およそ昨日の写真

漁師のような生活をつづけてどのくらい経つでしょうか?

 

 

もはや1日の境目がよくわかりませんが、だいたい24時間以内に撮ったであろう写真を並べてみます。かわいい写真も出てきますので、見て行ってくださいね。

 

 

朝、さぶくんの点滴風景(同じ医療ケアをあまぱんにも)

1kami (12)

 

 

慢性腎不全のあまぱんとさぶは投薬、点滴、強制給餌を欠かせません。

 

 

大量の紙を前に、だらけるもい

1kami (2)

 

 

ごちゃごちゃですみません^^;

1kami (4)

 

 

イヤそうな顔をするもい

1kami (3)

 

 

ヤル気が起きない様子のもい

1kami (5)

 

 

寝ちゃったもい

1kami (6)

 

 

 

もいにそっくりな付箋に萌える作業人

1kami (7)

 

 

ファッションリーダー

1kami (10)

 

 

ヴォーグの表紙を飾るのが夢のもい

1kami (10)

 

 

でもなんなら「ねこのきもち」あたりでも可とのこと

1kami (8)

 

 

はいはい、わかった。

1kami (9)

 

 

保護部屋組もみんな元気♡

IMG_8137

 

 

黒真珠と白まんじゅうのケージをピタッとくっつけた。白まんじゅうのドームベッドを奪ったら隠れなくなった。黒真珠はあと一歩で人間と仲よくできると思う。

1kami (17)

 

 

「撮ってんじゃねーよ! 撮影代払えっっ」

1kami (19)

 

 

「パンもってこい」

1kami (20)

 

 

ごめんすずきち。パンないからちゅーるで堪忍ね。すずきちにちゅーるをあげているシーンを動画に撮りtwitterに流しました。なかなか至近距離で満足です。

 

 

あまぱんとぐうぐう寝るリリ子

1kami (11)

 

 

そうだ!

 

 

リリ子にプレゼントでいただいたダイエット食をあげてみよ!

 

 

みるじゅえさん、ありがとうございます。

1kami (13)

 

 

クッシングの薬アドレスタンと肝臓保護薬ウルソを入れたごはん

1kami (14)

 

 

きゃー ウエストが少しくびれてる!!

1kami (15)

 

 

はい! リリ子どうぞ♪

1kami (16)

 

 

見かけによらず少食のリリ子。ちょこ食い、遊び食いが激しい。食器を持ってリリ子リビングで追いまわす私。ふう。 ※Twitterの動画参照

 

 

10分後、完食♥ ごちそうさまでした。

1kami (18)

 

 

リリ子と紙を手にemi-goの病院へ。リリ子を病院に預け横の定食屋に入る。

1kami (21)

 

 

食べながらチェックを終え、リリ子と里親豆さんの待つ院内に入る。

1kami (22)

 

 

体重が減った(涙)。12.6になりました。神さまありがとう!

1kami (23)

 

 

「スリム女子めざして糖質制限中よ」

1kami (24)

 

 

※ウソです。糖質は制限していません。

 

 

マイクロチップの装着、血液検査、耳掃除、肛門絞り、爪切りを依頼。なんとリリ子、かなり高かった肝臓の数値が3分の1になったではありませんか。うれしい。

1kami (28)

 

 

中島先生から医療ケアについて説明を受ける豆さん。ここは前から豆さんのかかりつけの病院でもあるのです。昔、豆さんとemi-goのコンビで保護猫たちを里子に出したこともあるんですよ。私の周りにはいい力が波及しているのです。

 

 

703号室保護犬譲渡の必須アイテム、マイクロチップと丈夫な首輪と刻印式の迷子札。特に刻印式の迷子札はご準備いただくまでいかなる場合も譲渡しません。

Inked1kami (29)_LI

 

 

さっそく届いていました。ふふ。1つでいいのに2つ買ってしまうあたりが豆さんらしいです。首輪は小さかったのでリリ子が痩せたら使うんだそうです。

 

 

「ねえねえわたしもおよめ行きたい」

1kami (27)

 

 

ルナのこともちゃんと考えていますよ。

1kami (26)

 

 

リリ子よりコンパクトですが、ルナ(5歳)もなかなかのまんまるぶり

1kami (25)

 

 

愛想フリフリでかわいい女の子です。

 

 

リリ子はあと数日で卒業です。改めてご紹介しますが、豆さんちは120%脱走できない造りですので玄関ゲートの設置などの脱走防止をお願いしていません。散歩時に気をつけてもらえれば充分です。甘いおみやげありがとうございました。

1kami (30)

 

 

帰宅後、ラブレターを書いてみた。自作イラストのシールをペコっと!

1kami (1)

 

 

ラブレターを送る相手もシールを持っているから新鮮味に欠けるかもしれないけど。

 

 

皆さまいい週末でありますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





自信と不安と色白美女

※blogを連続更新中! 遡ってお読みください。

 

 

木曜のお昼は母の店で野島さんと打ち合わせでした。本当に紙の山です。

0risan (8)

 

 

終わろうとした頃、野島さんがポツリひと言漏らしました。

 

 

「小さな出版社でごめんなさい」

 

 

校正もすべて野島さんと私でやっているので私は主観と客観の両方を求められている気がして苦しかったのですが、胸にスッと落ちました。うまく言えないけどね。

 

 

私の実力では、華やかで流暢な一冊には仕上がらないかもしれません。しかし最後まで弛まずしっかりとチェックしていこうと思います。

 

 

付箋だらけ。老眼ぎみなので目が疲れる^^;

0risan (7)

 

 

私なりにはだいぶ削ったのですが(今も削っている最中です)、書きすぎたことが心配で野島さんに率直に聞いてみたのです。

 

 

「ボリュームがありすぎて読者の方にはうっとおしいですかね?」

 

 

これまで予算の関係で削ることにウエイトを置いてきた野島さんが言いました。

 

 

「このボリュームでこの価格なら“お得でぜいたくな一冊”じゃないでしょうか?」

 

 

委縮から解き放たれた気がして素直にうれしかった。

 

 

自信と不安が入り混じる心境がつづいています。

 

 

1%でも自信を増やすために残された時間でできることをしていかなくては。そしてブログの読者の皆さまのみならず、猫が好きな方、嫌いな方、興味のない方、男性、女性、若い方、お年の方、お子さん……みんなが手に取ってくれる一冊にしたいです。宣伝してくださる方、感想を寄せてくださる方(どんな内容でも、できれば公開で)大大歓迎です。なにとぞよろしくお願いします。

 

 

帰宅後はデザイナーの李さん(とアディくん)と電話やメールで打ち合わせ

0risan (10)

 

 

デザインのほうも大詰めです。奇抜で緻密で有能なおふたり

0risan (13)

 

 

世界を飛びまわる李さんとヴォーグで仕事をするスタイリッシュなアディくん

0risan (11)

 

 

オシャレだなあ♪ ちなみにおふたりとも猫好きですよ♡

0risan (12)

 

 

クリエイティブなアディくんはファッションのアイコンですね。

0risan (1)

 

 

ノラ猫あがりのスターたち制作陣! 重版めざしてがんばって売るぞ!

0risan (9)

 

 

いつも私が野島さんに感想をたずねるのですが、昨日は逆に聞かれました。

 

 

「田辺さんはどの章が気に入ってるの?」

 

 

うーん……。

 

 

ひとつ答えておきましたが、むずかしい質問ですね。

 

 

ささ、これから色白美人の李さんに挿入写真の件でメールをしなくてはならないのでこの辺で失礼します。あ、703号室の色白美女たちを添えておきますね。

0risan (2)

 

 

家猫として100000000点満点のもい。里親になる方はラッキーですよ。

0risan (3)

 

 

気になる方はコメント欄でお問い合わせくださいね。非公開にします。

0risan (4)

 

 

スヤスヤリル。相変わらずチチが大好きでラブラブベタベタです。

0risan (5)

 

 

お父さんが一番だけど、いっしょに寝てくれるのでお母さんもまあまあのようです。

0risan (6)

 

 

今日も素敵な一日でありますように。

 

 

私は大量のチェックのあと、リリ子を連れて動物病院に行きます。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





通したい三本柱 TOKYO ZERO 緊急院内集会

※blogを連続更新しています。よかったら遡ってお読みください。

 

 

皆さまこんにちは。うちの近くは風の強い1日でした。

 

 

今私のデスクの前には大量の紙が置かれています。本日また野島さんから原稿が戻ってきたのでこれから3日以内に再チェックをします。出版が1週間程度ずれこんだとしても再々チェック、あるいは再々再チェックまでしたいです。

 

 

先日私はTOKYO ZEROの大規模な集会に呼びかけ人のひとりとして参加しました。5年前の発足時より私はTOKYO ZEROに地味にいます(笑)。末席からの視点で何枚か写真を貼りつけておきますのでよかったらご覧ください。

2jra (14)

 

 

※写真の提供は事務局を通じ、TOKYO ZEROオフィシャルカメラマンより

 

5年に一度の動愛法改正を前に是が非にも通したい3本柱(個人の主観を含む)

 

 

1 各種数値規制

 

→営利目的の第一種のみならず、私は絶対に第二種動物取扱業者(シェルターや一定数を超えた個人)も含めるべきだと強く思います。「かわいそうな保護動物数」を前面に出す時代は間もなく終焉します。透明かつ正しく管理することが最重要です。

 

 

 悲願の8週齢規制

 

→法の解釈をあいまいにし、法令遵守の遂行を妨げる「附則」を取りたいです。

 

 

3 生体売買業のライセンス化

 

→動物の命を扱う特殊な業務ゆえ、登録制ではなく免許制に変え、悪徳な業者に対し免許はく奪を容易にできるよう体制を整えてほしいです。

 

 

衆議院会館にて。時間がなく一部は参加できなかったので二部から行きました。

2jra (6)

 

 

左側が各党からなる超党派の国会議員の方々

2jra (12)

 

 

右側は呼びかけ人の代表者たち

2jra (9)

 

 

おひとりおひとりが議題への思いや具体案などを語っていきます。

2jra (3)

 

 

マスコミ関係の方も見えました。

2jra (17)

 

 

多くの方が登壇しましたが、ブログでは少しだけ

2jra (4)

 

 

世良さんに招待された「せやろがいおじさん」はふんどし姿です。存じ上げなかったのですが昨夜ググってファンになってしまったという……

2jra (5)

 

 

TOKYO ZERO代表の藤野真紀子さん

2jra (15)

 

 

川島なお美さんのご主人パティシエの鎧塚さん

2jra (13)

 

 

女優の浅田美代子さん

2jra (10)

 

 

歌手の世良さん

2jra (11)

 

 

保護猫えい吉でご一緒した山路さんもメインで発言されていました。えい吉の話や個人の意識を底上げし、活躍する人を応援していきたいとの内容でした。

 

 

大好きな絵本作家のスギヤマカナヨさんとはすれちがいだったようで、直接お会いできなかったのが残念です。この後ろ姿、一発でカナヨさんだとわかります。

2jra (16)

 

 

後半、最前列でふむふむ聞いていた私に事務局から突如メッセージが届き、開くと「アンニイさんもひと言お願いします」と。マジか。想定外。

 

 

EVAを代表した方

2jra (19)

 

 

2jra (20)

 

 

ミグノンの友森さんの順でお話しました。

2jra (18)

 

 

ミグノンの友森さんの服装がやたらかわいかったです。お顔もですけどね。

2jra (21)

 

 

終了後の記念写真

2jra (8)

 

 

長時間にわたり司会を務めたのは作家の渡辺眞子さん♡ お疲れさまでした。

2jra (22)

 

 

私は18年前に「捨て犬を救う街」という眞子さんの本を読んだのがきっかけで犬猫スカウトマンの世界に足を踏み入れたのです。眞子さんが私の人生を変えた張本人。何度もご本人に話しているので耳ダコでしょうね。キュートな笑顔! 抱っこしちゃう♪

