うだうだしながらがんばって♥

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

もなちゃんがナナにそっくりの桜のカードと枯れないお花と部屋のフレグランスのプレゼントを贈ってくれました。カードにはあたたかいメッセージが添えられています。もなちゃんありがとう。またぜひお会いしましょうね。

aaare (13)

 

 

 

チチの仕事のスタッフからは春らしいフォトフレームのプレゼントが。かわいいねえ。ありがとうございます。どんな写真を飾ろうかワクワク楽しみです。

aaare (11)

 

 

 

中島先生にあいさつをした翌日、チチが追加で10キロのドライアイスを買ってきました。megさん夫妻がお見えになったのですが、それは今度書きます。

 

 

夕方、みいさんが来ました。食べ物を持ってきてくれてありがとう。

aaare (9)

 

 

 

ナナ、ほらみいさんだよ。ナナをいっぱい撫でてくれたみいさん。ナナの写真を撮りまくってくれたみいさん。お誕生日会もお別れ会も来てもらえてよかったね。

aaare (10)

 

 

 

末娘リルがきょとんとしています。

IMG_0686

 

 

 

ナナの死の意味が理解できていないようです。

aaare (17)

 

 

 

リル、わかる。実はお母さんも同じ。生と死の境界線が雑であいまいになってきた。なんのために生まれてなんのために死んでいくんだろう。むずかしいね。

aaare (1)

 

 

 

みいさんの亡き愛犬さくらちゃん

aaare (16)

 

 

 

ナナの分も作ってくれました。

aaare (15)

 

 

 

さくらちゃんもナナも春に逝ったので桜に囲まれています。ナナ、きれいだね。

aaare (14)

 

 

 

ナナは新緑も似合うんだよね。落ち葉も雪もぜんぶ。四季のすべてが……

aaare (12)

 

 

 

みいさんだから甘えさせてもらうことに。みいさんは素のままでいい相手です。

aaare (8)

 

 

 

ドライアイスベッドからナナを連行し、抱いてベタベタしまくりの私

aaare (7)

 

 

 

この写真にセリフをつけるなら「未練タラタラ」でしょうかね?

aaare (6)

 

 

 

そりゃそうだよ。好きだからしょうがない。

aaare (5)

 

 

 

生きているときは老犬臭が漂っていたのに、天に昇ってからはむしろ花の香りがします。

 

 

いろんな方がいろんなにおいのハンドクリームをつけた手でナナを撫でまわすのが理由だと思うのです。うーん。たまらん……どうしようか……

aaare (3)

 

 

 

キツい。戻ってきてくれないかなあ。無理な話だけどナナに戻ってきてほしい。

aaare (2)

 

 

 

みいさんは黙って私の様子をiPhoneでパチパチ撮影し、帰宅後私のだらしない写真をつけてラインを送ってきました。そこに書かれていたひと言……

 

 

「うだうだしながらがんばって♥」

 

 

私はみいさんに返信しました。

 

 

「いい写真ありがとう。うだうだしながらがんばる」

aaare (4)

 

 

 

もうじき終わりますので、ナナの話は火葬までおつき合いください。

 

 

私が16年愛してきた犬です。生も死もすべてをお見せしたいのです。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





きみのためにできること(ナナ)

※blogを連続更新中です。スクロールしてくださいね。

 

 

卒業生ぐーちゃん(元:千吉)家からナナへブリザーブドフラワーが届きました。ハート型で赤がメイン。ナナの骨壺も赤い布地なのでよく似合います。

yokuzitu (20)

 

 

 

2014年卒業のぐーちゃんはFIVキャリアの成猫。最近腫瘍のオペや歯の手術をしたばかり。たいへんな中我が家を気にかけてくださりありがとうございました。

yokuzitu (5)

 

 

 

卒業生ポテチ家からはピンクと白の上品なブリザーブドフラワーが届きました。

yokuzitu (1)

 

 

 

FIVキャリアの成猫ポテチは幸せ満喫中。先日大巻先生の病院で診察を受けたポテチ。703号室保護猫時代より少したくましくなった? 感じもあるね。

yokuzitu (4)

 

 

 

ほかにもプレゼントがいっぱい届いているのでおいおい自慢します。

 

 

 

さて、今日はナナの亡くなった翌日の話をします。

 

 

酸素室業者への酸素室の返還と清算、ドライアイス購入はチチの担当。

 

 

私は中島先生の病院へ行き、最後の通院の医療費を支払ってきました。

yokuzitu (7)

 

 

 

emi-go、中島先生、ナナがお世話になりました。

yokuzitu (6)

 

 

 

照れもあるのかな? ふだんは決して口にしない言葉を私は中島先生にまっすぐ投げてみることにしたのです。あとは受け手側がどう思うのか……。

 

 

話は遡りますが、ナナが急変したあと、ナナの状態とともにナナの余命を中島先生に私ははっきりと聞いたことがあります。※たぶんこのときですね。

 

 

中島先生の見立てはナナは1週間はもたない。2~3日がヤマだろうとのこと。

 

 

けれど言い方がとても温和で、悪く言えばあいまいだったのです。

 

 

「このまま数値があがりつづければの話ですが、1週間(あるいは2~3日)以内にはなくなってしまう可能性もあるのかもしれないと思います」

 

 

非常に正確です。そしてナナの親の私に気づかいオブラートに包んでくれています。けれど私はそれでは納得がいかず、静かに先生に詰め寄りました。

 

 

「先生あのさあ、○○だと思います。○○の可能性が出てくるかもしれません。思いますかもしれませんをいっそ取っ払って話をしてくれませんか?」

 

 

中島先生はナナを見て一瞬困ったように苦笑いしました。

 

 

そしてひと通り説明を終えた中島先生は部屋を出る間際にこう言いました。

 

 

「あの……さっきぼくが“かもしれません”とか、“だと思います”って言ったのは、(ぼくの性格上の話し方ではなく)相手が動物だからです。

数値だけで動物の命をはかれないってことを、ぼくは獣医師になって学びました。動物はときとして奇跡を起こしたり、いい意味でも悪い意味でもぼくらの予想を裏切ることがあるんです。だからぼくは、“かもしれません”、“と思います”、“○○の可能性が高いです”の言い方をしたんです」

 

 

中島先生の言葉がすとんと胸に落ちた私は「なるほど」と返しました。

 

 

話は戻ってナナ亡くなったあとのあいさつで私は中島先生に深々と頭を下げました。emi-goは横で泣いていたのですが、涙の理由は聞いていません。

 

 

「ナナがお世話になりました。中島先生に生意気を言わせてもらいますが、中島先生はひとりの人間として、獣医師として、ほんとうに腕が上がりましたね。(※中島先生は私、10年くらい知っている先生です)中島先生を私、尊敬します。ナナにしてくれたこと、すべてが正解でした。感謝の気持ちでいっぱいです。上から目線に聞こえたらごめんなさい。でも私は本音でひとりの患者として話をしています。先生は心身ともに成長しましたね。私も先生を見習い、しっかりと成長していきます。これからもどうぞよろしくお願いします」

 

 

中島先生はemi-goとまた困ったような笑い方をし、丁寧にお辞儀をしてくれました。

 

 

 

病院をあとにした私は、ドライブがてらパワースポットへ

yokuzitu (8)

 

 

 

桜がきれいだなあ。そして痛い。桜が痛い。

yokuzitu (10)

 

 

 

これまでナナを護ってくださったこと、未来のいろんなお願いを聞いていただきました。長い時間、ずっと私は心の中で祈りながら手を合わせていたのです。

yokuzitu (9)

 

 

 

※これは私の感覚なのでほかの方からの意見は遠慮してもらいたいです。

 

 

 

帰りにナナに会いに来てくださる方々への手土産とラナンキュラスを購入

yokuzitu (12)

 

 

 

花姫ちゃんただいま

yokuzitu (11)

 

 

 

ドライアイスでキンキンに冷えちゃってかわいそうだね。でも美しいねえ。

yokuzitu (13)

 

 

 

夜、しじみの里親りょうちゃんが会社帰りにナナに会いに来てくれました。

yokuzitu (14)

 

 

 

白い花は横に置き、りょうちゃんにいただいたお花をナナに持ってもらうことに

yokuzitu (15)

 

 

 

いいねえ。カラフルな花束も似合う。

 

 

りょうちゃんがうちに来た日のことを自分のブログに書いています

 

 

よかったら「りょうちゃん目線の703号室ブログ」を読んでくださいね。

 

 

りょうちゃんの中で私は「ゆるキャラ」なんだそうです。へー、そうなんだ。どこがどうそう思わせるんでしょう。次直接理由を聞いてみようと思います。

 

 

りょうちゃんにいただいたおにぎりセットで軽食を済ませる私たち

yokuzitu (16)

 

 

 

エネルギーの消費度がハンパじゃないので私すっごく食べています。

 

 

ぜんぜんガリガリじゃないから(むしろダイエットが必要)ご心配なく!

 

 

 

保護猫百香とあさひもりょうちゃんのちゅーる攻めに遭い、すっかり仲よしに!

yokuzitu (17)

 

 

 

ここにはまだ書けないいろんな話をして、りょうちゃんとバイバイ。散歩がてら駅まで送っていきました。りょうちゃん、ナナに会いに来てくれてありがとう。

 

 

店を終えた母も花束を持ってきました。ナナはいちおう母の孫娘だからね。

yokuzitu (18)

 

 

 

花は母と妹からです。ビタミンカラーでいいですね。

yokuzitu (19)

 

 

 

結局、花は何色でも許されるんです。花は何色をまとってもいいんですよね。

 

 

私べべとナナに会いたいです。あなたたちを抱きしめたい。

yokuzitu (3)

 

 

 

そんな想像に切なくなる毎日を過ごしています。

yokuzitu (2)

 

 

 

でも、大丈夫。私は元気です。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





百香のトライアルが決まりました♪

亡きナナの話をしている最中ですが、うれしいニュースをお知らせいたします。

 

 

このたび保護猫百香の長期トライアルが決まりました。

ブログ未掲載 (3)

 

 

 

猫と触れ合ったことのない先住猫さんのいるお宅ゆえ、現時点でご縁決定とは申せませんが、いいご報告ができるよう里親さんと力を合わせていきます。

IMG_9894

 

 

 

お届け日を調整中ですのでひきつづき百香に会いに来てやってくださいね。

IMG_0090

 

 

 

そしてご無沙汰になってしまったのですが、あさひはじめ保護猫ローズと

faiaffrgi

 

 

 

ジャイアンも控えています。

IMG_0041

 

 

 

ナナの見送りまでを書き終えたら、あさひとローズとジャイアンを前面に出します。応援していただければほんとうにありがたいです。必ず全員卒業させます。

 

 

 

百香のお茶会の模様を簡単に

momokakimari (7)

 

 

 

百香のお茶会が偶然ナナの火葬と重なり、私はうまく頭を切り替えられるか不安でした。希望者さんとは前々からの約束だったのでできれば動かしたくなかったのです。ナナはナナ。百香は百香。私にとって両方たいせつです。

 

 

そこで急きょ助っ人を依頼。みいさんです。

momokakimari (8)

 

 

 

みいさんと私はつき合いが長い。

 

 

みいさんは私が保護動物たちの写真撮影を頼むことで知られているでしょうか? みいさんは写真のみならず「譲渡」が非常に安定していて絶妙にうまい。私の尊敬する女性です。

 

 

希望者さんに偉そうにしません。けれど伝えるべきことはきちんと伝えます。

 

 

実はこれが意外と難しくて、つい上から目線になってしまう保護主さんが多いのです。まあ逆に希望者さんのご機嫌を伺うような保護主さんもいますよね。

 

 

みいさんはフラットな感情で物事を理性的に話すことができるタイプ。

 

 

実際私は電話でかいつまんで漠然としたイメージを伝えたのみでした。

 

 

「こんな感じのお茶会にしたい」的な。

 

 

それを「うん。わかった」のひと言で済ませるみいさん。私とはあうんの呼吸です。むずかしい説明や細かい詰めは必要ありません。みいさんだからこそです。

 

 

お茶会の直前、私のパソコンにて希望者さんとの一連に目を通すみいさん

momokakimari (10)

 

 

※みいさんであっても希望者さんの個人情報の保護はしています。

 

 

夜、ピンポンが鳴り、いよいよはじまりました。百香がんばれ!

momokakimari (9)

 

 

 

里親募集サイト経由で知り合った里親さんはわが家に着くなり、ナナ(とべべ)の遺骨の前に正座し、手を合わせてくださいました。貴重な涙を流しながら……

momokakimari (11)

 

 

 

この一枚で里親さんのお人柄が皆さまにおわかりいただけると思います。

 

 

リルにもあいさつし、かわいがってくださいました。リル、よかったね^^

momokakimari (12)

 

 

 

ナナには枯れない可憐なお花を、犬猫たちのおやつまでいただきました。感謝!

momokakimari (6)

 

 

 

百香は連日ナナに会いに来ていたお客さまがつづき、戸惑い気味

momokakimari (4)

 

 

 

今夜はあなたが主役だよ。里親さんは遠路はるばる百香の顔を見にいらしたの。

momokakimari (3)

 

 

 

私がお茶を淹れている間、みいさんは百香の性格を説明し、里親さんとともにちゅーるをあげてくれていました。助かるね。ありがとう。

momokakimari (1)

 

 

 

2時間みっちり、私のポリシーと里親さんの環境を擦り合わせていきます。これは703号室の卒業生たちにとって、重要な時間です。すでにお宅の写真と先住猫さんの写真は拝見済み。

 

 

さらに間取り図を書いていただき、開口部を細かく確認しているところです。ケージを置く場所、窓及びドアの位置、活かす窓、壁のように動かさない窓……

momokakimari (2)

 

 

 

おススメのキャリーバッグや通院方法も力説。洗濯ネットに入れるところ

momokakimari (5)

 

 

 

里親さんはひとつずつ丁寧に聞き、質問をくださり、先住猫さん(るいくん)と百香の安全や未来について真剣に考えてくださいました。

 

 

ご主人さまに見せる動画を撮ってお帰りになった里親さんは、家族会議を1日経て熟考し、百香のトライアルを快諾! 私のポリシーと百香は「セット」なので、里親さんは早速脱走防止対策に取り掛かってくださっています。

 

 

ナナの命の灯が消えようとしていた時期にやり取りをしていた私は、里親さんをお待たせしてしまうこともあり、ご迷惑やご心配をおかけしたことと思います。

 

 

しかし常に私にやさしく接してくださり、「気長に待ちます」と仰ってくれました。

 

 

トライアルではありますが、百香の良縁を想像すると気分がハイになります。

 

 

百香、苦労してきたあなたには安楽な一生を送ってほしい。

IMG_0091

 

 

 

里親さん、みいさんに感謝。素敵なお茶会でした。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク