へ?」っていう顔をしています(笑)。

 

 

もしやこれは……

 

 

室内を覗くとハンディカムを持ったニコニコのお母さん

 

 

ああ! わかった♡

 

 

すでに「サプライズ」がはじまっているんですね。

 

 

次第に状況を理解したお兄さん。戸惑った表情からパッと晴れた笑顔に一変!

111kiki (9)

 

 

 

お母さんの手の中のカメラはあたらしい家族が増えた一家の喜びを映しています。

111kiki (10)

 

 

 

いいね^^

111kiki (11)

 

 

 

ケージはみんなで仲よくササっと組み立てました。このときのお母さんとお兄さんのなにげない親子の会話が心に沁みました。お母さんはお兄さんをきちんと褒めて、お兄さんはお母さんを気遣っているのです。素敵な親子だなあ、と。

111kiki (8)

 

 

 

じゃーん。完成したチョビちゃんのケージはお兄さんのお部屋に設置

111kiki (13)

 

 

 

こちらの分譲マンションは3LDKの間取り。猫の飼育可能数は1匹まで

111kiki (7)

 

 

 

猫との暮らしを叶えるために選んだという物件できれいに暮らしていらっしゃいます。

 

 

リビング、お兄さんのお部屋、お母さんのお部屋のほかにもう一室ありますよ。

111kiki (4)

 

 

 

↑ は将来猫部屋にするんだとか。窓ははじめから脱走不可能の柵がついています。

111kiki (5)

 

 

 

外からも撮らせてもらいました。安心でしょ?

111kiki (2)

 

 

 

換気で使う掃き出し窓にはお願いしていたパネルが用意されていました。

111kiki (3)

 

 

 

室内飼育の重要性をお母さんもお兄さんもちゃんとわかってくださっています。

 

 

「いらっしゃい~ よく来たね♡」

111kiki (6)

 

 

 

お母さんと私が譲渡誓約書を交わしている間

111kiki (17)

 

 

 

ケージに入ったチョビちゃんは探検です。

111kiki (15)

 

 

 

ふふ。元気があってよろしい!

111kiki (16)

 

 

 

「やあ」

111kiki (14)

 

 

 

ごあいさつもじょうずにできました。成長が楽しみのチョビ姫です。

111kiki (12)

 

 

 

記念にお兄さんとパチ

111kiki (18)

 

 

一連が終ったあと、私はきちこさんに電話をかけ、お母さんと直接話してもらいました。そしてお母さんとお兄さんのビデオレターを撮影し、きちこさんとご主人に送ったのです。きちこさんとしてはすごく気になると思ったからです。

 

 

きちこさんは譲渡をほんとうに喜んでくれました。私もホッとした次第です。

 

 

きちこさん、うちのお子たちにちゅーるのおみやげありがとうございました。

111kiki (20)

 

 

 

お母さんからはチョビちゃんにかかった分の医療費をお預かりし、おいしいかりんとうのおみやげをいただきました。ありがとうございました。

111kiki (19)

 

 

 

お母さんもお兄さんもblogを読んでくださったようで私も嬉しいです。

 

 

近況ラインの一部を抜粋してご紹介します。

 

「チョビちゃんはすっかり慣れてくれてお気に入りの場所もできました。3日目にはもう1人で夜ケージに居ても鳴かなくなりました。本当に人懐っこい性格でお利口さんで、○○○(お兄さん)にはしなかった親バカ丸出しです。

今のところ、ご飯もうんちもバッチリ健康です。走り回ったりじゃれたり甘えたり、もう家族の一員で無くてはならない存在です。またお知らせします」

 

 

以下が里親さんが送ってくださった写真

111kiki (22)

 

 

 

かわいいのよう♪

111kiki (21)

 

 

 

幸せに暮らすんだよ。

111kiki (1)

 

 

 

なお、お母さんの職場のお友だちの方はみんなemi-goの病院へ通っているそうなので、チョビももちろんお世話になったemi-goの病院へ行くんだそうです。

 

 

チョビ姫を終の棲家へ案内できてよかったです。

 

 

人の手のぬくもりを知る犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「x267チョビおめでとう。スクスク育ってね。ひょんなことから繋がったご縁だけど、こういう形におさまって最高だね。チョビの残りのきょうだいたちも赤い糸が結ばれることを祈っています。それにしてもサプライズとは粋な演出ですね」

1-3483

スポンサーリンク





2一歩ずつ

みなさま間が空いて申し訳ありませんでした。

 

 

さて、本日は卒業生あさひの新居へご案内します。お茶会では自分をいっさい出すことができなかったあさひ。固まりまくりで逃げまくり。それでも里親さんは熟考の末あさひを家族に迎え入れたいと申し込んでくださったのです。

IMG_3441

 

 

 

あさひには悪いけど、私はあさひを1か月程度ケージに入れることを提案。ケージの中で完全にコミュニケーションが取れるようになったら放してもらう作戦です。急がば回れ、ですよね。じゃないと家庭内野良になってしまうから。

 

 

ということで、あさひを連れて出発!

IMG_0145

 

 

 

あさひと私のふたりきりのドライブ。だいぶ早く着いてしまったので待機です。

IMG_0150

 

 

 

6LDKの広ーいお宅に到着。玄関から撮った1枚です。

IMG_0196

 

 

 

里親さんは1F部分で英語を教える仕事をしており、連日生徒さんたちが出入りするそう

IMG_0193

 

 

 

明るく開放的なお家です。

IMG_0192

 

 

 

でも皆さまご安心ください。あさひの居住ゾーンは2Fだけと決められています。階段を登りきると、鍵付きの立派な扉があらわれます。

IMG_0191

 

 

 

扉の手前側があさひとご家族の生活圏となります。

IMG_0186

 

 

 

各お部屋に繋がるホール。贅沢な造りになっています。

IMG_0184

 

 

 

おじゃまします!

IMG_0187

 

 

 

全体はこんな感じ

IMG_0188

 

 

 

素敵です。

IMG_0168

 

 

 

あさひ、出ておいで~♪

IMG_0155

 

 

 

ケージからがっつりスタートするあさひのために大きな3段タイプを準備してもらいました。高さも十分ありますね。ごはんも用意されています。

IMG_0163

 

 

 

窓をほぼ開けない生活を送っている里親さんですが、唯一空ける可能性のある窓には脱走防止対策をお願いしました。お兄さんが設置してくれたのです。

IMG_0165

 

 

 

「ぼく 緊張マックスです」

IMG_0159

 

 

 

「ハハ こういう場合 どしたらいいのでしょうか?」

IMG_0158

 

 

 

まあ、そのうち慣れるから今はしょうがない。

IMG_0202

 

 

 

あっティーさん、にゃん太さんからもらったプレゼントもお渡ししましたよ。

IMG_0180

 

 

 

隠れているつもり(笑)。

IMG_0174

 

 

 

人間たちは食卓に移動して手続きとおしゃべりを堪能

IMG_0167

 

 

 

キャー♡ おいしすぎるゼリーをごちそうになりました。

IMG_0175

 

 

 

時間がかかることを承知であさひを慣らしていってくださる里親さん。外国に住んでいた頃に引き取った愛猫さんを長年かわいがっていたんですよ。帰国の際にはもちろん愛猫さんを連れて帰りました。責任感の強い素晴らしいお人柄です。

IMG_0170

 

 

 

譲渡後、里親さんから届いた写真↓ トイレ籠城中ですが落ち着いています。

IMG_0253

 

 

 

ケージ内の写真なのでかわり映えしないですが、だいぶリラックスしています。

IMG_0220

 

 

 

そして夜鳴きを克服し、里親さんやお兄さんたちとほんとうに仲よくなったんですって!

IMG_0514

 

 

 

先週の時点のラインで近々フリーにすると仰っていたのでそろそろあさひがリビングを飛び回っているかもしれませんね。私は焦る必要なないと思っています。

 

 

 

里親さんからはあさひにかかった医療費のほか、お茶会の際にかわいいお菓子と

IMG_3438

 

 

 

譲渡のときにもおやつをいただきました。どうもありがとうございました。

IMG_0267

 

 

あさひはあさひのペースで楽しく暮らしていけるよう努力中です。

 

 

多くの犬猫たちが幸せになりますように。

 

 

 

かつくん「Ⅹ265あさひおめでとう。一歩ずつ一歩ずつだよね。里親さんはあさひのことをとってもたいせつに思ってくれているよ。だから距離がだいぶ縮まったよね。不安がどんどんなくなればいいね。がんばれ!」

1-3483

スポンサーリンク