幸せの譲渡2(サチとユキ)

さて、前回のつづきです。サチ&ユキ姉妹の新しいお宅へご案内します。

 

 

じゃーん♡ 玄関にはにゃんガード!

IMG_2102

 

 

よく開ける換気用の窓には脱走防止の柵が

IMG_2103

 

 

広いお宅はほぼすべてが猫仕様

IMG_6264

 

 

これどこで売っているんだろう? というオシャレなグッズもたくさん……

IMG_6265

 

 

フクちゃんはじめまして

IMG_2129

 

 

ステキなお城の住民フクちゃんは里親さんに保護されたラッキースターです。

IMG_2110

 

 

妹たちを連れてきたよ。いろんなニオイがするからドキドキさせたかな?

IMG_2109

 

 

さわらさせてくれてありがとう。サチとユキをよろしくね!

IMG_6262

 

 

それにしてもフクちゃんは恵まれているね。

IMG_2122

 

 

ごはんスペースもオシャレ

IMG_2121

 

 

かなちゃんが見つめている先は……

IMG_2119

 

 

またお部屋があります。そしてお部屋の大きなウオークインクローゼットを通ると……

IMG_2120

 

 

奥にはサチとユキに使う猫部屋が。まあどこも猫部屋みたいなお家でしたけど^^

IMG_2113

 

 

「わたちたちのおうち?」

IMG_2139

 

 

「すっごくおおきいですね」

IMG_2140

 

 

サチとユキを迎えるにあたって作ってくださった専用ゾーン

IMG_2111

 

 

珍しいタイプのケージの周りを柵で囲い、滑り止めマットを敷いてくださっています。

IMG_2115

 

 

駆けっこしたら楽しいだろうなあ。愛情に満ち溢れているご家族です。

IMG_2108

 

 

本棚にノラ猫あがりのスターたちを発見。買ってくださったのですね。うれしい!

IMG_2117

 

 

おいしいお茶をごちそうさまでした。

IMG_2147

 

 

仔猫たちの医療費とおみやげもありがとうございました。バスグッズ大好きです。

IMG_6105

 

 

皆さまも安心できたのではないでしょうか?

IMG_2126

 

 

サチもユキも幸せになることまちがいなしです。

IMG_2127

 

 

ちなみに、きょうだいたちと母猫ダッペは3匹揃って明日嫁入りするそうです。

 

 

これで母子5匹とも終の棲家が決まりました。ブログでは私が譲渡を担当したサチとユキのみのご紹介になりますが、一家の明るい未来を祈っています。

IMG_2132

 

 

以下は里親さんのインスタより拝借したサチとユキの近況写真です。

IMG_6784

 

 

満たされている寝顔ですね。

IMG_6785

 

 

まどろむ娘たち(笑)。

IMG_6787

 

 

お腹出しているのはリラックスしている証拠だね♪

IMG_6789

 

 

このとき体調が悪かったけれど、そんな私にもやれることはある。

 

 

サチとユキと里親さんが教えてくれたことです。1匹でも多くのノラ猫が「愛猫」になれることを願いつつ、これからも自分にできる範囲でなにかをつづけていきます。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ289、290サチ、ユキおめでとう。まるで猫の楽園のようなおうちだね。自由に遊びまわっていっぱい甘えて安全にスクスク育ってください」

1-3483

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





バザー品がぞくぞくと(もふもふ譲渡祭)

私は丁寧なご縁にこだわってきました。

 

 

だから私の周りには、里親さんをはじめとして、ステキな方々が多くいると自負しています。

 

 

謙虚な人見知りさんが多いので、決して声は大きくありませんが、自分の犬猫を愛し、不遇な犬猫の存在にお心を痛め、いざというときに「一頭分の力」を発揮できる方ばかりです。

 

 

団体とちがって微力な私は周りの方々が目にした「不遇の犬猫たち」をすべて引き取って差し上げることがむずかしい。しかし自分の時間を使ってノウハウを話し、「私にできることはだれにでもできること」と添えてお伝えしてきました。

 

 

