メルと小ほほ


関係者の皆さまいろいろ滞っていてすみません。仕事が落ち着いたらやりますね!

 

本日は黒色で出社。定時で会社を出たあと、遠く離れた街を訪れました。

 

9年前に我が家を卒業した犬のメル(陰惨な多頭飼育崩壊現場より保護)のお母さまに感謝を伝えたくて。ご体調がすぐれない中にあっても、メルのお母さまは折に触れ近況写真やメールをくださいました。譲渡から9年、ずっとです。

 

 

写真の中のメルはいつもあどけなく、ゆるく、こちらをくすぐるような風貌。天性のふわふわボディのおかげでもあり、また、なに不自由なくたいせつに育てられている所以だとも思います。

gup

 

 

 

私は里親さんにお願いしている近況報告が負担になっているのではないかと考え「どうかお気になさらずに」と申し上げましたが、メルのお母さまは構わずメールを送ってくださいました。

 

 

「実物はもっとかわいいんです」

「家族で旅行へ行ったときの写真を見てください」

「メルは近所の人気者です」

「メルは我が家の天使です」

「いつかメルに会いに来てください」

「メルを我が家に託してくださりありがとうございました」

 

 

メルのやさしいお母さま。尊いお母さま。

 

 

このたびご主人さまからのショートメールに、奥さまが天国へ旅立たれたこと、今後のメルの近況はご主人さまが伝えてくださる旨が書かれていました。ご心痛が計り知れないときに私にまでご連絡をくださるとは・・・・・・。

 

私はこの数日間、お見合いの日にメルを腕に抱いたお母さまの笑顔や、お届けの日にいただいたお寿司の味を思い出していました。今夜お会いした遺影のお母さまはお世辞抜きにほんとうにお美しく、あのときと同じ穏やかな笑みを浮かべていました。

 

 

「メルを家族の一員にくわえてくださりありがとうございました。安らかにお眠りください」

 

 

そのひとことがやっとでしたが、メルをご家族のもとへ案内できて私は幸せ者です。

 

 

 

帰宅後、家がまあまあキレイでホッ。妹に来てもらったのです。妹のツイッターには私の帰りを待つうちのお子たちの写真がたくさん。見ると安心しますね。

 

ツイッターの方で皆さまにご心配をおかけしてごめんなさい。

 

私の拙い表現のせいで嫌悪感を抱いている方がいるのがとても残念です。

 

ご迷惑をおかけした皆さまへのお詫びとして小ほほを何枚か放出しますね。

 

 

これ数回載せてますが保護したばかりのほほ。片目が潰れかかっていました。

hoh

 

 

 

徐々におめめがキレイに開きました。頭が重くゴローン体勢が多かった頃。

hoh (3)

 

 

 

赤ちゃんほほは頼りなく、儚げで。生きるのがへたくそな感じ。

 

高度な思考を表にじょうずに出せず、不器用。実際鳴くのもうまくない(笑)。

 

この時期に私は「でち」の子猫語? を混ぜながらほほのセリフをつけたのです。

 

「ぼき ほほ ~~でち」

 

 

気がつけばほほも9歳の立派なオトナ猫さん。成長の過程でしゃべり方を変えてもらうべきかもと悩みつつもほかの話し方が私の幼稚な頭では思いつかず。

 

それが著しくほかの方に不快感を与えていたと知り、胸が痛いです。

 

 

ほほは私の宝物。だいじに育てていきますね。自分にできることは全部やります。

 

 

これも好きな1枚↓ 若かりし頃のほほ♪

hoh (2)

 

 

最近ブログを読みはじめてくださった方はご存じないかもしれませんが、ほほは7歳半まで食卓の上にジャンプする運動神経の持ち主でした。50cmのステップがあれば、1m以上ある台までのぼれたんですよ。おすわり姿で私を見下ろすほほがなつかしい。

 

 

けれどあのときはよかったなんて言いたくありません。

 

 

今のほうが幸せです。今のほほがいちばんがんばっている気がするから。

 

 

さて明日はべべ公と保護猫デカ円の検診です。門脈シャントの疑いのある子猫(よもぎちゃん)も大巻先生に診てもらう予定。私は朝も夕も動物病院なのでそろそろこの辺で失礼します。

 

おやすみなさい。

 

皆さまのあたたかいお言葉は「お気に入り」にしてくり返し読んでいます。謝謝。

 

 

スポンサーリンク





22件のコメント

  • ai

    ご無沙汰しています、シナくんの時にやり取りをさせていただいたaiです。
    陰ながらいつもブログ拝見してます。

    皆さんも仰ってるように私もほほさんのしゃべり方は大好きです!
    気分を害するなら見に来なければいいだけなのに、わざわざ文句を言いに来る風変わりな方にまで気を配る必要ないですよ。見知らぬ配慮に欠けた人のこと考えることに時間を割くのは勿体無いです。それよりおれたちのこと考えろよ、ってさぶくんに言われちゃいますよ^^

    誰に何を言われようと、アンニイさんのほほさんに対する愛情は本物なんですから相手にせず堂々としていたらいいと思います。

    よく猫に言葉を当てる時「○○だニャー」とか使うじゃないですか、それと何が違うんでしょうねー

    • anny703

      aiさま
      お優しいお言葉ありがとうございます。お久しぶりです。ツイッターのほうではお世話になってます^^
      ほほへのお言葉もありがとうございます。ちょっと稚拙な話し方をさせすぎたかなと思ったこともあるんですよ。
      ですけどなかなかキャラを変えるのがむずかしくてですね・・・・・・
      ほほは来週また通院しますのでまたいっぱい写真を載せますね。
      いつもありがとうございます。
      感謝感謝です。

  • Obagi

    ハハ様へ

    ハハ様は、「愛」そのものなのですから、
    そのままが良いのです。

    愛や心を中心に生きる選択をした方に
    とっては、ハハ様の愛溢れる言葉は、
    とても自然に聞こえてくると思います。

    愛を与えるにも、受取るにも、
    愛を知らなければならないのですね。

    そして、近況報告にもあるように、
    ハハ様はこれから愛おしいお子達に、
    愛を注がなければならないのです。

    人間も動物も、全ての基準は「愛」
    だと思っています。

    あの世という所に持って行けるのも、
    「愛」だけだと思います。

    今を大切に生きる事。
    一緒にいられる喜びを感じる事。
    それ以外に、私たちに求められているものは
    何もないのだと思います。

    気持ちを切り替え、迷いのないさまを。
    皆、ハハ様の行動を見ていますよ。 
    信念を貫いてください。

    『幸せの703号室』は、
    ハハ様の安全なるフィールドなのです。
    安心してください。

    • anny703

      Obagiさま
      今回は歌詞がないんですね(笑)。その代わりステキなお言葉をたくさんありがとうございました。
      そうですね。しょせんすべては愛ですね。
      いろいろ思うことはあるんですが、イヤなことが起きたときは、まあ度合いにもよるんですが「これは勉強だ」と思うようにしています。
      自分に強いマインドコントロールをかけてあげています。だれもがいいことばかりじゃないですものね。
      そのたびに躓いていたら崩れてしまうから、心の一部にフィルターをかけました。
      そのおかげか、いいことや愛情深いできごとに遭遇すると、すごく敏感に反応するんです。
      今回は私も悪いと思うのでいろいろ考えました。愛のあるお叱りも中にはありますものね。
      でも愛のある応援もあるのでとってもうれしいです。
      いつもあたたかい眼差しを向けてくださりありがとうございます。

  • シュナ母

    ハハさん、お久しぶりです

    批判があることに驚きました
    公的な新聞とかならともかく、個人のブログにまで言葉狩りの波が、、、
    批判を寄せた人は、お身内に水頭症と戦っている方がおられるんでしょうか
    私もいとこがダウン症なので、ダウン症の事を大して知らない人がパワー知障なんて言い方してるのを見ると
    いつも同居している祖母を労る、シャイで優しいいとこを思い出して悲しくなります。

    が、ほほ語には愛情しか感じないです
    ほほ語、ほほちゃん話せたら本当に話しそう(笑)

    表面だけ見て、独りよがりな正義感振りかざして他人を批判をする人ってどんな場にもいますよね
    でも、リアルなほほちゃんを慈しんでいるご家族だから表現できる事があると思います。
    意見は意見として、参考になさる程度で良いのでは?

    ウチノコの大事な師匠であるほほちゃんとアマパンさま、大好きです
    これからも、毎日家族の皆様と穏やかに過ごしてくれますように祈ってます。

    • anny703

      シュナ母さま
      いつもシュナをたいせつに育ててくださりありがとうございます。
      シュナもう何歳ですか? 結構おじさんですよね?(笑)
      ほほとあまたがシュナをだいじに育てていたのを思い出します。あのときはほんとうにほほは行動的でしたね。シュナの面倒を率先してみていましたね。どこにでもジャンプして、シュナと走りまわって。。。
      シュナが中年ですから、オトナだったほほも年を取るはずです。
      あの頃とはだいぶ変わってしまいましたが、今もすごくがんばっていますよ^^
      またほほがお話しさせていただくこともあるかもしれませんが、私はほほの雰囲気に合うなあと思っただけで他意がないことをわかってくださる方がいて心強いです。これからもよろしくお願いします

  • mikaru

    初めまして。
    いつもブログを拝見しています。
    私は「ほほ語」が大好きです。
    きっと「ほほちゃん」がお話しする時は「でち」を使ってるに違いないと思っています。
    だから、一部の批判には屈しないでください。
    「でち」はある意味「ほほちゃんの個性」だと私は思っています。それほど、「でち」は「ほほちゃんにピッタリ」なのですから・・

    • anny703

      mikaruさま
      おおおお。はじめまして、コメントありがとうございます。
      でち、はやり過ぎかな? 9歳だし、と思っていたのですが、ピッタリですか。
      ありがとうございます。凹んでいたので少し勇気が出ました。
      でも一部の方であっても不快な思いをさせたのは事実ですから反省できるところはしたいですね。
      ほほの個性、ステキなお言葉!

  • ワタシ

    ほほ語、好きよ~。

    • anny703

      ワタシさま
      笑。めずらしく味方してくれてる。
      ありがとうございます~!
      ラブ

  • ねこやしき

    はじめまして。アンニイさんの活動もブログも、その基盤にある“これ以上ない優しさ”も素晴らしいと感じ、いつもとても励まされています。
    私は30数年保護活動をしている単独ボラです。
    常に我が家には40数匹前後の猫たちがいます。(今日まで450頭を超える猫と犬がウチで共に暮らしてきました)
    アンニイさんが本当に保護した子たちの幸福を思い、最前を尽くしておられる様子を二年前にブログで知り、「こんなふうに出来るんだ」と、目からウロコでした。素晴らしいです!!
    私は譲渡はしていませんが、私は私で最前を尽くしていきたいと、いつもアンニイさんから励みをいただいています。
    ちなみに「ほほ語」でほほ君の様子を紹介してくださるのも、私は大好きです!
    短いコメントで想いは語りつくせませんが、心と体の健康にお気をつけてこれからも活動なさってくださいね。
    こころからの感謝をこめて。

    • anny703

      ねこやしきさま
      コメントありがとうございます。たくさんの猫さんたちを保護されてきたのですね。
      きっとたいへんなこともすごく多いのに、私にお優しいコメントをありがとうございます。
      ふだん一方的に発信しているので皆さまのお気持ちに疎い部分があるのではないかと自覚しています。
      活動をしていく上での曲げられない主張なら誰かと対峙することになっても通すかもしれませんが、うちのほほの話し方、となると、どう捉えたらいいのかわからなくなって。ただ確実にほかの方に不快感を与えていたことだけはわかったので、少し気をつけてみます。
      450ってすごいですね。今もたくさんの猫さんたちがいるのですからねこやしきさまこそお身体を大切にしてください。

      • ねこやしき

        アンニイさん、お忙しい中お返事くださり、ありがとうございました。
        ほほ君は障害ゆえに体の機能は普通でないとしても、知能は決して低くありません。それがよくわかりますし、何よりアンニイさんの愛情が「ほほ語」にあふれていますから“ばかにしている“なんて微塵も感じられません。(私には)
        アンニイさんのブログは、愛情も表現力も説明能力も豊かですので、ひきつけられる人は多いと思います。これからも近況や心境や愛する者たちへの思いのたけを「アンニイ色」で表現していってくださいね。
        楽しみにしています。
        「それでも人を愛する犬」は、心ゆさぶられる大好きな本なので、いつでも手に取れるキッチンのテーブルに置いてあります。
        一日一日を愛する者と真剣に向き合う喜びを味わいながらも、多忙な肉体はやはり悲鳴をあげますから、倒れては元も子もないので、どうか限界を超えないよう注意なさってくださいね。では。
        (最初のコメントでたくさんの誤字、スミマセンでした。このコメントへの返信はもう大丈夫ですからね、お気遣いなく)

        • anny703

          ねこやしきさま
          LOVE!

  • アンニィさんこんにちは。
    2ワン1ニャンの母です。
    私はほほ君はそういう風に喋っていると思います。
    ほほ君のそばにいて誰よりも愛しているアンニィさんに伝わるイメージが正解です。
    うちの3匹娘もテスは私を『おかん!』と呼び、『早くメシちょーだいや!』などと、大阪弁で口が悪いです。
    ニノは『…お母さん…ニノです…』と呼び、『え…⁉︎ごはん⁉︎ごっはっん!ごっはっん!』
    みゃーは『ねえ〜っママ〜ママってばさ〜』と呼び、『どうしてごはんが用意されてないのよ〜。ありえな〜い』って言います笑
    アンニィさんが聞いて、ほほ君が『ボク』と上手く言えてない、『ボキ』と言っていると感じるなら、ほほ君はそう言っているのです。

    • anny703

      まどっぺさま
      笑。大阪弁・・・・・・。
      みゃーちゃんは女子高生のようなしゃべり方をするのですね。かわいいです。
      いろいろなご意見をいただくことがあります。
      中には耳が痛くなるようなご意見も。でも、その方の気持ちを考えたときに、なんか悪いことをしちゃったなあという感じがしました。
      きっとほほを応援してくれているお優しい方なのです。
      いろんな意見を噛みしめつつも、書きたいことを書いていきますね。

  • kaz

    メルちゃんのお母さま メルちゃんのお陰で
    とても幸せな時を過ごされましたね
    ワンニャンを迎え入れた時 最後まで看取らなければと
    命の責任を負いますので
    お心残りかもしれません
    でもお父さんもいらっしゃるし きっとこれからも
    メルちゃんとずっと一緒にいらっしゃるでしょうね
    ご冥福をお祈りいたします

    ほほちゃんの言葉 私は一言一句大好きです
    いつも いいなあとか うんうんとか
    文字のチョイスが素晴らしくて
    我が家のてんちゃんにも パクリました〜
    ハハさんのように上手く出来なくて 語尾の真似だけだけど

    こんなこと言ってはいけないのかもしれないけれどね
    誰かを誹謗中傷する言葉ではない限り ブログは自由で良いと思います
    不快を感じれば 訪れなければよいものを

    私は 自分が受け入れられないなあって感じる人がいたら
    静かにフェードアウトするタイプです
    指摘なんて出来ませんので 離れることにして
    自分の心を守ります

    私は ハハさんのブログが大好きで応援しているので
    これからもずっとほほちゃんの記事も
    サブちゃんの名言も ハハさんの書くまま読みにいきます

    • anny703

      kazさま
      先日はたいへんお世話になりました。ありがとうございました。
      いつもやさしいお言葉に励まされます。
      ちょっと足りないようなしゃべり方をさせてしまって
      それをかわいいと感じる方と、まるでほほをバカにしているんじゃないかと感じている方と
      さらに言えば、脳に障害のある者をバカにしているのかと憤る方もいらっしゃるのかもしれません。私自身は微塵もそのような感覚がなく、むしろないからこそ堂々と書いてしまっていました。ただ、9歳なのに「でち」はないかな~と考えていたくらいで・・・・・・
      ほほは思考は高度ですが、きっとしゃべれたら言葉足らずで舌っ足らずであんな感じのしゃべり方をするのかなと勝手に解釈しています。
      のんびりしていて。
      でもだれであれ読んだ方に不快な思いをさせるのは本望ではないのでやり過ぎないよう気をつけますね。
      いろいろ応援してくださりありがとうございます。
      ほんとうに心強いです

  • 犬達や猫達は人と人を結んでくれてこの子たちがいなかったら出会うはずもない素晴らしい方とめぐり合わせてくれますよね。
    メルちゃんのお母さまとは見ず知らずの私が
    申すのも失礼かと存じますが心よりお悔やみ申し上げます。

    ハハ様の使うほほくん語からは不快よりハハ様の愛しか感じません。
    我が家の犬は16歳になりましたが、私は時々
    赤ちゃん言葉を使います。
    この子が本当の赤ちゃん犬だった頃は使わなかったのに年を取ってトイレを失敗したりした時に気まずそうな表情をするので使ったり
    可愛いと思う気持ちが止まらない時に出たりします。
    傍から見ると気持ち悪いかもしれないけれど
    自分を客観視するよりこの子との今が大切なんです。
    赤ん坊爺さんだから水頭症だから・・・
    いろいろな考え方があるとは思いますが、どれも家族にとっては特別な事ではなくあるがまま受け止めて明るく愛情いっぱいならその方が良いような気がします。
    事情があるから真剣にと思っていると疲れて
    しまいます。家族なら当たり前の事だから少しでもお互い明るくしたいですよね。
    家族だから年をとったり病気だったりいろいろあってもバカにする気持ちなどあるはずもなくあるのは慈しみと愛情だけなのは誰でも
    分かると思います。
    心から大切だと思う何かがある人はほほくん語からハハ様の深い愛と悲しみが読み取れると思います。
    ハハ様のように保護活動をしていると発信した言葉にいろいろな感情を持つ方がいらしたとしても一人一人全ての方に説明できるわけもないけれどかと言って分かってくれる人だけでいいと言えない、少しでも多くの人に犬達猫達の事を分かってもらいたいとの思いで
    お悩みと思います。
    でも不快に思った方も犬達猫達の現状に興味を持ってハハ様のブログや発信した物を見て
    感じた事なのだと思うから、このまま見続けて下さったらいつかわかってくれると思います。ハハ様のブログに関心を寄せてくれる方は皆同じ犬達猫達の事を思っている方だと思います。思うあまりに真剣に考え不快に感じたのだと思います。そういう方ならその言葉の裏にあるハハ様のお気持ちをいつか感じ取ってくれたらいいなと思います。

    • anny703

      豆様
      いつも味方をしてくださりありがとうございます。厳しいご指摘は自分の中で少し言われるかもなと感じていたことでした。
      私はほほ以外の水頭症の子を知りませんので水頭症という病気について言及することはできませんが
      ほほの独特のビジュアルとのんびりした動きを見て子猫のときになんとなくセリフづけしてみたのです
      そうしたらなんかほんとうにそう話しているように感じて。
      ほほは頭のいい猫で、危険察知能力や猫としてのプライドに長けたすばらしい子です。
      バカにしてなどいません。むしろ尊敬しています。
      それをうまくお伝えすることができなかった自分も悪いなあと思っています。
      いろいろむずかしいですね。
      いろんなことから逃げ出したい今日この頃です(笑)。

  • りえ

    メルちゃんのお母さま、残念でしたね。
    メルちゃんのお母さまのご冥福をお祈り
    申し上げます。

    小さなほほ君、可愛い♪
    ほほ君はハハ様に出会った時から
    ずっと幸せの中で過ごして来たと思い
    ます。
    ほほ君のお母さんがハハ様で
    良かった。。。と、ハハ様とチチ様
    だからほほ君も頑張れているんだと
    思っています。
    703号室だから、ほほ君の生きる
    力が強くなっているのだと思います。

    • anny703

      りえさま
      優しい言葉をありがとうございます。
      いろんな考え方をする方がいるのだと改めて勉強させてもらいました。
      足りないような話し方をさせていますからみる方が見たら不快でしょう。
      水頭症という病気への私の偏見とも取られかねません。
      でもほほがお話をできたらきっとそんな風に話すのかな?と子猫のときに思ったので書いたのです。
      それがほほのイメージでした。
      今はオトナだからもう少しちがう方がいいのかもしれませんが、ちがう話し方をさせてもじゃっかん違和感が自分の中にあって
      いろんなことを気をつけながら自分の世界を表現していきますね^^
      ラブ

コメントを残す




*