ポテチの乱っ!

皆さまこんばんは。応援していただいた子熊秀多は明日からトライアルに入ります。先に巣立った姉妹トロンの卒業記事のあと秀多の行き先も紹介しますね。

IMG_8901

 

 

 

本日私は、病院へ再検査に行ってきました。

IMG_8921

 

 

 

先日受けた人間ドッグで乳腺に問題を指摘され、精密検査を受けたのです。結果は月末頃に出るそうですが、不思議と「無」の境地にいる自分に驚きました。

 

 

なんだろ。ふだんは心配性の一面もあるのにこの精神的な清々しさは。

 

 

 

まあいいね。せっかくなので大好きな東京駅周辺を街ブラ♪

IMG_8922

 

 

 

トラディショナルな雰囲気がします。ついでに私が20数年以上前から年に数回は足を運んで覗く「コンランショップ」へ。う~んたまらん。刺激的!!

IMG_8927

 

 

 

おー! 昔から惚れこんでいたゴージャスな花瓶がセールに!! ほしいっ。これに白い花をどっさり入れて飾りたい。でも「見るだけ」でがまんしましたよ。

IMG_8929

 

 

 

美しいって罪だよなあ……後ろ髪を引かれる思いで帰路に就きました。

 

 

 

そうそう。ポテチの話を聞いてください。

 

 

数日前我が家でポテチが行方不明になったのです。

 

 

百香のお迎えにあたり、私はポテチのケージを百香に使わせることにしました。ケージはほかにもあるので、物理的にそうしなければならないわけではなかったのですが、百香とのルームシェアをきっかけに、ポテチの「引きこもりグセ」を改善したかったのです。小さな物音にもポテチは即ケージに逃げ込む。

 

 

その後ほぼ1日中ケージから出てこない。

 

 

ポテチにとってケージは必要な避難所と化しているのはわかっているのです。

 

 

だけどここは心を鬼にして、最初は無理やりにでもいいから、フリーの状態で少しずつポテチの行動範囲を広げていきたい。ポテチの未来を考えてのこと。

 

 

もちろん、ポテチのご家族になっていただく方にはケージを用意してもらおうと考えていますが、うちではそろそろ、外猫時代の鎧を脱ぎ捨ててほしい。

 

 

臆病だけど、やさしく素直なポテチにもっと自分を解放してもらいたい。

 

 

 

まだ百香は病院にいたのですが、ポテチのケージを閉め、ポテチが入れないようにしました。そこにチチがたまたま物を落として音を立ててしまったのです。

 

 

チチの落としたものを拾ったあと、ふとポテチが気になり、2番目にいる可能性の高い「爪とぎの上」に目をやりました。え? いない。ポテチいない。

 

 

棚の中、棚の下、ベッドの下、クローゼットの中、洗面所、トイレ、布団の中、ケージの上、あちこちあちこち探してもどこにもポテチがいない……なんで?

 

 

 

ポテチが消えたっ?

 

 

うちの玄関は脱走防止用に業者に依頼して作ってもらった本格的な2重扉

IMG_9155

 

 

 

脱走したとは思えない。けれど探しても探してもポテチの姿がないので、チチが外へ出て外にも捜索範囲を広げました。

 

 

ポテチ! ポチ! ポテトっ! どこ?

 

 

超必死にポテチを呼びまくっていたところ、洗濯機が「終了ピッピ音」を発したのでとりあえず洗濯物を浴室乾燥機のほうへ運ぼうとしたまさにそのとき!

 

 

 

「あっ……ばれた」

IMG_9131

 

 

 

え? おまいそこでなにしてんの? てかポテチ浴室入るのはじめただよね?

IMG_9128

 

 

 

「家(ケージ)に戻れないのでつい来てみました」

IMG_9127

 

 

 

物が落ちてガチャンって音が怖かったのね。わかる。だから逃げたんだよね。

IMG_9130

 

 

 

ごめんねポテチ。でもさ、そろそろ室内が安全っていうことをポテチも完全に認識しなきゃいけないよ? 生活をしているとどうしてもいろんな音がするの。ポテチをケージに戻してやりたいけれど、今はケージなしでトライしてみようね。

 

 

 

「やだーーー」

IMG_9129

 

 

 

ふふ。ケージに逃げ込めなくして数日経ちますが、ポテチは落ち着いているのでご安心ください。むしろ歩行距離が伸びました(笑)。人慣れしていないんじゃないんです。怖がりでおっとりで慎重なのです。だから余計愛おしい。

 

 

 

「で、わたしがこの中古物件にいるってわけね」

IMG_9132

 

 

 

そうだよ百香。百香はポテチが使っていたケージからスタートします。慣れたらリビングに移動するから、姫はしばらくそこでおくつろぎください。

 

 

 

「ふんっ」

IMG_9134

 

 

百香の気迫を半分でいいので弱虫ポテチにわけてあげてと切に願います。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





休みなしの“事務所703” ポテチより

「みなさまこんにちは。家族募集中の保護猫ポテチです。

 

ぼくは推定3歳。成猫を希望している方にはちょうどいい年齢です。

 

それにしても聞いてください。

 

業界の事情に疎いぼくですが、どのスターでもお正月やすみくらいはあるのがふつうでしょ? なのに元旦のお昼、ぼくは撮影をする羽目になったのです。まあちゅーるをくれるってことで折り合いをつけたんですけど」

IMG_8489

 

 

 

ポテチさあ、お正月休みがないとかいうけど、あなた基本的には毎日お休みざんまいだよね? アピールするには写真が必要だからがんばりましょう!

 

 

あなたのご縁が決まるよう初詣でお願いしたし

IMG_8471

 

 

 

Lサイズの衣装? も用意しました。

IMG_8576

 

 

 

「んなわけでスタジオ入りしたぼく。といってもまあ事務所の玄関ですけど」

IMG_8626

 

 

 

モデルさんの全体図。じゃっかんのダイエットが必要^^;

IMG_8645

 

 

 

「はあ……正面撮りって立たなきゃならないからめんどうですね」

IMG_8656

 

 

 

せっかく衣装つけたのに、首周りのぜい肉で衣装が目立たないのでポテチに上を向いてもらいました。ちゅーるがあれば簡単です(秘話)。

IMG_8607

 

 

 

「ドヤっ?」

IMG_8602

 

 

 

うん。なかなかイケメン♪

 

 

ポテチはこぼれ落ちそうなほど大きな瞳が自慢の王子です。

 

 

しかし全然やる気がないという……

IMG_8673

 

 

 

「ちゅーる食べたらなんとなく眠気が襲ってきました」

IMG_8677

 

 

 

 

ポテチ、目ぇ、開けて!!

IMG_8666

 

 

 

「は、はい……」

IMG_8675

 

 

もっとパッチリしてるんだけどなあ……いいや。

 

 

 

これもこれでゆるくていいね。

IMG_8678

 

 

 

実は私、この一枚↑ がいちばん気に入っています。やわらかさが伝わる気がする。

 

 

「ハハ~ ぼく休憩に入りますね。しばらくシャッター音は控えてください」

IMG_8653

 

 

 

こんな感じで、ご本人(ポテチ)にやる気がないのと私の写真下手で、かわいいビジュアルを完全には表現できずにいますが、これからも写真の腕を磨きつつ、ポテチと力を合わせ一枚でも多く皆さまに見てもらえるよう努力します。ポテチは一度も吐かず、食いしん坊でなんでもおいしそうに食べてくれる子です。お腹が丈夫なのか? 例外なくうんちがコロコロ形いい!

 

 

食べる種類を選ぶ気むずしい食生活の猫、食が細い猫、胃腸が弱い猫に私はさんざん手を焼いていますので、ポテチの食欲と快便は私にとってほんとうにありがたく、暮らしやすいです。

 

 

保護以来、ただの一度も体調を崩したことはありません。

 

 

どうかポテチの丸ごとを包み込んでくださる方の目に留まりますように。

 

 

ポテチの記事は連続投稿しているので、ぜひブログを遡って読んでくださればうれしいです。ポテチに会いに来てくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

事務所703にはちびら(秀多&みじゅ)も在籍しています。椿もいます

IMG_8449

 

 

気になる子がいましたら、ぜひお知らせください。

 

 

私がいちばん推しているのはポテチですけど!

 

 

家族募集中のポテチをどうぞよろしくお願いします。

 

 

追記:ポテチを家族募集サイト「ペットのおうち」にデビューさせました。

ポテチのページはこちらをクリックして読んでください。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





703号室忘年パーティ ポテチより

「みなさまこんばんは。家族募集中の保護猫ポテチです。ぼくがメインで出るのにアクセスが減ったらぼくのせいみたいでかなしいです。ぼくなりにがんばっていっしょうけんめいお話します。みなさまぼくに会いにきてくださいね。おねがいします」

IMG_8491

 

 

 

「この前ハハがちゅーるを手にぼくに耳打ちしたのです。ハハ、なんですか?」

IMG_8498

 

 

 

ポテチごめん。あのさあ、中掃除の最中だから掃除機をガンガンかけるし、実はお客が来るの。私のファミリーが。年に1度だけうちに集まるの。いい?

IMG_8493

 

 

 

「え? うるさい音と大勢の人……静かで照れ屋のぼくはゆううつです」

IMG_8496

 

 

 

「でも、年に1度だけですよね? ならお客さんを歓迎してあげてください」

IMG_8495

 

 

 

ありがとう。理解力あるなあポテチは。ちゅーる食べようね♪

IMG_8494

 

 

 

「ハハは黙々と中掃除。特に抜け毛に神経を使ったようです。気管支ぜんそく患者が2人(ハハの母と妹)。703号室で発作を起こされたら面倒だそうです」

IMG_8421

 

 

 

「こんなにスッキリ片づけるのは“お茶会”と年末のみ。ハハ、記念写真撮ってました」

IMG_8420

 

 

 

「ファミリーがハハんちに来るには理由があります。703号室のテーブルが異様に長く、お料理がたくさん並べられること(2m20cm)。一定の人数を招くスペースがあること。ハハの集めた多くの“食器”を有効活用できること」

IMG_8419

 

 

 

「みんな集まってはたらいてゴージャスな食卓に変身させました」

IMG_8431

 

 

 

「台湾の親戚に写真を送ると言い、娘たちとやたら写りたがるハハの母」

IMG_8438

 

 

 

「さぶくん入りの集合写真。ちなみに前年の忘年パーティは天国のべべちゃんの背中が写っていたらしい。リンク張りました。ほんとうにべべちゃんいるね」

IMG_8439

 

 

 

「ハハの妹が13秒の動画を作りました」

 

 

 

「おいしそうなものばかり。ぼくもブリのお刺身のおすそわけをもらったよ」

IMG_8435

 

 

 

「猫好きのマーさんと。それにしてもさぶくんのホスト力の高さはすごいなあ」

IMG_8445

 

 

 

「5時に開始したパーティは9時前にはおひらき。ぼくにようやく静寂が戻りました。ぼくはずっとひとりで外で生きてきたから騒がしいのはまだとくいではありません。けど、ぼくもぼくのペースでいろんなことに挑戦しています」

IMG_8475

 

 

 

知ってるよポテチ。ぜんぶ知ってる。ポテチありがとうね。

 

 

ポテチの勇気ややさしさや忍耐力の強さをこれから皆さまに徐々にお話ししていこう。ポテチはえらい。ポテチは最高! ポテチはポテチのままでいいの。

 

 

 

「うんっ」

IMG_8479

 

 

 

「※ 結局ハハの母は喘息の発作が出ていそいそと帰ったとさ」

 

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





くろこよりあたらしい家族のほたるへ

「みなさん ようこそうちにいらっしゃい わたしは “くろこ” 12歳 わたしはカナダで生まれ育ち ママと日本へ帰国しました わたしカナダのシェルターの元保護猫なの わたしには “ばあさん” という友だち猫もいたんだけど 11歳でカナダのシェルターからママに引き取られた “ばあさん” はお星さまに…… “ばあさん” は18歳まで生きたのよ すごいでしょ?」

omeie (8)

 

 

 

「これが在りし日の “ばあさん” の肖像画 ママの台湾のお友だちが描いてくれたママの宝物 “ばあさん” はキジトラ模様よ」

omeie (20)

 

 

 

「わたしのママは 美容室のちかくで出会ったFIVキャリアの白猫さんも保護したの けど白猫さんと相性が合わなかったわたしの将来をかんがえて 白猫さんをいいお家にお嫁入りさせたの 白猫さんの里親さんは わたしのママに感謝の手紙や写真をおくってくれてる ママはにっこり」

omeie (4)

 

 

 

「いい連鎖 いい循環」

omeie (31)

 

 

 

「わたしには 近ごろようやく少しだけ距離がちぢまった 同居黒白猫がいるの 彼女は12歳のわたしより うーんと年上 名前は “天音(あまね)” 703号室出身の保護猫 保護当時 わかく見積もっても 彼女は今のわたしより明らかにシニアだった だからハハさんは 老猫天音の里親になったわたしのママに感謝してる 天音はとんでもない苦労猫だったからよけいに……」

omeie (23)

 

 

 

「天音は マイママさんが預かってくれたのよ マイ太郎さんも協力してくれた 天音がどれだけの“忠猫”だったのか ぜひみなさんに紹介したい 天音の前の飼い主さんは死んでしまったの 天音は遺品の整理に来た前の飼い主さんの親族からポンと外に放り出され いきなり外猫になった ある意味自由の身になったにもかかわらず 天音はどこにも行かなかった アパートの前で 天国の飼い主さんを待ちつづけた 季節が過ぎ去り寒空に凍えながらも……」

omeie (22)

 

 

 

「703号室ハハさんの【忠ねこ 天音】という記事をクリックしてみてね すべてわかるよ 天音がいた環境も 天音の気質も気概も愛もなにもかも」

omeie (25)

 

 

 

「約2年半前に天音がうちに来た日の卒業記事も読んでね 天音は白髪ばかり 動きもにぶい だから予想では18歳以上だと思う でもまんまるでなかなかイカシテルよね わたしのほうがかわいいけど」

omeie (3)

 

 

 

「天音 ひさびさの保護主ハハさんを凝視」

omeie (26)

 

 

 

「天音 ハハさんにもいちおうスリスリ甘える」

omeie (24)

 

 

 

「ハハさんはうれしそうだった ところでわたしんち クリスマスムードなの」

omeie (7)

 

 

 

「ママのお気に入りのコレクションがいっぱい」

omeie (28)

 

 

 

「センスいいでしょ?」

omeie (19)

 

 

 

「安全対策もカンペキ」

omeie (17)

 

 

 

「ママが作ったのよ」

omeie (6)

 

 

 

「わたしたちがまちがって外に出てしまったらたいへんだもん」

omeie (21)

 

 

 

「玄関の特注の脱走防止柵はわが家のじまん!」

omeie (27)

 

 

 

「ケージはね わたしのいもうと分の “ほたる” って子のために組み立てたもの ママからほたるが加わる話を聞いて わたしはドキドキ」

omeie (18)

 

 

 

「ほたるはわたしみたいにじょうずに爪とぎをつかえるのかな?」

omeie (16)

 

 

 

「おもちゃもあるよ」

omeie (15)

 

 

 

「トイレはほたるのもふやしてあります」

omeie (12)

 

 

 

「あ あなたがほたるね」

omeie (11)

 

 

 

「まだ不安かな?」

omeie (10)

 

 

 

「だいじょうぶ わたしがいろいろ教えてあげる “くろこ姐” って呼んでね」

omeie (14)

 

 

 

「ゴージャスなツリーでしょ」

omeie (2)

 

 

 

「運転手でついてきたチチさんは ちょっとした合間に仕事だって」

omeie (5)

 

 

 

「わたしのママは顔だしNG かわりになんでも出たがるハハさんとほたるを」

omeie (13)

 

 

 

「四十路をすぎてもきぶんはお姫さまだそうです 頭の中はお花畑のハハさん」

omeie (30)

 

 

 

「ハハさんは主役じゃないの わたしのいもうと分ほたるがメインでしょ!」

omeie (1)

 

 

 

「ほたるあなたも黒いのね わたしとおそろい ほんとうの姉妹みたい」

omeie (32)

 

 

 

「ママはあなたを見て 目じりが下がってた でも先住のわたしにえんりょして あなたとラブラブしたい衝動をおさえていたみたい」

omeie (33)

 

 

 

「わたし あなたと仲よくなりたい ほたるわたしと仲よくしてくれる?」

omeie (29)

 

 

 

(↓里親さんからの近況写真↓)

 

 

「ほたるはハハさんにもらった小さなボールがお気に入り」

omeie (9)

 

 

 

「パパはほたるにメロメロ もちろんわたしと天音にもね」

IMG_8142

 

 

 

「ほたる ごはんの味はどう?」

IMG_8141

 

 

 

「わたしとふたりで食べるともっとおいしいよ」

IMG_8143

 

 

 

「わたしのまねして ほたるはねこドアをクリア! やるなあ」

IMG_8138

 

 

 

「ファーストタッチ ほたるわたしに手を添えてくれてありがとね わたしたち全員 毎日毎日“家族”をエンジョイしています 先住くろこより」

IMG_8144

 

 

 

かつくん「x257ほたるおめでとう。くろこさん、天音、ほたる。女性トリオだね。お姉さんたちの言うことを聞いてほたるらしくのびのび暮らしてね。ぼくたち703号室はほたるの故郷です。応援してくれた方へぼくからも感謝を」

1-3483

 

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





ほたるに来たはじめての質問

夕方ナナを連れて東大病院へ行きました。保護猫ほたるはお休みし、ブログにナナのことを書く予定でしたが、やっぱりほたるをメインにします。

ito (7)

 

 

 

皆さまツイッターでほたるが猫じゃらし遊びをしている様子や飛び降りたり走ったりする動画を観ましたか? ブログで動画をアップするのは手間がかかるので、申し訳ないのですが、動画だけはツイッターのほうでご覧ください。

 

 

※ アカウントは【@anny_703】です。

 

 

視力がないのが疑わしいなどと言われています(笑)。すごい運動神経とバランス感覚ですよね。明るくやさしく、適宜な甘えん坊。かわいいですよ。

 

 

ナナの病院から戻った私は、パソコンを立ち上げ、掲載している3つの家族募集サイトをチェックしました。ほたるに対するお問い合わせが来ているかもしれない。心はいつもほんのり躍っています。

 

 

あ!! なんか来てる!!

 

 

ほたるへの質問? ドキドキしながら開くと内容は以下のとおりでした。

 

 

こんばんは(*^^*)

失礼ですが何故、ご自身でお飼いにならないのですか?

 

 

うーむ。この質問の意図はなんでしょうか?

 

 

仮に、私が「○○里親会」とか「○○愛護団体」などいかにもそれらしい団体名を名乗っていたら同じ質問をしてきたでしょうか?

 

 

要は私がわかりづらい個人だからですかね?

 

 

ですが私は募集文で個人で15年半譲渡活動をしていると明記しています。

 

 

個人だからこのような質問を受けたのか、あるいはほたるだからなのか?

 

 

これがほかの子猫ならこの質問をしたでしょうか?

 

 

数えきれないほどの保護猫たちが家族募集サイトに載っています。質問者の方は全員にこうして「なぜ自分で飼わないのか?」と聞きまわっているのでしょうか? はじめてほたるに来た質問なので、まじめに考えてみようと思いましたが、正直少し不快です。聞きたいことがわからないです。

 

 

けれど私もお返事を書きました。

 

 

私は15年半前より個人で保護活動をしています。保護した子をすべて飼うとなると私はマンションで350頭の子たちを飼わなければならず、多頭飼育崩壊が生まれます。よって余命宣告された重篤な子は自分で引き取って天国まで見送っていますが、それ以外の健全な子は里親さんを探しています。ほたるは全盲ですが、体はとても健康で丈夫です。これから長い猫生が待っています。だから素敵なお家に里子に出そうと思っています。

という理由ですがお答えになっていますか?

 

 

ほたるがもし、余命幾ばくもない儚い存在なら、あたらしい環境への移動すら負担になるので私は自分で看取ります。ほたるに私ができる限りの力を投じ、QOLを追求した余生を送ってもらいます。

 

 

里親希望者さんにあとわずかな命の子を託すのは大きな悲しみを背負わせるのでそもそも募集すらしません。私の過去の行動を見てくださっている方ならわかってくれている部分だと信じています。

 

 

私がほたるの家族募集をしているのは、ほたるがなに不自由なく前向きに軽やかに生きているから。ほたるは強い生命力を持ってスクスク育っています。

ito (6)

 

 

 

そしてほたるに幸せになってもらいたいだけでなく、ほたるの里親になる方も必ず幸せになれると確信しているのです。

ito (5)

 

 

 

私の言動はまちがっていますか?

 

 

 

昨夜ワクチンから戻ってきたほたるは疲れたようでおとなしくねんねしました。

ito (9)

 

 

 

ほたるのおかげで毎日が楽しいです。

ito (4)

 

 

 

構いすぎるから顔隠しちゃった^^;

ito (2)

 

 

 

うちのトイレに飾っているお気に入りの猫の置物

ito (8)

 

 

 

ほたるに似たのを見つけ、ほっこり♪

ito (1)

 

 

 

703号室の美しい保護猫ほたるをどうぞお見知りおきください。

 

ito (3)

 

 

 

今日はやたらとべべ公が恋しいです。

ito (1)

 

 

 

べべに会いたいや。

 

 

ちょっとだけSmile!

 

 

スポンサーリンク