幸福の延長(シッター日記:ももとさくら家)

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

※長いです。ごめんなさい。

 

 

先日私は卒業生もも&さくら家で3シッティングしてきました。

IMG_8859

 

 

お仕事のことをぜんぶ書けているわけではないのですが、折を見てなるべく放出しています。タイムラグがありますが、よかったらおつき合いくださいね。

 

 

にくきゅうのおせわ屋というHPをチチが作りました。これまで受けてきた方は私に直接ご連絡いただいて大丈夫ですが、新規の方はこちらからお願いします。

 

 

屋号はチチと相談しながら決めたのです。

 

 

「ペットシッター」より、もっとマルチな意味合いを持たせています。

 

 

というのも私ね、昔保護犬ゴンタを看取ったのですが、正直ゴンタは若かった私をもってしても、高菜の10倍辛かったです。重度の認知症と多尿多飲のゴンタは絶えず旋回し、排泄し、掃除しても洗濯してもうちは常に昭和の公衆便所の臭いがして、家じゅうがめちゃくちゃの状態でした。

 

 

2年2か月の介護生活で、心身共にゆったりとくつろぐこともできず、私自身が極限まで追いつめられていた記憶があります。血管肉腫と闘いながら生きていてくれたゴンタはかわいい。しかし1日でもいいから、定期的にだれかにゴンタを丸投げしたかった。本当にそうしたかったです。

 

 

当時私は会社員だったチチにゴンタの世話を頼むこともほとんどしませんでした。疲労困憊ですごく消耗したし、ひとり孤独感に苛まれることが多かったです。

 

 

犬も猫も高齢化社会なので、きっとかつての私と同じ境遇で悩んでいる方がいるでしょう。「にくきゅうのおせわ屋」はそういう問い合わせにも対応していきたいです。ちなみにロゴはゆちゃんに仕事で依頼しました。何種類も作ってくれたのでおいおいブログで自慢させてくださいね。

 

 

おっと。脱線しすぎた失礼っ!

 

 

「話なが~い」

IMG_8603

 

 

「飽きちゃった」

IMG_8602

 

 

もも姫、ごめんごめん^^;

IMG_8601

 

 

もも(海子)は703号室を巣立って3年半経つのに、見てください。私に甘えてくれるんですよ♡ ももはノラ猫あがりのスターたち(ノラスタ)にも登場しています。

IMG_8604

 

 

里親さんと仲よくさせてもらっています。もふもふ譲渡祭にも遊びに来てくださいました。

 

 

里親さんは私から成猫のさくら(かえ)を迎え入れ、2姫とのラブラブ生活を謳歌中。昨年は外で行き倒れていた腎不全末期のあんずくんを迷わず引き取り、家族として天国へ見送った方です。

IMG_5599

 

 

あんずくん、束の間だったかもしれないけれど、いっぱい愛されて幸せだったよね。

 

 

次女さくら姫も元気です。打ち合わせのときの一枚♪

IMG_8517

 

 

リビングでお留守番をがんばったももとさくら

IMG_8622

 

 

セキュリティーがハイテクかつ最新で、人にも猫にも安心のおうちです。

IMG_8643

 

 

3回目に撮った写真。前夜の運動会の様子がまぶたに浮かぶ(笑)。

IMG_8641

 

 

オシャレだなあ……

IMG_8594

 

 

私がプレゼントしたもふもふ譲渡祭のカレンダーを飾ってくれていました。うれしい!

IMG_8595

 

 

(※もふもふカレンダーほしい方いますか? 15冊くらい残っています。ノラスタを私から買ってくれたらプレゼントにつけちゃう。ほしい方は連絡ください。笑)

 

 

日光浴を楽しむももと、ドームベッドに引きこもるさくら

IMG_8608

 

 

ごはんはそれぞれ別室で食べました。

IMG_8613

 

 

完食のももも、数粒残しながらも一生けんめい食べたさくらも、どちらもえらかったです。

IMG_8609

 

 

吐き戻しもせず、ちゃんと消化してくれてホッとした。

IMG_8618

 

 

ママにしか懐かないさくらも、立派に乗り切ってくれてありがとう。

IMG_8647

 

 

食の細いさくらがそれなりにべてくれたのがなによりでした。

 

 

そっとしておいてほしいさくら姫にはしつこくせず、かわりにグイグイ来てくれたもも姫とはたくさんお話しました。動画を貼りつけておくのでご覧ください。

 

 

もも、保護猫海子時代のこと、もう忘れちゃったかもしれないけれど、ほら、うちにほほって黒猫がいたでしょう? 重い水頭症と闘っていたほほが、もものこと大好きで、もものあとを追いたくて、ももがいたからほほが再び歩けるようになったんだよね。

IMG_9093

 

 

あの時期、奇跡を呼び起こしてくれたのはまちがいなくももだったと思う。

 

 

ほほのことを思い出すのは私にはとてつもなくキツい。毎日蓋してる。

 

 

会いたくてどうしようもなくなるのが怖い。

 

 

でも、終の棲家でキラキラ生きているももを眺めていたら、ふとほほがもものそばに現れた気がしたの。ももの幸福の延長線上に、ほほを一瞬見つけた気がした。

 

 

もも、703号室時代、ほほを尻に敷いていっしょに遊んでくれたよね。

IMG_9092

 

 

もものそばでほほがどんなに満足げで得意げだったか、私は絶対忘れません。

 

 

犬猫は喜びと痛みを教えてくれる存在です。

 

 

人と人の絆を深め、縁を繋いでくれる存在です。

 

 

私にとっては、いなくてはならない存在です。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





もふもふ譲渡祭プレゼント先1

703号室卒業生陽乃の里親よっちゃん、クリスマスプレゼントをありがとうございました。

000ai (4)

 

 

自慢が遅くなってごめんなさい。もふもふ譲渡祭でもお会いできて幸せでした。

 

 

皆さまこんばんは。無精な私は本日スッピンで2度も仕事へ行ってしまいました。誰にも会わない仕事なのでますますだらけてしまいそうです。ヤバいね。

 

 

さて、(高菜がワンワンうるさいですが)もふもふ譲渡祭のプレゼント支援先を1つ書かせていただきます。会計報告はもふもふ譲渡祭HPをご覧ください。

 

 

約3万円分のブロードライン(保護猫の医薬品)と40万円分のAmazonギフト券を共催のemi-goと私がだいたい折半。だいたい、というのはブロードラインの数で、emi-goのほうに一箱分多く渡してあります。ギフト券は20万円ずつ預かっています。

 

 

その中から10万円分を個人で山口市の保健所で保護犬猫(主に猫)の引き出し→譲渡活動しているaiさんにお渡ししました。ブロードラインも添えています。

 

 

aiさんと出会って日が浅いですが、はじめて電話でやり取りをしたとき、私はaiさんのムダのない会話と頭の回転のよさに驚きました。よって、活動をしていなければ到底知り得ない(必要な)情報をaiさんリードでテンポよく話すことができたのです。それから2匹の保護猫(詠吉、もい)がご縁で実際に数度お会いして、かわいらしい外見とヘビーな活動のギャップに打たれました。

 

 

aiさんがすばらしいと感じるのは「大変さを表に出さない」ところです。あっちが痛い、こっちが痛いと嘆いてばかりの私とは大ちがい。少しずつでも見習っていきたいです。

 

 

aiさんに自己紹介をお願いしました。aiさんが書いた文章です。

000ai (16)

 

 

aiさんはもふもふ譲渡祭の立役者でもあります。

000ai (12)

 

 

前夜に東京入りしてエンドレスに手伝ってくれました。「私といるとバタバタするだけですよ?」と告白したら「なんでも手伝います」と笑顔で返してくれたのです。

000ai (9)

 

 

会場へ行ってレイアウトを整えるときも率先して動いてくれました。

000ai (8)

 

 

我が家で使っている激重のケージを運んでくれたのもaiさん

000ai (5)

 

 

会場の方も親切でありがたかったです。

000ai (7)

 

 

汗を流した甲斐があります♡

000ai (6)

 

 

(ダメだ高菜が超吠えまくってる!!)

 

 

「泊めていただくのだから」と、2夜ともごちそうになりました。はあ恐縮です。

000ai (10)

 

 

あったかいパジャマとバスグッズのプレゼントにも感謝。毎日着ています。

000ai (11)

 

 

当日はスタッフとして参加者としてエンジョイしてくれたaiさん

000ai (13)

 

 

お買い物もいろいろと楽しんだようです。

000ai (14)

 

 

翌日は会計報告の手伝いをしてくれました。領収書とお金をチェックしています。

000ai (17)

 

 

aiさんは6匹の元保護猫と暮らしています。活動は(鍵つきですが)インスタで放出中。aiさんの許可を得てもふもふ譲渡祭絡みの書き込みを一部ご紹介します。

 

 

aiさんもお客さんとして参加したワークショップ

000ai (9)

 

 

aiさんも買ったのかな? りょうちゃんのねこまくら

000ai (8)

 

 

差し入れのキュートなお菓子たち。チョコはたしかうちの母からです。

000ai (7)

 

 

譲渡ブース

000ai (1)

 

 

トーク

000ai (5)

 

 

aiさんのインスタに書かれていた文章

000ai (6)

 

 

読んでウルウルしちゃったですよ。

000ai (2)

 

 

大雨の中、最後まで残って大量のゴミ出しもいっしょにやってくれて心強かったです。

000ai (4)

 

 

私の車内がaiさんの座る助手席までゴミの山状態だったのはいい思い出です(笑)。

 

 

「人が来んかったらどうしよう……ああ緊張します」

 

 

何度も何度も自分のことのように心配していたaiさん。たくさんのエールと協力をくれたaiさん。

 

 

メニエル病と闘いながら意地と情で保健所へ通うaiさん。山口市の保健所の職員さんたちからの信頼も厚いaiさん。活動を通じて出会った私のお友だちではありますが、「可視化できる個人」として、もふもふ譲渡祭にご参加くださった皆さまのご厚意が詰まったプレゼントを贈らせていただきました。改めて皆さまにお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

 

そして実はaiさん(と東京で個人でボランティアをされているeさん)のおかげで保護犬まう、大師前どうぶつ病院に在籍していたモーリス、マイキーの三頭の命が救われたのは特記すべきです。ここに書けることと書けないことがあるので、残念ながら詳細は控えるしかないのですが、この三頭にいたっては、本当に「境界線」にいたのです。

000ai (3)

 

 

 

私たちではなくてもほかのだれかに引き出され、譲渡されていた犬たちではないという意味です。これだけでも私はもふもふ譲渡祭を開催した意義を感じずにはいられません。奔走してくれたaiさん(と東京のボランティアeさん)のおかげでまうは703号室のリビングを走りまわっています。兄妹犬マイキーはご縁に恵まれ、モーリスにもいいお話が来ているそうです。かなちゃんやったね♪

 

 

左:マイキー 中央:モーリス 右:まう

000ai (2)

 

 

もふもふトリオ

000ai (1)

 

 

生きていてくれてありがとうね^^

000ai (3)

 

 

 

仔犬たちのみならず、もふもふ譲渡祭に参加してくれた個人保護主の方たちの保護猫さんの8割以上が良縁に恵まれました。これも皆さまのおかげです。

 

 

もう一口(10万円分のギフト券)の行き先も近日中にUPします。emi-goが渡した方も私から文章だけですが簡単にご紹介する予定です。うち二名は私の地元で仰山の猫のTNRと保護譲渡活動をしている(もふもふ譲渡祭にも保護猫を連れて来てくれた)個人の方々ですよ。

 

 

やることが遅くてじれったいかもしれませんが、どうか私に時間をください。

 

 

今週中には書きますね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ルナとして2

さて皆さま、お待たせしました。メル子改めルナの新居へご案内します。

 

 

どうかいっしょに祝福してくださいね。

 

 

広いリビングへ通されて、まず目に飛び込んできたのはルナの写真とカレンダー

IMG_8686

 

 

703号室でお茶会したときの写真をプリントアウトして飾ってくれていたのです。どんなにルナを待ちわびてくださっていたか……ウエルカム度が窺えますね。

 

 

玄関の脱走防止対策は2重構造(手前の柵だけでも実際は160㎝以上ありますが、このあと、2メートル位にまで高さをあげ、柵を固定してくれています)

IMG_8687

 

 

そしてリビングへのドアは器用なルナが開けられないように細工済

IMG_8661

 

 

ルナの様子を見て、ドアノブごと(クルクル式に)替えるかもしれないとのこと。

 

 

掃き出し窓の対策(様子を見て柵を2倍に増やすことも検討しているそうです)

IMG_8688

 

 

ルナは1Fのリビングをメインに生活するので、私は本当に安心です。

IMG_8679

 

 

ケージ

IMG_8663

 

 

ルナグッズの一部

IMG_8665

 

 

トイレ周り

IMG_8666

 

 

壁も一周(全面)爪とぎ防止の対策が施されています。

IMG_8667

 

 

お家をたいせつにし、丁寧に暮らしていらっしゃいます。と同時に、猫の習性を理解し、予想し、ルナの行動を先回りする思慮深さと寛大さを私は感じました。

 

 

ルナ部屋の床は足腰に負担をかけないクッションフロアに張り替えられていました。

IMG_8682

 

 

ルナ、清潔でやさしくてルナ想いのステキなおうちだよ。

IMG_8672

 

 

「どれどれ?」

IMG_8673

 

 

最初だけちょっと戸惑ったお顔をしていました。

IMG_8684

 

 

ルナにケージに入ってもらって、チチと私はおいしい紅茶とお菓子をいただきながら医療ケアの説明や譲渡誓約書を交わします。私にとって至福のひとときです。

IMG_8680

 

 

お嫁入り道具の中に卒業生星太郎のママさんにもらったルナ首輪を入れてプレゼント♡

IMG_8681

 

 

ルナの里親さんはニコッと喜んでくださいましたよ。

 

 

ルナの医療費をお預かりし、おみやげまで♪ どうもありがとうございました。

IMG_8745

 

 

以下がルナの里親さんより届いたルナのスーパービューティ画像です。

IMG_8695

 

 

私たちが帰ったあと、即リビングをフリーにしてもらったルナ

IMG_8697

 

 

マスカット色の目がウキウキと楽しそう!

IMG_8700

 

 

里親さん、写真うますぎ……

IMG_8705

 

 

後姿もキマっています。

IMG_8707

 

 

狙って狙って~

IMG_8711

 

 

フレームアウトの躍動感

IMG_8713

 

 

まさに「水を得た魚」のごとくイキイキとしています。

IMG_8691

 

 

卒業からわずか2時間でこうなりました。

IMG_8693

 

 

ここがルナんちだったんだね。見つけられてよかった。(私が)ホッとした。

IMG_8694

 

 

里親さんの手が添えられています。

IMG_8717

 

 

ルナを養い、ルナを守ってくれる尊い手です。

IMG_8715

 

 

よかったね。

IMG_8716

 

 

キュートなモデルさんはどんなポーズもできちゃいます。

IMG_8731

 

 

お気に入りのパソコンチェアーの上にて

IMG_8732

 

 

「わたし ルナ(月)だけど お日さまの光を浴びているよ」

IMG_8733

 

 

ほぼ瞬時に完ぺきに新しい環境になじんでしまったルナ。後ろを振り返らないあっぱれな女性です。そこがとても好きで、清々しく、頼もしく感じます。私もルナを見習いたい。

 

 

TV台の裏に入ったというので里親さんがすぐに自主的にコードカバーをつけてくれました。なんたる「きちんと感」。ルナの安全を重視してくださっています。

IMG_8742

 

 

そして卒業日にはなかったキャットタワーが新設されているではないですか!

IMG_8741

 

 

ルナだけのおもちゃ、ルナだけのトイレ、ルナだけのベッド、ルナだけのタワー……はしゃぐルナの写真を眺めていたらまた鼻の奥がツンとしました。

 

 

たくさんおしゃべりしてくれたよね。

 

 

ルナの猫語がイマイチわからなかったけれど、こういう日々を私に一生けんめい説明して、おねだりしてくれていたのかな? だとしたら私も役に立てたかな?

IMG_8730

 

 

淋しい思いもいっぱいしただろうに、折れずに曲がらずに、いつも明るく甘えてくれて、ルナありがとう。ルナとご家族の多幸を祈っています。

IMG_8729

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ292ルナおめでとう。お嬢さまだねえ。末永く幸せになってね。そして里親さんのことを幸せにしてあげてください。ルナにはそういう力があると思います」
1-3483

スポンサーリンク





バザーの値付けが終わりました

日曜は卒業生りんちゃん家のプレゼント(あったかい靴下)を履いてもふもふバザーの仕分けへ。責任者まりおさんちがいちだんとすごいことになっていました。

00siwake (9)

 

 

ああ、お疲れさまです。足りないね、こんな言葉だけでは……

00siwake (16)

 

 

集まったのは、まりおさん、もりよさん、めめちゃんのママさん、きーやんさん、あっティーさん、まなちゃん(譲渡担当からの助っ人)、私、の7人

00siwake (8)

 

 

キャー! まなちゃんのスタイリッシュなウエストポーチにうちのあまぱんとさぶが!

00siwake (18)

 

 

現場監督は「おはなちゃん」。まりおさんが自分で保護した子です。

00siwake (11)

 

 

※まりおさんはご自宅付近にくるノラ猫たちを全員保護譲渡しています。

 

 

午前中から集まり、ほぼ手を止めることなく箱を開けては値付けをしていきました。値段を安く設定させていただいているので送ってくださった方に申し訳ない気持ちですが、なにとぞ「1日限りのバザー」という性質をご理解ください♡

00siwake (10)

 

 

かわいいものがたくさん♪

00siwake (7)

 

 

一同、「ほしいほしい」を連発。

 

 

「取り置きしたい」(実際はしません)

 

 

「当日、これが置いてある場所だけでも把握したい」(実際はできません)

 

 

など、商品に未練やため息を吹きかけるメンバー(笑)。

 

 

「これ買った人ラッキーだよね」とか「安すぎるよね?」とか「これとこれのセットいいよねえ?」とか「プレゼントに最適じゃない?」とか……

00siwake (15)

 

 

おしゃべりを楽しみながらも手を止めずにひたすら作業をつづけていきます。

Inked00siwake (17)_LI

 

 

犬服もいっぱい(Mr.Mac日置代表ありがとうございます)

00siwake (3)

 

 

サイズもいろいろ

00siwake (4)

 

 

ふふ。新品ですがおはなちゃんの毛がついているかもしれません。

00siwake (2)

 

 

みんなが大好きなドイツのフェイラーのハンカチセットが500円

00siwake (6)

 

 

猫がたくさんいるのに、お得すぎはしませんか?

00siwake (5)

 

 

ああ。私もなにか買えるんだろうか? 時間あるといいな……。

 

 

まあ夢と希望を捨てずに合間合間に物色します。

 

 

しかし皆さま、残ったらぜんぶ私が持って帰らなきゃならないのでどうぞ遠慮せずに買ってくださいね。5時間で売り切るのが目標です。ご自身用でなくても、身近なお友だちやご親族へのプレゼントとして宝探しをするのもステキだと思います。

 

 

あっティーさん、おいしいケーキの差し入れをごちそうさまでした。

00siwake (1)

 

 

お昼休憩の一枚。もりよさんとめめちゃんママさんは隠れ中です。

00siwake (12)

 

 

バザー品の中に入っていた多くの差し入れもごちそうになりました。感謝

00siwake (14)

 

 

そしてお手紙の数々も拝読。泣きそうになったですよ、ほんと。

00siwake (13)

 

 

写真はみんな笑顔に写っていますが、まなちゃんはアレルギーが止まらず、くしゃみと闘いながらの作業。私は私でまりおさんにもらった頭痛薬を飲み、服を着たり脱いだり(ホットフラッシュ)。遠くから来たもりよさん、何回ももふもふバザーの値付け作業をしているめめちゃんのママさん、来年まで休みが一日もないあっティーさん、いちばん大変な部門のバザーを取り仕切ってくれているまりおさん。なんと言っても、あたたかいお心を寄せてくださった「提供者」の皆さま、当日お越しくださる予定の皆さま、本当にありがとうございます。

 

 

もふもふ譲渡祭まであと1週間を切り、焦っています。近年重圧を感じると、なぜかきまって口内炎だらけになるので(口の中がヤバくて)ろれつがおかしいかもしれませんが、ニコニコとご来場をお待ちしています。遊びに来てくださいね。譲渡会のほうも重ね重ねよろしくお願いします。

 

 

バザーについては書ききったので、あとは当日の写真を後日HPなどにUPします。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





星太郎のファミリー

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

さて皆さま、本日は星太郎の新居へご案内します。

 

 

星太郎のおうちは都心のマンション。人間の家族はパパ、ママ、お兄ちゃんの3人。とにかく明るく朗らかで、しかも家族の会話がひたすらおもしろいご一家です♡

 

 

ワンフロアーに2世帯しかなく、そのうえ内廊下。非常に脱走しづらい構造です。

Inkedhositarou (6)_LI

 

 

にもかかわらず、じゃーん! 玄関に脱走防止対策をしてくださっています。

hositarou (10)

 

 

立派な3段ケージは爪とぎつき! このケージお高いんですよね^^; ご覧のとおり、掃き出し窓にも脱走防止柵がついています。安全安心、ですね。

hositarou (25)

 

 

「え~? ここはどこでしょうか? ぼくプチパニックですっ」

hositarou (15)

 

 

星太郎の終の棲家なの。きっとすぐなれるから♪

hositarou (21)

 

 

だいじょうぶだいじょうぶ!

hositarou (8)

 

 

ほら、後ろにパパさんがいるでしょ? 星ちゃん落ち着いてね。

hositarou (14)

 

 

開口呼吸でドキドキしていた星太郎。意外とビビりで繊細ですね。

 

 

ママさん手づくりのプレートが星太郎のお部屋(ケージ)にかかっていました。

hositarou (23)

 

 

かわいい……星太郎が待ち遠しかったのがよく伝わってきます。

 

 

チリひとつない清潔なお宅

hositarou (1)

 

 

壁に素敵な飾りを見つけました。家族の象徴ですね。旅先で買ったそうです。

hositarou (9)

 

 

星太郎のために準備された寝床と丈夫なキャリーバッグ

hositarou (13)

 

 

震災時にも使えるようにと大きめのタイプを選んでくださいました。

 

 

星太郎のファッショングッズ

hositarou (17)

 

 

黒猫は何色でも似合うので写真撮影のときに小物たちが役立ちそうです。

 

 

マイ太郎さんお手製のブルーサテンのシュシュをさっそくつけてみることに

hositarou (20)

 

 

うわ……ハンサム! 端正な顔つきの星太郎にピッタリです。

hositarou (19)

 

 

おいしいコーヒーとケーキをごちそうになりました。

hositarou (4)

 

 

もりよさん夫妻もいます。和気あいあい、星太郎の未来について語りました。

hositarou (11)

 

 

このファミリーなら1㎎の心配もありません。本当に素敵な方々です。

hositarou (7)

 

 

ノラスタノラ猫あがりのスターたち)も買ってくださっていたので

hositarou (18)

 

 

僭越ながらサインとメッセージを書かせていただきました。

hositarou (26)

 

 

里親さんはもふもふ譲渡祭にもいらしてくださいます。またお会いできるのが楽しみで仕方ない。(里親さんのtwitterアカウント→@yamada_seitaro 星太郎★)

 

 

星太郎の医療費交通費のほか、お菓子、保護猫メル子の首輪、そしてなんと星太郎のマウスパッドをプレゼントしてもらいました。もりよさんとお揃いです。ありがとうございました。

hositarou (3)

 

 

「星ちゃんマウスパッドがもったいなくて使えない」と話していたもりよさんですが、翌日には会社で使っている自慢写真を里親さんと私に送ってきて爆笑。

 

 

へ? と呆気にとられるほどのスピードで「家族の一員」として見事に溶け込んだ星太郎。

 

 

以下は里親さんが撮った近況です。

hositarou (24)

 

 

黒々と光ってかっこいいこと!

hositarou (16)

 

 

お兄ちゃんがブラッシングしてくれています。

hositarou (2)

 

 

すぐ仲よしになりました。

hositarou (12)

 

 

来年の年賀状だそうです。最高!

hositarou (5)

 

 

(※画像や情報はすべて里親さんと相談しながら公開しています)

 

 

ふふ。いいでしょう?

 

 

「子猫ではなく成猫を希望した理由はなんですか?」

 

 

そうたずねた私に里親さんは不思議そうに首を傾げ、答えてくれました。

 

 

「え、うちは最初から子猫は考えずに、オトナの子を探していたので……」

 

 

深い理由や理屈もなく、ただ普通に成猫を求めていた里親さんの自然なリアクションが私にはとてもあたたかく、新鮮に感じられました。感動しますね。

 

 

5か月もの間、星太郎を預かってくれたもりよさん、そして星太郎の最後の日まで星太郎を息子として迎え入れてくれた里親さんに感謝しています。

 

 

不遇の犬猫たちが一匹でも多く星太郎みたいに安楽の日々を過ごせますように。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ291星太郎おめでとう。星太郎が加わったことで、もともと会話の絶えない家族がさらにいっそう楽しくなるだろうね。高い場所にのぼったり走りまわったり……自由もいいけれど、星太郎、いたずらはほどほどにお願いしますよ」

1-3483

 

 

スポンサーリンク