実葉のご縁が決まりました

皆さまこんばんは。ブログでのご報告がワンテンポ遅れましたが、このたび保護猫実葉のご家族が決まりました。すでに多くの方がツイッターをご覧になって知っていると思います。

nagare (2)

 

 

 

 

保護当初より、実葉はたくさんの善意に囲まれてきました。

nagare (3)

 

 

 

ご支援、プレゼント、応援メッセージ、リツイート・・・・・・病院への搬送を手伝ってくれたメグ&ナツママさま、マイ太郎さん、写真を撮ってくれたみいさん、実葉を長期預かってくれているマイママさん。ここには書ききれない親切を背負って、実葉はお嫁に行きます。やったね!!

 

 

本来であれば、気にかけてくださった方、語りかけてくださった方、お力添えくださった方おひとりおひとりに感謝の言葉をお伝えしなければなりませんが、私にはその余裕がなく、ほんとうに不甲斐ない限りです。この場でお礼をさせていただく非礼をお許しください。

 

 

皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

かわりと言ってはなんですが、私はその分、家族募集に力を注いできたつもりです。

 

 

ただその道中でも私は不義理をはたらきました。

 

 

ご期待に添えず、やさしい方を傷つけてしまったり、ガッカリさせてしまったり。

 

 

申し訳ありませんでした。実葉は世界で1匹しかいないので、どうしようもないのですが、私のやり方に問題があったのも事実だと思います。いろいろな意味で、とても反省しています。

 

 

けれど実葉のことは晴れやかな気持ちで見送りたいので、皆さまにもニコッとしていただければうれしいです。皆さまに納得していただける良縁だと自負しています。

 

 

 

私は個人で細々と活動をしてきましたが、保護猫サクとセスを無事卒業させたらしばらくは譲渡活動をお休みします。極論、目の前に瀕死の犬猫が現れたら話は別ですが、そうでもない限りは控えようかと。私ひとりが休んだところで、力のある方々が大勢いらっしゃるし、そもそもこんなことをわざわざ書く必要はないのですが、年々、重責に耐える気力が減っているのを自覚します。それを認めたくなくて、やるやるアピールをしてきました。

 

 

譲渡が重い。命は重いのだからしょうがないのですが、にしても、重い。

 

 

ブログやツイッターにはほんの一部しか出していませんが、いったん保護動物の家族募集がはじまると、私の日常生活はほとんど機能しなくなります。

 

 

物事の優先順位がつけられず、なにもかもが中途半端に。

 

 

 

保護動物の向かう先が、ちゃんと「終の棲家」であるよう、最後の瞬間まで家族といっしょに過ごせるよう、ひたすらに心を傾けてきました。ここは誓って偽りのない部分です。核です。

 

 

 

ご縁がまとまると昇天の喜びですが、そこにいたるまでのプロセスに精神的な限界を感じるようになってきました。せっかく幸せの中にいるのに、もったいないと自分でも思います。

 

 

 

「タナベさん もがいてるんですね」

nagare (4)

 

 

 

はい。そうなんです。

 

 

いい歳してみっともないのですが。

 

 

 

でもだからこそ、実葉に出会えたこと、サクとセスを保護できたこと、お子たちのお母さんでいられること、卒業生たちと卒業生たちのご家族の存在に深謝せずにはいられません。

 

 

 

私は落ちこんでいるわけではないし、病気で寝こんでいるわけでもないので、皆さまのご心配には及びません。図々しくピンピンしています!

 

 

 

せっかくの吉報にややネガティブな切り口となってしまいましたが、この譲渡にも私は全力投球でいきたいです。皆さまのご期待を裏切らぬよう、自分にできる精いっぱいをします。

 

 

 

実葉はかわいいお嫁さんになるんだろね。

nagare (5)

 

 

 

 

卒業の日までマイママさんのそばで元気にすごしてね。

 

 

 

「はーい」

nagare

 

 

 

最後に、実葉の「家族」に名乗りをあげてくださった方々に「ありがとう」を。

 

 

 

FIVキャリア、(画像上)片腎、腕と骨盤の骨折などをハンデとも捉えずに、何人ものお心ある方々が実葉を希望してくださったのです。私は大きな勇気をいただきました。

 

 

本日はある方からメールが届き、感動。

 

 

猫と暮らすためにマイホームを購入し、現在はご自宅が建つのを待っている方です。職業がら、骨折の知識にもあかるく、早い段階から実葉と暮らしたいと仰ってくださっていました。しかし新居が建つまではペット不可の住宅にお住まいのため、ご縁になった場合、実葉のお届けが6月になってしまうことから、私の方で熟考の末、以前、お断りしたのです。

 

 

一部を抜粋します。

 

 

(703号室卒業犬)コロン君のブログから、里親さんのお人柄と愛情がたっぷり伝わってきまして、『あぁ~、たとえ実葉ちゃんとご縁にならなくても、田辺さんが選ばれた方なら間違いない』と強く感じました。そして私も、『選ばれない覚悟』が自然とできました。ですので、結果を受けましても、落胆はなく心から喜ばしいと思うばかりです。更に申しますと、田辺さんから猫をお迎えしたい気持ちにも変わりはありません。

 

 

たぶん読んでくださったの、この記事ですね。

 

 

なんて言ったらいいんだろう。私には分不相応ですし、身の置きどころに困ります。

 

 

ほかにも紹介したいメールがいっぱい。素敵な方々です。

 

 

不遇な犬猫が人間の扶養家族になれますように。

 

 

そして善き方のもとに保護犬保護猫がノックしますように。

 

 

 

謝謝

 

ロン君のコロン君のブログから、里親さんのお人柄と愛情がたっぷり伝わってきまして、『あぁ~、たとえ実葉ちゃんとご縁にならなくても、田辺さんが選ばれた方なら間違いない』と強く感じました。そして私も『選ばれない覚悟』が自然とできました。ですので、結果を受けましても、落胆はなく心から喜ばしく思うばかりです。

に申しますと、田辺さんから猫ちゃんをお迎えしたい気持ちにも変わりはありません。ブログから、里親さんのお人柄と愛情がたっぷり伝わってきまして、『あぁ~、たとえ実葉ちゃんとご縁にならなくて田辺さんが選ばれた方なら間違いない』と強く感じました。そして私も『選ばれない覚悟』が自然とできました。ですので、結果しても、落胆はなく心から喜ばしく思うばかりです。
更に申しますと、田辺さんから猫ちゃんをお迎えしたい気持ちにも変わ

スポンサーリンク





あなたを見つめるぼくの目に

今日のお昼は暖かかったですね。家事の合間におちびさんたちを放牧してみました。

korasyu-14

 

 

 

カメラ片手に追いかけるも、おちびさんたちの足の速さにおばさんがついて行けるはずもなく、ろくな写真が撮れません。このレベルが精いっぱいです。ごめんなさい。

korasyu-29

 

 

 

703号室は陽当たりがいいです。家を買うときに私がこだわった最大のポイントですから! 小さいのがふた粒いるでしょ? 見つけられますか? 光合成しているおとなたちに紛れこんで遊んでいます。からだに太陽を思いっきり吸い込みながら。

korasyu-30

 

 

 

良質な食事、適度な運動、人間とのコミュニケーション、人間以外の犬猫との(少しの)交流、常識的な睡眠時間の確保、室温、医療ケア、すべてに於いて私はペットショップに陳列された犬猫たちとは比べものにならない環境だと自負しています。

korasyu-40

 

 

 

いっさいの営利を微塵も追求していないからこそ実現可能の境地だと考えています。

korasyu-24

 

 

 

私はあらかじめ立て替えた医療費の一部負担を里親さんにお願いすることはありますが、犬猫の命で儲けてやろうと目論んだことは一度もありません。私がこの子たちといる意味は「己の生活」のためではないのです。私はこの子たちが好きです。だからいっしょにいます。

 

 

そして、この子たちを慈しんでくださる方に命のバトンを渡すために育てています。

korasyu-35

 

 

 

「家族」は買わなくても出会えますよね?

 

 

犬猫を迎えたい方は、「里親制度」を検討してみてくださいね。

 

 

 

盗み食いの刑で牢に服役中の保護猫満天氏。まったく反省の色が見られませんでしたが、1時間ほどで仮釈放されました。保釈後、即キッチンを再び物色。現行犯逮捕してやろうか悩みましたが、キッチンを片づける方が早かったのでそうしました(汗)。満天食べすぎーーー!!

korasyu-2

 

 

 

 

さて、2週間以上経ってしまいましたが、卒業犬コロンJと横浜デートした日のことを!

korasyu-31

 

 

 

私とコロンが出会ったのは14年以上も前。子犬だったコロンもすっかりダンディになりました。

 

 

コロンはきょうだいたちとともに土手に捨てられ、劣悪な環境の中必死に生き延びた犬です。うちのナナと血の繋がった実の兄妹。そしてうちのリルのおじまたは父犬でもあります。

 

 

土手からようやく保護できたのはコロン6歳9か月の頃。私の力が及ばず、多くの犬たちが土手で命を落としました。コロンは亡くなった子たちの分の魂を背負って生きています。

 

 

 

みんなで川辺をてくてく。15歳、14歳、14歳、12歳なので歩くスピードはスローです。

korasyu-26

 

 

 

足腰の弱くなったコロンはカートで後半戦を過ごすことになりました。横にはナナの姿も^^

korasyu-17

 

 

 

コロンの里親megさんがナナのリードを持ってくれたので・・・・・・

korasyu-41

 

 

 

私は調子に乗ってコロンを抱っこしてみました♪

korasyu-10

 

 

 

途中で「ママじゃない!」と気づかれイヤイヤされましたが、ほんの一瞬でもうれしかったです。

 

 

 

そろそろ予約しているレストランへ行きますか!

korasyu-3

 

 

 

コロンのカートを押すmegさん。きっといろんな思いを乗りこえての笑顔なんです。このときはただシャッターを切っただけですが、あとで写真を見返して胸が熱くなりました。

korasyu-37

 

 

 

先を歩いているのはチチとべべ、ナナ、リル。べべもやはりカート(愛車)に入っています。

korasyu-32

 

 

 

べべは外に興味津々ですけど、コロンは常にmegさんとコロンパパさんを見つめています。

korasyu-27

 

 

 

若いときは生き抜くために気性の荒い一面もあったコロン。そのコロンのぜんぶぜんぶぜんぶぜんぶを受け止め育ててくださったおふたりに、コロンは信頼の眼差しを向けています。

korasyu-22

 

 

 

簡単なことではないですよ。ほんとうに尊敬します。

korasyu-42

 

 

 

レストランに到着!

korasyu-8

 

 

 

テラス席に座りました。パパさんは「海の男」風で爽やか。マリンカラーが似合いますね。

korasyu-39

 

 

 

出た~! 生ガキ!

korasyu-18

 

 

 

とにかくおいしいんですよ。

korasyu-23

 

 

 

男性は男性同士女性は女性同士でペチャクチャおしゃべり。楽しみにしていたので幸せです。

korasyu-15

 

 

 

ナナとリルは足元でおとなしく、コロンとべべはそれぞれの愛車でまったり過ごしています。

korasyu-13

 

 

 

お行儀のいい子たちなのでまわりの方もにこっと笑いかけてくれます。

korasyu-33

 

 

 

へへ。親バカ、保護主バカですみません。

korasyu-38

 

 

 

みんなでパチッ。素敵なコラージュ写真、ほかの一部の写真はmegさんちの提供です。

korasyu-20

 

 

 

ふふ。寝ちゃった。殿疲れちゃった?

korasyu-28

 

 

 

レストランを出たあと、べべを歩かせてみました。短い距離ですが喜んで前へ進んでいます。

korasyu-25

 

 

 

みんなの幼かったときの顔が私のまぶたに焼きついています。

 

 

べべはもちろんのこと、保護は遅れたものの、私はコロン、ナナ、リルの子犬時代も知っているゆえ感慨深さもひとしおです。それぞれが成熟したおとなになって、年をとって「ここ」にいる。

 

 

1日1日を奇跡だと思わずにはいられません。

 

 

せっかく家族になったのに、犬も猫も加齢のスピードがすさまじいから困ります。

 

 

でも、現実を変えることはできません。彼らの「老い」から逃避することも。

 

 

ならば、日々の接触を増やし、せめてたまらなく濃厚な時間を共有したいです。

 

 

そして、欲を言えるなら一分一秒でも永く横にいてほしい。

 

 

 

megさん、ご主人さま、コロン、遊んでくださり、ありがとうございました。

korasyu-4

 

 

 

またこのメンバー(コロン、べべ、ナナ、リル)でぜひお会いしたいです。

 

 

おみやげ、お手紙、ご支援をいただきました。ランチもごちそうになってしまい恐縮の限りです。megさん、ご主人さまありがとうございました。megさん、地域猫活動お疲れさまです。

korasyu

 

 

 

終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





メルと小ほほ

関係者の皆さまいろいろ滞っていてすみません。仕事が落ち着いたらやりますね!

 

本日は黒色で出社。定時で会社を出たあと、遠く離れた街を訪れました。

 

9年前に我が家を卒業した犬のメル(陰惨な多頭飼育崩壊現場より保護)のお母さまに感謝を伝えたくて。ご体調がすぐれない中にあっても、メルのお母さまは折に触れ近況写真やメールをくださいました。譲渡から9年、ずっとです。

 

 

写真の中のメルはいつもあどけなく、ゆるく、こちらをくすぐるような風貌。天性のふわふわボディのおかげでもあり、また、なに不自由なくたいせつに育てられている所以だとも思います。

gup

 

 

 

私は里親さんにお願いしている近況報告が負担になっているのではないかと考え「どうかお気になさらずに」と申し上げましたが、メルのお母さまは構わずメールを送ってくださいました。

 

 

「実物はもっとかわいいんです」

「家族で旅行へ行ったときの写真を見てください」

「メルは近所の人気者です」

「メルは我が家の天使です」

「いつかメルに会いに来てください」

「メルを我が家に託してくださりありがとうございました」

 

 

メルのやさしいお母さま。尊いお母さま。

 

 

このたびご主人さまからのショートメールに、奥さまが天国へ旅立たれたこと、今後のメルの近況はご主人さまが伝えてくださる旨が書かれていました。ご心痛が計り知れないときに私にまでご連絡をくださるとは・・・・・・。

 

私はこの数日間、お見合いの日にメルを腕に抱いたお母さまの笑顔や、お届けの日にいただいたお寿司の味を思い出していました。今夜お会いした遺影のお母さまはお世辞抜きにほんとうにお美しく、あのときと同じ穏やかな笑みを浮かべていました。

 

 

「メルを家族の一員にくわえてくださりありがとうございました。安らかにお眠りください」

 

 

そのひとことがやっとでしたが、メルをご家族のもとへ案内できて私は幸せ者です。

 

 

 

帰宅後、家がまあまあキレイでホッ。妹に来てもらったのです。妹のツイッターには私の帰りを待つうちのお子たちの写真がたくさん。見ると安心しますね。

 

ツイッターの方で皆さまにご心配をおかけしてごめんなさい。

 

私の拙い表現のせいで嫌悪感を抱いている方がいるのがとても残念です。

 

ご迷惑をおかけした皆さまへのお詫びとして小ほほを何枚か放出しますね。

 

 

これ数回載せてますが保護したばかりのほほ。片目が潰れかかっていました。

hoh

 

 

 

徐々におめめがキレイに開きました。頭が重くゴローン体勢が多かった頃。

hoh (3)

 

 

 

赤ちゃんほほは頼りなく、儚げで。生きるのがへたくそな感じ。

 

高度な思考を表にじょうずに出せず、不器用。実際鳴くのもうまくない(笑)。

 

この時期に私は「でち」の子猫語? を混ぜながらほほのセリフをつけたのです。

 

「ぼき ほほ ~~でち」

 

 

気がつけばほほも9歳の立派なオトナ猫さん。成長の過程でしゃべり方を変えてもらうべきかもと悩みつつもほかの話し方が私の幼稚な頭では思いつかず。

 

それが著しくほかの方に不快感を与えていたと知り、胸が痛いです。

 

 

ほほは私の宝物。だいじに育てていきますね。自分にできることは全部やります。

 

 

これも好きな1枚↓ 若かりし頃のほほ♪

hoh (2)

 

 

最近ブログを読みはじめてくださった方はご存じないかもしれませんが、ほほは7歳半まで食卓の上にジャンプする運動神経の持ち主でした。50cmのステップがあれば、1m以上ある台までのぼれたんですよ。おすわり姿で私を見下ろすほほがなつかしい。

 

 

けれどあのときはよかったなんて言いたくありません。

 

 

今のほうが幸せです。今のほほがいちばんがんばっている気がするから。

 

 

さて明日はべべ公と保護猫デカ円の検診です。門脈シャントの疑いのある子猫(よもぎちゃん)も大巻先生に診てもらう予定。私は朝も夕も動物病院なのでそろそろこの辺で失礼します。

 

おやすみなさい。

 

皆さまのあたたかいお言葉は「お気に入り」にしてくり返し読んでいます。謝謝。

 

 

スポンサーリンク





私の誕生日

バービー関連のメールがひととおり終わりました。

お問い合わせ本当にありがとうございました。今回ご縁にならなかったもののすばらしい方がたくさんいらっしゃることを知り報われた気がしました。家族を求める保護犬猫は大勢います。ぜひ他の保護犬猫たちに目を留めてくだされば幸いです。

さて、1月22日(ワンニャンニャン)の本日は私の誕生日です。

おかげさまでまたひとつ若くなりました。

皆さまは誕生日を迎えるごとに年輪を増していかれるのでしょうが、私は逆です(爆)。

そう勝手に信じています。

 

誕生日の1月22日は、環境省へTOKYO ZEROの4万人分の署名を提出しに伺います。

TOKYO ZERO 愛犬愛猫家の方で知らない方はいませんね?(笑)

「呼びかけ人」の著名の方に混じり末席に座らせてもらっていますが、有意義な誕生日を迎えることができそうです。署名は常時受けつけています。

 

TOKYO ZEROは日本の犬猫たちの不遇を改善し殺処分ゼロを目指しています。

①ペット産業適正化のために「8週齢規制」を早期に実施

②捨てられた犬猫のために「動物愛護センター」を「ティアハイム」的施設に転換するよう促す

③「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

 

「ふーん わたしのような元繁殖犬にとっても 必要な改善策ばかりですね」

ei (2)

 

 

そうね。バービーも署名してくれる?

 

「わたし 犬ですけど OKですか?」      「お母さん “田辺リル”で代筆をお願いします」

ei (3)

 

 

バービーはリルを先住犬としてたててくれています。

いい場所はうちの子たちに譲るのです。私みたいに奥ゆかしいですね。

 

 

「え べつに ちがうけど……」       「バービー なにそれ? “おしん”のつもり?」

ei (4)

 

 

リルにもバービーの爪の垢を煎じて飲ませたいところですが、バービーは現在手足のニキビダニの治療中なのでやめておきます。

 

またひとつ若くなってしまいますが、家族と濃密な時間を過ごし楽しく暮らしていきます。

どうぞよろしくお願いします。

 

ありがとう♪

バービーを気にかけてくださるmiyaさまよりご寄付をいただきました。全額バービーの医療費につかわせていただきます。ありがとうございました。

 

いつもセンスのいいプレゼントを贈ってくださる豆さまよりゴージャスなコスメが届きました。

ei (5)

 

色も素敵です! 自分で買う化粧品は100%コンビニコスメ級の安物なのでなおさらテンションが上がりました。しかも、リップの蓋には私の名前が刻印されているんです。おお!

IMG_1520

 

早速仕事場につけていきました。ウキウキモードです。ありがとうございました。

 

仕事帰りに妹から呼び出され、近くの駅でお茶することに。妹からもプレゼントが^^

ei

 

中身は私の集めているお皿でした。私は昔から細々と食器の収集をしています。手前のお皿は1枚持ってるのですが、2枚目ももちろんウエルカムです。

ei (7)

 

ありがとう。「割るな!」とのお達しなので、割れないよう大切にします。

 

 

 

スポンサーリンク





繋がった私たちは

今日はバレンタインですね。私は本命チョコを渡す人がいないので、仕方なく義理チョコをチチに手渡しました(笑)。チチ、ハハ妹と一緒に近所のショッピングモールへ行って、そこで買ったのです。それにしても、ハハ妹の話、長いっ……。チチも私もあくび連発です。若人の悩みはよく分からん^^;

今週末はいろいろありました。はかせの卒業、新しい子の登場……。

写真の整理がまだできていないので、それらは次回にしますね。

今日は土曜夜のできごとを♪

ババ(母)のお店に、卒業生らんファミリーが来てくれたんです。らんはしっぽの仲間から私が預かった犬。同窓会以来の再会なので嬉しかったです!!

らんの里親さんと4時間以上おしゃべりしまくり^^ 先代幸多の話、犬猫の話、犬猫と暮らす前の話。仲良しの里親さんと過ごす時間は至福です。あっという間でした。

綺麗なお花やたくさんのお土産、私の誕生日プレゼントまでいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

気をつかわせてしまって申し訳なかったな^^;
嬉しかったです。ありがとうございました!!

ご主人の食べている顔が可愛くて(失礼っ!)思わず撮ってしまった一枚。
クリックすると元のサイズで表示します

机の下には、地味に食べ物を狙う姫の姿が^^
クリックすると元のサイズで表示します

ババのお店は原則犬NGですが、らんがあまりにもお利口だったので、他のお客さんにばれませんでした(笑)。いるかいないか分からなくなるほどおとなしいんですよー。実際、らんがお店を出るまで、らんの存在に気づかなかったお客さんも多かったし。

いいな。ベベだったらこうはいかなかったよな^^; 羨ましい……。

らんの写真がうまく撮れなかったので、里親さんに送ってもらっちゃいました↓
クリックすると元のサイズで表示します

撮る&選ぶのに時間がかかってしまったそうです。親バカですね~!
クリックすると元のサイズで表示します

らんちゃんが幸せそうでよかった。
らんちゃんのパパママが幸せそうでよかった。
先代幸多も喜んでいるでしょう。

帰り際、幸多を保護した場所にらん&パパママを案内しました。

雪が積もった寒い日、幸多がお地蔵のように座っていたコンビニの前。声をかけると、チチと私のあとをおどるように追いかけてきた幸多の姿。あの笑顔。私たちはそこに立ち止まって、幸多のことを思い出しました。胸が苦しくなりました。

幸多によく似たらんと暮らすパパママの心には、いつも幸ちゃんとらんがいるんだよ。

幸多、上から見てる?

太い糸で繋がった私たちを、ちゃんと見てる?

幸多が結んでくれたんだよ。

私たちを。

私たちは今も“幸多”で繋がっているんだよ。

それが嬉しくてたまらないの。

幸多、素敵な出会いをありがとう。

★★★お知らせ★★★

2010年3月22日(祝)に犬猫譲渡会を開催します♪

主催&企画

「ももの幸せ日記」のももママちゃん
「里親探し日記」の華ママちゃん
「色即☆是空」の満月さん&私の4人です。

開催場所:ウェルカムセンター原
(品川区西大井、西大井駅徒歩6分)
1Fの第一多目的室にて犬の譲渡会
2Fの第二多目的室にて猫の譲渡会

開催日時:2010年3月22日(祝)
午前11時~午後3時

これからまた色々とUPしていきますが、チャリティフリマも実施予定♪
フリマ品のご協力、大歓迎でーす。
とっても心苦しいのですが、フリマ品は新品のみとさせていただきます。
詳細はコメントにてお問い合わせくださいね!
会場は室内なので雨でも開催します。
駐車場がありませんので、お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをご利用ください♪
ポスターやバナーは参加犬猫が決まり次第
UPしますので宣伝協力もよろしくお願いします。ペコリ。

(↑文章はほぼももママ先生のをパクリました)

★猫の里親会は、環境の変化に敏感な猫に負担をかけるかもしれません。けれど、会場は冷暖房完備で犬猫ゾーンが完全に分かれています。猫の里親会会場としては申し分ない場所ですので、保護猫を多数抱えている保護主さんにも声をかけてみようと思っています!

かつくん「らんちゃんは本当にご家族の自慢だね。店にいるのに誰にも迷惑をかけないなんて犬のカガミだよ!! べべちゃんは無理だろうね……。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク