にっこり通院

皆さまこんにちは。昨日はうちのほほの東大病院通院の日でした。

 

 

東京大学農学部敷地フェチのMIHOさんと私。ほほには迷惑な話ですが、私たちは東大病院へ通うのをひそかに楽しみにしているのです。

 

 

とはいっても、お子たちの医療費ケア用品代がじわじわとボディブローのごとくきいてきて、いつまでつづくんだろうと不安になったりも。チチがいろいろがんばってくれているので、まあまだ大丈夫ですけど。

 

 

 

まずは基礎的な診察

hohoni (5)

 

 

 

ほほ、がんばってください!

hohoni (3)

 

 

 

後ろ足の毛が抜けてしまったことを伝えました。

hohoni (4)

 

 

 

水頭症の治療のため、長期間ステロイドを服用しているほほ(10歳)。もとは黒猫だったのですが、ステロイドの影響で、被毛が茶色になっています。

 

 

けれどステロイドはほほの命綱。利尿剤と併用しています。腫れている歯茎は定期的にコンベニア(抗生物質)注射を打ちます。今のところはこの3点セット。

 

 

内臓の状態は血液検査でモニタリング。ほほは腎臓の強さに恵まれているのでステロイドの長期服用が可能。ゆえにほほなりのQOLを保てているのです。

 

 

ほほの「安定」がどの位つづくのかはわかりませんけど。

 

 

ほほを検査に預けたあと、MIHOさんと私は敷地内を散策します。小腹が減りサンドイッチを食べることに。おいしい上、ボリューム満点。そして安い!! たしか2つで250円だったかな? ありがたい価格設定ですね。

hohoni (12)

 

 

 

検査が終わりそうな時間に病院へ戻りました。前田先生登場♪

hohoni (1)

 

 

 

どうぞよろしくお願いします。

hohoni (13)

 

 

 

前田先生はほほを慈しんでくれています。先生の言動でよくわかります。

hohoni (2)

 

 

 

気になるところは画像を撮り、記録

hohoni (15)

 

 

 

おや? これは? どうやら前田先生の個人的な趣味のようです。

hohoni (14)

 

 

ほかの先生が見せてくださったのですが、前田先生の「お気に入りのほほさん」だそうです。かわいいねほほ(笑)。

hohoni (6)

 

 

 

東京大学でも水頭症で訪れるのは「犬」ばかりで、猫の水頭症はほとんど診たことがない模様。くわえてほほは重度なのでレアケースかもしれません。

 

 

しかし先生たちは物珍しさに着目しているのではなく、私の考えるほほの生活の質をいっしょに模索してくださっているのです。何度も会話をすれば、その方の方向性や思考がある程度見えてきます。

 

 

話をすればするほど、私は前田先生の獣医師としてのあたたかさ有能さに触れることができます。いい先生にめぐり会え、助けてもらっていることにほほともども感謝の気持ちでいっぱいです。

hohoni (10)

 

 

 

和気あいあい。笑顔の絶えないひと時

hohoni (9)

 

 

 

犬猫の闘病は金銭的にも時間的にも体力的にも割とヘビーです。気分の落ち込みも加わります。ですが私はホームドクターの大巻先生、東京大学の前田先生、保護猫たちがお世話になっているemi-goのご主人中島先生など、すばらしい方々のおかげで前へ進んでいます。私の家族たちは闘病中ですが、死に向かっているのではなく、明日に向かって生きています。そう思わせてくれる先生方です。

 

 

さて、ほほは薬も処方されすべてが終了。足の脱毛は様子を見ながら先生と相談していきます。通院前「キャリーやだ!!」の決死の抵抗をしたほほも、帰りは自らキャリーにさっさとおさまりました。おりこうです。ふふ。

 

 

 

敷地内の地域猫さんたち。不妊手術を終えていることは前田先生にも確認済み!

hohoni (7)

 

 

 

近寄っても逃げませんでした。

hohoni (11)

 

 

 

MIHOさん、いつもサンキュウ!

hohoni (8)

 

 
ちなみに医療費と駐車場代で約27,000円。次回は11月の終わりを予定しています。ああ、本日は自分の通院日でもあるのでそろそろ支度をしますね。

 

 

では皆さま、ごきげんよう♪

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





10分更新 公園へ

ブログ連続更新中です。よろしければ下の記事もご覧くださいね。

 

 

さっきまで「なおっちさん」と電話。ご友人とふたりで多数の猫の保護をしていらっしゃいます。

 

 

なかなか捕まらない猫がいるとの相談を受けました。捕獲箱はアレンジを加えることで成功率が格段に上がります。内容をここには書けないのが残念ですけど。

 

 

 

私まわりの方々は、実力と信念を持っています。

 

 

 

「丸投げ」や「延々の自分探し」や「世間に対する漠然とした批判」の域にはいなくて、「目的が明確」かつ、できることを自分でやろうとしています。だいたいが目の前に現れた1匹を自分でどうにかしたい、と切実に考えているケースで、それであれば私も具体的なアドバイスをさせていただくことができて実りを感じます。応援しています。なおっちさん、がんばってください。

 

 

 

さて、昨日いっしょに遊んだりょうちゃんもそんな女性ですね。

 

 

 

「なによ? うちの人たちがなんだって?」 ※写真りょうちゃん

???????????????????????????????

 

 

 

 

「なんですか? 遊んだんですか?」 ※写真りょうちゃん

???????????????????????????????

 

 

 

遊んだ、じゃないか^^;

 

 

 

実はレンタル中のケージを返してもらう必要があり、りょうちゃん夫妻が届けてくれたのです。

 

 

 

世間を見下ろす三毛の「しじみさん」。

 

 

 

しじみさんの家族を私が募集し、里親りょうちゃんと出会いました。りょうちゃんはその後、私の紹介で黒猫「ののこ」を2匹目の家族として引き取ってくれて、自宅付近の猫たちをTNR、保護譲渡しています。りょうちゃんの行動力を尊敬します。

 

 

 

せっかくこっちまで来たんだからほんとうは我が家でゆっくりくつろいでもらいたかったのですが、うち最近、泣きたくなるほど散らかっています。目のまわりのオデキの手術を受けた(のを言い訳に)私は細かい掃除ができません。ならせめてお茶でも、ということで、3人でカフェへ♪

 

 

 

事前にりょうちゃんに「お嫁入り道具にしたいからさびのすももに合いそうな猫クッションを持って来てください」とお願いしていたのですが、超いっぱい持ってきた・・・・・・選べん!!

1ssisisi

 

 

 

 

ツイッターでも皆さまのご意見を伺いましたね。

 

 

 

悩みまくってすももの里親さんにも連絡。

 

 

 

皆さま、りょうちゃん、私で、「似合いそう」と目をつけていたひとつを里親さんがチョイス

1ssisisi (2)

 

 

 

 

うん♪ かわいいと思います。私が個人的にいちばんほしいのもピンクのお花のでした。

 

 

 

卒業のとき、プレゼントします。子育てを終えたすももが枕がわりにつかってくれるといいな。

 

 

 

カフェを出ても明るかったので、りょうちゃん夫妻を誘い、公園へ

1ssisisi (3)

 

 

 

なぜ3人で来たのか自分たちでもよくわかりませんが、とにかく気持ちよかった!!

1ssisisi (7)

 

 

 

 

水辺をぐるっと一周

1ssisisi (6)

 

 

 

 

おちびさん発見。9きょうだいとママ。いっしょうけんめい生きています。

kouennhe

 

 

 

 

チーさん(ご主人)は大喜び。釣り具とビールがないのを悔しがるほどでした。

 

 

 

「ビール持っちゃった日には(公園から)出れないね」

 

 

 

だそうです(笑)。

 

 

 

空の色が印象的でしょ?

1ssisisi (5)

 

 

 

 

緑の中を歩くと心が落ちつきます。近々べべ、ナナ、リルとも来たいなあ。

1ssisisi (4)

 

 

 

 

りょうちゃん、チーさん、たのしい時間を共有してくれてありがとうございました。

 

 

 

夜、「おれ風のカレーを作る!」と豪語していたチチを延々と待つも、ソファーで寝腐っていて起きようとしません。日中、チチは上野までわざわざスパイスを買いに行ったんです。

 

 

 

なのにあろうことか、約束を反故にされました。

 

 

 

仕方がないので私はお弁当を食べたのですが、カレーを私にふるまうはずのチチが寝起きに図々しく空腹を訴えてくるという理不尽さ・・・・・・。これが田辺家の実態ですよ皆さま!!

 

 

 

簡単にできるものしか作りたくなかったので、親子丼とスープを出しました。

t

 

 

 

 

憎らしいです。

 

 

 

でもいいの。カフェと公園でストレスを発散してきたばかりだから。

 

 

 

クドクドと失礼しました。

 

 

 

皆さま今週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





お話会よろしくお願いします

本日はにゃっ展へおじゃましお買い物してきました。

NNY (6)

 

 

 

 

首まわらないから王冠にしてみる。使い方ちがうね^^;

NNY (2)

 

 

 

ほしいものがいっぱい(写真はりょうちゃんのブース

NNY (9)

 

 

 

写真コンテストの子たちもかわいい!

