子どもたち

今日はブログ更新に使える時間が30分しかないので、予定していたかえ改めさくらの近況は次に必ずお伝えします。さくらは元気にしているので、皆さま少々お待ちください。

 

 

毎年春に渋谷のNHKホールで行われるNPO PMのイベント(ペットは家族。一生一緒)につかう写真を和田さんに送っていたら、なつかしい写真に出会いましたので自慢します。

 

 

 

703号室のべべ。8年前の写真だからこのとき7~8歳かな?

2009 04 12_9534

 

 

 

ナナも若々しいですね。

2009 04 12_9568

 

 

 

ドッグランではしゃぐ末娘リル

2009 03 21_5861

 

 

 

これは別の日。べべはボールが大好き。投げると必ず口にくわえて私のもとへ戻るのです。

kanata1 (18)

 

 

 

海辺を走るナナとリル

nana11 (4)

 

 

 
703号室内にて。先住べべがナナを教育しています。これもうちでよく見られたシーンでした。

1 703 (7)

 

 

 

べべしっぽのガンになる前です。しっぽが長い! しかもツートン。ガンになり大巻先生が断尾したので、今はこのときの半分しかありません。ガンとの闘いで胃の3分の2としっぽの半分を失ったべべ。いろんなものを乗りこえてきて、ほんとうにえらいです。

 

 

ナナはべべに絶対服従で一度も逆らいませんでした。

1 703 (6)

 

 

 

本気を出せばナナの方が数倍強いのに。

 

 

 

認知症になってしまったナナはべべを認識できないときが増えてきました。

 

 

 

ナナはたまに先輩べべを本気で噛んでしまうようになり、べべはときどき、ナナに遠慮しながら部屋の隅でまるまっています。お母さんはちと悲しくなったりも。

 

 

 

犬の一生も、猫の一生も、驚くほどあっという間。

 

 

後悔の残らないよう、いつも精いっぱい向き合っていきたいです。

 

 

私の子どもたちだから。

 

 

たとえようがないほど、ただひたすらにかわいくてかわいくて・・・・・・

 

 

 

私信:和田さーん! スケジュールが合えば期間中NHKホールに遊びに伺います。写真バラバラで送ってしまい申し訳ないです。がんばってくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク





Five puppies

10年前、千葉の海岸に捨てられていたあなたたち

ma06

 

 

 

あなたたちは私の住む家にやってきた

ka09

 

 

 

騒々しい毎日、あなたたちは信じられないほど活発に動いた。

dsc09773

 

 

 

よく食べ、よく鳴き、よく眠った。

hiru9

 

 

 

そしてよく笑った。

014

 

 

 

まりんとマリアは今も仲よし

01

 

 

 

まりんが我が家をいちばんはじめに巣立ち、マリアは最後まで残ったのに

hiru10

 

 

 

長い年月を経てめぐりめぐって、あなたたちは再び同じ家で暮らすことになった。

6rein

 

 

 

「縁」って、どこまでも深くて、どこまでも不思議なんだよね。ねえ、おちびのはなちゃん!

h03

 

 

 

私はなるべくあなたたちにいろんな経験をさせたかった。先代猫かつも協力してくれた。

1

 

 

 

あなたたち姉弟は、かつとともに育ったから、みんな猫が大好きになったのね。

u14

 

 

 

かつが生きていてくれた。

 

 

あなたたちと遊んでくれた。

 

 

あなたたちは猫好きのままでいてくれて

 

 

だから私はかつを失っても、あなたたちの中にかつの存在を感じることができる。

 

 

 

ありがとう。

nen4

 

 

 

しかしトイレの失敗には参ったよ。

 

 

かなたの後ろに見えている水色の敷物、なんだかわかる?

ka02

 

 

 

そう。ビニールシート。

 

 

あなたたちがあまりにも粗相をするもんだから、ホームセンターで買ってきたんだよね。

 

 

なつかしいねえ。私、必死にあなたたちのトイレトレーニングをしたね。

 

 

どこに出しても恥ずかしくない犬たちになってほしくて。

 

 

実際、あなたたちはどこに出しても恥ずかしくない立派な犬たちに成長してくれたけど。

 

 

 

あなたたちは器量よしで頭がいいの。

17

 

 

 

捨て犬だったけど、心は錦。目が輝いていた。みんなとてもきれいな目をしていて。

r02

 

 

 

私は今でも、あなたたちのにおいを、子犬だったあなたたちのにおいを覚えているよ。

h017

 

 

 

えだまめに近いにおいだった。やみつきになるようなにおいだった。

15

 

 

 

でも、シャンプー後は揃って甘い香りがしたね。

ma01

 

 

 

先住犬麦を伴ってのお見合い

06

 

 

 

一頭ずつ、話が整っていく。

 

 

未来が決まっていく。

 

 

いよいよあなたたちが、703号室から旅立つ日が近づいて来る―――。

ka010

 

 

 

私はさびしくて、どうしようもないほどさびしくて、だけどあなたたちは小さいままじゃないから

 

 

早く送り出さないとうちがたいへんなことになるし、あなたたちの幸せを考えると別れを私が受け入れるのは必須なんだけど・・・・・・

 

 

なのに未練がましく、離れがたく・・・・・・だから一頭一頭を連れて思い出作りに出かけたよね。

 

 

 

レイ、家族が決まったお祝いに、大きなショッピングモールに連れて行ってあげるよ。

r06

 

 

 

抜け駆けだから、みんなにはナイショね。

 

 

はな、かなた、ドッグカフェに行ってみよう。車におとなしく乗っていられるかな?

hana6

 

 

 
まりんは私の友人宅へ連れて行ってあげる。楽しいデートをしよう。

nen5

 

 

 

マリアは体の大きさでは一等賞だけど、胃腸が弱くて心配だったよ。夜中に病院へ搬送した日はほんとうに生きた心地がしなかった。チチも、私も。

hina2

 

 

 

あと何日5頭でいられるかな?

ka03

 

 

 

あなたたちの旅立つ先が、あなたたちの楽園であることを願っています。

aki4

 

 

 

あなたたちおめでとう。卒業おめでとう。

r03

 

 

 

生まれてきたことにあらためて「おめでとう」。

h010

 

 

 

あなたたちは愛されるためにこの世に生を受けました。

 

 

全員、尊い犬たちです。

 

 

 

次回は10年後にタイムスリップします。

 

 

703号室より愛を込めて

 

 

スポンサーリンク





あなたを見つめるぼくの目に

今日のお昼は暖かかったですね。家事の合間におちびさんたちを放牧してみました。

korasyu-14

 

 

 

カメラ片手に追いかけるも、おちびさんたちの足の速さにおばさんがついて行けるはずもなく、ろくな写真が撮れません。このレベルが精いっぱいです。ごめんなさい。

korasyu-29

 

 

 

703号室は陽当たりがいいです。家を買うときに私がこだわった最大のポイントですから! 小さいのがふた粒いるでしょ? 見つけられますか? 光合成しているおとなたちに紛れこんで遊んでいます。からだに太陽を思いっきり吸い込みながら。

korasyu-30

 

 

 

良質な食事、適度な運動、人間とのコミュニケーション、人間以外の犬猫との(少しの)交流、常識的な睡眠時間の確保、室温、医療ケア、すべてに於いて私はペットショップに陳列された犬猫たちとは比べものにならない環境だと自負しています。

korasyu-40

 

 

 

いっさいの営利を微塵も追求していないからこそ実現可能の境地だと考えています。

korasyu-24

 

 

 

私はあらかじめ立て替えた医療費の一部負担を里親さんにお願いすることはありますが、犬猫の命で儲けてやろうと目論んだことは一度もありません。私がこの子たちといる意味は「己の生活」のためではないのです。私はこの子たちが好きです。だからいっしょにいます。

 

 

そして、この子たちを慈しんでくださる方に命のバトンを渡すために育てています。

korasyu-35

 

 

 

「家族」は買わなくても出会えますよね?

 

 

犬猫を迎えたい方は、「里親制度」を検討してみてくださいね。

 

 

 

盗み食いの刑で牢に服役中の保護猫満天氏。まったく反省の色が見られませんでしたが、1時間ほどで仮釈放されました。保釈後、即キッチンを再び物色。現行犯逮捕してやろうか悩みましたが、キッチンを片づける方が早かったのでそうしました(汗)。満天食べすぎーーー!!

korasyu-2

 

 

 

 

さて、2週間以上経ってしまいましたが、卒業犬コロンJと横浜デートした日のことを!

korasyu-31

 

 

 

私とコロンが出会ったのは14年以上も前。子犬だったコロンもすっかりダンディになりました。

 

 

