キッドへのクリスマスプレゼントと6女子のTNR

私が後方支援している片目のキッドに本日クリスマスプレゼントを渡しました。

hyoukei (3)

 

 

703号室POSTCARDをお買い上げくださった皆さまのご厚情で実現したのです。

皆さま、どうもありがとうございました。

ポストカードはまだ在庫がありますが、クリスマス前に一度渡したいと思っていたのです。

本当は私がキッドの保護主家に持っていくはずでしたが、今日保護主さんがたまたま我が家の近所で仕事をしていたので、持って帰ってもらうことに。

また折を見てキッドに会いに行きます。

野良猫時代に比べまるまると太ったキッドですが、実は血液検査の結果は悪化しています。

慢性腎不全の彼は輸液をがんばっていますが、すでに貧血がはじまっているのです。

次の(12月22日)通院の結果次第では近々、新しい治療も考えていかなければならないので、私もできるかぎり支援しつづけていこうと思います。

それともうひとつ!

キッドの保護主さんは、ヘルパーの仕事先で見かけた成猫(全員メス)6匹の不妊手術および医療ケア(ワクチン&レボリューション)を順次していくそうなので、不妊手術および医療ケアにかかる代金を私の方で全額寄付させていただく所存です。

ポストカードの売り上げと、お預かりしているニャンニャンBOXの売り上げから。

少し時間をいただくかもしれませんが、手術の際は個体の写真を撮りこちらにUPしますね。

1匹目は12月25日に手術予定で病院も予約済みです。1匹目にかかる不妊手術および医療ケア代金は本日キッドの保護主さんに手渡ししました。

キッドの医療費と一緒に!

IMG_1090

 

※これまでのキッドの医療費を単純計算し、6か月分と書きましたがキッドの体調が悪化したので実際は6ヶ月に満たない金額になるかもしれません。

 

「ありがとうございます。皆さまによろしくお伝えください」

IMG_1088

 

保護主さんから皆さまへの感謝の言葉を預かりました。

IMG_1087

 

プレゼントはフードと物資のほか、ドームベッドとかわいい爪とぎを♪

IMG_1083

 

※皆さまからの応援物資もちょっと混ぜています。

 

いっぱいですが、自転車で持って帰る気満々のガッツある保護主さん(笑)。

IMG_1082

 

さすがですね。

何度「大丈夫ですか?」って聞いてもお返事は「はい」でした。

 

あんまりにもかわいくて超気に入ってしまった赤のドームベッド

IMG_1085

 

うちのお子たちにもひとつほしかったのですが、最後の一個だったのです(涙)。

やわらかくモコモコの手触り。上部にハンドルもついているのでポコッと持ち上げられます。

病魔と闘うキッドが快適に過ごせますように。使ってくれるといいな^^

 

「いいな。わたちもほしい」

IMG_0675

 

萌乃にも買ってあげたいけど売り切れだったの。 今度他のを探してみようね。でもドームベッドを与えたらますます引きこもり女子になりそう(汗)。

 

ポストカードやニャンニャンBOXを通じてキッドや野良女子猫6匹のTNRへの支援をさせていただくことができました。ネット環境にない保護主さんにかわり、僭越ながら私から重ね重ねお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

「べべじゃないよ! 似てるでしょ?」

IMG_7345 (1)

 

東京都在住のOさまが送ってくださった写真とメールをご紹介して本日の更新を終えます。

 

田辺アンニイ様
かわいいかわいいポストカードが届きました。
ありがとうござました。
アンニイ様の日々の活動への敬意と感謝の気持ちを込め、
使わせていただきたいと思います。
703号室のレギュラーメンバーの健康と
卒業を夢見る保護動物たちの幸せを願っております。
我が家にも病気と闘うJRTがおります。
アンニイ様のブログを拝見し、
いつも勇気と希望をいただいております。
今年も残すところ2週間ほどになりました。
どうぞご自愛ください。

スポンサーリンク





さぶの腎臓の数値

「こんばんは 703号室の保護猫ごましおだよ。ぼくねえ 今週中には里親サイトに掲載してもらえるの。やっとぼくの番が来たよ。これからいっぱい登場するから みんな 会いにきてね」

gogog

(写真:猫撮る氏

 

今日はさぶの腎臓の検診でした。

実は検診のことを事前に誰にも話せなかったほど緊張していた私。

チチにも言いませんでした。

さぶのCREA(クレアチニン)の数値は検査のたびに微増しており今回も要覚悟だったのです。

さぶはすでに腎不全ステージ3です。腎不全は治癒しないのでできることが限られています。私は今回の数値次第では点滴を開始するつもりで先生と相談済みでした。

診察台の上でがんばるさぶの雄姿をたくさん撮りました。

洗濯ネットに入ったぶざま? なさぶ(笑)→採血中→採血中のアップ→爪切り中→後ろ足爪きり中→看護師Oさんの行き過ぎた看護(爆)。看護師Oさん、さぶ好きなんです^^;

IMG_0200

 

通いなれた病院だからこそ、iPhoneカメラマンの私もパチパチ写真を撮る余裕が出てきます。検査結果を待つ間、他愛もない話をしたりね。

ばんざーいポーズのさぶ→体温測定中のさぶ(熱は37.7)→聴診中はキリリおすまし→看護師Oさんに体を預け→なぜかスリスリラブラブモードに(汗)。

IMG_0201

 

で、気になる結果は……

CREA 3.8→3.1に下がってました。

BUNは2.4→2.1へ

あああ! 神さまありがとう。肝が縮んだよ。

なにかに守られているとしか言いようがない数値。このまま下がりつづけ腎不全が治った! なんてあり得ませんかね? と大巻先生に聞いたら、さすがにそれはないって。

まあね。

でもいいです。どんな数値でも一緒に闘っていきます。

ということで、さぶ坊は点滴を免れました。次は3ヵ月後の検診。そのとき数値が上がっていたら再検討します。さぶ、お疲れさま。よくがんばったね。

車内でさぶがギャーギャー騒ぐから、お母さんの方が疲れちゃったけど^^;

 

さっき撮った写真↓

IMG_0209

 

通院をねぎらってぴたっとくっついています。

私のパジャマの柄を見てください。ブルーアイの白系の猫さんですよ。さぶみたい♪

フリース生地が気持ちいいのかさぶが離れません。このあと、あまぱんも飛んできました。

さぶの写真ばかりになってしまいましたが、他のお子たちもみんな元気です。

そうそう。パジャマをくださったのは猫だるまねーさん。

たくさんの非常食とともに2着送ってくださいました。ありがとうございました。

ピンクのパジャマのフードには「耳」がついています。これをアラフォーのスッピン女が着て自販機へ行っても捕まったりしないでしょうか?

IMG_0052

 

↑ この写真を撮っているときの私の格好はと申しますと……

はい出たー! 穴が開いちゃってるヨレヨレ女!

IMG_0042

 

昭和枯れすすきの世界ですよ。若い方知ってます?

いやパジャマを買う余裕くらいはありますからね。

ただユニクロに行くのが面倒だっただけです。

 

最後にポストカードの話題ですが、本日全種類届きました。

IMG_0196

 

自分のパート代をつぎ込んだだけあります。素晴らしいデキにまた震えと涙のセットです。

猫撮る氏ありがとうございました。想像以上です。

買ってくださったおやさしい皆さまもありがとうございます。

明日発送しますね。

宛名を書くのもメッセージを書くのも私。でも面倒どころかすっごく楽しいです。

1セット1セットに我が家の宝物が詰まっていて、それをほしいと仰ってくださる方がいて。

夢のようですよ。張り切って作業させてもらっています。もう、うれしくてうれしくて♪

私信:大阪府にお住まいのK・Mさま、繋いでいく命は永遠にあるとメッセージを寄せてくださいました2014.11.17.17:41頃のご注文メールです。いただいたご住所の一部に「?」マークが表記されていました。ご住所に「?」マークが入っているのはなにかの間違いかなと思いましたので、今一度ご住所をメールしていただけますか? よろしくお願いします。

ポストカードはこちらから→   703POSTCARD

さあ、さぶの腎臓の数値の心配も消えたし次からはごましおのアピールをがんばっていきますね。今私のひざの上には、ごまちゃんがいます。ゴロゴロ喉を鳴らしながらパソコンの画面を見ています。ごましおはあったかい家庭を求めています。どうぞお見知りおきください。

たった今の写真↓

hizaue

 

 

明日も元気にがんばりましょう。

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





太陽がいっぱい

休日はのんびり起床。のんびり犬の散歩。のんびり家事。

慌しくないだけでなんて心に余裕が生まれるのでしょう!

キッチン周りの床拭きもしちゃったもんね。キッチン周りだけつるつるになりました。

実は最近、うちのべべの胃腸の調子がちょっと気になります。

bbbbb

 

嘔吐はしなくなったのですが、まだ下痢気味で。回復しなかったら週末病院に行きます。

思えばペットショップ出身のべべは親の無理な交配からか、いろいろな疾患に悩まされています。中でも一番手強かったのはがん。6歳の終わりに胃の腺がんが見つかりました。

ですがすでにがんに侵された年から倍の長さを生きています。

胃の腺がんは恐い病気です。

がんの中でも線状に広がる「腺がん」はタチが悪いと言われてますよね。べべと同じ症例としてジャックラッセルテリアの多発性腺種は学会で多数報告されているようです。特に関西に多いと聞きました。血統書にべべは名古屋のブリーダーが交配させたと記されているので、因果関係がぼんやり垣間見える気がします。もちろん、憶測の域を出ませんけど。

そのべべが、もうすぐ14歳ですよ……1日1日がまるで奇跡です。

べべの運と生命力はすごいなあ。

疲れきってべべを放置してしまうこともあるけれど、べべのことだけを考えて生きていける状況でもないけど、べべが大事です。

振り返ればべべが私の微々たる活動の最初のパートナーでした。

べべが一緒に数多の卒業生を出し入れしてくれたのです。

べべがナナ以下の全員を受け入れてくれたから今の私があるのです。

わがままな犬なのに、いっぱいがまんして。

 

べべのあの大病の頃から私はべべがいるのが「当たり前」だとは思えなくなりました。

幾多もの奇跡が折り重なり、この子たちは今日、ここにいるのです。

 

当時、私は地元の大きな病院を一棟借り、大学病院から医療チームを招いてべべの大手術を行いました。我が家は平凡なサラリーマン家庭なので、べべの闘病を契機に経済状況は一変しましたが、べべは強い絆で結ばれた私の家族であり、理解者、功労者ともいえます。

だから微塵の後悔もありません。

むしろべべを生かしてくれたあらゆるものに感謝しています。

べべは我が家を照らす太陽です。

naya

 

「太陽、か……」

fa

 

あら、さぶやきもち?

言うまでもなく、さぶも太陽だよ。

yab

 

そろそろ慢性腎不全の進度チェックに行こうね。

ナナもリルもほほもあまぱんもみんなお母さんの太陽。

この家は太陽だらけだから熱くて身を焦がしそう(笑)。

べべの話が長くなりました。保護猫たちの話題はまた今度にしますね。

 

キットからありがとうを♪

老齢、片目を失うほどの怪我、FIVキャリア、慢性腎不全を患った元野良猫キット(詳しくはこちらを)に対し、お心あるご支援をいただきました。

鯵ぽた屋さんからのキットフード

IMG_9174

 

ひなホプさん経由で届いたねーたんからの補液セット

IMG_9173

 

私からも少し足してすべてキットの保護主さんにお渡ししました。

IMG_9227

 

キットの保護主さんはカメラを持参し、キットの近況を教えてくれました。

IMG_9235

 

キット写真の入ったカメラのSDカードもお借りしたのですが、我が家のリーダーでは取り込めなかったので、今回は保護主さんのカメラ画面を写した写真で勘弁してください^^;

自宅での補液(点滴)を嫌がり昨夜は保護主さんを思いっきり噛んだらしいです(爆)。

IMG_9234

 

元気が出てきた証拠ですね。

食欲もあります。ご安心ください。

通院は2週間に1度。補液はまだ人馴れしていないキットの精神的面も考え、現在は自宅にて週2の割合で体調を維持させているそう。ごはんは1日2回。ウエット半分ドライ半分。ウエットだけ先に食べちゃうんだとか。そりゃそうだよね(笑)。

ネット環境にない保護主さんですがきちっとやっています。ご心配なく。

自転車でうちの近所まで取りに来てくれています。

IMG_9231

 

保護主さんは繰り返しお礼を述べていました。皆さまによろしくお伝えくださいと。

703号室を介して送ってくださった方へのお礼状などは僭越ながら私からさせていただきます。

どうもありがとうございました。落ち着いたら私もキットに会いに行きます。

 

スポンサーリンク





ねこひげスタンドとねこのキットくん

うー

更新が追いつかないっす。

まず捕獲(保護)ホヤホヤの猫ですが、もちろんリリースなどしません。周りの環境が悪すぎます。若い大きなオスでウイルス検査はマイナスでした。食欲元気はありますが人馴れしていません。はじめの一歩から開始、のパターンです(涙)。

つけたい名前があるのですが、何名かにこっそり伝えたところプッと笑われました。「イメージに合わなすぎだろ」とのことです。よって、もう少し悩むことにします。

昨日今日、私はたくさんの方とお会いしました。

一気には書けないので小刻みにご紹介します。

寝坊&遅刻からスタートした一日!

待ち合わせ場所は高円寺。

みんなでかいとーひろみさんに会いに行きます。

メンバーはみいさん、里親MIHOさん、里親きちこさん、里親いっきゅうのママ、まゆみさんです。

y (2)

 

私が狙うのはかいとーひろみさんのsakusaku Shopのねこひげスタンド!

y

 

以前卒業猫うにの里親さんにプレゼントしていただいて以来すっかり虜になりました。いっぱい買いましたのでプレゼント用や保護猫たちのお婿入り道具にします。

 

お店に飾られていた絵がかわいくてかわいくて^^

y (5)

 

かいとーひろみさんや他の作家さんも交え和気藹々おしゃべりしたあとカフェへ移動。寝坊でなにも口にしていなかった私は中途半端な時間にがっつり食べてしまったのです。このほかにケーキも……

y (4)

 

まゆみさん、ロクシタンの石鹸ありがとうございます。大好き!

y (3)

カフェのあと、妹を除く全員でうちの母の店に行くことになっていたのですが、私のせいで電車に乗り間違えました。はあ。私を信じてついてきてくれた皆さま、ごめんなさい。

母の店にはスペシャルゲストお二方もご来店くださいました。次回写真つきでたっぷりと紹介させていただきます。長くなりますのでいったんお出かけ記事を切りますね^^;

今日はご報告があります!

以前ブログで里親さん募集したこの子を覚えていますか?

y12

 

おそらく老齢、慢性腎不全、FIVキャリアに加え、片目がこんな状態

y10y11

 

性格も人馴れしていないことから、家族が見つかるのは至難だとわかっていました。

y9

 

無事に片目摘出手術を乗り越えて↓

 

y7

 

保護主さんは地元で地道にTNRをつづけながら自宅にFIVキャリアの猫や保護猫をたくさん抱えています。加えて手のかかりそうなこの子に出会い、パニック状態だったと思うのです。医療費のことも心配だったでしょう。苦しい経済状況の中、精いっぱい努力してもつぎつぎと出会ってしまうから。

だから保護当初は、去勢後リリースしたいと仰っていたのです。

そこで私は一度保護主さんとゆっくり話すことに決めました。保護主さんがどうしてもこの子を受け入れられないなら、リリースするなら、私が引き受けることを提案したのです。

けれど保護主さんは、がんばってみると仰ってくれました。だから私もフードの支援などをさせていただくつもりです。

先日我が家まで取りに来たので約1ヵ月半分渡しました。なくなる頃にまた渡そうと思います。

y6

 

ガラ携のメールすら使いこなせないと嘆いていた保護主さんが、なんと本日この子の近況写真を送ってくれました。見てください。子猫のような表情を! 通院時の1枚です。

2014092417020000.jpg

写メが添付されていたメールには題名も本文もなく写真一枚のみでしたが、その「できなさ」「不器用さ」に私はかえって胸がいっぱいになりました。一生懸命送ってくださったのですね。

血だらけでボロボロだった野良猫が、「キット」と名づけられ、命の息吹を吹き返したのです。

老人介護のお仕事をしていらっしゃる保護主さんなら必ずキットくんのケアをしてくださると信じて私もできる限りの支援をさせていただく所存です。

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

ツイッターでもたくさんの方が気にかけてくださいましたね。どうもありがとうございました。きちんと整理してからご報告をと思いましたので少し遅れました。お詫びいたします。

気づいたら今週も折り返し地点。月日の流れが恐ろしいほどスピーディに感じるのは私だけでしょうか? 流れに乗り遅れないよう、機敏に生きていきたいです(汗)。

※非公開希望でコメントをくださる方がいますが、非公開コメントへのお返事はむずかしい場合があります。ごめんなさい。テンコママさま、お悩みよーくわかります。一歩一歩ですよね。

 

スポンサーリンク