明の撮影会

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

昨日はチチのiPhoneを手にフリータイム中の保護猫明を追い回しました。

qak (7)

 

 

マイ太郎さんにもらったキュートな首飾りをつけてオシャレしたのに、当の明はぜんぜんじっとしてくれない。水を得た魚のごとくリビングや保護部屋を走る走るっ……

qak (6)

 

 

うっ。どうしよう。明のテンションがやたら高い^^;

 

 

撮影した写真の95%が「ブレブレ」か「フレームアウト」。若い子のスピードについていけない悲しいお年頃(の私)です。でも、撮らないわけにはいかない!

qak (9)

 

 

明が運命の出会いを果たすための大切なツールになるのですから。

qak (8)

 

 

おつき合いしてくれたさぶ、牛丸、ジャック、お疲れさま。ありがとう!

qak (4)

 

 

それにしてもむずかしいですね。

qak (5)

 

 

「止まるなんてできません」

qak (3)

 

 

数時間経って、ようやく何枚か納得できるレベルのものが撮れました♡

 

 

おいおい皆さまに披露しますね。

 

 

ちなみにこれは明の保護に関わった友人が撮ってくれたお気に入りの一枚。私の顔がキモいのはスルーしてね。イヤ~! をする明がめちゃくちゃかわいいです。

qak (2)

 

 

ジャックと明はなんのお話をしていたのかな?

qak (1)

 

 

元気が戻った明は、名のとおり明るくイキイキと暮らしています。

qak (11)

 

 

子猫と成猫の間の時期を生きる明は、あどけなさとたくましさを交互にのぞかせながら前へ前へと進んでいます。明の小さい身体には命がパンパンに詰まっていて、私は明に大きな希望を感じるのです。人にも猫にも上手に甘える明。性格も顔もよく、ああ……家族になれる方がうらやましいです。

 

 

体調不良の数日間を乗り越え、コンディションはパーフェクトになりました。

 

 

私も苦しいほどの「心配」から解放され、平安な日々を送っています。

 

 

人馴れの「あと一歩」が長引いている保護猫牛丸とちがって、明はいつでもお婿入りできる状態ですので、テンポよく家族募集をしていこうと思います。

qak (10)

 

 

皆さまどうか明をお見知りおきくださいね。

 

 

今後はブログを更新するたびに明に登場してもらいます♪

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





こじくんシッター

※ブログを連続更新中です。遡ってお読みください。

 

 

皆さまこんにちは。日が短くなってきましたね。

 

 

2020年も後半になって、いろんな意味で焦っています。

 

 

今年は大勢の方にとって試練の多かった1年ですよね。でも、まだ三分の一残っているから、「楽しい」をひとつでも増やせるよう意識しながら暮らしたいです。

 

 

先月お友だちの出口アヤさんとひさびさにランチを食べに行きました。

77 (1)

 

 

ゴージャスなお料理を半額でいただけてお財布にやさしい♡

 

 

アヤさんの新刊を楽しみにしています。

77 (2)

 

 

私はホルモンの問題を抱え通院しているので、アヤさんに体調面を相談しています。

 

 

そして定期的にアヤさんの愛猫こじくんのお世話をさせてもらっています。

77 (5)

 

 

ハンサムなだけでなく、性格が花丸のこじくん

77 (4)

 

 

先月は2回お邪魔していっしょに遊んでもらいました(笑)。

77 (7)

 

 

ふふ♡

77 (8)

 

 

夢中になってる^^

77 (9)

 

 

こじくんが元気いっぱいだからブレちゃったけれど、お気に入りの一枚です。

77 (10)

 

 

狙って狙って~

77 (6)

 

 

真剣なお顔

77 (11)

 

 

よいしょ! 勢いよく飛び込みました。

77 (12)

 

 

「へへ ぼく おうち つぶしちゃった」

77 (14)

 

 

鍵を開けて室内に入ると、こじくんがまあるい目で私を見つめ、お出迎えしてくれるのです。

77 (15)

 

 

そしてこんなスリスリ状態に……

77 (16)

 

 

たまらん。大切に育てられているのがよくわかります。

77 (17)

 

 

今月も2回会える予定。また遊んでくれるかな?

77 (3)

 

 

いっしょにお留守番がんばろうね♪

77 (13)

 

 

もともと人馴れしているこじくんですが、それにしてもここまでリラックスしているのは私だからだ、とアヤさんが褒めてくださいました。うれしいですね。

 

 

ご家族がいないと不安で隠れちゃうタイプのお子の気持ちもよくわかるし、ぐいぐい甘えてくれるタイプのお子と遊ぶのも好きだし、今さらですが、どの犬もどの猫も本当にかわいいです。

 

 

みんなみんな家族とともに、一日でも永く健やかに過ごせますように。

 

 

さあ、今夜は保護猫ジャックのワクチンと、新しい保護猫さんのお迎えに行ってきます。

 

 

ちなみにチチにはまだ知らせていません。事前に知らせると絶対に反対するのに連れてきちゃうとメロメロになるから、不毛なやり取りを割愛したのです。無駄な時間は使いたくないのですよ。まあこれを読まれたらバレますが、あと数時間だから大丈夫でしょう。

 

 

では皆さま、またお会いしましょう。

 

 

私は膝の上にいるさぶのご機嫌取りをするのでこの辺で失礼します。

 

 

パチッと撮った現在のさぶ

IMG_5974

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





すずらんのこと

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

703号室には怒りんぼ娘がいます。

 

 

身体は小柄。最近測っていないけれど3キロちょっとでしょうか?

 

 

出会いは2年前の7月、近所にいたところを私が夜、捕獲箱でスカウトしたのです。

 

 

当時推定1歳位の若さ(幼さ)だったので、現在3歳を過ぎた頃だと思います。

 

 

仮名を「すずらん」にしました。

 

 

健やかで麗しい姫君にピッタリだと自負しています。

 

 

ほかの保護犬猫と同様、私はすずらんを「終の棲家」に案内することを目標にしていました。

 

 

そのために力を入れてきたのが「人馴れ」。

 

 

SNSやブログには書ききれませんが、あれこれ作戦を立て、自分たちなりに心を配ってきたのです。

 

 

いろんなことを考えて、実行して、根気を持って接する日々。

 

 

その間に多くの保護犬猫たちがすずらんを追い越して、「卒業生」として我が家を巣立っていきました。新たな卒業生を見送るたびに、私は胸がチクッと痛み、すずらんに申し訳ない気持ちになったものです。同時に、ジワジワと自分を締めつける焦燥感にも悩みました。

 

 

出会いから2年2か月経ちますが、すずらんは人に撫でられるのを嫌がります。

 

 

18年半細々と保護譲渡活動をしてきましたが、ここまで頑なに人の手を拒否するタイプの猫は正直、はじめてです。だから私はずっと悶々としています。

 

 

ただ、すずらんは「家猫」としては立派に暮らしています。

 

 

人に馴れていないだけで、環境には慣れているのです。

 

 

だからいっそのこと、猫のいるお宅へ「お友だち役」として嫁に出そうともしました。

 

 

しかし最近は、それもちがうのかもしれないと迷っています。

 

 

理由は、すずらんが好きなのは「猫」ではなく、「さぶ」だと気づいたから。

suzurane (2)

 

 

すずらんは卒業生ミミ玉、我が家にステイ中の牛丸、ジャックに「シャー」します。

 

 

なぜか病気が深刻になったあまぱんにもすずらんはよくキレていました。

 

 

あまぱんのヨロヨロとした頼りない動き方が怖かったのかな?

 

 

とにかくさぶ以外の猫には厳しい態度で接しているのです。

 

 

これを書いている今も、私の頭はグルグルとまわっていて、答えを出すことができません。

 

 

あらゆる角度から鑑みても、「うちの子にする」という宣言は簡単ではないし、「里子に出せなそうだから手元に残す」では、すずらんに失礼だともわかっています。

 

 

私は犬猫たちをスカウトするとき、何らかの理由で彼らを里子に出せなかったら自分が彼らの一生の責任を持つ覚悟で家に招き入れています。深刻な病気が原因で譲渡を断念し、うちで看取った犬猫たちもいました。常に葛藤し、キャパシティーを意識せざるを得なくて、東西南北あちこちの気になる子たちを保護できないのはそのためです。

 

 

若く健康でビジュアルもかわいいすずらんの将来を真剣に考えたとき、「あなたは性格に問題があったからここに残ったの」は、あまりにもすずらんが不憫です。

 

 

私がうまく馴らすことができなくて、不甲斐ない。すず、ごめんね。

suzurane (3)

 

 