コロンはきょうだいたちとともに土手に捨てられ、劣悪な環境の中必死に生き延びた犬です。うちのナナと血の繋がった実の兄妹。そしてうちのリルのおじまたは父犬でもあります。

 

 

土手からようやく保護できたのはコロン6歳9か月の頃。私の力が及ばず、多くの犬たちが土手で命を落としました。コロンは亡くなった子たちの分の魂を背負って生きています。

 

 

 

みんなで川辺をてくてく。15歳、14歳、14歳、12歳なので歩くスピードはスローです。

korasyu-26

 

 

 

足腰の弱くなったコロンはカートで後半戦を過ごすことになりました。横にはナナの姿も^^

korasyu-17

 

 

 

コロンの里親megさんがナナのリードを持ってくれたので・・・・・・

korasyu-41

 

 

 

私は調子に乗ってコロンを抱っこしてみました♪

korasyu-10

 

 

 

途中で「ママじゃない!」と気づかれイヤイヤされましたが、ほんの一瞬でもうれしかったです。

 

 

 

そろそろ予約しているレストランへ行きますか!

korasyu-3

 

 

 

コロンのカートを押すmegさん。きっといろんな思いを乗りこえての笑顔なんです。このときはただシャッターを切っただけですが、あとで写真を見返して胸が熱くなりました。

korasyu-37

 

 

 

先を歩いているのはチチとべべ、ナナ、リル。べべもやはりカート(愛車)に入っています。

korasyu-32

 

 

 

べべは外に興味津々ですけど、コロンは常にmegさんとコロンパパさんを見つめています。

korasyu-27

 

 

 

若いときは生き抜くために気性の荒い一面もあったコロン。そのコロンのぜんぶぜんぶぜんぶぜんぶを受け止め育ててくださったおふたりに、コロンは信頼の眼差しを向けています。

korasyu-22

 

 

 

簡単なことではないですよ。ほんとうに尊敬します。

korasyu-42

 

 

 

レストランに到着!

korasyu-8

 

 

 

テラス席に座りました。パパさんは「海の男」風で爽やか。マリンカラーが似合いますね。

korasyu-39

 

 

 

出た~! 生ガキ!

korasyu-18

 

 

 

とにかくおいしいんですよ。

korasyu-23

 

 

 

男性は男性同士女性は女性同士でペチャクチャおしゃべり。楽しみにしていたので幸せです。

korasyu-15

 

 

 

ナナとリルは足元でおとなしく、コロンとべべはそれぞれの愛車でまったり過ごしています。

korasyu-13

 

 

 

お行儀のいい子たちなのでまわりの方もにこっと笑いかけてくれます。

korasyu-33

 

 

 

へへ。親バカ、保護主バカですみません。

korasyu-38

 

 

 

みんなでパチッ。素敵なコラージュ写真、ほかの一部の写真はmegさんちの提供です。

korasyu-20

 

 

 

ふふ。寝ちゃった。殿疲れちゃった?

korasyu-28

 

 

 

レストランを出たあと、べべを歩かせてみました。短い距離ですが喜んで前へ進んでいます。

korasyu-25

 

 

 

みんなの幼かったときの顔が私のまぶたに焼きついています。

 

 

べべはもちろんのこと、保護は遅れたものの、私はコロン、ナナ、リルの子犬時代も知っているゆえ感慨深さもひとしおです。それぞれが成熟したおとなになって、年をとって「ここ」にいる。

 

 

1日1日を奇跡だと思わずにはいられません。

 

 

せっかく家族になったのに、犬も猫も加齢のスピードがすさまじいから困ります。

 

 

でも、現実を変えることはできません。彼らの「老い」から逃避することも。

 

 

ならば、日々の接触を増やし、せめてたまらなく濃厚な時間を共有したいです。

 

 

そして、欲を言えるなら一分一秒でも永く横にいてほしい。

 

 

 

megさん、ご主人さま、コロン、遊んでくださり、ありがとうございました。

korasyu-4

 

 

 

またこのメンバー(コロン、べべ、ナナ、リル)でぜひお会いしたいです。

 

 

おみやげ、お手紙、ご支援をいただきました。ランチもごちそうになってしまい恐縮の限りです。megさん、ご主人さまありがとうございました。megさん、地域猫活動お疲れさまです。

korasyu

 

 

 

終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





家族あそび

あきさんち:約10年前にまりん(犬)、重大なアクシデントが起き譲渡から6年後に出戻ったマリア(まりんの姉妹犬)、私がローソンで保護したアクア(猫)の里親になってくださったファミリー。

近年は状態が悪かった猫の銀ちゃんをご自身で保護し、家族に。銀ちゃん一味だと思われる猫たち5匹をすべてTNR。もちろん、あきさんの自腹で行っています。

あきさんとご主人は犬組麦、メイプル、まりん、マリアと猫組アクア、銀の6頭と暮らしています。

 

萌ファミリー:こちらもながーいおつき合い。9年前に萌(犬)の里親になってくれたのを皮切りに、チチが近所で保護した成猫むうも引き取ってくれました。

その後萌ママご自身が職場で保護した成猫みんみちゃんも家族に加わりました。

萌は今年天国へ。現在萌の先輩犬ちび太くん、猫のむうとみんみちゃんと3頭で暮らしています。

 

 

 

さて、先週末のデートのお相手の紹介を冒頭に簡単に書きました。

 

 

読んでいただければおわかりになると思います。ほんとうにねえ、うちから譲渡した犬猫たちをたいせつに育てているだけでなく、個人で黙々と慈悲深い行動を行っている方々なんです。

 

 

 

うちの犬たちはだいぶ加齢がすすんでいますが、まだ元気です。

 

 

こうもしてやればよかった。

 

ああもしてやればよかった。

 

 

そんな風に自分を責め、どうしようもなく深い穴の中に墜ちてしまわぬよう、このたび家族あそびを企画しました。一泊でもいいから旅行へ行きたかったけど、闘病のお子たちがいるので家計に余裕はありません。保護猫やほほ、あまP、さぶがいるため時間的にもむずかしいし。

 

 

そうだ! あきさんち方面に行けば大きなドッグランがある。

 

 

卒業生たちにも会える!

 

 

の一石二鳥でプランを立て、行ってきましたよ~! すいらんへ♪

IMG_9732

 

 

 

もう説明したから余分な言葉は要りませんね。この先はスマイルを見てやってください^^

 

 

 

あきさんちの)麦~ ひさしぶり~

SONY DSC

 

 

 

あきさんちの)メイプル、あなた闘病がんばっているんだって? いい子ねえ。

SONY DSC

 

 

 

萌んちの)繊細なちび太くん、この日はたくさんさわらせてくれました。ありがとう。

SONY DSC

 

 

 

「ねえねえ萌んちのパパさん どこいくの?」

SONY DSC

 

 

 

「はやくきて~ はやくはやく!」     「はいはい。ちょっと待って」

SONY DSC

 

 

 

自由はいいよね。

IMG_9739

 

 

 

チチ、べべ、リル

SONY DSC

 

 

 

まりん、なに探してるの?

IMG_9744

 

 

 

「お母さん いっぱい遊んでもいい?」

SONY DSC

 

 

 

いいんだよ。リル、さあ、走ってごらん!

IMG_9761IMG_9760

 

 

 

目が合った!

IMG_9754

 

 

 

ナナ、おいで

IMG_9755

 

 

 

点のように小さかったナナが

IMG_9756

 

 

 

こんなに寄ってきてくれました。

IMG_9757

 

 

 

間近で見るとあらためて美しいのね~

IMG_9758

 

 

 

ひとまわり小さくなったべべ公も

IMG_9752

 

 

 

いっしょうけんめい走っています。

IMG_9753

 

 

 

にっこり

gtauopra (2)

 

 

 

お天気に恵まれ萌ママもにっこり。天国の萌もきっとにっこりだね。

IMG_9765

 

 

 

ゆるーい集合写真

IMG_9746IMG_9748

 

 

 

ひとしきり遊んだところで、木陰のあるほかのランへ移動

IMG_9780

 

 

 

カメラモードを「油彩風」に変え撮ってみました。ナナの顔が切れていて惜しい!

IMG_9781

 

 

 

アップダウンの激しいこのランはすいらんの中でも特に大好きな場所です。

IMG_9777

 

 

 

なかなかでしょ?

IMG_9774

 

 

 

カメラモードをさらに変えてみた。え、なんだっけ? 忘れたけど雰囲気いいモード(笑)。

IMG_9768

 

 

 

ちょこっと写ったまりんがどことなく幻想的です。

IMG_9766

 

 

 

余談ですが日焼け防止に準備したサンバイザーを車に忘れて過ごしていたという^^;

gtauopra (3)

 

 

 

まあいいや。シミでもシワでもなんでもいい。楽しけりゃいいよね。

 

 

 

うちのべべ、ナナ、リルは若くありません。

 

 

特に15歳を過ぎたべべの体調不良が深刻です。

 

 

けれど病気と闘って苦しいけれど、苦しいばかりじゃないってことをいっしょにわかちあいたい。

 

 

まだ今ならそれができると思うんです。

 

 

 

べべの笑顔を見てください。萌ママが撮ってくれた写真を眺め私は言葉を失いました。

suiran (2)

 

 

 

こんないい顔をしていたんだね。

 

 

最近は猫の譲渡活動ばかりですが、私は犬も猫も同じだけ好きです。

 

犬との暮らしも皆さまにオススメしたいし、将来的にはまた犬の譲渡活動も考えています。

 

ただ犬は、お散歩や最低限のトレーニングをきちんとこなせる方じゃないと無理ですけどね。

 

 

 

とにかく、犬はすばらしいです。中でも老犬は愛嬌と哀愁のバランスが絶妙でハマります。

 

 

そして「老犬がいちばん!」の感想を持てる特権を私は噛みしめています。

 

もし、私が途中で「飼えなくなった」と彼らを放っていたら、彼らの独特の愛らしさに気づかないままだったでしょう。ともに年輪を重ねてきた者だけが感じることができるのです。

 

 

たとえば熟れたワインの苦みや渋みは然り・・・・・・その中のコクや甘みに気づいたとき、私たちははじめて味の奥行きに驚くはずです。未知の世界を知ることができて私は幸せな人間です。

 

 

 

最後に、あきさんのご主人Mパパさんが撮ってくれたお気に入りの1枚を!

SONY DSC

 

 

 

まりん(黒)、マリア(茶白)が我が家にいたのはおよそ10年も前の話。

 

 

卒業後時折会ってはいるけれど、年単位の感覚が空くこともしばしば。

 

 

なのに私をハッキリとおぼえていてくれて、会うたびにうれションしながら転げ回るのです。

 

 

めちゃくちゃかわいいですよ。言葉では表現不可能。

 

 

愛情は循環するんだと思います。必ず返ってくるから惜しみなく投げていいんだと。

 

 

 

スポンサーリンク





土の上を転がるきみ

人生いろいろありますね。難局が過ぎ去ればすべてがすばらしい思い出です。勉強勉強!

 

とはなかなか思えないときもありますよ仕方ない。まあ更新を終えたらお風呂をがんばってりあえずビールでしょう。シャーしたいときは一杯飲むに限るかもしれません。

 

 

ナナは昨日土の上を転がりました。名札がまちがってべべのになってる^^;

tapofa (8)

 

 

 

満面の笑みのナナ、気持ちいいよね。

tapofa (3)

 

 

 

明日はべべの通院にナナも連れて行き点滴をお願いする予定です。

 

 

ところで慢性腎不全と診断されたナナはネフガードを1日に6粒以上飲んでいます。

tapofa (6)

 

 

 

来週からはミカルディスも飲みはじめます。錠剤がキライで抵抗がすさまじい。

 

 

ストレスを与えないよう気をつけながらだましだまし飲ませるのに苦労しますので、無事に投薬が終わるとほんとうにホッとします。何度誉めても足りませんね。

 

 

ごはんはこの2種類。これだけだと食べないのでなにかトッピングが必要。腎臓フードだけで食べてくれたら楽だしいちばん安心ですよね。

tapofa (2)

 

 

 

鍼治療をすすめる非公開コメントもありがとうございました。ナナに合うかよーく考えてみます。

 

 

 

保護猫デカ円も元気ですよ。こま吉の正体がデカ円かもと予想していらっしゃる方、さあどうでしょうね? 正解かどうかは近日中におわかりになると思います(笑)。

tapofa (7)

 

 

 

お友だちと仲よくする練習もしています。努力家だなあ。えらいと思いませんか?

tapofa (4)

 

 

 

チチが「デカ円との写真を撮って~」と言ったので撮りました。酔っぱらい顔をUPするのをためらいカットして載せています。デカ円ドヤ顔だったのに写真に写っている表情はあどけない。

tapofa (5)

 

 

 

我が家の犬たちも猫たちもみーんな今日一日をいっしょうけんめい生きました。

 

 

お子たちの楽しげな顔つきが私はとても好きです。凹むことがあっても救われます。

 

 

笑顔になれる子が一頭でも多く増えるようできることをしていきたいですね。

tapofa

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク