あったかいディナー


※ブログ連続更新中。爆発的に更新しています。ぜひ遡ってくださいね。

aineko (11)

 

 

昨夜、Twitterでマイ太郎さんちのマイケルくん(マイに―)が膿胸になったのを知っていてもたってもいられなかった私。さぶも去年膿胸で苦しんだのです。

 

 

さぶは入院中に心肺停止してしまったのでその頃の私は必死でした。

 

 

べべを失って間もない頃だったから余計苦しかった。

 

 

ねーたん(マイ太郎さん)はこれまで、703号室を支援してくれました。多くの卒業生に関わってくれています。そしてうちのお子たちが病気に苦しむと、いつも病院に来てくれました。来てと頼まなくてもねーたんは突然病院に現れたりするんです。ほんとうにやさしいねーたん。

 

 

恩返しにはほど遠いけれど、私もマイにーが心配でお見舞いへ行くことにしたのです。仕事帰りのねーたんとママが合流しやすいように便利な駅で待ち合わせました。運転手ぐらいしかできないけれど、なにか役に立ちたくて……

 

 

でも見て^^; 車グチャグチャ。いちおう5人乗りですけど荷物が多すぎて2人しか乗れない。布団や鍋や綿棒まで転がっています(りょうちゃんありがとう)。まるで夜逃げでもするみたいですね。しないのでご心配なく!

aineko (3)

 

 

慌てて一人分の座席を用意し、ママを助手席、ねーたんを後ろに乗せました。

 

 

「あら? これどうしたの?」と驚くママ。すみません汚くて。

 

 

30分のドライブを経て、到着

aineko (9)

 

 

マイにーは酸素室の中でがんばっていました。

aineko (6)

 

 

ごはんを食べ残したのかと不安の一同に担当の先生がピシャリ!

 

 

「あ、大丈夫です。それ2回目のおかわりです」

 

 

ちょっとするとまた食べだしました。さすがマイにー! 食欲が衰えません。

aineko (7)

 

 

ねーたんの親バカぶりは半端じゃない。レベルが高いです。

aineko (5)

 

 

捨て猫出身のマイケルくんですが、辛かった過去の1万倍幸せを謳歌しています。

 

 

私もこねこねしちゃった。元気そうな姿を見ると目尻が下がる♡

aineko (1)

 

 

アイドルにでも会った気分です。

aineko (17)

 

 

マイママも愛おしそうに撫でていました。

aineko (4)

 

 

「アンニイさん私ね、外苑前でお友だちと会っていたの。このあと病院へ行くって言ったらお友だちたちがみんな驚いていたのよ。でも娘の猫が具合悪いって知ったらみんな“猫?”って呆れていたわ。失礼しちゃうわね。ふふふ」

aineko (12)

 

 

かわいいからKISS

aineko (10)

 

 

70代半ばとは思えない美貌と気品。物腰が穏やかで超料理上手。家事も完ぺき。見習うべき点が多いマイママさん。憧れるし尊敬しています。私の保護猫の預かりを何度もしてくれました。感謝。マイママさんみたいな女性を見ると歳を取るのも悪くないと思えます。学ぶべき点がいっぱい♪

 

 

私に対して実の娘のように接してくれるのもうれしい。

 

 

たまにお叱りを受けます。トイレの蓋を閉めなさい! とかね。

 

 

写真も怒られるポイントのひとつ。お綺麗なのに……

 

※説得したら顔出ししぶしぶOKしてくれました。手を繋いで仲よしの私たち。あとでママからクレームの電話が鳴りませんように。

 

 

さっきは新たにtwitterに私がかけた鍵のせいで私のツイートが読めないとの意見をママにいただきました。鍵を解除するタイミングははじめから決めていたんです。その旨を話したらあーよかっただって。楽しみにしてくれていたんですね。

 

 

自撮りをしたら、私の髪で自分の顔を隠しちゃった。萌える♡

aineko (13)

 

 

中年になると真心でぶつかってくれる人って少ないじゃないですか?

 

 

ねーたんとママは建設的な意見を交わし合える存在です。

 

 

実はねーたんと私は保護活動をめぐって何度か口論しています。ねーたんがまっすぐ自分の考えや疑問を投げてくるのです。私もまっすぐ投げ返します。

 

 

知らない人が聞いたら引くレベルでしょう。ケンカに聞こえるかも。

 

 

けれどお互いを理解し合えているからこそ私たちはひるまず投げ合うことができるのです。コソコソと人のうわさ話ばかりする人が仰山の世界で、他人の言動にいっさいの興味を持たないねーたんは清々しい。大人の鑑ですね。

 

 

帰り、出やすい駅まで送ったらねーたんにディナーをごちそうになりました。

aineko (16)

 

 

「アンちゃん!! 頼むから撮んないで!! まったくこの子はイヤだわ」

aineko (14)

 

 

トレーナーをつけてストイックなダイエットに成功したねーたん

aineko (15)

 

 

明日上海出張がんばってください。お仕事はほどほどに。

 

 

マイケルくんの病気を早期に発見できたのはねーたんの深いラブと注意深い性格の賜物です。看取り、という言葉をねーたんは絶対に軽々しく口にしません。

aineko (8)

 

 

穴が開くほど自分のお子と保護動物に目をかけ心を配る人です。こういうていねいな保護主から猫を譲渡してもらえる里親さんは最高ですね。

 

 

あ、ママは現在子猫の真央ちゃんを保護中。じきに娘のねーたんが里親募集を開始しますので応援よろしくお願いします。真央ちゃんプリティですよ♪

 

 

703号室では猫たちが私を待っていてくれました。ただいまっ!

aineko (2)

 

 

ほっこりの姿をありがとう。ハットリ、さぶ兄とあまぱんはあったかいでしょ?

 

 

みんなハットリの味方だよ。みんな仲間!

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*