NNY (8)

 

 

 

会場でいろんな方とお会いしました。りょうちゃん、卒業生実葉の里親ファミリーとパチッ♪

NNY

 

 

 

お兄さん、背が伸びていてびっくり。ちゃたろに会いたいそうです。落ちついたら来て来て~!

 

 

 

「あら タナベさんひさしぶり わたしの家族と話したそうですね」

NNY (3)

 

 

 

実葉最近少しワルいとの噂を耳にしましたが?

 

 

 

「シー!! タナベさんそれナイショでおねがいしたいです わたしなりにイメージ戦略があるの」

NNY (5)

 

 

 

 

そう? 私はうれしいですよ。実葉が必要以上に「いい子」じゃなくても、実葉を受け入れてくれる環境だからこそ、実葉は自我を出しているんでしょう? ステキなことですね。

 

 

 

卒業記事のとき、私は実葉の里親さんが玄関の脱走防止対策をさらに強化する予定だと書いたのですが、あのあとすぐにこんな立派な柵が完成。ご主人さまの手作りだとか。すごいなあ。

IMG_2090

 

 

 

 

帰り、MIHOさん、ゆきみといっきゅうのママ、りょうちゃんと軽く食事。うわー。このメンバーは全員私が譲渡した猫と暮らしています。感慨深い・・・・・・。

NNY (7)

 

 

 

 

そうそう。5日と6日は「お話し会」をやらせていただきます。

 

 

 

「保護」と「譲渡」の2回です。にゃん太さんのご主人さまが資料をキレイに仕上げてくれました。

NNY (16)

 

 

 

 

近所のカフェにこもってアンケートに目を通しました。みなさんありがとうございました。

NNY (4)

 

 

 

一度だけひとりで密室(山荘のイメージのマンションの集会室)で通しでやってみたのです。

NNY (11)

 

 

 

時間がかかるので通しの練習に限界があり、限りなくぶっつけ本番風になってしまうのですが、1度だけやってみた感想としては「保護」より「譲渡」のほうが内容がみっちりゆえ、聞く側のみなさんがたいへんな思いをしそうです。ごめんなさい。でもたいせつなことばかりです。

 

 

少し疲れちゃうかもしれないけれど、がんばりましょう。

 

 

ちなみにチチは1回目の「保護」のほうに参加し、「馴れない猫の馴らし方」についてひと言話してくれるらしいです。内容は聞いていませんのでみなさんの参考になるかは不明ですが。

 

 

 

「保護」も「譲渡」も私にはさまざまな経験と自分なりのとロジックがあります。しかしすべてを限られた時間で理路整然と説明するのはむずかしいです。伝えられるようがんばるつもりですが、寛大なお気持ちで参加してくださるとうれしいです^^

 

 

 

にゃん太さんとも先日軽く打ち合わせしました。

NNY (15)

 

 

 

頼りない私をフォローしてくださるとのこと、すみませんありがとうございます。

NNY (17)

 

 

 

 

準備中だったにゃっ展の会場にて

NNY (12)

 

 

手際いいなあ!

NNY (14)

 

 

 

こんな立派な垂れ幕? 発見。布でできています。

NNY (19)

 

 

 

fukkoさんのご主人ケンちゃんと

NNY (18)

 

 

 

道具持ち込み完了。これは「保護」で使うものです。

NNY (13)

 

 

 

見ようと思えば・・・・・・猫に見えるかな? うちのナナ(犬)をイメージしてお友だちが作ってくださったぬいぐるみですが、手ごろなものがこれしかなくて。もういいや。猫だと思ってください。

NNY (20)

 

 

 

 

べべたちのお世話があるので、完全に準備不足ですが、当日みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。私は緊張しやすいので(ほんとうです)にっこりほほえんでくださいね(願)。

NNY (10)

 

 

 

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

近日中にちゃたろの未来についても書きますね。お楽しみに!

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





黒豹病院へ

東大病院に保存されているほほの電子カルテ

IMG_2345

 

 

 

身体学検査時に先生が撮った画像があまりにもかわいくてお母さんにんまり^^

 

動画もあるそうなのでいつか機会があったら見せてもらおう♪

 

 

 

先週もほほは通院をがんばりました。またキャリー内でおしっこしてしまったけれど(苦笑)。

IMG_2329

 

 

 

到着早々担当の先生にドライシャンプーをしてもらうほほくんでした。先生すみません。

IMG_2334

 

 

 

ステロイドを長期服用中のほほ。血液検査の結果がよくてホッ。

IMG_2344

 

 

 

これならば当面薬をつづけていけます。今回抗生物質が新たに追加され薬は3種類に。

 

 

毎日欠かさず飲ませています。

 

 

 

ほほもしっかり聞いている中で、先生にほほの日常を細かく伝えています。

IMG_2332IMG_2333

 

 

 

低空飛行でもいいから、ほほなりに飛びつづけてほしい。

 

 

それが私の考えです。勝手かもしれないけれど、ほほが生きようとしている限りほかの答えが見つかりません。最初はストレスを感じている風だったほほも通院にだいぶ慣れ余裕の表情を浮かべるようになりました。その姿を確認し私も精神的にゆとりが持てるようになったのです。

IMG_2341

 

 

 

ほほが検査を受けている小一時間のあいだ、東大敷地内を散策したりお茶をしたり。

IMG_2338IMG_2337

 

 

 

ただじっと待合室にいると、ときどき気が滅入りそうになるからです。

 

毎回万が一に備えつき合ってくれるMIHOさんとカフェでカモミールティを飲みました。

 

350円で得られる至福~! めざとい中年女子ふたりは雰囲気のいい場所を見つけては写真を撮り合い互いに見せ合っています。

 

 

 

ほほもたくさん撮ってもらいました。勇姿、と言いたいところですが、なんだか頼りなげだからちがうかな? でも勇姿だよね。立派だと思います。

IMG_2321

 

 

 

歯茎は相変わらずの腫れ方ですが、きちんと食べていること、前回と状況が変わっていないこと、血液検査の結果がよかったことに安堵し、見守ってくれる先生方に感謝の気持ちです。

IMG_2343

 

 

 

ほほがまだまだまだまだお世話になります。どうぞよろしくお願いします。

 

 

マジメな話、大学病院はもっと敷居が高いと思っていました。食わず嫌いというか、正直なんとなく腰が引けていたのです。研究機関だし、若い獣医師を育てる場所でもあるゆえ患者が置き去りにされてしまうのではないか、心と心を通わせながら「医療」に向き合えるのか不安で。

 

 

けれど東大の先生方やスタッフの方々とお会いするうちに自分のまちがいに気づきました。

 

 

ほほを無理にいじらず、私のめざすQOL向上にそっと手を添えてくださる形です。

 

 

もちろん、いくつか検査を受けさせてはいますが、それはほほを「正しく知る」ため。

 

「正しく知る」はほほの病気と向き合う上でたいせつなことですよね。

 

 

次回の予約を済ませ、薬をもらってお会計へ。11,180円。駐車場400円。前回までの(5月)分と合わせ135,750円。月末にあまぱんの抜歯手術を控えていて今月は医療費がキツいですが、抜歯は一度きりですし、べべ、ナナ、リルのドッグドッグなど、イレギュラーなものが盛り込まれていたので想定内。さぶの検診はオトナの事情で6月にまわさせてもらうことにしました。懐は淋しくなっても、気分はカツカツせず楽しく闘病生活をつづけていきたいです。

IMG_2346

 

 

 

帰宅後、いつもどおり703号室でダラダラまったり^^;

IMG_2350

 

 

 

美女軍団

IMG_2347

 

 

 

小腹が減ったと訴えるナナに手づくりおやつを少々

IMG_2328

 

 

 

ほかの人に少しでも慣れるよう、MIHOさんがこねこねしてくれています。

IMG_2322

 

 

 

デカ円あらためこま吉、ロングトライアルを目前に控え、チチも私もソワソワ

IMG_2349

 

 

 

幸せになってほしいです。 だけど存在感の大きなこま吉ですから、ねえ。

 

 

しばらくはこま吉ロスになるかもしれません。

 

 

皆さま見捨てないでくださいね。

 

 

いつも703号室をお読みいただきありがとうございます。

 

 

よい一日をお迎えください。

 

 

スポンサーリンク





ラブ・ツーショット

暖かかったですね^^

 

 

私は職場から徒歩圏内で行けるカナルカフェが好きで、春日和に飲むさくらティに夢中です。

fafuap

 

 

写真は先日撮ったものですが、仕事が早く終わった日などに小一時間カフェでのんびりしてから帰るのが私の贅沢。

 

 

最近は「考えごと」つき。

 

もっぱら「猫の譲渡」をどうお伝えしようか、資料をどのように作成すればわかりやすいかについて悶々としています。家だとお子たちと遊んでしまいなかなか集中できないんですよ(涙)。

 

 

犬猫の殺処分問題に取り組む滝川クリステルさんが種を撒いています。

 

フォスターアカデミーに「猫バージョン」が加わりました。

 

これまでどちらかというと保護犬にウエイトを置いていたのですが、この度保護猫の会がスタートします。企画の段階から参加しました。私は2回目の講師として参加者の皆さまに「ネット募集に特化した保護猫の譲渡」のお話をさせていただきます。

 

ちなみにフォスターとは「保護犬猫を終の棲家に譲渡するまで一定期間預かる人」のことです。

 

フォスターアカデミー 猫のベーシックプログラム

【保護猫コース 第1期(全3回)】
1回目:2016年4月2日(土) 13時30分〜16時
テーマ:猫を取り巻く現状を知る
講師:香取章子先生(ちよだニャンとなる会副代表・ジャーナリスト)
テーマ:保護猫の健康ケア
講師:獣医師(未定)

2回目:2016年4月16日(土) 13時30分〜16時
テーマ:猫を預かる心得、より良い譲渡をするために
講師:田辺アンニイ(幸せの703号室)
ゲスト:元保護猫の飼い主さん、シニア世代のフォスターさん

3回目:2016年4月30日(土) 13時30分〜16時
テーマ:猫の保護活動について知る
ゲスト:動物保護団体代表者など

会場:ISSO Club House (東京都世田谷区等々力7−9−7 2階)
受講料:20,000円 (事前にお振込ください)
お振込先:東京三菱UFJ銀行 成城学園前支店 普通 0046723 一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル

 

 

昼間卒業猫クー太の里親MIHOさんが保護猫龍とキャッチに会いに来てくれました。

faiue

 

 

躍動感あふれる写真を撮ってもらったので今度UPしますね~!

 

MIHOさんが遊びに来ても私は家事をあれこれ黙々とやれるから気が楽です。MIHOさんは犬猫たちのお世話を手伝ってくれます。慢性腎不全闘病中のさぶの点滴やお子たちの投薬など。家にいてもあれこれやることが多いので助かります。

 

 

保護猫デカ円におやつを与えコミュニケーションを取ってくれるMIHOさん

IMG_0955

 

 

チチと私以外の人がデカ円を撫でることに意味があるのです。MIHOさんありがとう。

IMG_0956

 

 

龍とキャッチの爪切りもやりました。左が龍の手で右はキャッチの手^^

IMG_0951IMG_0952

 

 

おとなしくなかったので、ふたりとも洗濯ネットに入ってもらいました^^;

 

 

あまり動かなくなった水頭症のほほですが、目で私たちの姿を追ったりとごきげんの様子。

IMG_0950

 

 

 

MIHOさんがほほと私の写真を撮ってくれました。またまた私が見苦しいすっぴんのパジャマ姿ですがたいへん気に入り早速ツイッターのアイコンにしています。

IMG_0953

 

 

ほほは脳圧が上がってしまうので麻酔をかけられません。つまりほかの病気になったら手術ができません。麻酔を要する精密検査もできません。ほほの未来を思うと不安です。

 

ごく短命と宣告されながらもほほは奇跡を起こしつづけ今年9歳になります。

 

人間で言えば50歳すぎ。我が子ながらほんとうに感心します。

 

けれど貪欲なお母さんはもっともっとそばにいてほしいと願ってしまいます。

 

ほほは赤ちゃんの頃、ほほの障害を嫌った人によって、なすりつけられるようにして私のもとへやってきました。当時は私も心のどこかでほほをお荷物扱いし、同情し、仕方なしに引き受けた気がします。私が引き取らなければ、ほほには行くあてがなかったから。

 

けれど今は、私にほほを授けてくれたすべてのできごとに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ほほ超かわいい。好きだなんて言葉では間に合いません。

 

うちのお子たちこそが私のエンジンです。

 

失ってしまったら、私はただの無益な塊になってしまいますね。

 

ずっといっしょにいたい。あるんなら不老不死の薬を飲ませたい(笑)。たとえ自然の摂理に逆らうとしても、そんくらい愛おしいってことです。

 

犬も猫も最高のパートナーですね。

 

皆さまのうちもそうでしょ?

 

LOVE!

 

スポンサーリンク