若い芽は美しい

昨日はフォスターアカデミーベーシックプログラム(犬)座学の講義でした。

acamemy (7)

 

 

※少人数制なので現在キャンセル待ちになっています。気になる方は事務局へ!

akademi

 

 

参加者のみなさんは午前中からみっちりと学んでいます。ちなみに午前の講師は昔私の講義を聞いてくれた「じゅりちゃん」。早めに着いたからじゅりちゃんにちょっと会えました!

acamemy (1)

 

 

会場にはかなちゃんの姿も♡ かわいいでしょ? 保護譲渡活動をはじめるそうです。

acamemy (6)

 

 

近日中に私とコラボで保護猫の赤い糸を探す予定。応援お願いしますね。

 

 

若い芽がイキイキと輝くのは美しい。どうしたら折れずにまっすぐ伸ばせるか考えながら接しています。今のところ特に心掛けているのは自分の主観を押しつけない、同じ目線で向き合うところでしょうか? それと自分への視線を意識しています。自分がどう見られているのか? どう映っているのか?

 

 

あとは投げられた質問や疑問に適切にすばやく答えること。これもたいせつですね。

 

 

2時間半ほぼぶっ通しの講義。みなさんは真剣そのもの。私も力を込めて話をさせてもらいました。情報を伝えシェアする、非常に重要だと思います。

acamemy (2)

 

 

さすがのみなさんでも集中力が切れそうになってきた頃合いに、次は私からみなさんに質問を2つ。臨機応変ができるのも少人数ならではですよね。

 

①なぜフォスターアカデミーを受講しようと思ったのか?

②犬猫の殺処分をなくすためにどうすればいいのか?(回答をひとつだけ)

 

ひとりの持ち時間は1~2分。みなさんほんとうによく勉強しています。ハワイのシェルターの話、動物医療の裏話、法律の話など、逆に私が学ばせていただくことも多かったです。またフォスターアカデミーを受けたきっかけはほとんどの方が「滝川クリステルさんのインスタグラムを見て」とのこと。代表理事の滝川クリステルさんに直接誘われた方も数名います。

 

スタイリッシュで理知的な滝川さんの影響力は大きいですね。

 

どうしたら殺処分をなくせるのかについては、みなさんの意見を伺いながら私なりの総論を述べました。会話のキャッチボール、そして落しどころを意識しています。

 

かなちゃんお疲れさま。堂々としていましたね。

acamemy (8)

 

 

今回の参加者からもわかるように、法律の専門家、1200以上のスタッフを抱える企業のCEO、動物医療の関係者など「働く人の層」にも確実に浸透している犬猫の問題。社会がこれからさらにいい方向へ向かっていくのは明白です。

 

 

写真では伝えきれませんが、超美女ばかりで驚きました♡

akademi (2)

 

 

以後みなさんは各方面から犬猫問題にアプローチしてくれることでしょう。

 

 

ご拝聴くださり感謝です。

akademy

 

 

みなさん授業料をきちんと支払っているので講義に対する満足度が心配だったのですが、事務局から届いたアンケートの一部を見て胸を撫でおろしている次第です。(メール抜粋↓)

 

・団体へ行く前に田辺先生のお話を聞けて良かった

・私も保護活動をライフワークとして取り組みたいと思いました

・自分一人では何もできないと思い込んでいたので、勇気付けられました

・ネグレクトの飼い主さんに対する接し方、目から鱗でした!

・田辺先生のようにハッピーオーラを出しながら、保護活動に関わりたいです!

このようなご意見ばかりでした。

・数値規制の話、もっと詳しく勉強したいと思いました。参考になる本やサイトなどありますか?

という質問もあったのですが、まとまっている情報って無いですよね?

 

 

ダイエット中ですが素敵なディナーをごほうびに……

acamemy (3)

 

 

ふふ。痩せられないね^^;

acamemy (4)

 

 

おいしかった♪

acamemy (5)

 

 

帰宅後またチョコレート10個食べてしまうという(汗)。

 

 

まあ脳を使ったのでヨシとします。

 

 

次回はまあるネタを!

 

 

皆さま一週間どうぞよろしくお願いしますね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





個人と団体

※blogを連続更新中! 遡ってお読みください。

 

 

これから書くことは私の経験に基づく私見であり、自分が人前で話すときに使う資料のベースです。変な言い方で申し訳ないのですが、これは自分の財産なので文章をパクってほしくありません。ネチケットをきちんと守ってぜひ読んでいただければと思います。(●どっかで見かけた場合は教えてくださいね)なお、引用としてお書きいただく分には仰っていただければ大丈夫です。

 

 

ブログネタなのにえらそうにすみません^^;

 

 

例えるなら、写真家が自分の写真をたいせつにする気持ちに似ています。

 

 

私はこれを稀にやる講義で使っているので、お察しいただければ幸いです。

 

 

明日はフォスターアカデミーベーシックプログラム(犬)の座学です。ひさびさなのでさっき関連資料にサッと目を通しました。そこで見つけた2013年12月28日の文章を貼りつけておきます。保護譲渡活動を志す方に向けています。

IMG_0007

 

 

(ここから)

★私が個人を選んだ理由は、ひとえに束縛を受けない「自由さ」と人間関係で無駄な消耗をせずに済むシンプルさ、そしていちばんは譲渡先を自分の感性のみで決められるところに尽きます。個人は団体より展開できる幅が小ぶりですが、保護から譲渡までの一連をいい意味でワンマンにこなせるのは私にとって魅力的でした。保護動物に対する感性はおのおのですので、活動をはじめたばかりのころは助けてくださった方との対人関係に悩むこともありました。しかしベクトルを決めたあとはだいぶラクになり、今は同じ活動をする方々といい距離感を保っています。

孤独を感じそうになると、ときおり「個人」同士が助け合い、悩みを聞き合うなどいい形で循環しています。また「譲渡責任者」として責任をすべて負うのは重責ですが、専門家(獣医師・弁護士)の意見を仰ぎ、つど、つど、さまざまな問題に対処、克服しています。個人を選択するのか、団体に所属するのかはそれぞれの性格、ライフスタイル、経験値に照らし合わせ吟味していけばいいと思います。途中で方向転換などもできるので「形」に固執せず、まずははじめてみてはいかがでしょうか?

 

 

★首都圏の保護犬のフォスターは団体に所属しないとむずかしいですが、猫の場合は捨て猫や野良猫を個人が直接保護してしまう場合も多いので、個人、団体、多岐に渡っての活動が実在します。

 

 

★個人的には猫の「ミルクボランティア」の増加こそが今後の殺処分減少のキーマンになるのではないかと見ています。動物愛護センターでの犬猫の殺処分数は年々減少の傾向にありますが、依然として離乳前の手のかかる時期の幼猫の殺処分が多いので、ミルクボランティアが増えることを期待しています。私も幼子の譲渡に関わるときは「ミルクボランティア」の方の力を借り、リレー方式にて保護譲渡をすることがあります。

 

 

★どのような団体に所属するかは、団体主催の譲渡会へ出向く、あるいは団体のHPから情報を入手しましょう。オススメなのは規模より「回転率」の高さのある団体(譲渡の質もチェック!)と募った分の支援金に対し、収支報告の徹底されている透明性のある団体です。

なぜなら回転率は活動の実態や能力を示し、収支報告の徹底は団体の誠意を示すからです。

団体から抜けるときは、大概「収支が不透明で信頼できなくなった」の意見が聞かれるため、事前に調べておくのもいいかもしれません。

 

 

団体メリット

●各々のスキルや得意分野を活かし、パートわけができる

運転の得意な方は運搬ボランティア、在宅時間の長い方はミルクボランティア。Web、カメラ、譲渡会場の設営の手伝い・・・・・・など

●すべての責任を請け負わず後ろ盾を得ることができる。力を合わせながら活動できる

●相談する相手がいる

●資金集めがしやすくなる

●活動にかかる資金(保護動物の医療費、備品、交通費、制作費)を団体が負担してくれる場合がある

●一定のネームバリューがあり、譲渡の際、新オーナーからの信用を得やすい

●TNR活動などの際に近隣住民の理解を得やすい。助成金なども申請しやすい

●期限を区切っての活動ができる。(例:3か月までならフォスターとして保護猫を預かる)

●同じ方向を向いている方と知り合い、楽しく活動できる

 

 

団体デメリット

●人間関係の摩擦に消耗する可能性がある

●予定をすりあわせて動くなど、ペース、足並みを揃える苦労

●意見の相違、方向性のちがいに悩むことがある

 

 

個人メリット

●保護や譲渡に関わるすべてを個人の一存で決められる(◎)

●関わる人数が少ないゆえ、シンプルな活動を展開できる

●自分のプランニング、スケジュールで活動できる(保護する頭数や期間など)

●規模を拡大するのも縮小するのも自由

 

 

個人デメリット

●資金は原則個人のポケットマネー(新オーナーが医療費を負担してくれる場合がある)

●保護、譲渡に関わるすべての責任を負う

●相談相手が少なく、孤独を感じるときがある

●ネームバリューや後ろ盾がないため、活動に於ける理解および信頼を得るのに苦労する

●トラブルに巻き込まれたときに対策を考えてくれる同志がいない

●時間的、環境的、経済的キャパシティが団体より少ない

 

(ここまで)

 

 

長々とお読みいただきありがとうございました。

 

 

感想大歓迎ですので、コメント欄かtwitterにお寄せくださればハッピーです!

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





まあるのご縁が決まりました

皆さまこんばんは。703号室より吉報があります。

 

 

この度紆余曲折を経て保護猫まあるのご縁が決まりました!

IMG_0037

 

 

まあるを保護したあつこさんにはすでに報告済みです。

 

 

里親さんとまあるのかわいい写真がたくさんありますので、近々UPしますね。

 

 

喜びのあまりtwitterにはすでに何枚か放出しました。テンション高かったでしょ?

 

 

まあるは家族募集サイトへ掲載して間もなく17件のお問い合わせをいただきました。ほかの方の情報処理能力はわかりませんが、私には対応がむずかしかったです。

 

 

なぜなら私はいかなる場合もメールのお返事にコピペをしません。小さな信条に基づいていることです。17件のメールで終わるわけではありません。17家族と一気にやり取りをスタートするので正直消耗が凄まじいのです。

 

 

「人気がありそうな子だから簡単」と思われがちですが、意外とそうでもありません。あつこさんはそれを見越して私に投げてきたんです(笑)。

 

 

円滑なコミュニケーションばかりとは限りません。凹むこともしばしば。

 

 

そんなとき、私はまあるの過去に思いを馳せました。

IMG_0012

 

 

まあるの命のバトンがずしんと重い。

 

 

この重さに自分が押しつぶされてしまうか、奮起するのか?

 

 

まあるは無邪気に私を見つめています。

 

 

「ひょこ」

p (4)

 

 

無事に赤い糸を繋いだ今、私はホッと安堵しています。終わりよければすべてよし!

 

 

まあるの家族はまある自身が決めたんです。そのことも改めて書きますね。

 

 

卒業は来週です。

 

 

まある、おめでとう。

 

 

リツイートや応援をしてくださった皆さまもほんとうにありがとうございました。

 

 

PS このあと一記事を更新します。5年前に講義の資料作りの一環で書きました。さっきひさびさに発見し、載せてみようかなと。ふだんあまりblogに出さない内容です。保護活動に興味のある方は必読!

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





あったかいディナー

※ブログ連続更新中。爆発的に更新しています。ぜひ遡ってくださいね。

aineko (11)

 

 

昨夜、Twitterでマイ太郎さんちのマイケルくん(マイに―)が膿胸になったのを知っていてもたってもいられなかった私。さぶも去年膿胸で苦しんだのです。

 

 

さぶは入院中に心肺停止してしまったのでその頃の私は必死でした。

 

 

べべを失って間もない頃だったから余計苦しかった。

 

 

ねーたん(マイ太郎さん)はこれまで、703号室を支援してくれました。多くの卒業生に関わってくれています。そしてうちのお子たちが病気に苦しむと、いつも病院に来てくれました。来てと頼まなくてもねーたんは突然病院に現れたりするんです。ほんとうにやさしいねーたん。

 

 

恩返しにはほど遠いけれど、私もマイにーが心配でお見舞いへ行くことにしたのです。仕事帰りのねーたんとママが合流しやすいように便利な駅で待ち合わせました。運転手ぐらいしかできないけれど、なにか役に立ちたくて……

 

 

でも見て^^; 車グチャグチャ。いちおう5人乗りですけど荷物が多すぎて2人しか乗れない。布団や鍋や綿棒まで転がっています(りょうちゃんありがとう)。まるで夜逃げでもするみたいですね。しないのでご心配なく!

aineko (3)

 

 

慌てて一人分の座席を用意し、ママを助手席、ねーたんを後ろに乗せました。

 

 

「あら? これどうしたの?」と驚くママ。すみません汚くて。

 

 

30分のドライブを経て、到着

aineko (9)

 

 

マイにーは酸素室の中でがんばっていました。

aineko (6)

 

 

ごはんを食べ残したのかと不安の一同に担当の先生がピシャリ!

 

 

「あ、大丈夫です。それ2回目のおかわりです」

 

 

ちょっとするとまた食べだしました。さすがマイにー! 食欲が衰えません。

aineko (7)

 

 

ねーたんの親バカぶりは半端じゃない。レベルが高いです。

aineko (5)

 

 

捨て猫出身のマイケルくんですが、辛かった過去の1万倍幸せを謳歌しています。

 

 

私もこねこねしちゃった。元気そうな姿を見ると目尻が下がる♡

aineko (1)

 

 

アイドルにでも会った気分です。

aineko (17)

 

 

マイママも愛おしそうに撫でていました。

aineko (4)

 

 

「アンニイさん私ね、外苑前でお友だちと会っていたの。このあと病院へ行くって言ったらお友だちたちがみんな驚いていたのよ。でも娘の猫が具合悪いって知ったらみんな“猫?”って呆れていたわ。失礼しちゃうわね。ふふふ」

aineko (12)

 

 

かわいいからKISS

aineko (10)

 

 

70代半ばとは思えない美貌と気品。物腰が穏やかで超料理上手。家事も完ぺき。見習うべき点が多いマイママさん。憧れるし尊敬しています。私の保護猫の預かりを何度もしてくれました。感謝。マイママさんみたいな女性を見ると歳を取るのも悪くないと思えます。学ぶべき点がいっぱい♪

 

 

私に対して実の娘のように接してくれるのもうれしい。

 

 

たまにお叱りを受けます。トイレの蓋を閉めなさい! とかね。

 

 

写真も怒られるポイントのひとつ。お綺麗なのに……

 

※説得したら顔出ししぶしぶOKしてくれました。手を繋いで仲よしの私たち。あとでママからクレームの電話が鳴りませんように。

 

 

さっきは新たにtwitterに私がかけた鍵のせいで私のツイートが読めないとの意見をママにいただきました。鍵を解除するタイミングははじめから決めていたんです。その旨を話したらあーよかっただって。楽しみにしてくれていたんですね。

 

 

自撮りをしたら、私の髪で自分の顔を隠しちゃった。萌える♡

aineko (13)

 

 

中年になると真心でぶつかってくれる人って少ないじゃないですか?

 

 

ねーたんとママは建設的な意見を交わし合える存在です。

 

 

実はねーたんと私は保護活動をめぐって何度か口論しています。ねーたんがまっすぐ自分の考えや疑問を投げてくるのです。私もまっすぐ投げ返します。

 

 

知らない人が聞いたら引くレベルでしょう。ケンカに聞こえるかも。

 

 

けれどお互いを理解し合えているからこそ私たちはひるまず投げ合うことができるのです。コソコソと人のうわさ話ばかりする人が仰山の世界で、他人の言動にいっさいの興味を持たないねーたんは清々しい。大人の鑑ですね。

 

 

帰り、出やすい駅まで送ったらねーたんにディナーをごちそうになりました。

aineko (16)

 

 

「アンちゃん!! 頼むから撮んないで!! まったくこの子はイヤだわ」

aineko (14)

 

 

トレーナーをつけてストイックなダイエットに成功したねーたん

aineko (15)

 

 

明日上海出張がんばってください。お仕事はほどほどに。

 

 

マイケルくんの病気を早期に発見できたのはねーたんの深いラブと注意深い性格の賜物です。看取り、という言葉をねーたんは絶対に軽々しく口にしません。

aineko (8)

 

 

穴が開くほど自分のお子と保護動物に目をかけ心を配る人です。こういうていねいな保護主から猫を譲渡してもらえる里親さんは最高ですね。

 

 

あ、ママは現在子猫の真央ちゃんを保護中。じきに娘のねーたんが里親募集を開始しますので応援よろしくお願いします。真央ちゃんプリティですよ♪

 

 

703号室では猫たちが私を待っていてくれました。ただいまっ!

aineko (2)

 

 

ほっこりの姿をありがとう。ハットリ、さぶ兄とあまぱんはあったかいでしょ?

 

 

みんなハットリの味方だよ。みんな仲間!

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





I LOVE MY BOYS

昨日はいつも応援してくれている豆さんがお仕事で来てくれました。

syasinnkanne (2)

 

 

リル、カメラ目線♡

syasinnkanne (3)

 

 

お客さまなのにケーキを大量に持ってきてくれたという^^; すみません。

syasinnkanne (4)

 

 

契約を済ませたあと、豆さんにお誘いいただき私たちはデパ地下へ

syasinnkanne (5)

 

 

保護猫9匹と暮らす豆さんとは何年も前からやり取りをしています。相談に乗っていただいたことも相談に乗ったことも。将来豆さんは保護犬と暮らしたいそうなので、私が紹介することになっています。豆さんは責任感が強くて素敵なお人柄なので保護犬も幸せになるでしょうね。ワクワク楽しみ♪

syasinnkanne (7)

 

 

お惣菜版プリティーウーマンになってしまいました。恐縮の限りです。

syasinnkanne (6)

 

 

デパートから戻ったお母さんはルンルン。鼻歌を歌う私にリルは不思議顔(笑)。

syasinnkanne (9)

 

 

リルの顔を見ているとニコニコしちゃう。15歳にしては若々しいですよね?

 

 

家事を終え、そろそろほほに薬を飲まそうと探すと……

syasinnkanne (13)

 

 

あ、ドームベッドに潜ったの? じょうずにできました!

syasinnkanne (14)

 

 

それにしてもほほくん、あなた必要以上にかわいいわね。

syasinnkanne (12)

 

 

お薬をグビグビえらかったです。

souse (4)

 

 

twitterに動画を載せたんですが、ほほは薬を飲んだあと口をクチャクチャ動かすクセがあるんです。一生けんめいなお顔がなんともたまらない。

souse (7)

 

 

11歳のほほがまだまだ赤ちゃんに見えてしまうお母さん

souse (6)

 

 

今日も生きました。

souse (5)

 

 

ほほ、また明日よろしくね。

souse (3)

 

 

もうじきほほの無麻酔CT検査だ……。ドキドキするけれどたとえどんな結果が出ようと、先生方とともにほほにとっての最善を模索していきたいな。

souse (2)

 

 

いつかまた歩けるようになってほしいけれど、たとえ寝たきりでもほほがそれなりのQOLを維持できているならそれはそれで仕方ないのかもしれません。

 

 

自分勝手ですがとにかく生きていてくれさえすればお母さんは大満足。家族のためにやれることがあるのはありがたい。ほほありがとう。

 

 

保護猫たちの写真は次回にUPしますね。

 

 

それでは皆さまお風邪などひきませんように。

 

 

I LOVE MY BOYS

 

 

スポンサーリンク