2jra (23)

 

 

眞子さんから天国のべべ、ナナ、ほほへのサプライズプレゼントとしてゴージャスなプリザーブドフラワーをいただきました。あたたかくてやさしい方です。

2jra (1)

 

 

マクロで物事を考えた有意義な一日で、地元へ戻ったあと近所の居酒屋でひとりお疲れ会をやったのです。ビール三杯飲んでぐっすり寝ました。

2jra (7)

 

 

ただいま、もいちゃん

2jra (2)

 

 

あー

2jra (25)

 

 

こらリリ子さん! クッション壊しちゃだめですよね?

2jra (24)

 

 

でもこれがTHE犬、なんですよね。

 

 

若い犬みたいなイタズラがなつかしい。リリ子は若くないけれど。

 

 

犬猫たちにとって住みやすい世界になりますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





あまぱん通院の巻(もい、すず吉、リル、リリ子も)

自宅ワークが終わり、お腹が減ってくる時間帯です。昨日はサラダてんこ盛りと野菜のキッシュが朝ごはんでした。チョコレートアイスも食べちゃったけど^^; それがなきゃまあヘルシーだったのに……がまんできませんでした。

toudaiiie (16)

 

 

朝陽に包まれる保護猫もいちゃん♡

toudaiiie (15)

 

 

キッチンでなにやらいたずらをしようとしています。

toudaiiie (12)

 

 

私に見つかって気まずがるもい

toudaiiie (14)

 

 

足濡れちゃうから出たほうがいいと思いますよ?

toudaiiie (13)

 

 

朝6時~8時はお子たちと戯れる時間と決めています。夜の10時~12時もお子たちとボーとしていることが多いです。外出の予定があるときは時間が短くなったり時間帯を変更していますが、コミュニケーションはたいせつなので欠かさずに取るようにしています。あたり前の話ですけどね。

toudaiiie (17)

 

 

昼は本の打ち合わせで母の店へ行きました。えい吉グッズお気に入りです。特にクリアファイルは重宝していますよ。ふふ。持つと気分があがるのです。

toudaiiie (18)

 

 

15分の13まできましたが、直しが終わらず予定が押しています。追い込み期ですね。母がランチに鯛麺線を作ってくれました。沁みる。がんばります!

toudaiiie (19)

 

 

保護犬リリ子はそばでくっついてくれています。かわいいよのう♪

toudaiiie (10)

 

 

性格が「かまってちゃん」のリリ子。べべ公とイメージが重なります。

toudaiiie (2)

 

 

クッシングを患っているので超多尿多飲ですが、トイレの位置はわかっています。えらい。薬をはじめたからおしっこの量がこれ以上増えなくなるといいね。

toudaiiie (11)

 

 

リリ子はお茶会を開きました。次回あたりにご報告します。

 

 

最後に火曜MIHOさんとあまぱんを連れて東大病院へ行った日の写真を♥

toudaiiie (4)

 

 

あまぱんは慢性腎不全が少しずつ進んでいます。現在腎臓食、皮下点滴120ml(日)、セミントラ、鉄分を補うサプリをつづけていますが正直数値が微妙です。老齢なので腎臓だけでなく、広範囲にわたる検査を依頼しました。

 

 

結果、肝臓の数値も若干高いことが判明。1か月後に再検査をします。

toudaiiie (5)

 

 

東大でのお薬の処方はナシ。駐車場とあわせて17,500円程度でした。あまぱんとさぶの医療ケアの補液セット、セミントラ、貧血改善サプリはすべてemi-goの病院で買わせてもらっています。稀に誤解する人がいてたまらなくイヤなんですが、私はほしいごはんや医療グッズなどを原則自分のお金で買っています。ありがたいプレゼントが届くこともありますが、私は自分だけ手ぶらのおつき合いが成立するとは考えていません。そりゃそうでしょう? 持ちつ持たれつじゃないですか? 私がお世話になっている方へ書いたお手紙や私が買った心ばかりのプレゼントなどもいちいちここに載せりゃいいのでしょうか? それと私のプライバシーを知らない方が私がSNSで書いた断片的な情報を勝手に推察して私の生活をわかった気になるのも悲しいです。家族や親しい方には事情や胸の内を話しますが、ネットに全部はさらしません。みんなそうだと思うけどな。

 

 

気にすることはないとわかっていますが、メンタルに響くので吐き出しました。

 

 

あまぱんを待つ間、原稿のチェックをしばし……

toudaiiie (8)

 

 

MIHOさん春らしい装いですね。

toudaiiie (3)

 

 

ファイルの宣伝ありがとう(笑)。グリーンのニットがピッタリね。

toudaiiie (6)

 

 

体調不良でダウンしていた前田先生は、菅原先生と電話で話しながらあまぱんを診てくださいました。写真は菅原先生とふたりでパチッ。笑顔が爽やかです。

toudaiiie (1)

 

 

帰宅後、MIHOさんがお子たちをめちゃくちゃにかわいがってくれました。みんなのごはん当番やおやつ当番。トイレ掃除まで手伝ってくれて助かりました。

toudaiiie (7)

 

 

お散歩はリル、リリ子、MIHOさん、私で行きました。途中でリリ子が歩きたくないと抱っこをせがんできたのが無性に愛おしかったです。重かったけど……

toudaiiie (9)

 

 

皆さま今日もいい日でありますように。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





1まずは私の猫にする(えん)

漁師のような生活をしていてもなかなかブログに到達できず。遅くなって申し訳ありません。本日より2回に分けて「えみ」改め「えん」の卒業記事をUPします。

 

こちらではきちんと出会いのいきさつを紹介していなかったのですが、えみを保護したのは想定外で、1月31日、実は私、ほかの猫のスカウトへ行ったのです。

 

その少し前にFさんから「同区内でひどい場所がある」と聞かされ、私は大量保護を念頭に置いて猫を預かれるお家を探していました。私の呼びかけでマイねー、マイママ、まなちゃんが名乗りを挙げてくれたし、私自身も数匹家に置くつもりでした。

 

 

ところがいざスカウトに向かうと、地域猫の老猫(三毛)がいるだけで、たしかに風邪をひいている風ではあったのですが、正直外暮らしがそこまでキツそうには感じません。三毛専用の真新しいピンクのドームベッドやトイレがあり、工場の隣の戸建ての方が熱心に面倒を見ていたのです。その家の方は私以上に三毛の体調を気にして最近2度保護にトライしています。そして三毛については、今後も自分たちが関わっていきたいとのことでした。なら無駄足か……

 

 

帰る間際に、一連を知る向かいの団地に住む男性に声をかけられたのです。

 

 

「なつっこい茶白猫持っていく?」

 

 

男性のいう茶白猫が「えん」でした。

 

 

えんは工場の作業員たちがかわいがっているノラ猫。1歳になるかならないかの女の子。なんとえんは生後1か月の赤ちゃんの頃からひとり自力でごはんをねだりにきて作業員たちに甘えまくって育ったそう。作業員の中年男性が教えてくれました。数百グラムの小さい猫が一生けんめい人間に媚びを売りながら生きる姿を想像するだけでたまらない気持ちになります。よくがんばったね。

 

 

「連れて行っていいなら、幸せにしますから、私に託してください」

 

 

私は即スカウトを決め、男性らが奥から連れてきたえんをキャリーに入れemi-goの病院へ急いだのです。保護時の写真はtwitterでご覧くださった方もいますよね?

IMG_6557

 

 

ほんとうに真っ黒に汚れていました。

IMG_6558

 

 

ノミがいたので自前のレボリューションをつけ病院の保護猫専用の猫舎に隔離

IMG_6541

 

 

朝の忙しい時間帯だったにもかかわらず、診察と診察の合間に中島先生がサッとえんの脚から血を抜きウイルス検査してくれました。

IMG_6547

 

 

結果、1月31日時点ではFIV、FeLVは共にマイナス

IMG_6561

 

 

それにしてもえんちゃんあなた……

IMG_6550

 

 

きちゃないわね^^;

IMG_6556

 

 

少しずつきれいになっていこう♡

IMG_6555

 

 

えんは医療ケアと不妊手術のためしばし入院です。

 

 

レボリューション代を節約したつもりだったのに、駐車場代が(お正月価格とやらで)やたら高かったのが記憶に残っています。やだ。困るね。

IMG_6562

 

 

私の帰宅後、えんの“腰をかばうような歩行”に違和感をおぼえたemi-goと中島先生がレントゲン検査をしてくれました。見てください。骨折の形跡があります。

InkedIMG_6907_LI

 

 

つまりなにかの事故に遭い、骨盤が折れてしまった。

 

 

治療をしなかったから歪な形で骨がくっついた。よって歩行しづらく、将来的に排泄障がいのリスクもある、ということなんです。この状態の猫をみなさんは外に放せますか?

InkedIMG_6906_LI

 

 

私にはムリ。えんをリリースするなどできません。

 

 

にもかかわらず里子に出すことを喜んでくれたはずの団地の男性がえんを連れ帰った日の夜に「やっぱり茶白猫を返せ」と喚いたのです。テメエ、おれへのあいさつがねえ、ふざけんじゃねー、許さねえからな、猫持ってこい、うんぬん……

 

 

今でこそ俯瞰していますが、当時は血気盛んな男性の迫力と威圧ぶりにビビりました。Fさんは「返したい」と弱音を吐く始末。しかし私には到底できない。

 

 

深夜私はemi-goに電話し、私以外の人がえんを引き取りにきてもぜったいにだれにも渡さないでとお願いし、その晩一睡もせずに退治対峙の方法を考えたのです。

 

翌日私は団地の男性にえんの医療費を請求することに決めました。

 

無職の男性ではなく、男性の内縁の妻の職場にえんの治療費を請求する旨を伝えたのです。えんを返すんだから、他人の猫の医療費を私が払う必要などない。団地の男性がえんを返せと言っているのだから、団地の男性の家庭が払うのは当然ですよね?

 

さて、男性はえんの治療費を払ってくれるのでしょうか? えんを持っていっていいと言われたのでえんは私の猫になるはずでした。自分の猫に私はさまざまな検査を依頼したのです。いくらになるかわかりません。うわ、たいへんだ……。

 

 

その旨を伝えると男性は一変。晴れやかにえんの未来を祝福し、私にえんを手渡すとハッキリ約束してくれました。いろいろ驚きです。ノラ猫えんの面倒を見ていたのは工場の男性従業員たちであって、団地の男性ではないのに、ここまで親身かつ主体的立場に立って話してくれるとは……。

 

 

紆余曲折を経て、えんは私の保護猫になりました(笑)。

IMG_6669

 

 

えんちゃん、よろしくね。

IMG_6670

 

 

二度と痛い事故に遭わせないよ。

IMG_6671

 

 

「一件落着か」           「そ、そうみたいですね」

IMG_6894

 

 

お見舞いに行ったときの写真

IMG_6901

 

 

愛嬌を振りまくりのえんにみんなメロメロ

IMG_6904

 

 

703号室にて

IMG_6908

 

 

ブログを書いていると顔をちょこんと出して邪魔してきます。

IMG_7296

 

 

萌える♡♡♡

IMG_7298

 

 

悩殺ポーズも得意です♪

IMG_7299

 

 

ソファーがお気に入り。スヤスヤおやすみなさい♥

IMG_7532

 

 

えんは703号室卒業生のいるお宅にスッとお輿入れが決まりました。

IMG_0685

 

 

卒業生と里親さんの紹介などは次回をお楽しみに!

IMG_0687

 

 

長くなりましたが、読んでくださりありがとうございました。

 

 

その節はご心配をおかけしてごめんなさい。一拍置いてからご報告したかったのです。

 

 

えんは新居で幸せに暮らしていますのでご安心くださいね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク