あの苦悩も含めて、全部

保護猫ウイは家族を求めています。お問い合わせ大歓迎です!
クリックすると元のサイズで表示します

まだ2~3歳です! ピチピチよ♪
クリックすると元のサイズで表示します

どうか目を留めてやってください。

保護猫ちびビーナスはだいぶゴロゴロ姫になってきました。

詳細は後日!

ウイの家族募集中ですが、今日は我が家で亡くなったゴンタについて書かせてください。ペットロス的要素を含んでいる上長いですが、ゴンタとの日々を思い出して書いたのです。

●●●●●●●●●●●

我が家にやってきたゴンタは、すでに十三歳のおじいさんでした。

肝臓への転移も認められる血管肉腫(ガン)、心臓病、腎臓病、深刻な認知症……さまざまな病気にゴンタの体は蝕まれ、かつて元気だった頃より半分近く痩せてしまいました。

土手でゴンタは何度か倒れ、発見されるたびに病院へ搬送されましたが、どんどん消耗していったのです。

最後にゴンタが倒れたとき、間近で見守ってきた私は、十三歳になるゴンタをもう土手に返したくない、と思いました。

いろんな病気を抱えながら炎天下や極寒の中、繋がれ生きなければならないゴンタが不憫だったからです。うちでどうにかなる――。そんな気がしました。

ゴンタはもともと土手に捨てられた犬でした。
クリックすると元のサイズで表示します

当時の土手にはたくさんの捨て犬がいたのです。私はホームレスさんに拾われ命を繋いだ犬たちのケアやサポートをボランティアで行っていました。定期的に犬 たちにフードや薬を支援し、不妊手術を受けさせ、彼らの生活の質(QOL)の向上をはかるのが私の活動内容でした。そしてホームレスさんの了承を得、里子 に出せそうな犬たちは新しい家族へ「命のバトン」を繋いできたのです。

ゴンタはさまざまな事情から、長く土手に留まらせた一頭でした。若いときのゴンタは快活な大型犬で、いつもニコニコ私たちボランティアを出迎えてくれたものです。

ゴンタはおやつのチーズが大好きでした。

繋がれた紐いっぱいに体を伸ばしチーズをねだるのです。手に握り締めたひと粒のチーズは、瞬く間にゴンタの口の中に消え、よだれを流しながら上目遣いでおかわりを催促するのがゴンタの得意技でした。

「よしよし! もうひとつあげよう」

暑さ、寒さ、孤独、紐に繋がれた逃げ場のない不自由さ、台風、雨、雷、蚊、火事、心ない人からの暴力や蔑み……土手の犬たちは逆境の中を生きていくしかありませんでした。

今日を生き残った犬だけが明日を迎えられるのです。途中で何頭もの犬たちが朽ち果て、亡くなっていきました。

その中でゴンタは十三年土手で暮らしたのです。

四肢を踏ん張り、ひたむきに。

私はこれ以上がんばらせたくありませんでした。長くてあと三ヶ月の命だと宣告されたゴンタに我が家でのんびり余生を送らせたかったのです。せめてもの償いのつもりでした。

しかし、ゴンタは余命宣告をはるかに更新し、二年二ヶ月、我が家で生きたのです。

実のところ、ゴンタが幸せだったかどうかは、私にはよくわかりません。
クリックすると元のサイズで表示します

すでに認知症の症状が顕著だったゴンタとは意思の疎通に苦労しましたし、介護がうまくできた自信もないのです。とにかく試行錯誤の連続でした。

ゴンタは一日のほとんどを旋回運動に費やしました。
クリックすると元のサイズで表示します

休みなく何時間でも回っていられるのです。我が家のリビングに設けた四畳程度のサークルの中でゴンタは回りつづけました。

散歩もまっすぐには歩けませんでした。

回るか曲がるか。

でも、力強いステップは若い頃のゴンタを彷彿とさせました。エネルギーの塊だったゴンタを。

ごはんは好ききらいなくなんでも食べてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

薬がたくさん入ったごはんもペロッと平らげるのです。私は冷蔵庫の残り物野菜をつかい、ゴンタに「犬用おじや」を作るのが日課でした。トマトや刺身のツマもゴンタにはごちそうだったようです。ゴンタの食べているときの顔は今でも忘れません。

あの表情に救われ、介護を乗り切ったと言っても過言ではないでしょう。赤ん坊のように純粋で喜びに満ちた顔でした。

ゴンタは病気の影響で多飲多尿でした。
クリックすると元のサイズで表示します

バケツ一杯分くらいの水をごくごくと飲んでしまうのです。当然、大量のおしっこが出ますが、食べているときと寝ているとき以外は旋回しているゴンタにオムツ暮らしは合いませんでした。

そのため私は朝から晩までサークルに敷き詰めた巨大なペットシーツを取り替えなければなりません。洗濯の回数も半端ではないのです。ゴンタの排泄の問題は、当時の私にはかなり深刻でした。自分の具合が悪いときなどは、本当に困ったものです。

二年間、ゴンタは休みなくサークル内を回りつづけました。

グルグルグルグル。

我が家の洗濯機も二年間回りつづけました。

グルグルグルグル。

ゴンタのグルグル生活は二年で幕を閉じました。

次第に足がもつれ転ぶようになり、そこからは坂道を転がり落ちるように一気に運動機能が低下していったのです。

ゴンタの肉体はゴンタの精神に逸れ、折り合いをつけられない弱り方をはじめました。いわゆる、「寝たきり生活」のはじまりです。

ゴンタが旋回運動を繰り返していた時分は、寝たきりになれば楽になると想像していました。ゴンタが歩きながら排泄物を踏みつけることがなくなるからです。

しかし介護の真の試練は寝たきりになってからでした。

体の不自由さを嘆いてゴンタが泣き叫ぶのです。

けたたましい声でほぼ一日中ずっと。

起き上がらせると少し黙ってくれることもありましたが、数秒後、また叫び声が部屋中を轟きます。地響きするほどの大きな声でした。我が家には他の動物たち もいますので、他の動物たちへの影響も心配でした。ゴンタ以外の者はみんな一丸となってゴンタの鳴き声を耐えるしかなかったのです。マンションの一室での 生活ゆえ、近隣への肩身の狭さも感じました。

私は精神的限界までその声を受け入れるしかありませんでした。

薬で強制的に寝かせている間だけが私の束の間の休息でした。次第に心の中をイライラが支配するようになり、私は一度だけ、イライラを醜い怒りに変え、ゴンタにぶつけてしまったのです。

あるとき突如私は、寝たきりで泣き叫ぶゴンタに向かい取り替えようと手に持っていた紙おむつを投げつけてしまいました。今でもそれが自分の中で、もっとも後悔しているできごとです。

毎日が闘いでした。いつまで闘えるかもわかりませんでした。

終盤、私は化粧や身なり……性別を忘れ、寝食を忘れ、ついには感情を表に出すことをも忘れてしまいたくなり、ただひたすらゴンタの介護だけをしました。一寸先すらも考える余裕がなかったのです。
クリックすると元のサイズで表示します

思い返せば、薬で眠っているときのゴンタはよく寝言を言いながら手足をぱたつかせていました。土手の中を走りまわる夢でも見ていたのでしょうか?

繋がれっぱなしの十三年間もの間、叶うことのなかった夢。

自由への渇望――。

最期は、あっけないほど静かに旅立ったゴンタを私は少し恨みました。昼ごはんを食べたのに、その夜すっと眠るように逝ったのです。

我が家をさんざんかき乱し、私の心を乱したのに、ひとりだけ遠くへ行ってしまったからです。家の中は爆弾が落とされたあとの廃墟のようにむなしい場所になりました。

土手で生きた十三年、我が家での二年二ヶ月。

ゴンタの生涯、その存在は、鮮烈な色彩となって私の胸に残っています。亡くなってしばらく経ちますが、まだ消化しきることができません。

ただひとつ言えるのは、ゴンタに出会えて、お世話させてもらえた時間は私の宝物です。

あの苦悩も含めて、全部。
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンタの一生をまとめた記事はこちらにもあります。

スポンサーリンク





完全甘えん坊

昨日は更新しようと思った時間帯になぜか管理画面に入れず、今頃になってしまいました。保護猫ウイ、家族募集中です。

実はみいさんが写真を撮ってくれた次の日から、ウイにめざましい変化が起きるようになったのです。

前は勇気出してリビングまでやってきても、私がさわろうとするとスタスタ安全ゾーン(保護部屋)まで戻ってしまっていたのですが、なんとリビングでも普通にゴロンするようになりました。もちろん撫で放題です。

これはかなり嬉しい変化!

テリトリーの中だと心を開いてくれることから、「半分甘えん坊」なんて書いたのですが、「完全甘えん坊」に更新します。

大きなカメラや慣れない首輪に驚きながらの撮影でしたが
クリックすると元のサイズで表示します

ウイの中のモデル魂が目覚めたのでしょうか?(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

ウイは一緒に暮らしやすい猫だと思います。

外で傷だらけになり怖い思いをした分、はじめは時間がかかったのですが、人との暮らしを経て、きちんとやさしさを取り戻した子です。

成猫ですが、まだ若く、攻撃性がありません。他の犬猫たちと仲良くできるのもポイントの高さのひとつ。また、ハンサムでフォトジェニックです。健康状態も問題ありません。

ウイと暮らしてみたい方はいませんか?

猫初心者の方、共働きのご夫婦、30歳以上のおひとり暮らしの女性の方(いくつかお約束がございます)にも安心しておすすめできます。お問い合わせをお待ちしています。

目やにを取ってキレイキレイ中(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

ウイ、お家が見つかるといいね♪

それから、妹のぽんぽこりん日記にも紹介されていますが、卒業生おにぎり(元シロニック)があぶないことになってます。

マンガの「猫村さん」をご存知ですか?

(私はほとんど知りませんでしたがこのたびちゃんと知りました)

おにぎりの里親さんが、小粋なことをしてくれたのです。

おにぎりを猫村さんに扮させ世間に放出(爆)。
クリックすると元のサイズで表示します

エプロンは里親さんの手作りです。「Neco」の文字まで!

リボンもちゃんと縦になってます。
クリックすると元のサイズで表示します

えっと……

お腹まんまるっ(萌)。
クリックすると元のサイズで表示します

「日々のおにぎり」にも載ってます→ http://onigili.blog.fc2.com/?pc

世の中にはいろんな愛があるんですね。

里親さんにまたひとつ深いことを教わりました^v ゜

LOVE!

★★★ありがとう★★★

華音さまより大量のトマジューが届きました
クリックすると元のサイズで表示します

冷蔵庫に冷やしてチチとともに毎朝いただいてます。健康によさそうですね。華音さま、どうもありがとうございました!

スポンサーリンク





提灯持ち

本気出します。

出さなくては

みいさんが撮影とリタッチをがんばってくれた数々の写真を眺めていたら、胸が熱くなりました。

手を煩わせているのは重々承知なので、時間のあるときにやってくれればいいからと遠慮していたのです。

でもみいさん、すぐにほとんどを送ってくれました。

みいさんちにも現在家族募集中の成猫が3匹います。

蘭丸、月子、風子です。

妬ましいほどかわいい子たちです。どうぞよろしくお願いします。

みいさんが撮ってくれた写真をさっと見て、お気に入りを決め、「ペットのおうち」に掲載しました。ここでもぜひ紹介させてください。

まだいっぱいあるので、徐々に放出していきます。

見よ!

この世のものとは思えないかわいさを連発していきます。

「Nice to meet you! これが本当のぼくの姿です」
クリックすると元のサイズで表示します

ウイ坊、ウインクで人の心を鷲づかみにする作戦に出ました。

ほっぺのお肉がよーく伸びます♪
クリックすると元のサイズで表示します

でこちゅう
クリックすると元のサイズで表示します

憂いをたたずんだような流し目はウイ坊の十八番
クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどの人(+犬&猫)はみんな騙されます。

ほだされまちがってかつおバーをあげてしまうのです。
クリックすると元のサイズで表示します

いいんだよね。

今まで苦労してきたんだもん。

ちょっとぐらい甘やかせてもいいんだよね。

「いいの? ハハありがとう。ならもう1本くれませんか?」
クリックすると元のサイズで表示します

ウイ、やわらかい表情がじょうずになったねえ……
クリックすると元のサイズで表示します

ウイの安心している顔は、ウイの怒った顔より数倍ハンサムよ

私たち人間が薄情で冷淡なおかげで

ウイは本来の自分を忘れてしまうほど苦労をしてきたんだよね。

小さな猫として生まれてきたから

さぞ不便もあったでしょう?

生き直そう!

ウイを保護したとき、私はウイの「提灯持ち」になり、ウイの前途を照らそうと心に誓いました。

ウイは暗がりの中を生き延びてきたのよね。

ウイが夜闇に溶け消えてしまわぬよう

躓かずに済むよう

ウイの足元を照らし、目的地に案内する役になろうと決めています。

本当の家族に出会える日まで

前を向いて歩いていこうね、ウイの歩幅で。

「モデルのぼくからのひと言撮影エピソード! ぼく、たくさんの視線を浴び大きなカメラを前に少し怖がったよ。耳がペタンと倒れてしまいました。でも、みいさんは真剣だしハハはしつこいしで……やるしかなかったのです」
クリックすると元のサイズで表示します

「撮影風景の1枚↓ 提灯持ちのハハが高みの見物客ポーズなのは、一応ぼくたちの邪魔にならぬよう配慮してのこと……だそうです」
クリックすると元のサイズで表示します

ウイ(推定2~3歳)は現在家族募集中です!

お問い合わせをお待ちしています。

スポンサーリンク





台湾(料理店)へいらっしゃい!

勇気を出しリビングに入るようになった保護猫ウイ
クリックすると元のサイズで表示します

家族募集中です♪
クリックすると元のサイズで表示します

毎日ウイの写真をアップしますので、ウイが気になる方はスクロールで遡ってチェックしてくださいね↓ あまりにも写真がひどいので本日あのお方にお越しいただきました。すごい重装備で!
クリックすると元のサイズで表示します

写真はあのお方のレタッチ後改めて皆さまに披露させてください。

さて、本題です。

昨日(8月15日)の太田氏こともうーすさんの記事(その名は「エル」)を読み、もうーすさんの世界観に圧倒されMIHOさんに電話でさんざん感想を述べまくった私。

どこがどうすばらしいか話しているうちにもう一度読みたくなり、もうーすさんのブログを再度開いて驚きました。

「え……」

なんと、最新の記事はうちの母の営む台湾料理です。

すみませんっ

実はウィズキャトル代表の永澤さんが発起人(幹事)となり、数日前に皆さまが辺鄙な店に集合してくださったのです。

永澤さんの半ば強引とも言える緊急召集のおかげで本当に楽しい一夜になりました。

ちなみにだいぶ前に行われた大網さんと太田氏とAP通信の山路徹氏の活動報告会にお邪魔させていただいたときの写真をいまさら載せておきます。
クリックすると元のサイズで表示します

大網さん、永澤さん、おーあみ避難所のボランティアさん方(お顔出しの許可を取っていないので今回は伏せました)、太田氏、うちの卒業猫めい&じゅんのママさんも!
クリックすると元のサイズで表示します

この日うさみるさんにもお会いできました。福島の動物たちの境遇を知り考えるいい機会です。次もありましたらそのときもぜひ参加します。

話は台湾料理に戻りますが、当初私は不安でした。

「店の冷房壊れ気味です。暑くて長居できません」

「辺鄙な場所ではなく、もっと都心で集まりませんか?」

「店にいらっしゃるのはいっそ涼しくなってからがよろしいかと……」

若輩者のわたくしめからの提案をピシッと封じ込める簡潔メール

「本場の台湾料理食べたかったの。大好きなの。さっき調べたら、アンニちゃんのところまで1時間。私達にとっては車で1時間なんてちゃらいの。暑さなんて、全然平気」

あ……

は、はいっ(汗)。

では、よ、よろしいのですね。

わかりやすいところまでお迎えに上がったら、永澤さんと大網さんと太田氏がなにやら買っていました。

どこでも盛り上がれるようでなによりです。
クリックすると元のサイズで表示します

料理の写真はもうーすさんのブログでご覧ください。

私信:もうーすさん、はるさめに見えたものはビーフンです。

永澤さんのお顔が隠れてますけど、一応集合写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

猫撮るの上村さんとうちの妹も遅れて参加してくれました。

大網さんの自然な雰囲気が多くの方を惹きつけるんでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します

苦悩もおありのはずですが、微塵も感じさせないオーラを放っています。改めて人徳の深さを感じました。大網さんは両手の傷がすごいのです。大網さんの細腕に大網さんと犬猫たちの絆や歴史を垣間見た気がします。

永澤さんは豪傑な女性で、映画「犬と猫と人間と2」で名台詞を残していらっしゃいます。救済活動は主に「牛」。人間より大きな産業動物の牛と向き合うパ ワーは並大抵ではないでしょう。本来牛は食肉として飼育されているので矛盾も抱えていらっしゃるでしょうし。でも、凛と前に進んでいらっしゃいます。

大網さんと永澤さんのノンストップトークがメインの宴でした。
クリックすると元のサイズで表示します

ついでに男性陣もちょこっと参加(爆)。
クリックすると元のサイズで表示します

台湾のお茶についてなにか語っていらっしゃるのでしょうか?

遅れて来られた上村さんが一番おとなしかったです。女性陣の勢いに気の毒さも感じましたが、毎度のことらしいので、まあ、ね^v ゜

上村さんからは現在絶賛発売中のポストカードをおみやげにいただきました。母や妹の分までありがとうございます。「お金払います」って言ったら、「宣伝お願いします」と返されたので、約束どおりちょこっと宣伝させてください。

売り上げは上村さんの活動資金にもつかわれます。

特にお気に入りの3枚を^^
クリックすると元のサイズで表示します

太田さんのポストカードもあわせてよろしくお願いします。
クリックすると元のサイズで表示します

売り上げは太田さんの活動資金にもつかわれます。

皆さま、ご多忙の中遠路はるばるお越しくださいましてまことにありがとうございます。

「また絶対くる!」

最後はそう言い残してさくっと解散した皆さまを見送っていたら、なんだか淋しさがこみ上げてきました。太陽が沈んだあとのようです。

ぜひお言葉どおり、また束の間の休息にいらしてください。

残さず食べてくださり、至福の極みです。

作ったのは私じゃなく母ですけどね。

次回からはウイの宣伝にもっと力を入れます。

太田さん(もうーすさん)「うちのとらまる」
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/

→ とらまるちゃんのポストカード売ってます。

大網さん 「おーあみ避難所」
http://ameblo.jp/oami-hinanjyo/

→ かわいい犬猫たちが常時里親募集中です。

永澤さん 「ウィズキャトル」
http://ameblo.jp/withcatle/

→ 牛を生かすために少人数で最大級の尽力をされています。

上村さん 「猫撮る(ねことる)」
http://nekotoru.com/299/

→ ポストカード購入はブログからも入れます。

妹 「ぽんぽこりん日記」
http://ponpokorin0117.blog.fc2.com/

スポンサーリンク





心ウキウキ床を磨く

ウイの家族募集をはじめました。
クリックすると元のサイズで表示します

「ペロペロ カミカミ」
クリックすると元のサイズで表示します

仮名:ウイ
性別:(元)男子
年齢:推定2~3歳
ウイルス検査:FIV、FeLVともにマイナス
去勢手術その他必要な医療ケアはすべて終えています。

(性格)
穏やかでやさしい。他の犬猫と共存可能。

大きな生活音や人間の急な動きにびくっとすることがありますが心が落ち着く場所では大胆に甘えてきます。

攻撃性なし。粗相なし。爪とぎの失敗やいたずらもなし。

おもちゃ大好き。食欲旺盛。食べ物の好き嫌いなし(現在ロイヤルカナンインドアキャットを食べてます)

外で苦労してきた分、おとなとしての分別があり、精神的に自立しているので半日程度のお留守番は余裕です。成猫は共働きのご家族にも安心しておすすめします。

ブログの非公開コメントでも受けつけています。

どうぞよろしくお願いします。

今日、昼過ぎにチチが早退してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

帰ってすぐナイチンリルとともに寝室にてダウン^^;

本人曰く、疲れが溜まっていたそうです。

チチの寝ている間に私は掃除を開始

外出がつづき家事がたまると私はストレスを感じる性格です。汚い家をどうにもできないイライラが辛いのです。

今日はざらついた床が気になり、掃除機をかけたあと、バイオウィルで拭きました。バイオウィルは犬猫や赤ちゃんにも安心の上、消毒もできるすぐれもの。

ピカピカになったでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します

多頭飼育の我が家。保護動物の出入りも頻繁です。

衛生管理はしっかりしないとね!
クリックすると元のサイズで表示します

犬猫の食器の煮沸、猫トイレ丸洗い、洗濯もなるべく頻繁にやるよう心掛けています。日ごろの私の行いが、犬猫たちの感染症予防に繋がればいいなと♪ えらそうに書いてみたものの、ほほのマーキング臭が消えないのも事実ですが@~@

私が汗だくで掃除している間、うちのお子たちは憮然とくつろいでいます。どう思いますか? この態度!
クリックすると元のサイズで表示します

しかも微妙に邪魔(笑)。

一番邪魔してくるのはさぶ。甘えたくてひっついてきます。次がべべ。吠えながら掃除機の柄をかじってきます。13歳になってもジャックラッセルテリア気質は健在ですね。

まあかわいいからなにしてくれてもいいんですけど。

家事の合間に生き抜きも兼ね犬の散歩をします。

この時期は暑いから行く時間が限定されますよね。

ふんばるナナ
クリックすると元のサイズで表示します

こんなショットを載せたらナナに嫌われちゃうかしら?
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん運はお持ち帰りしましたよ♪
クリックすると元のサイズで表示します

掃除洗濯、散歩、夕飯作り(汗)。

主婦の1日はあっという間です。

昨夜の晩ご飯↓
クリックすると元のサイズで表示します

ねこだるまさんからいただいたお野菜があったので、買い物はタコといわしとタイだけ。しかも半額セールでGETしたのでしめて890円なり

タコはトマトとマリネにし、ナスを炒め、きゅうりはお手製のにんにくみそをあわせました。あとはわかめスープとお刺身を出しただけの手抜きメニュー^^; 暑い夏だからこそシンプル料理でもごまかしが利くからありがたいですね。

明日は豆さまより届いた大門素麺をいただく予定です。
クリックすると元のサイズで表示します

豆さま~! いつもありがとうございます。

そうめん大好きなので食べるのが楽しみです。

ちなみにチチはすでに復活しました。半日寝たら治ったそうです。

ではではよい週末を!

私は仕事ですが、皆さまはゆっくりお休みくださいね。

ウイへのお問い合わせを心待ちにしています。

スポンサーリンク