10年選手 ほか

皆さまこんばんは。昨夜は見苦しいシワシワの写真を失礼しました。

 

 

まさか撮られているとは知らず(汗)。チチが私のだいじなパソコンを壊したのかと思い、涙ながらに抗議していたのです。どうしてもメールを送りたい方がいて、そうでなくても、ただでさえ胸が苦しいのに、どうしたらいいかわからなくなって。

 

 

まあ、あとでわかったことですが、チチのせいではなかった模様です。へへ。ごめんなさい。

 

 

 

私にパソコンをくださったお方から素敵なプレゼントが♪

etotoe (10)

 

 

 

直木賞作家の森絵都さんの短編小説「出会いなおし」。毎晩自分へのごほうびに読ませてもらっています。今夜ももちろん読みます。森さんは天才、奇才、鬼才です。

 

 

読んでいて恐ろしさを感じました。誉め言葉です。

 

 

森さんは森さんの人生しか生きていないはずなのに、どうしたことでしょう? 登場人物の心情描写や背景描写があり得ないほどうまいです。うまいというか、「まんま」で驚く。

 

 

オシャレで軽やかなんだけど、ドッシリとした重厚感や深みがあります。語彙力もハンパじゃありません。短編が好きな方、小説に飢えている方はぜひ♪ 森さんありがとうございました。

 

 

ぜったい我が家にカレー食べに来てください。

 

 

 

さて、最近のできごとを少し。本日は長めのお散歩へ。風が気持ちいい季節ですね。

etotoe (12)

 

 

 

散歩後、車内の掃除を。トランクがゴチャゴチャで萎える。

 

 

来週、ガリバーに12万円で引き取ってもらうことになっているうちの愛車。10年間お世話になりました。犬たちとのお出かけ、動物病院への搬送、保護動物の保護やお見合いやお届け・・・・・・東西南北、私といっしょにあちこち駆けずりまわってくれました。

 

 

 

理不尽な10円パンチにも耐えました。コツンとぶつけても保険料の値上がりにビビって修理を渋ったため、よく見ると傷だらけです。近頃は小さな故障を繰り返し、燃費の悪さで私に文句を言われ、ますます満身創痍に。

 

 

 

1円でも安く買いたいガリバーと、1円でも高く売りたい私たちのせめぎ合いの狭間にポツンと佇む姿を見ていたら、とてもじゃないけどただの鉄クズには思えず、さびしさがこみ上げます。

 

 

 

がんばってくれたね。10年間ありがとう!

etotoe

 

 

 

程度のいいのが中古市場で見つかったので、次は燃費のいいコンパクトで丈夫なハイブリッドカーにします。2台目も10年乗るぞ!!

 

 

 

そういえばほほももうすぐうちに来て10年。10歳だ。

etotoe (2)

 

 

 

 

子猫時代から重度の水頭症を患っていたほほ。ほほの10年はロングでディープですね。

etotoe (5)

 

 

 

 

高い場所にのぼってドヤ顔のほほ。目が合った直後私におろされてしまいました。

etotoe (4)

 

 

 

ほほすごいねえ。でも落下したらあぶないから、ごめんね。

 

 

 

リビング反対側はリラックスモード。美女たちがお母さんに「寝よう」の誘惑をしてきます。辛い。

etotoe (3)

 

 

 

 

最後に、保護猫サク&セスの話題を^^

etotoe (14)

 

 

 

ひとり不毛な闘いをつづけていたサク坊(黒白)ですが・・・・・・

etotoe (6)

 

 

 

私にとっつかまり

etotoe (7)

 

 

 

洗濯ネットの中に入れられてしまいました。この後私はサク坊を連れてトイレへ

etotoe (11)

 

 

 

 

万が一洗濯ネットから飛び出しても、トイレ(狭い個室)の中なら簡単に捕まる。だからトイレなのです。私に「連れション」の趣味はありませんので誤解のないようお願いします。ペコ。

etotoe (13)

 

 

 

 

トイレの中でパチパチ。これで人間の流血沙汰が減るってもんですよ。

etotoe (9)

 

 

 

以後、なんだか私は急にサク坊がぜんぜん怖くなくなり、サク坊にパンチされてもコネコネしまくっていたら抱っこOKに! 今サク坊は過渡期です。

 

 

 

「人間を信じてみようかな?」と考えなおしてくれています。さわるとガリガリのサク坊。小さな体でいっしょうけんめい世間に抗っている様子は逆に萌えますね。

etotoe (8)

 

 
もういい。サクは人間にドンと任せながらのんびり生きてみなさい。

 

 

きみたちは人間の扶養家族になるのがいちばんです。ほんとうだよ。

 

 

 

ね、皆さま^^

 

 

ツラツラと失礼しました。

 

 

来週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク

新鮮なのください

直木賞作家の森絵都さんより新刊が届きました。森さん、いつもありがとうございます。

mikazuki-6

 

 

ボリュームある一冊。絶対骨太でおもしろいにちがいありません。読むのが超楽しみなんですけど。また魂を込めた感想文を森さん宛に送りつけようと思います。

 

 

ちなみに今私が使っているノートパソコンは森絵都さんのお下がり。長い間使っていますが、ぜんぜん故障しません。まだしばらくお世話になる予定です。

 

 

「ハハってずうずうしいんですね。その黒いパソコンももらいものですか?」

mikazuki-2

 

 

 

いや~ ジョイそうじゃないんだよ。

 

 

3年以上前の話だけど、当時は割と家計が厳しく、そこへ急にパソコンが壊れちゃったもんだから天女さまが使ってないパソコンをゆずってくださったの。

 

森さんその節はほんとうに助かりました。森さんのお下がりパソコンを使ってたくさんの卒業生を排出したのでちょっとは恩返しになったかな?

 

 

「なるほど~ そういうことですか。ハハ物はたいせつに使いましょうね」

mikazuki-5

 

 

 

おまいもね。爪とぎとかオモチャとか壊さないでたいせつに使ってください。わかった?

 

 

「ぼくひとつも壊したことないけど?」

mikazuki-4

 

 

 

そうだね。たしかにジョイはいたずらや破壊しないよね。

 

 

「遊び方も上品って言われます」

mikazuki-3

 

 

 

え、だれに?

 

 

おまいほとんど私の前でしか遊ばないのに、だれに言われるの?

 

 

 

「ぼき」

mikazuki

 

 

 

笑。そっか。ジョイをほめて育ててくれて、ほほありがとう。

 

 

さて、掃除も終わったことですし、買い物にでも出かけますかね?

 

 

明日はあまぱんの通院。どうか腎臓の数値がひどく悪化していませんように。

 

 

最後に、あまぱんの不経済な水の飲み方を皆さまに告発して更新を終えたいと思います。

 

 

どうしてもこうしたいらしい。

mikazuki-7

 

 

 

やめてほしいのですが、ピンクの舌をちょろっと出して水をすくう姿がかわいいので

mikazuki-8

 

 

 

あまぱんのやりたいようにやらせています。

mikazuki-9

 

 

 

スリムになったでしょ? でもがんばって病気と闘っていますよ。

mikazuki-10

 

 

 

皆さま今週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

iPhone写真で近況報告!

皆さまくだらない過去話でご心配をおかけしました。

 

私は忙しくしています。おかげでパソコンに向かえず、更新の時間があまりありません。夜々子、すや、桜の卒業記事は必ず書きます。ブログをはじめてから卒業記事を書かなかったことは一度もありません。楽しみにしてくださっている方がいると思うとなかなかUPできないのがほんとうに心苦しくなりますが、しばしお待ちくださいね。

 

 

卒業の日に妹のiPhoneで撮った桜嬢。ママのお布団にもぐっています。かわいいなあ。

IMG_9745

 

 

夜々子、すや、桜が1日も早く環境になれますように!(ややは大丈夫だろうけどね^^;)

 

 

本日の夕方のデカ円氏。お食事前にパチッと激写しました。

IMG_9801

 

 

女性陣がでっぱらったので今は彼の天国です(笑)。保護部屋をひとりで満喫しています。

 

よく動くし、よく食べています。近くで写真を撮ろうとしたら「シャー!」されてしまいましたが、ストレスフリーの環境でのんびりしてもらえたらなと思います。気長におつき合いください。

 

 

昨日私は人間ドッグでした。頭痛の診察と検査も受けました。結果は数週間後に出ます。病院の帰りに丸の内のOAZOの丸善へ寄ってしばし探索。本がいっぱいで心躍ります♪

 

 

ハードカバーは高いので文庫の小説を3冊買ってきました。ちみちみ読むのが愉しみです。

IMG_9791

 

 

最後に、入院中の卒業犬コロンJ見ていますか? 姉妹のナナからひと言!

IMG_9795

 

 

「殿! あたしたちまだまだ生きるの! わかった?」

IMG_9794

 

 

今朝のお散歩後のナナ。ウトウトする姿に胸きゅん。私はしばらくナナの顔を見ていました。

IMG_9797

 

 

世界のどこを探しても、ナナと同じ犬はいない。

 

世界のどこを探しても、一頭たりとも同じ犬猫はいない。

 

べべもリルもほほもあまたもさぶも。

 

仮にたとえそっくりのきょうだいがいても、そっくりなのであって同じではない。

 

一頭一頭のアイデンティティーを感じるたびに、その命の重さにもまた同感する。

 

個と個のちがいを認め、掘り下げ、受け入れ、よりよい関係を築いていきたいですね。

 

庇護されるべき者が愛を一身に受けられる社会をめざして!

 

LOVE!

 

スポンサーリンク

光そして影

直木賞作家の森絵都さんから「ラン」台湾版が届きました。森さんはご著書の台湾中国語バージョンがでるたびにこうして送ってくださるのです。一冊は母に渡し、一冊は我が家の本棚にしまって大切に読ませていただきます。森さんありがとうございました。

gaou

 

 

森さん、あまぱんちゃんと食べています。スウちゃん(ハクちゃんも)もどうかお大事に!

 

 

みいさんから追加で大量の写真が届きました。どれもうっとりため息です。

 

(※本日の猫写真はすべてみいさんより)

 

 

ソレイユ投薬のため、捕獲

bjao (2)

 

 

時間節約したかったのでチャコさんとのお見合い時にその日分の投薬を済ます魂胆でした。

bjao

 

 

風邪治療中のソレイユは目薬と飲み薬をがんばりました。

faioufa (2)

 

 

 

しかしソレイユくん、きみは儚げだね……

gaou (2)

 

 

こういう子たちがわんさか外にいるのが切ない。

 

外は猫の楽園ではないです。

少なくても都心部では。

 

野良猫たちのほとんどは警戒心があらわです。

間仕切りのない空間にいるはずなのに自由を謳歌している雰囲気がありません。

猫は多かれ少なかれ本能的に身の危険を察知する賢い生き物なので、外では無邪気になりきれないのでしょうね。安全な家の中に入った猫の表情こそ、平和的だと思います。

 

 

私は昔、カラスにメチャクチャにされた子猫の亡骸を近所で目撃したことがあります。

 

おそらく1キロに満たないキジトラ風の子猫は、三羽のカラスに挟み撃ちにされ、顔、腹部、たしか後ろ足のあたりまで鋭いくちばしで執拗に突っつかれていました。

 

神社の片隅

 

小さな体が朽ち果てるまでカラスたちに抗った姿を想像しただけで胸が潰れそうでした。

 

どんなに怖かったのか?

 

けれど私はどうすることもできませんでした。絶命してまもなくだったであろう子猫の屍とそれを囲うカラスたち……地獄絵図を前に身が竦んでしまったのです。

 

今なら近寄って残った部分をかき集め弔ってやれるだけの勇気があるのかな?

 

まああんなシーンは二度とごめんですけど。

 

 

生粋の野良の子猫たちが外で十数年の寿命をまっとうする可能性は限りなく低いでしょう。

ahdrea

 

 

蝶よ花よと育てられている家猫がいる一方、食べものすらなく荒地をさすらいつづける外猫がいます。両方どちらも「猫」なのに、どうして理不尽なほど境遇がちがうのでしょう?

 

まるで光と影。不公平です。

 

私たちが知らぬ顔で「運命」と簡単に片づけてしまえば、好転は望めません。

 

もしもそれが運命なら、私たちの手で運命を変えればいいのではないでしょうか?

 

人間の少しの努力で、他の種の運命が変わるなら、喜んで手を差し伸べたいですね!

 

私は1頭でも多くの犬猫たちが終の棲家にたどりつけることを祈り行動していきたいです。

 

 

長くなりましたが最後に、実はこれがいちばん言いたいことですが……人間が庇護すべき対象は子猫のみならず、私は成猫も子猫も垣根なく家族を得るべきだと思います。

 

 

子どももオトナも幸せになりたいのは同じだもんね^^

 

この星は何歳からでも生き直すチャンスに溢れているはずです。

 

 

青レンジャーと赤レンジャー

aoiu

 

 

卒業の決まったニコとピースはなかよく過ごしています。

 

さて、明日は仕事なので早起きです。皆さまもよい一日をお過ごしください。

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク