牛丸、牛歩で家族と歩く

皆さまこんばんは。今日は朝と夜のシッティングをいただいていますが、合間の時間はお子たちとイチャイチャすると決めていたので、家の中でみんなを追いまわしました♡

 

 

さて、前日のつづきをUPします。

 

 

牛丸のお兄さんになってくれた先住猫なぁさん。本名は「なごみ」くんです。

IMG_9787

 

 

黒白模様の長毛男子。ビジュアルが牛丸と似ていますよね。厳しい外暮らしが辛く、ガリガリで汚れていたなぁさんを、親切なうどん屋さんが助けたのです。うどん屋さんのお客さんだった牛丸の里親さんがうどん屋さんと一致団結し、なぁさんを幸せへと導きました。

 

 

こうして多くの方が「ゼロより一」を実践させていることに、私はとても感動しています。

 

 

ひとりで100匹を抱える社会より、100匹をひとりずつが気にかける社会に私は住みたいです。

 

 

なぁさん、会うのはお見合いの日以来だね。お邪魔します。

IMG_9758

 

 

なぁさんは高い位置から私どもを見下ろしていました(笑)。

IMG_9759

 

 

牛丸との位置関係はこんな感じです。

IMG_9770

 

 

里親さんはご自宅を建設中なので、このお家には半年くらいしかいませんが、脱走防止対策を丁寧に行ってくださいました。ケージのお部屋も寝室も掃き出し窓は以下のとおりです。

IMG_9764

 

 

玄関の柵はご主人の手作り。強度がしっかりしていました。

IMG_9767

 

 

そして身体の大きな牛丸のためにケージ内にステップを……

IMG_9757

 

 

うっしーのメゾネットマンションの全体像

IMG_9768

 

 

部屋には上下運動をする場所もしっかりあります。

IMG_9769

 

 

うっしー、がんばってね!

IMG_9761

 

 

「ぼく ドキドキしています」

IMG_9760

 

 

うん。わかる。でもここがうっしーの未来なんだから、一歩ずつね^^

IMG_9763

 

 

「とりあえず石のように固まっておきます」

IMG_9762

 

 

「そんなにぼくを見つめないでください」

IMG_9772

 

 

「ぼくのお父さんとお母さんになってくれるのですか?」

IMG_9773

 

 

「あぁ そこそこ そこかゆいんです」

IMG_9774

 

 

うっしーは見かけよりだいぶ繊細なお子です。

 

①最初は動かない、食べない

 

②数日後、食べ出すけれど動かない

 

③少しなれはじめると警戒心がマックスになり、威嚇、攻撃がはじまる

 

④しばらくすると、先住猫の存在に気づき、仲よくごあいさつ

 

⑤先住猫がいると気が大きくなりケージから出て探検開始

 

⑥人間にもうっすら心を開く

 

⑦(条件つきで)人間にさわらせてくれたり、人間と遊べるようになる

 

 

①~⑦の過程を、(牛丸という名のとおり)ゆっくりゆっくりと牛歩で進んでいくのです。

 

 

里親さんは忍耐と根気と気合いの入った方以外にはむずかしいタイプの猫で、私は正直、牛丸のトライアルが失敗に終わり、いつ返されてもおかしくないと覚悟をしていました。

 

 

しかし、里親さんはめげませんでした。私の立てた小さな作戦をいくつも実行に移し、日に日に牛丸との距離を縮めています。感謝、という言葉では足りないですね。

 

 

先日爪切りにお邪魔したとき、「正式譲渡でいいですか?」とおたずねしてみたところ、「もちろんです」という言葉が返ってきて、私は目頭が熱くなりました。うれしいっすね。

 

 

その節は牛丸の医療費や交通費、おみやげをありがとうございました。

IMG_9779

 

 

里親さんから届いた近況写真の一部です。ドームベッドを買ってもらったうっしー

IMG_9851

 

 

殻に閉じこもりすぎないよう、いったんドームベッドを取っ払ってもらった時期のうっしー

IMG_0161

 

 

数日前のうっしー

IMG_0963

 

 

え、おっさん?

IMG_0964

 

 

里親さんは寝室があるのに、うっしーのケージの置いてある部屋に布団を敷いて眠っています。家族のぬくもりを近くに感じられていいですね。最高!

 

 

道端でひっそりと生きていた一匹の元ノラ猫が終の棲家へ旅立ちました。

 

 

応援の眼差しを向けてくださった方へのご報告をさせていただきます。

 

 

かつくん「x307牛丸おめでとう。濃厚な時間をありがとう。ハハが黒白猫を好きになったのはぼくがきっかけです。ぼくは2007年に天国へ旅立ったけれど、ぼくの印象が今なおハハの胸の中に強く残っています。牛丸も牛丸を特別だと思ってくれる家族に出会えてよかったね」

1-3483

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





牛丸と過ごした日々を

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

唐突ですが、私はどんな犬猫もかわいいと思って接しています。

 

 

でも、実はビジュアル面での自分のタイプがあり、猫でいえば……

 

①まんまる(デカい)

 

②男子(性差別をすみません^^;)

 

③黒白ハチワレ模様

 

が、大好物なのです。

 

 

ということで、本日の主役はおわかりですね?

 

 

「ぼく?」

IMG_9701

 

 

はい! その通りです。

 

 

ちなみに牛丸のサラサラロングヘアと、ウサギさんのようなボンボンしっぽもツボです。

IMG_9602

 

 

はじめて牛丸に会ったのはいつだったか? 2019年頃だったかもしれません。

InkedIMG_0754_LI

 

 

住宅街の隅っこで、牛丸はいつもひとりぼっちでした。

 

 

悩みに悩んで外で困っている牛丸をスカウトした日は本当に寒くて、牛丸は足にケガを負っていました。捕獲箱が血に染まったのを今でもときどき思い出します。

IMG_9435

 

 

2020年3月に703号室に招き入れてから、おそらく生粋のノラだった牛丸はよくがんばりました。トライアルに向かうまでの9か月間、私たちは生活を共にしたんだよね。

IMG_8926

 

 

人馴れするまでに長い時間がかかりました。はじめの数か月はとにかく怒っていたね。

IMG_8928

 

 

牛丸から放たれた怒りのエネルギーを受け止めるのは、正直大変だったけれど

IMG_8929

 

 

全身でぶつかってきてくれたことを、私は忘れません。

IMG_9724

 

 

牛丸の心の鎧を溶かしてくれた最大の功労者は天国に眠る我が家のあまぱんでした。

iker (11)

 

 

あまぱんが牛丸と私のクッションになってくれたからこそ、牛丸は徐々にリラックスをするようになったのです。あまぱんを見送り、牛丸を送り届けて、私には「思い出」だけが残りました。

 

 

けれど、なにものにも代えがたい痛みと喜びを私はしっかりとおぼえています。

 

 

あまぱんがいなくなったあとは、さぶがあまぱんの役割を引き継ぎました。

IMG_9722

 

 

牛丸はそうやってみんなで育ててきた、大切な存在です。

IMG_9458

 

 

牛丸がかつて使っていたケージには、保護猫信くんがいます。

IMG_9618

 

 

一頭ずつ一頭ずつ、小さなアクションですが、私が取り組んできたことは「無」ではありません。

IMG_9737

 

 

だれにも言わなかったのですが、あまぱんを失ったあと、私は牛丸を里子に出さずに手元に残そうと考えていたのですよ。毛色が似ているから、牛丸がサッと横切るたびにあまぱんと見まちがい、その錯覚が私の傷を癒し、慰め、前向きにさせてくれたのです。

IMG_9735

 

 

でも私は、結局そうしませんでした。

IMG_9738

 

 

「あまぱんのかわり」では牛丸に失礼ですし、若く健康的な牛丸には、牛丸としての未来がありますものね。あのときの苦しい決断のおかげで、みーちゃんや信くんと出会えました。

 

 

牛丸を卒業させる決意をしたからこそ、次の子を保護するキャパを得たのです。

 

 

牛丸、ありがとうね。

IMG_9718

 

 

トライアルへ出たあと、牛丸は一から「場所、猫、人馴れ」をご家族といっしょに努力しています。

 

 

私も、私にできる限りのアドバイスやサポートをつづけてきました。

 

 

最近、牛丸は「場所と猫」を完全にクリアし、残るは「人」だけになったのです。

 

 

そして、だんだんと里親さんを信じるようになってきています。えらいでしょ?

IMG_9720

 

 

昨年の12月27日、キャリーバッグに入った牛丸をシートに乗せ、私は彼の未来をめざして高速道路を走りました。小さなキャリーバッグの中には、とてつもなくビッグなスターが入っています。

 

 

牛丸への愛と感謝を添えて皆さまにご報告いたします。

IMG_9754

 

 

次回は牛丸の新居へご案内します。

 

 

ブログへUPするのが遅くなって申し訳ありませんでした。

 

 

牛丸を応援してくれた皆さま、ありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





イケメンらとのバレンタイン♡

卒業生まるここ家より甘ーい飴のプレゼントをありがとうございました。

naa (1)

 

 

卒業生陽乃&空の里親よっちゃんより縁起もののキュートなプレゼントが届きました。

naa (11)

 

 

チョコをいただくのを楽しみにしています。お守り、愛車につけますね。感謝♡

 

 

さて、バレンタインの本日、私は素敵なイケメンたちに会ってきたのです。

naa (3)

 

 

チチにも撫でられて……

naa (4)

 

 

保護猫牛丸の正式譲渡を記念して、うっしーの爪切りをしてきました(笑)。

 

 

卒業記事がのびのびでごめんなさい。2月中に必ず簡単にUPしますが、うっしーは元気にしています。新しい環境に溶けこみ、先住なぁさんとも仲よしになりました。

naa (8)

 

 

なぁさん、おひさしぶり^^

naa (10)

 

 

うっしーがお世話になっています。

naa (9)

 

 

うどん屋さんに助けを求めてやってきたノラ猫時代のなぁさん

naa (2)

 

 

痩せているし、おててが汚れていて切ないです。がんばったねなぁさん。お疲れさま♪

 

 

うどん屋さんがこうして家族募集の張り紙をしてくれていたのですね。

 

 

なぁさんのおかげで、牛丸はリラックスをおぼえました。家になじみ、なぁさんと追いかけっこをし……完全な人馴れまであと一歩のところに来ています。うれしいっす!

naa (7)

 

 

私が前足を担当し、後ろ足は里親さんがチョキチョキ

naa (5)

 

 

猫になれているだけあって、手際がよく、とてもおじょうずでした。

naa (6)

 

 

洗濯ネットプラス、私が肩にかけていたショールでうっしーのお顔を隠しながらやったのです。視覚を遮られると精神的に落ち着くタイプの犬猫がいるので、爪切りがうまくいかないお子にはぜひトライしてみてくださいね。うっしーはおとなしくしていてくれました。

 

 

本当になにも要りません、と事前に何度も里親さんにお伝えしたのですが、おみやげや交通費までいただき恐縮しています。チチはバレンタインチョコを喜んでいました。ありがとうございました。

naa (12)

 

 

牛丸をこれからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

あっという間の30分でしたが、濃くて楽しいひとときでした。

 

 

これからもずっと見守っていきます。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





21年前の手紙とほっこりみーちゃん

皆さまこんばんは。今週はシッティングのお仕事をたくさん(自分比)いただいていました。このご時世に本当にありがたいことです。ステキなお客さま方に深謝♡

 

 

先日、作家(free pets)の渡辺眞子さんよりカードやプレゼントやみーちゃんへのお見舞いが届きました。眞子さん、みーちゃんを気にかけてくださりありがとうございます。

0mityankawai (5)

 

 

こんなに美しいお菓子が入っていました。うわ……

0mityankawai (4)

 

 

私は眞子さんと特別なご縁があるのです。

0mityankawai

 

 

(※写真は数年前のものです)

 

 

犬猫の保護譲渡活動に強い関心を持ったのは今から21年前に遡りますが、当時私は眞子さんの「捨て犬を救う街」を読んで激しい動悸に襲われました。年間65万頭の犬猫たちが殺処分されているという現実を前に、心臓が破けるかと思うほどの衝撃を受けたのです。もう、いてもたってもいられなくなり、著者の眞子さん(の出版社宛て)に、自分で二度と読み返したくないレベルの感情的な手紙を送ったのですが、ポストに投函した瞬間に、投函したことを後悔したのをおぼえています。

 

 

なのにあろうことか、著者の眞子さんから丁寧なお返事が届き、それが私の微々たる活動のきっかけとなったのです。まだひとつも行動を起こしていない一読者の私に眞子さんは、「ありがとう。お互いがんばりましょうね」と書いてくださいました。また、“社会に対しての絶望と、苦しい気持ち”だけを持て余し、右往左往している私を眞子さんは一切否定しませんでした。

 

 

眞子さんとはじめてお会いしたのは12年前になりますが、お会いする9年前に感想の手紙を送った旨をお伝えすると、覚えていてくださって、正直恥ずかしかったです。

 

 

眞子さんに保護された老猫ペッタンさん(写真は眞子さんのSNSより拝借)

IMG_0403

 

 

切りすぎた前髪が本当に愛らしいです。

 

 

みーちゃん同様ペッタンさんも外で長年がんばって生きてきた尊い猫さんです。

 

 

我が家のみーちゃんも元気ですよ。

0mityankawai (10)

 

 

ちょっと前の写真ですが、世界でいちばんきれいなのはだれかと鏡に問いていました(笑)。

0mityankawai (1)

 

 

はいはい^^; もちろんみーちゃん、だよ。

0mityankawai (11)

 

 

老齢のみーちゃんがジャンプできるマックスの高さがこの爪とぎ

0mityankawai (9)

 

 

数日前、部屋を覗いたらみーちゃんが爪とぎの上でちんまりとお昼寝していました。

0mityankawai (8)

 

 

気づかれて撮れませんでしたが、なんともいえない無防備な寝顔でしたよ。

0mityankawai (7)

 

 

来月また病院へ連れていこうと思います。

0mityankawai (6)

 

 

体重が増えているといいね。

0mityankawai (3)

 

 

「眞子さんわたしを気にかけてくれてありがとう♪ ペッタンちゃんもお幸せに!」

0mityankawai (2)

 

 

犬猫たちを通じて多くの出会いがありました。

 

 

すばらしい出会いは自分の財産として残っていくのですね。

 

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





爪を切るミッション

皆さまこんにちは。さぶをひざに載せてブログを更新しています。

 

 

昨日も書いたとおり、保護猫信くんの新しいベッド(中古だけど)はオープン型

010101 (3)

 

 

まだちょっと戸惑っている雰囲気です。

010101 (4)

 

 

でも、巣に引きこもってしまわないよう、敢えてこうしています。

 

 

今、信くんは過渡期なので、殻を破ってもらえるよう、共に努力中です。

 

 

さて、お仕事がらみのお話を2つほど^^

 

 

バイト先の台湾料理店に目立つ看板がつきました。

010101 (2)

 

 

ふふ。いいね。テイクアウトOKをお知らせするものです。妹がネットで買い、岩根ちゃんがつけてくれたもの。岩根ちゃんはいつも母を助けてくれる私たちの大切な友人です。

 

 

ここ最近は、テイクアウトのお客さんが中心になった気がします。まあこのご時世ですしね。

 

 

世間の流れと連動して、シッティングの依頼は多くありません。けれど、少しは入っています。しかしSNSがNGのお客さま方が中心なので、ブログ等に放出することができません。先日ひさびさにOKしてくださるお宅があったので、ぜひ私の武勇伝を自慢させてくださいね。

010101 (5)

 

 

私のミッションは、シッティングではなく「爪切り」。

 

 

「にくきゅうのおせわ屋」なので、犬猫のお世話に関するものならなんでも承っています。

 

 

あまり人馴れしていないベルくんの爪切りに毎月難儀しているとのご相談。これまでは「おやつで釣る」などして、だましだましベルくんをキャリーに入れ、動物病院で切ってきたそうですが、だんだんとキャリーに入れるのが大変になってしまいました。また、奥さまのご体調の問題で、通院自体も厳しくなり、自宅での爪切りの依頼を受けたのです。切実に悩んでいるご様子が電話口からうかがえて、ならば私が! と参上。ちなみに料金は1シッティングでお受けしました。

 

 

お邪魔します。

010101 (8)

 

 

ベルくんはケージが好きなので、あらかじめケージに入れておいてもらいました。

010101 (7)

 

 

はじめて私を見るベルくんは、「え? だれ?」と警戒感マックス。

 

 

じっと固まってくれたらよかったのですが、ベルくんは固まらず、1段目から2段目、2段目から3段目、3段目から2段目……と、高さのあるケージでエンドレスに逃げ惑っています。勢いよく。

 

 

そして隙あらば、ケージの外に出ようとしていました。

 

 

だからケージの扉を細く開けることしかできず、洗濯ネットでベルくんを覆うのが本当にむずかしかったです。そりゃ不審者が来たらイヤだよねえ。ベルくん、ごめんね。

 

 

ベルくんの動きが一瞬止まったときを狙い、ご主人に(2段目への)逃げ道を板で静かに塞いでもらい、バスタオルをお顔に被せ、その上から慎重に洗濯ネットでベルくんを覆いました。書くと簡単そうに感じられるかもしれませんが、耳を折って唸るベルくんを前に、実際は大汗状態です。

 

 

でも、ご夫婦に「すごい! ムダがなく、冷静でびっくりしました!」と、おほめいただき、とってもうれしかったです。記念写真も撮ってくださってありがとうございます♡

010101 (6)

 

 

ベルくんの入った洗濯ネットを二重にし、一同トイレへ移動!

 

 

なぜトイレでベルくんの爪切りをするのでしょう?

 

 

わかる方いますか? ちゃんと意味があるのですよ。

 

 

洗濯ネットをベルくんの腕が出る分だけ開けて、一本一本確実に切っていく。

 

 

老眼の自分が恨めしいですが、ミッション、無事終了!

 

 

ちなみに奥さまが送ってくださった平常時のベルくんはこんなにかわいいのです。

010101 (9)

 

 

帰りの車で達成感がハンパじゃなかった私は、ニコニコと目尻が下がりっぱなしでした。自分の得意な分野をお仕事に活かしてお客さまに喜んでもらう。充実しますね。

 

 

帰宅後にいただいたメールには、悩みが解消されたと綴られていました。

 

 

ベルくんも(移動のストレスがないため)動物病院で爪を切ったあとより精神的な復活が早かったようで、さっそくご機嫌におやつを平らげたのだとか。

 

 

あああ。ホッとしました。ベルくん、ありがとうね。

010101 (10)

 

 

703号室にも、爪切りがむずかしいお方がいます。

010101 (11)

 

 

次はすずらん、あなたの爪をどうにかしないとね。

010101 (1)

 

 

いい年して恥ずかしいのですが、褒められると心が伸びますね。

 

 

こんな私でも多少は存在価値があるのかなと思うと自己肯定感が高まります。

 

 

深謝

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク