みと&ぐら通院ほか 源ちゃんたちにも会いました!

じゃーん! りょうちゃんにスペシャルオーダーしていた「うちの子たちバッグ」が完成。ほほ、あまぱん、さぶが描かれています。ちょっと丸顔でとお願いしたら希望通りに♪ ふふ。満足。皆さまもいかがですか?

1guramito (15)

 

 

りょうちゃん、ありがとう。ウキウキします。

 

 

今日はりょうちゃんに預かり&家族募集をお願いした「みと&ぐら」姉妹の通院日。emi-goの病院は我が家から遠くないので私もいっしょに行きました。

1guramito (3)

 

 

 

りょうちゃん上機嫌です。いい写真が撮れたのでしょうか?

1guramito (2)

 

 

 

あらみと! ひさしぶり。みとのこと毎日りょうちゃんブログで見ているよ。

1guramito (17)

 

 

 

ぐら少しおなか緩いんだって? 中島先生に診てもらおうね。

1guramito (1)

 

 

 

私だけカメラ目線。私の頭にはほほ同様アンテナが立っていて? カメラを察知すると思わず向いてしまうプログラムが組まれているのです。お許しください。

1guramito (13)

 

 

 

「ぐらの付き添いじゃないのかよ?」

1guramito (18)

 

 

 

「小顔に写してくださいね」

1guramito (16)

 

 

 

実際はまだあどけないふたりですが、私が撮ると顔が細くなっちゃうのはなんでだろ? 緊張もあるのかもしれません。病院だもんね。

 

 

ふたりとも「保護生活」をとってもエンジョイしている風でうれしいです。

 

 

病院のケージが長かっただけに、いろんなものが新鮮に映るのでしょう。

 

 

病院へ来たついでに、源ちゃん蝶々姉妹にも会って帰ることに。

 

 

左:蝶々。右:お珠ちゃん。同じお宅へ嫁ぎます。新しい名前はおいおい!

1guramito (5)

 

 

 

蝶々はじっとしてくれなくていい写真が撮れませんでした。

1guramito (4)

 

 

 

これまで蝶々の写真が多かったのでたまにはお珠ちゃんのアップを

1guramito (7)

 

 

 

蝶々とお珠ちゃんは順調に育っています。来週の卒業式が楽しみです。

 

 

 

「ぼくは? ぼくはいつ卒業するの?」

1guramito (8)

 

 

 

源ちゃんは一足先に明日行きますよ。

 

 

emi-goのお気に入りの源ちゃん。幸せになるんだよ。

1guramito (9)

 

 

 

「あの わたちはいつ卒業するの?」

1guramito (6)

 

 

 

うーん……樹々ごめん。樹々は未定です。樹々の赤い糸ちゃんと探すから時間ください。きょうだいたちがいなくなったらひとりぼっちになっちゃうね。

 

 

おっとりとして天然な雰囲気でとても愛らしい子です。お見知りおきください。

1guramito (10)

 

 

 

樹々は家族募集中です。

 

 

さて、私たちが診察を受けている間に、三春くんのママさんが病院へ来ました。

1guramito (11)

 

 

 

段ボールに捨てられていた子猫を保護したのです。三春くんは被災した大きな成犬でemi-goに保護されママさんに出会い家族となりました。その後愛の中で生きた三春くんは天国へ。ママさんはいろんな活動をしています。

1guramito (12)

 

 

 

おーいおちび(♂)さん、きみよかったね。

1guramito (14)

 

 

 

世の中が黒一色じゃないってことを、きみはその身で感じているかい?

 

 

きみの入った段ボールを抱え病院へ走ってくれた人がいるから、捨てたもんじゃないよね。いやなところばかりを見ているとつい闇に飲まれてしまいそうになるけれど、そうじゃないよね。私はそればかりじゃないと思う。

 

 

子猫に興味を持った方がいましたら、ぜひお知らせください。

 

 

三春くんのママさん、お疲れさまです。

 

 

りょうちゃんと軽くランチしてバイバイしました。

 

 

私は悲嘆に明け暮れ暗い部分ばかりを目で追う生き方をせず、笑顔や光を見ていたいです。たとえ疲れを伴った笑顔だとしても、細い光だったとしても。

 

 

絶望より希望のほうに興味があり、魅力を感じます。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





あいびき

毎日703号室をお読みくださりありがとうございます。ペコリ。

 

 

本日は強烈です。

 

 

鼻血の処置は自己責任でおねがいします。

 

 

 

日中、忙しなく動いていた私。夕方用事が2つ入っていたのです。うちひとつは新保護猫ソイルのお迎え。ソイルが来る前に家をきれいに片づけたい。夜には散らかし魔チチも帰ってくるし。

 

 

いつもなら家事の合間にiPhone片手でお子たちや家族募集中の満天、かえのパパラッチをするのですが、今日はそんな余裕ありません。なのにすごいシーンを目撃してしまい……

 

 

 

掃除機をかけていた私

 

 

ふとまわりを見わたすと5匹いるはずの猫たちがこぞって姿をくらましてしまいました。みんなダイソンの絶叫がキライなのです。うんわかる。私もこの音苦手。ごめんすぐ終わらせるね。

 

 

 

それにしても

 

 

満天どこだろう?

 

 

かえどこだろう?

 

 

なぜか無意識にキョロキョロさがしてしまう。「気になる存在」とはこのことでしょうか?

 

 

 

 

・・・・・・み、見つけました!

 

 

 

ああああああ

 

 

 

ああああああ萌える・・・・・・

kama (6)

 

 

 

お尻の穴が無性にムズムズします。掃除機のスイッチを切りカメラのスイッチを入れました。

 

 

 

この方たち、いったいなんなんですか?

kama (2)

 

 

 

 

「ぼくたち わたちたちは こうして防空壕に避難しています 手にちゅーるを持ったハハはウエルカムですけど ダイソンを握っているハハとは面会謝絶でおねがいしたいです」

kama (4)

 

 

 

押しかけ女房かえ嬢の圧迫に耐える満天氏。目がイッちゃいそうです。

kama (7)

 

 

 

「ハハ よこの方ぼくにグイグイ迫ってくる感じです ぼくじょじょに意識が混濁し・・・・・・」

kama (8)

 

 

 

たいへん!! 

 

 

 

ああ満天戻っておいで!!

kama (9)

 

 

 

しばらく経つと、満天はようやく正気を取り戻しました。どこへ行っていたのでしょうか?(笑)

 

 

満天のつっぱった手と奥に見える花枝(かえ)の手のサイズを比べてみました。

kama (3)

 

 

 

まるでおとなと子どもです。

 

 

このベッドは満天だけでもギュウギュウなのにかえまで入ったら身動きとれないよね。

 

 

満天とかえ。ふたつの命がつまったベッドを持ち上げ、自分の胸に押し込みたい。そしてそのまま胸の中へ入れてしまいたい。ふたりはイヤミなぐらいかわいいのです。

 

 

でもだからこそ、私は私の愛情の形を貫いていきたいです。

 

 

満天、かえ、それぞれに合う良縁を繋ぐこと、繋ぐまであきらめないこと、折れないこと、彼らの魅力を信じること、たえず表現すること、それが保護主としての私の愛情の形だと思います。

 

 

どこに出しても恥ずかしくない猫たちです。

 

 

 

満天の目は濃く深いゴールドなんだよね。かえの目はさわやかなマスカットグリーン

kama (5)

 

 

 

満天もかえも、目が清んでるねえ。とてもきれいだよ。

 

 

濁ったものを見たことがないみたいに。

 

 

 

 

さあ、掃除機終わった。

 

 

 

「解散っ! 退散っ!」

kama (10)

 

 

 

「あ行っちゃった・・・・・・」

kama

 

 

 

 

Smile!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





擁かれて生き直したぼく ほか

数日間で何回もケーキを食べました。キャーかっわいい♪

ton (9)

 

 

太るかな? まあいいね中年だし(爆)。

ton (2)

 

 

最近ハマってるリンゴタルト。母がごちそうしてくれました。これもいちおう誕生日ケーキです。

ton (14)

 

 

おなじみのこの人

ton (10)

 

 

おいしいものを食べに行ったり

ton (11)

 

 

胃袋がとても満足しています。幸せ!!

 

 

いろんなプレゼントもいただきました。メガネはパソコン画面やiPhoneの際に頭痛防止としてつかわせてもらっています。ありがとう^^

ton (5)

 

 

台湾のいとこからはダイアと私の誕生石のついた猫の小さなピアスを

ton (6)

 

 

妹からはふざけたような? クラッチ風のバッグを

ton (7)

 

 

わーい! どのプレゼントも超気に入ってます。(歳を取るのはやですけど)誕生日大好き!

ton (12)ton (13)

 

 

さかえ先生から届いたプレゼントもテンションが上がったな……皆さま見てください!

ton (4)

 

 

スプーンをさしていますが実は花器なんです。素敵だと思いません?

 

ワンコインブーケがちょうど入る大きさ。存在感のあるお花なら一輪挿しにも最適ですね。ほんとうにうれしいです。さかえ先生ありがとうございました。大切にします。

 

亡きかつくん(とあまぱん)がハチワレだから選んでくれたんですって。じーん。

 

 

そして誕生日プレゼントではないのですが、先日Uさまがお菓子とお手紙を送ってくださいました。

ton (8)

 

 

Uさまはマイ太郎さんのお母さまのお友だち。半年以上前から外猫4匹の保護を試みていましたがうまくいかなかったそうです。お話を伺い捕獲箱をお貸ししたら全員すぐ入ったとのこと。

 

不妊手術や医療ケアを終え、みんなUさまの家族として生きていくことになりました。すごい。お疲れさまでした。Uさま、捕獲箱を貸しただけの私にまで気をつかっていただき恐縮です。

 

 

さあ、次はべべの15歳の誕生日。なにをして祝いますかね?

ton (3)

 

 

お母さんは楽しみで仕方ありません。

 

 

最後に、卒業犬萌(右)に感謝を込め写真を数枚紹介させてください。

ton (16)

 

 

(※萌の写真はママさんのブログより拝借)

 

 

2007年の保護時すでにだいぶオトナだった萌坊。やさしいご家族に囲まれて大往生だったと思います。萌ファミリーとはなかよくさせてもらっています。私の大切な里親さんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

うちのマンションの下にとつぜん現れた成猫のむーも引き取ってくださいました。むーは萌坊の妹として寝たきりになった兄の世話をがんばってくれました。むーちゃんえらいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

萌は里親さんご夫婦に出会う前、ほかの方とお見合いをしたのですが、写真と実物の雰囲気がちがう、ピンと来ない、という理由でキャンセルされたのです。ご縁だからお断りもぜんぜんアリだし好みじゃないのは仕方ないことですが、なんていうか……そのときの希望者さんの雰囲気が無性に冷たかった気がして萌が不憫でした。

 

萌はいっしょうけんめい自分をアピールしたのに。

 

 

けれど萌は間もなくすばらしい家族と出会えました。

 

萌の里親さんはその頃、交通事故に遭ったシーズー犬を偶然に保護。力を尽くしたものの、保護したシーズー犬は残念ながら亡くなってしまいました。

 

「助けられなかった……」

 

 

喪失感に苛まれた里親さんは里親サイトの萌の姿に光を見いだしてくれたのです。

 

 

「萌くんの里親になろう」

 

 

こうして萌の運命が動きました。

 

 

里親さんご夫婦、先住犬のちび太くん、703号室卒業猫のむーちゃん、里親さんが職場で保護した猫のみんみと賑やかで充実した日々を紡ぐことができました。

 

 

目を当てられないほどに散らかり汚物と危険物だらけのゴミ屋敷で過ごしていた萌。たまたま萌の昔の家を通りかかったのがいきさつで萌の存在を知りました。保護前の悲しげで悪臭にまみれた萌の姿を思い出すだけで今も胸が締めつけられます。

 

 

でも萌、報われたよね。こうやって守ってくれる人と長い時間を萌は生き直したのだから。

ton (15)

 

 

ありがとう。心より冥福を祈ります。萌を忘れません。

 

合掌。

 

 

スポンサーリンク





恩恵

夜々子&すやの卒業レポのつづきをUPします。前回分を読んでいない方はこちらを

 

お届けはマイ太郎さんがいっしょでした。急な誘いにも関わらず快諾してくださり、その上遠方まで運転してくださったのです。ありがとうございました。

IMG_9718

 

 

朝、すやをキャリーに入れるのを失敗。すやはめっちゃくちゃパニックを起こしたいへんな騒ぎ。すやをある程度人馴れさせてからお届けすることも考えたのですが、夜々子を「先住」にするのは2匹の相性面で得策ではありません。悩んだ末「揃ってお届け」を選んだのですが、先行きが心配です。すやに状況を言葉で説明できたらどんなにいいか。

 

約2時間のドライブ。夜々子は思ったより平気顔で乗り切りました。すやは固まっていただけ。

 

 

「ややじゃないよ。置物だもん」

IMG_7781

 

 

↑ あらかじめ送られてきた画像の目印のあるお家に到着! 夜々子&すやんちです。

 

 

玄関に設置された脱走防止柵に感動!

IMG_7779

 

 

廊下の幅が広いから作るのしんどかったんだろうなあ(笑)。お疲れさまでした。

IMG_7758

 

 

お引越ししたばかりの里親さん。ほかのお部屋を見せてもらうとこのとおり ↓

IMG_7754

 

 

そりゃそうだよね。まだ幾日も経ってないんだからダンボールいっぱいのままだよね。

IMG_7755

 

 

それにしても大きいお宅! うちの近所の建売住宅の優に4倍はあります。

IMG_7753

 

 

荷物ほどきをあとまわしにし、里親さんは連日脱走防止対策に力を注いでくださいました。

IMG_7751IMG_7742

 

 

窓がありすぎて写真に撮りきれませんでしたが、すべての窓に防犯ロックとアミアミをつけてくれたのです。勝手口にも対策を施してありました。お見事ですね。

IMG_7765IMG_7766

 

 

夜々子&すやのメインのお部屋^^

IMG_7712

 

 

光が溢れています。溢れすぎて多くの写真が逆光に(汗)。ポカポカの床暖房も完備。

IMG_7710

 

 

すやには我が家と同じタイプのケージを買ってくれました。キャリーやベッドなどグッズはぜんぶ2つずつ。それぞれのケージの中身がちょっとちがっていてオシャレ!

IMG_7711

 

 

夜々子ケージにあったみかん箱は卒業猫空美(夜々子の姉妹)んちとお揃い。うん。あったあった! これ見覚えあります。

IMG_7718

 

 

猫部屋には2つ扉がついています。左を開けると玄関方面。正面を開けると……

IMG_7767

 

 

リビングと繋がるのです。

IMG_7715

 

 

わ……こりゃいい……独立性も一体感も兼ね備えていますよ。

IMG_7714

 

 

すや、ほら見てみ。あなたのお家最高だよ?

IMG_7730

 

 

今はまだわからないんだよね。でもいつかお家の中を愉快に飛び回ってね。

IMG_7729

 

 

ケージに入れる前に最後のスキンシップ。あまり手をかけてやれなかったのが心残りです。

IMG_7728

 

 

化け猫さん(ご主人)もひざ抱っこ

IMG_7723

 

 

ママちゃんもこねこね

IMG_7733

 

 

夜々子はとっくにフリーです。どこでも瞬時になじむのが夜々子の強み。

IMG_7739

 

 

しばしまったりののち

IMG_7745

 

 

奥さんの手づくり料理をいただきました。サンドイッチもありましたよ♪

IMG_7768

 

 

私は扁桃腺が腫れ食欲がなかったのですが、野菜たっぷりのミネストローネがおいしすぎてペロッと完食! きっと仮病だと思われたな(苦笑)。

 

 

少し早い誕生祝いもしてもらいました。うれしかったです。ありがとうございました。

IMG_7778

 

 

かわいい!

IMG_7776

 

 

あたたかい床、満腹、程よい疲労感……ときたら?

IMG_7772

 

 

はい! 出たー! こうなるねー!

IMG_7771

 

 

里親さんが準備してくださった毛布でしばし充電。だらしがなくてごめんなさい。

 

 

「マイねー 見てあれ? やや ハハがはずかしいです」 

「うーん そうね。でも オトナにはオトナの事情があるの」

IMG_7774

 

 

「ちらっ オトナの事情ね……」

IMG_7736

 

 

里親さんから医療費やご支援のほかたくさんのおみやげをいただきました。

IMG_7873IMG_7783

 

 

伊勢えびチップおいしすぎて止まりません。ごちそうさまでした。

IMG_7785

 

 

お預かりしたあつこさん分の医療費はすでに全額あつこさんに送りました。MIHOさんへのおみやげは近日中に渡しますね。

 

 

里親さんのツイッターが楽しみで仕方ない私。

 

夜々子とすやは新境地で生活をはじめています。

 

茨城で保護された夜々子と世田谷の野良猫だったすや。

 

このふたりが東京の外れの703号室を経由し、運命共同体として群馬県へ嫁ぎました。

 

ご縁を決める際は細部の細部まで突きつめて考えてしまいます。

 

私が彼らの未来を左右してしまうからです。プレッシャーに負けそうになることもあります。

 

ひとつご縁を結ぶたびに膨らんでいく気もするし、萎んでいく気もします。

 

どっちの感覚が正しいかはわかりません。たぶん両方ですね。

 

膨らんで萎む。膨らんで萎む。つく、削られる、またつく、削られる。

 

けれど核はあまり形が変わっていないと自負しています。

 

「幸せになってもらいたい」

 

自分勝手なおせっかいにすぎませんが、本心です。この一語に尽きます。

 

 

私は里親さんと保護犬猫たちの幸福の空気感の狭間で生かしてもらっています。

 

恩恵、ですね。

 

こうした循環はわが身にとって尊く、ありがたいことです。

 

 

「みなさま ありがと。ややとすや 今日も生きてます」

IMG_7735

 

 

かつくん「X231夜々子、232すや卒業おめでとう。1歳未満の夜々子と推定3歳以上のすや。里親さんはふたりをツイッターで食いしん嬢と怒りん嬢と名づけかわいがっています。化け猫さんが怒りん嬢に手を噛まれ病院へ行ったのはここだけの話」

1-3483

 

スポンサーリンク





門出を祝いつつ

年末にあつこさんよりお餅や野菜が届きました! あつこさんありがとうございました。

oyome (10)

 

 

おいしかったです。ごちそうさまでした。

 

 

「ねえねえお母さん……なんかこの家妙に静かじゃない?」

oyome (4)

 

 

そうなんです。かわいいお嫁さんたちがつぎつぎと巣立ってしまったもので。

 

 

一番手をかけてあげられなかったのは桜かな? 時間が足りなかった。

oyome (6)

 

 

いっしょにいたくて昨夜リビングに連行し思いっきりフリーにしてみました。

 

桜、あれもこれもさせてもらいたかったな。束の間だけど我が家に来てくれてありがとう。

 

 

昨日は群馬県に夜々子&すやのお届けへ!

 

急な声掛けにも関わらずマイ太郎さんが快くつき合ってくださいました。ほんとうにありがたい。マイ太郎さんのやさしさに救われました。しかもずっと運転してくれたのですよ。

 

 

車&キャリー嫌いのやや、移動がんばりました。お疲れさま。

oyome (2)

 

 

すやは卒業の朝に大捕物劇を繰り広げてしまい警戒モードマックス。けれど車内ではややよりおとなしかったです。えらかったね。

oyome (3)

 

 

群馬から戻り私は熱を出してしまいました。扁桃腺が腫れ頭フラフラ。お決まりのウザくて大嫌いな頭痛も(涙)。風邪薬を飲み、約9時間爆睡。夜中に一度目を覚ましたものの、パソコンも開かず、桜の嫁入り支度もせず、食べもせず、飲みもせず、ただひたすら眠りました。

 

 

おかげで体調が半分程度回復し、本日元気よく桜を見送れました。大切な日だものね!

oyome (5)

 

 

桜のお届けは妹と。妹も風邪気味なので運転は私でしたが隣にいてくれるだけで心強かったです。首都高を走行中、道をちょっとまちがえた以外はスムーズにスイスイ♪

 

夜々子、すや、桜の美女トリオの卒業記事は丁寧に書きたいのでしばしお待ちください。

 

プライベートの問題や仕事が一段落したらすぐに着手します。1週間以内には必ず!

 

 

左:桜のお届けにて              右:母の誕生日祝い

oyome (9)oyome

 

 

夜、母の誕生日を祝うため妹夫妻とお店へ!

 

私からは花束、化粧品のプレゼント、おこづかいを。母にクリスマスプレゼント(靴)を奮発した妹は今回はケーキのみを担当(笑)。いろんな行事を終えた一週間でした。

 

連休最後の明日は家事をやっつけてのんびりとした夜を迎えたいです。

 

 

夜々子、すや、桜の門出を祝いつつ彼女たちにありったけの感謝を捧げます。

 

 

生きて奇跡を見せてくれてありがとう。

 

あなたたちはたくましくすばらしい女性です!

 

PS MIHOさんのブログに「すや」の感動記事が載っています。ぜひごらんください。

 

Good Night!

 

スポンサーリンク