その結果、驚くほどたくさんの「個人」がうまれ、それに紐づくように数えきれない数の犬猫たちが幸せな生活を手に入れています。日々私のもとにメッセージが届きます。

 

 

「困っている外猫を見た」「なにをどうしていいのかわからない」「保護の方法は?」「通院のタイミングは?」「○○をアンニイさんならどうしますか?」「隔離期間や慣らし方は?」「良縁を見つけるには?」「飼ってしまいたいけれど先住動物との相性が気になる」

 

 

正直、「もううちに連れて来てください。私がかわりにやりますから」と言ってしまったほうが楽なケースもありました。けれど私は極力、そうはしませんでした。

 

 

なぜならそれでは一つの結果しか生みだせないと考えているからです。

 

 

その方は私に丸投げすれば終わりになります。

 

 

でも、次にその方がまた気になる犬猫を見かけたらどうでしょうか? また恐縮しながら、私か、もしくはだれかに投げなければならないのです。それならご自身でその子を完結する力を磨けば、どの角度から鑑みてもより合理的な結果になると思いませんか?

 

 

そうやって「ゼロより一を」をめざしてきました。

 

 

私の主張はまちがっていないと信じています。

 

 

もふもふ譲渡祭は、個人が中心となって催します。

 

 

実際、もふもふ譲渡祭に関わっているメンバーはほとんどが個人で犬猫を保護譲渡したことのある人たち、あるいは里親として終生我が子に愛情を惜しみなく注いでいる人たちです。

 

 

ありがたいことにバザー品がちらほら届いています。

 

 

私は写真がうまくないので後日(ご自身でも保護譲渡活動をしているバザーの責任者卒業生ゆきちゃんの里親)まりおさんが改めて写真をもふもふ譲渡祭のtwitterにアップしますが、私のもとに届いたものをいくつかご紹介します。

 

 

脚本家の篠崎絵里子さんより(南三陸ミシン工房のものが中心です)

0baza (15)

 

 

オシャレ~! 犬猫に並んで私が好きな動物はゾウさんです♡

0baza (16)

 

 

猫のミニポーチも色ちがいでいっぱい……

0baza (17)

 

 

絵里子さんもお仕事の都合がつけばもふもふ譲渡祭に遊びに来てくださるとのこと。

 

 

家族でお世話になっているさかえ先生より

0baza (1)

 

 

いいですよね。猫のおもちゃほしくなります。

 

 

そして、ネイルでお世話になっている卒業生麦&とろろ兄妹の里親きえさん

0baza (9)

 

 

平均すると2か月に1度はお会いしています。

0baza (2)

 

 

今、麦が目の難病で東京大学動物医療センターへ通っています。

0baza (6)

 

 

がんばっているよね。

0baza (4)

 

 

お接待担当のとろろ

0baza (5)

 

 

いつもあたたかく出迎えてくれるやさしい男の子です。

0baza (7)

 

 

抱っこもできるもんね♪

0baza (3)

 

 

ランチ代程度で男性並みに筋張った私の手を変身させてもらっています。

0baza (10)

 

 

猫の話や人生相談もできる楽しいひととき

0baza

 

 

終了後は麦ととろろを入れての写真撮影が恒例行事となりました(笑)。

0baza (8)

 

 

そのきえさんからは美しすぎるハーバリウムが30本も!

0baza (11)

 

 

すべて器用でセンスのいいきえさんの手作りですよ。

0baza (12)

 

 

ハーバリウムは私も2本持っています。私はプレゼントでいただいたのですが、お値段は結構お高いんですよね。1本3000円前後するのが相場だとか。

0baza (13)

 

 

もふもふ譲渡祭では1000円でお出しする予定です。お得でしょ?

0baza (14)

 

 

ぜひ自分好みのキラキラの1本を見つけて連れて帰ってくださいね。

 

 

前にも書いたとおり、経費を引いた額を少しでも個人の方への支援にまわせるよう、品物をひきつづき集めています。私自身はもふもふ譲渡祭で支援を受け取るつもりはありませんが、一頭一頭のQOLに重きを置きながら自分のペースで保護譲渡している方の応援をしたいのでお力添えをよろしくお願いします。ご不用品(新品に限ります)おひとつからでもHPへお問い合わせください。

 

 

なにとぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





さんちゃん(あおたん)ち

※ブログを連続更新中。遡ってお読みくださいね。

 

 

さて、保護子猫あおたん改めさんのお届け記事のつづきです。

 

 

里親めぐみさんと私の出会いやご縁のいきさつ、環境などはすでにこの記事に書きましたので、お知りになりたい方はぜひクリックして読んでくださいね。

 

 

「ガヤガヤします どなたですか?」

IMG_2023

 

 

「あ! また小さいのをうちに連れて来たんですか?」

IMG_2038

 

 

そうですよ。

 

 

はい、さんくん着いたよ。おいで~!

IMG_5682

 

 

最後のお薬をどうぞ(笑)。

IMG_5680

 

 

よし。がんばりました。

IMG_5681

 

 

先住ハンサムりお兄、弟分のさんくんをよろしくね!

IMG_2037

 

 

ワイロちゅーるをお渡ししました。

IMG_5675

 

 

ふふ♡ この日私は黒白ハチワレのりおくんを意識してまなちゃんがプレゼントしてくれた「黒白ハチワレのお気に入りピアス」をつけて行ったのです。

IMG_5673

 

 

aiさんからも「どうぞ♥」してもらいご満悦のりおくん

IMG_5668

 

 

ソファー下に隠れたりおくんを捜索中のaiさん

IMG_2034

 

 

ケージの前でさんくんを励ますaiさん

IMG_2032

 

 

私も持参のカメラでパチパチ

IMG_5678

 

 

まだ不安だよね……

IMG_2048

 

 

めぐみさんやご家族がだいじだいじしてくれるよ♪

IMG_2049

 

 

「つまりぼくに“さんくん”という子分家族ができるのですね?」

IMG_2047

 

 

はい。りお兄大正解です。

 

 

隔離ができる個室に新設されたさんくん用ケージ

IMG_2026

 

 

個室の窓には脱走防止対策の網が設置されていました。

IMG_2022

 

 

リビングの掃き出し窓は娘さんのご主人にやっていただいたそうです。

IMG_2035

 

 

玄関の脱走防止柵

IMG_5679

 

 

実は過去にりお兄が玄関から出てしまったことがありました。

 

 

そのときは運よくすぐに捕まったのですが、「危ない」と思っためぐみさんは、さんくんを次男猫として迎えるのを機にこの度専用の柵をつけてくれたのです。703号室卒業生さんくんの安全のみならず、先住りお兄のためにもなりますよね^^

IMG_2024

 

 

先代の愛犬さんは知人から譲り受けたかわいいシーズー

IMG_2020

 

 

譲渡誓約書へのサインとさんくんの医療ケアの細かい説明をしているところ

IMG_5677

 

 

aiさんと共に……

IMG_2046

 

 

おいしいケーキとお茶をごちそうになりました。

IMG_2044

 

 

さんくんにかかった医療費のほか、703号室の保護猫たちへのプレゼントと

IMG_2053

 

 

手づくりジャムをありがとうございました。

IMG_1952

 

 

さんくん、いいお家だね!

IMG_2031

 

 

さんくんのためにいろいろ揃えてもらったのよ?

IMG_2030

 

 

時間はいっぱいあるから、りお兄とゆっくり馴染んでいってね♪

IMG_2029

 

 

めぐみさんは「縁」をたいせつにする女性なので、さんくんはトライアルなしの正式譲渡になりました。りお兄との距離を日々少しずつ縮めてくれています。

IMG_5671

 

 

さんくんの近況動画を観てイキイキしているのが伝わってきてうれしいです。

 

 

最近のさんくん。相変わらずキュートですね!

IMG_5897

 

 

姉妹のかおたんさおたんは今週末に巣立ちます。放出したいネタが多すぎて更新が追いつきませんが、かおたんさおたんから波及した良縁も紹介しますね。

 

 

応援してくださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

同じことの繰り返しですが、私は不遇の猫たちを1匹でも減らし、終の棲家へ案内する活動をつづけていきたいです。これからも703号室をごひいきに!

 

 

かつくん「Ⅹ286さん、おめでとう。これからは末っ子として甘えて生きて行ってね。先住りお兄がぼくに似ているとハハは大騒ぎ。ぼくは天国へ来て12年以上経つけど、ハハはぼくに未練タラタラのようです。モテる男も辛いよのう」

1-3483

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





バイバイ屋1

ほんの少し前まで私は途方に暮れていました。

 

 

気力体力が最底辺にあったとき、ようやく決まった保護猫メル子のご縁。それが当時の私の「希望」でした。だから「返還します」と言われ、シャッターが目の前に降りた気がしたのです。

 

 

トライアルですから、ふだんなら割り切れます。

 

 

しかしあのときはいつもに増して精神的にキツかった。思うところもあったし。

 

 

なにもかもを放ってどこか遠くへ逃げられたら……そんな妄想すらしていました。でも現実はどこにも行けません。残念ながら人としての責任が私にはあるのです。

 

 

自分の中に残っている気力をすべて振り絞ってはじめた黒真珠の赤い糸探し

IMG_5620

 

 

健康で甘えん坊の黒真珠をこれ以上「保護猫」でいさせたくありませんでした。

IMG_5324

 

 

8か月もの間、703号室で順番待ちをさせてどれだけ心苦しかったか……

IMG_4464

 

 

遠慮がちな姿、目が合うと駆け寄ってくる姿を思い出すと、胸がチクッと痛みます。

IMG_5225

 

 

私のまぶしいスター

IMG_5223

 

 

いつものパターンだと、あっという間に育ってしまう子猫のあおたん、かおたん、さおたんの家族募集を優先的にやるのですが、今回ばかりはできませんでした。

IMG_4133

 

 

たまには順番を守らないとね♡

IMG_5220

 

 

そして黒真珠の卒業を皮切りに、子猫のあおたん、かおたん、さおたんにも終の棲家が決まり、今、私は万感の思いでキーボードを打っています。

IMG_4138

 

 

私は「別れのプロ」です。

 

 

私は「バイバイ屋」です。

IMG_4132

 

 

保護猫たちを私は家族と同じ扱いで接しています。

IMG_4131

 

 

けれど私は彼らと、「さようなら」をします。

IMG_1949

 

 

いいさようならができるよう、絶えず模索しています。

 

 

いいさようならをするために私たちは出会うのです。

IMG_1549

 

 

 

ブログに綴る卒業レポートには、私なりに深い意味を込めています。

IMG_1497

 

 

応援してくださった方への謝意を込め、彼らの新たな住環境をお見せする。

 

 

努力してきた結果と、善き里親さんの自慢。

 

 

正々堂々と保護譲渡活動の透明感を出す。

 

 

微々たる保護譲渡活動の記録。忘備録。

 

 

そしていちばんは、我が家を巣立っていく彼らと里親さんへのプレゼントの気持ちで書いています。だってキラキラのスターたちだもん。小さな舞台だけど、最後は中央に立ってほしいです。

IMG_4137

 

 

モテモテの黒真珠

IMG_1521

 

 

「ハハ~ そういえばまなちゃんもぼくを意識した服装だったよね」

IMG_1541

 

 

太陽の光が似合う黒真珠

IMG_5626

 

 

隠れるのがじょうずな黒真珠

IMG_5619

 

 

友情に厚い黒真珠

IMG_1951

 

 

ウインクがセクシーな黒真珠

IMG_5622

 

 

「みなさん ぼく 黒曜石(オブジディアン)のオブに改名されました」

IMG_5586

 

 

宝石に疎い私は黒くてピカピカ光るきみに「黒真珠」位しか思い浮かばなかったけれど、里親さんが検索して見せてくれた黒曜石の画像を前に、「うーん。負けた、こっちだ!」と素直に唸ったのですよ。ほんとうにピッタリしっくりの素敵な名前をもらったよね。

IMG_5639

 

 

オブ、きみはすばらしい!

IMG_5627

 

 

きみは美しい!

IMG_5623

 

 

「照れるじゃないですか」

IMG_5624

 

 

きみとのかけがえのない8か月を、私は忘れません。

IMG_5637

 

 

卒業おめでとう。成長させてくれてありがとう。

IMG_5638

 

 

次回は皆さまを「オブ家」へご案内します。

 

 

途中走者より

 

 

BIG LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





出張お茶会(あおたん)

皆さまこんにちは。台風ですね。先ほどコンビニへ行ったら食料や水が品薄で驚きました。人間はもちろんのこと、犬猫たちに大きな被害が起きないことを願うばかりです。

 

 

さて、仕事がキャンセルになったので家でブログの更新でも。2~3書きたいですが、毎度同じことを言って結局できないので目標を立てるのはやめます(笑)。

 

 

#703スターだより

 

 

先日保護猫あおたんを連れて「出張お茶会」へ行ったのです。

 

 

私が言う「お茶会」とは「保護動物と希望者さんのお見合い」

 

 

だいたいお越しいただくのですが、こちらから伺うケースも。今回は脱走防止対策の相談に乗りたかったため、事前に飼育環境を拝見させてもらったのです。

 

 

あおたん~!

88 (8)

 

 

着いたよ♪

88 (7)

 

 

在宅はほとんどめぐみさんおひとりですが、ご家族は4人。清潔で安全。猫の飼育に適したお宅。ちなみに写真に写っていないリビング横の和室も猫の楽園です。

88 (5)

 

 

1歳4か月の「りお」くんはめぐみさんが職場でお仲間たちとタモ網で保護した元保護猫。幸運の持ち主ですね。社交的で甘えん坊でかわいいったら♡

88 (1)

 

 

先代の愛犬が亡くなった翌年に、めぐみさんはりおくんと出会い、猫との暮らしをスタートさせました。そして2匹目の猫をぼんやりと考えていたところ、私の講義を聴いてくださり、私から譲り受けようと思ってくださったそうです。「良縁」を感じます。感謝……

 

 

おいしいお茶とスイーツをごちそうさまでした。

88 (11)

 

 

りおくんを迎えたときに買った猫本がまた重宝しています。

88 (6)

 

 

りおくんの食器(上の猫の顔の書かれた高さのあるほう)、使っている率が高い。だいたいどのお宅にもひとつはあります。私は持ってないけど。

88 (9)

 

 

センスのいい絵が壁に飾られていたので思わずパチリ

88 (10)

 

 

1時間半、脱走防止対策を含めいろんなお話を。楽しいひとときでした。

 

 

あおたんは脱走防止対策が整い次第、703号室を巣立ちます。

 

 

先日4度目の検便を終えたあおたん。コクシジウムはマイナス。2連続マイナスなのでおそらく大丈夫でしょう。念のため最後にもう一度だけ薬を飲ませます。

88 (2)

 

 

2回目の駆虫薬を病院で飲んだときの一枚

88 (4)

 

 

コクシジウム撃退のお薬を飲み終わったチビたち(あおたんかおたんさおたん)は、カナちゃん(スタッフ)にお口直しのちゅーるをもらってご満悦でした。

88 (3)

 

 

昨夜めぐみさんから届いた画像↓ あたらしいケージをチェックするりおくん

88 (12)

 

 

玄関に新設された脱走防止柵

88 (13)

 

 

掃き出し窓、小窓2つにも対策を施してくださっています。

 

 

詳しくは卒業レポートでお伝えしますね。

 

 

一見、どうでもいいように考えられがちな「脱走防止対策」。でも実はそれぞれの家庭に適した対策を保護主側がお願いできるか否かで譲渡の質が決まります。

 

 

「ただの譲渡」はさほどむずかしくない。だからどうせなら「より良い譲渡」をしたいですよね。私たちは犬猫たちの命に関わる活動をしているのですから。

 

 

準備万端のめぐみさん家へのあおたんのお届けは3日後に迫っています。

 

 

ほっこりニコニコの卒業式にしたいです。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク