ナナが腎不全になりました


今日の通院のことはまた次の機会にでも書かせてください。

 

実はうちのナナが慢性腎不全のステージ3以上だと診断されました。

 

最近おしっこが薄く、量も増えたので気になってドッグドッグを受けさせたのです。

 

「ナナも腎不全かなあ~ 診てもらわないとね」

 

などとナナを相手に軽口を叩きながら今朝も散歩しました。

 

 

しかしいざほんとうに腎不全と診断されるととても恐ろしいです。

 

猫の腎不全より犬の腎不全のほうが予後が悪いと言われました。

 

帰宅後、ネットで検索しまくり。案の定あまりいいことは書かれていませんでした。

 

犬猫の余命は簡単にはかれるものではないと思いますが、大巻先生がシビアな様子だったので私は楽観視はしません。これからは先生と相談しながらナナに合う治療をしていきます。

 

できることはやりますし、私はぜったいにナナを失いたくないのです。

 

 

気がつけばみんな年を取り、病気を患ってしまいました。

 

べべ 多発性腺腫 重度肝障害 胆管炎 IBDほか

ナナ 慢性腎不全ステージ3~

ほほ 重度水頭症 歯肉炎

あまた 肺の結節 慢性肺炎 歯肉炎(全顎抜歯検討中)

さぶ 慢性腎不全ステージ3~

 

残るリルも来週のドッグドッグでなにが出てくるか予想ができません。怖いです。

 

 

大げさ抜きに703号室はだれがいつどうなってもおかしくないという爆弾を抱えています。

 

こまめな散歩、投薬、点滴、通院、食事管理、その他お世話にたいへん時間がかかります。1日に何度も嘔吐やトイレの失敗、尿漏れなどの後始末をくり返しています。

 

みんなを抱きしめる手が私には2本しかありません。お子たちに申し訳ない気持ちです。

 

 

 

私の周りはステキな方ばかりなので、私はメール、メッセージ、コメントまたオフ会や母の店などでおつき合いさせていただくのを心から楽しみにしています。でも今はなるべくうちのお子たちに時間を使いたいので、いろいろ滞り、できないことも出てくるかと。

 

ごめんなさい。

 

里親さんがたとのご連絡も手短になるかもしれませんがなにとぞご容赦ください。

卒業生のことで急を要する場合はこの限りではありません。24時間いつでも連絡ください)

 

 

 

お母さんとして、できることをしていきたいです。

 

 

微々たる活動を支えてくれたお子たちに明るい余生を送らせ、その中で私は息をしたいです。

 

 

皆さまには感謝の気持ちばかりです。ありがとうございます。

 

 

 

ではそろそろ多尿ナナちゃんの4回目の散歩に行ってきます!

 

 

 

ナナから皆さまへデッカいのを飛ばしますね!

 

 

LOVE!

13124741_729624010510674_7321089259765458772_n

 

 

いい週末を!

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*