すずらんはリビングで過ごしています。

 

 

朝と夜のごはんは開けっ放しのケージの中で食べています。

 

 

爪切りは2か月に1度。ケージに入っている隙にシレっとケージのカギを閉め、洗濯ネットにすずらんを入れ、ネットごと外に出してからチョキチョキ切っています。

suzurane (5)

 

 

緊張で全身がこわばり、肉球が濃いピンクになるけれど、おとなしくじっとしてくれます。

suzurane (4)

 

 

お客さんが来ると、まずソファーの下から出てきません。

suzurane (6)

 

 

お客さんが帰ったあと、こうしてひょっこり現れるのです(笑)。

suzurane (7)

 

 

ふふ。もう大丈夫だから出ておいで♡

suzurane (8)

 

 

人間の食べ物は、お魚の切り身とパンが好物で、ときどき私の晩酌につき合ってくれます。

suzurane (9)

 

 

ほれほれ、やめなさいよ。

suzurane (10)

 

 

「鮭のにぎりメシちょうだいよ」

suzurane (11)

 

 

「すずらん」が自分の名前であることは100%認識しています。

 

 

「すず!」と呼ぶと、どこにいても振り向いてくれるのです。

 

 

すずらんは尻尾をピンと立て、「んにゃっ」と甘い声で鳴きながら歩きます。

 

 

なかなか写真には撮れませんが、1メートル離れた場所で腹を出して眠っている姿をよく目撃します。お腹全開でスヤスヤ寝ているのですよ!

 

 

見かけるたびに私はすぐに駆け寄ってすずらんを抱きしめたい衝動に駆られます。

 

 

すずらんの独特の魅力を私は知っています。

 

 

私はすずらんがとても大切です。

 

 

登場回数が少ないすずらんですが、元気に飛び回っているのでご安心くださいね。

 

 

すずらんは、2020年の今年いっぱいは「保護猫」として向き合っていきます。もし大きな進展がなければ、来年早々703号室の末娘になってもらうかもしれません。

 

 

同じ屋根の下で暮らす者同士、実際の生活の中に「保護動物」と「うちの子たち」の垣根なんてないのですが、自分の内側には「ピリオド」が必要だと思いました。

 

 

昨日の朝のすずらんとさぶ

suzurane (12)

 

 

はいはい。「1メートルのエチケット」を守りますよ!

suzurane (1)

 

 

どんな個性の犬も猫も、安全な環境で深く深く愛されますように♥

 

 

長い文章をお読みくださりありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ミミ玉、新世界へ2

皆さまこんにちは。お待たせしました。今日はミミ玉の新居へご案内します。

 

 

703号室から車で10分のご近所ぶりなので、移動もスイスイ♡

IMG_5446

 

 

許可をいただいて、私好みの素敵な建物のエントランスの一角を撮らせてもらいました。

IMG_5445

 

 

あっという間に着いて、里親さんにバトンタッチ

IMG_5154

 

 

写真がうまく撮れなかったけれど玄関の脱走防止柵

IMG_5176

 

 

窓の脱走防止対策は、上の部分の隙間もこうして埋めてくれています。

Inkedcache_Messagep292813_LI

 

 

景色を塗りつぶしたのでわかりづらくてごめんなさい。

Inkedcache_Messagep292811_LI

 

 

ラグジュアリーなリビング

IMG_5178

 

 

使い勝手のよさそうな広いキッチン

IMG_5172

 

 

そしてミミ玉のケージが置かれた寝室と、ゆとりのある間取りです。

IMG_5162

 

 

ミミ玉は2段ケージからスタートします。

IMG_5157

 

 

複数のトイレ

IMG_5175

 

 

推定5歳以上のミミ玉の各種ご飯やグッズ

IMG_5171

 

 

先代ゴマちゃんチコちゃんが使っていた猫タワー

IMG_5158

 

 

寝室の扉の猫ドア

IMG_5173

 

 

お留守番カメラ……と、猫との暮らしが考えられたお宅です。

IMG_5167

 

 

天国のゴマちゃんチコちゃん、ミミ玉がお世話になります。よろしくね♪

IMG_4725

 

 

ふたりが大切に育てられていたのが痛いほど伝わってきました。

IMG_5168

 

 

準備してもらった新しいベッドに、入りそうで入らないミミ玉^^;

IMG_5166

 

 

「ミミちゃん、よろしくねー」

IMG_5184

 

 

ミミ玉を撫でる里親さんの手がとてもやさしくて私は横で勝手に感動していました。環境が変わって混乱しているミミ玉に口頭で状況を説明できないのが歯がゆいです。

 

 

お互いマスク姿でしたが、水分補給にとお茶をごちそうになりました。

IMG_5179

 

 

たくさんのおみやげやミミ玉の医療費をお預かりしました。医療費はたてかえてくれたミミ玉のお友だちの分は9月にお渡しする約束をしています。エコバッグ重宝していますよ。あと、手作りのバナナマフィン、超絶おいしかったです。ありがとうございました。

IMG_5190

 

 

さぶに腎臓フードのおさがりももらっちゃった。シリンジに入れてあげています。

IMG_5333

 

 

はじめの2週間はケージに入っていたミミ玉

IMG_5444

 

 

初日は怖くてトイレに籠城していたね……

cache_Messagep294431

 

 

里親さんが根気よく話しかけたり撫でたりして少しずつリラックスする時間が増えました。

cache_Messagep294950

 

 

お? ベッド使ってる!

cache_Messagep294392

 

 

ケージ内にだいぶ慣れて……

cache_Messagep294390

 

 

シャーしたり、ゴロゴロ喉を鳴らしたり、次第に自我を出せるようになったミミ玉。ここで次の一手を考えるために、(譲渡から2週間後に)私は再度里親さんちへお邪魔したのです。ひさびさに会ったミミ玉は私にビビッていたものの、元気そのもの!

IMG_5439

 

 

※儚い雰囲気を出していますが、ちゅーるはしっかり食べています。

IMG_5443

 

 

ミミ玉は結構ヘビーな夜鳴きをするので、里親さんと相談した結果、思い切ってケージから出して、(最初は)寝室のみをフリーにして、ミミ玉自身が納得するまでひと部屋を探検させてみようということになったのです。それがまさに今!

cache_Messagep295283

 

 

里親さんの大きなベッドの下に隠れてしまい、コントロール不能になるのでは? と心配だったのですが、猫タワーの下の段がすっかりミミ玉の定位置になり、最近はそこでおやつをあげたり撫でたりしているとのこと。ふふ。かわいい♥

cache_Messagep295418

 

 

そして今朝里親さんから届いた(隠し撮り)画像の一部を公開してしまいますね(笑)。

IMG_5682

 

 

里親さんがお仕事へ行っている間、好きにくつろいでいることが判明しました。

 

 

左上の写真はベッドから飛び降りる瞬間、だそうです。

 

 

環境に馴れはじめているのは皆さまにおわかりいただけるでしょうか?

 

 

里親さんにも喉を鳴らすだけでなく、甘え鳴きまでするようになったので、確実に前進していると私は思っています。初日なんて、ビビり下痢をしていたのですから……。

 

 

ノミの心臓かと思いきや、意外と大胆な一面もあって、ミミ玉は実におもしろい女性ですね。

 

 

外暮らしの長い猫だったゆえ、一筋縄にはいかない部分もあるでしょうけれど、すべては時間が解決してくれると信じています。根気よく向き合ってくれている里親さんへ深謝して。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「x302ミミ玉おめでとう。里親さんとともに、ちょっとずつちょっとずつ前進してね。下がってもまた前に進む。そんな暮らしの先に大きな幸せがあるとぼくは思います。食欲旺盛のミミ玉だからきっと大丈夫。自分のペースでいけばいいからね」

1-3483

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ミミ玉、新世界へ1

皆さまこんにちは。ここ数日パソコンの前に座る時間が持てず遅くなりました。

 

 

本日は8月11日に我が家を巣立ったミミ玉の卒業記事第一弾をお送りします。

IMG_3753

 

 

「ハハ やっと書くのね?」

IMG_3760

 

 

遅くなってごめんね^^;

IMG_3762

 

 

とはいっても、私、先週ミミ玉のおうちにお邪魔したよね? ひさびさに会う私にビビッておしっこを漏らしてしまったミミ玉。ガラスのハートの持ち主。繊細女子です。

IMG_3761

 

 

「え そうだっけ?」

IMG_3759

 

 

ミミ玉のお茶会の様子はこちらをご覧ください。

 

 

単身で2匹の愛猫さん(ゴマちゃん、チコちゃん)を見送った医療従事者の里親さん。

 

 

地元の動物病院でさじを投げられたときもあきらめずに猫専門の病院を見つけ、見事ゴマちゃんとチコちゃんを復活へと導きました。大学病院でのオペも積極的に取り入れ、ゴマちゃんチコちゃんの命を大きく伸ばした方です。

 

 

ゴマちゃんとチコちゃんを苦しめた腎不全と徹底的に闘った里親さん。自宅での皮下補液や投薬もがんばりました。本当に気骨のある女性だと尊敬しています。

 

 

ミミ玉の苦労してきたストーリーはもちろんのこと、独特のまあるいフォルムとかわいいお顔が里親さんのお心に留まって、この度良縁を得ました!

IMG_3758

 

 

「わたし ちゅーる大好きっ」

IMG_3757

 

 

現在、お引越しからまだ2週間ちょっと。環境に完全に馴れるまで、正直ミミ玉はもっと時間のかかるタイプだと踏んでいます。だから里親さんとこまめに連絡を取って、いろいろと話し合っています。その一環で先週遊びに行ってきたのです。

IMG_3751

 

 

「この前はじめてゴロゴロ言ったもん」

IMG_3743

 

 

そうだよね。里親さんはうれしくてすぐにご連絡をくれたんだよ。

 

 

ふふ。私も動画でミミ玉のゴロゴロを聞いちゃった♡

IMG_0207

 

 

あまたの猫たちと接してきて思うのですが、猫にはそれぞれ個性があり、すぐになじむ子もいれば、三歩進んで二歩下がるタイプの子もいます。特にミミ玉のように外で長い間生きてきた成猫と接していると、「さまざまなできごとから自分を守ろうとする本能や自我」を感じることが多いです。みんなが天真爛漫だったら保護譲渡活動ももっと円滑にできるのですが、難しい場合もありますよね。

IMG_3742

 

 

だから私は「一歩一歩」という言葉を信じているし、一緒に積み重ねていく時間を大事にしています。本気で向き合ったら、いずれ相手に伝わる気がするから。

 

 

うちの保護犬猫たちが教えてくれた事実です。

IMG_3754

 

 

どんな猫にも「警戒心」と「好奇心」が備わっています。

 

 

警戒心5割、好奇心5割、の子もいれば、警戒心9割、好奇心1割、あるいは警戒心1割、好奇心が9割、の子もいます。どちらも猫の健全な気持ちなので尊重したいです。尊重したうえで、好奇心をくすぐり警戒心を減らすイメージで接しています。

 

 

全部が一つのボタンで簡単にできたらいいけれど、そうはいかないですよね。

 

 

歯がゆさに押しつぶされそうになると、私は昔作った造語を思い出すようにしています。

 

 

「継続は絆なり」

IMG_5152

 

 

近い将来、ミミ玉に里親さんのやさしさが伝わると私は信じています。

IMG_5151

 

 

「ハハ わたし 食欲は減らなかったの」

IMG_5150

 

 

うん。知ってる(笑)。

IMG_5149

 

 

ちゃんと出しているのも知ってる。

IMG_3789

 

 

一生懸命撮影をやり遂げたミミ玉の未公開画像を卒業記念に載せてみました。

IMG_3790

 

 

素敵な方に見てもらえるように、何枚も何枚もパチパチ撮ったもんね。

IMG_3788

 

 

お疲れさま♪

IMG_3784

 

 

美しいモデルさん

IMG_3786

 

 

あなたにアスファルトは似合わない。

IMG_3785

 

 

家族の庇護のもとで生きられる安心と喜びがあなたにじわじわと伝わるよう祈っているよ。

IMG_3787

 

 

703号室で暮らした4か月

ブログ未掲載 (12)

 

 

楽しい時間をありがとう!

ブログ未掲載 (11)

 

 

「いえ どういたしまして」

ブログ未掲載 (1)

 

 

ミミ玉は近所に住んでいるから、またちょくちょく顔を見に行くね。

 

 

「家族は一日にして成らず」

 

 

造語連発ですが、ミミ玉は日々少しずつ変化しています。

 

 

これからもミミ玉の変化をTwitterでお伝えしていきますね。

 

 

どうやって撮ったかわからないけれど、偶然撮れたいい雰囲気のミミ玉を添えて♥

IMG_3781

 

 

次回はミミ玉のおうちに皆さまをご案内しますね。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク