ねこひげスタンドとねこのキットくん


うー

更新が追いつかないっす。

まず捕獲(保護)ホヤホヤの猫ですが、もちろんリリースなどしません。周りの環境が悪すぎます。若い大きなオスでウイルス検査はマイナスでした。食欲元気はありますが人馴れしていません。はじめの一歩から開始、のパターンです(涙)。

つけたい名前があるのですが、何名かにこっそり伝えたところプッと笑われました。「イメージに合わなすぎだろ」とのことです。よって、もう少し悩むことにします。

昨日今日、私はたくさんの方とお会いしました。

一気には書けないので小刻みにご紹介します。

寝坊&遅刻からスタートした一日!

待ち合わせ場所は高円寺。

みんなでかいとーひろみさんに会いに行きます。

メンバーはみいさん、里親MIHOさん、里親きちこさん、里親いっきゅうのママ、まゆみさんです。

y (2)

 

私が狙うのはかいとーひろみさんのsakusaku Shopのねこひげスタンド!

y

 

以前卒業猫うにの里親さんにプレゼントしていただいて以来すっかり虜になりました。いっぱい買いましたのでプレゼント用や保護猫たちのお婿入り道具にします。

 

お店に飾られていた絵がかわいくてかわいくて^^

y (5)

 

かいとーひろみさんや他の作家さんも交え和気藹々おしゃべりしたあとカフェへ移動。寝坊でなにも口にしていなかった私は中途半端な時間にがっつり食べてしまったのです。このほかにケーキも……

y (4)

 

まゆみさん、ロクシタンの石鹸ありがとうございます。大好き!

y (3)

カフェのあと、妹を除く全員でうちの母の店に行くことになっていたのですが、私のせいで電車に乗り間違えました。はあ。私を信じてついてきてくれた皆さま、ごめんなさい。

母の店にはスペシャルゲストお二方もご来店くださいました。次回写真つきでたっぷりと紹介させていただきます。長くなりますのでいったんお出かけ記事を切りますね^^;

今日はご報告があります!

以前ブログで里親さん募集したこの子を覚えていますか?

y12

 

おそらく老齢、慢性腎不全、FIVキャリアに加え、片目がこんな状態

y10y11

 

性格も人馴れしていないことから、家族が見つかるのは至難だとわかっていました。

y9

 

無事に片目摘出手術を乗り越えて↓

 

y7

 

保護主さんは地元で地道にTNRをつづけながら自宅にFIVキャリアの猫や保護猫をたくさん抱えています。加えて手のかかりそうなこの子に出会い、パニック状態だったと思うのです。医療費のことも心配だったでしょう。苦しい経済状況の中、精いっぱい努力してもつぎつぎと出会ってしまうから。

だから保護当初は、去勢後リリースしたいと仰っていたのです。

そこで私は一度保護主さんとゆっくり話すことに決めました。保護主さんがどうしてもこの子を受け入れられないなら、リリースするなら、私が引き受けることを提案したのです。

けれど保護主さんは、がんばってみると仰ってくれました。だから私もフードの支援などをさせていただくつもりです。

先日我が家まで取りに来たので約1ヵ月半分渡しました。なくなる頃にまた渡そうと思います。

y6

 

ガラ携のメールすら使いこなせないと嘆いていた保護主さんが、なんと本日この子の近況写真を送ってくれました。見てください。子猫のような表情を! 通院時の1枚です。

2014092417020000.jpg

写メが添付されていたメールには題名も本文もなく写真一枚のみでしたが、その「できなさ」「不器用さ」に私はかえって胸がいっぱいになりました。一生懸命送ってくださったのですね。

血だらけでボロボロだった野良猫が、「キット」と名づけられ、命の息吹を吹き返したのです。

老人介護のお仕事をしていらっしゃる保護主さんなら必ずキットくんのケアをしてくださると信じて私もできる限りの支援をさせていただく所存です。

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

ツイッターでもたくさんの方が気にかけてくださいましたね。どうもありがとうございました。きちんと整理してからご報告をと思いましたので少し遅れました。お詫びいたします。

気づいたら今週も折り返し地点。月日の流れが恐ろしいほどスピーディに感じるのは私だけでしょうか? 流れに乗り遅れないよう、機敏に生きていきたいです(汗)。

※非公開希望でコメントをくださる方がいますが、非公開コメントへのお返事はむずかしい場合があります。ごめんなさい。テンコママさま、お悩みよーくわかります。一歩一歩ですよね。

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*