提灯持ち


本気出します。

出さなくては

みいさんが撮影とリタッチをがんばってくれた数々の写真を眺めていたら、胸が熱くなりました。

手を煩わせているのは重々承知なので、時間のあるときにやってくれればいいからと遠慮していたのです。

でもみいさん、すぐにほとんどを送ってくれました。

みいさんちにも現在家族募集中の成猫が3匹います。

蘭丸、月子、風子です。

妬ましいほどかわいい子たちです。どうぞよろしくお願いします。

みいさんが撮ってくれた写真をさっと見て、お気に入りを決め、「ペットのおうち」に掲載しました。ここでもぜひ紹介させてください。

まだいっぱいあるので、徐々に放出していきます。

見よ!

この世のものとは思えないかわいさを連発していきます。

「Nice to meet you! これが本当のぼくの姿です」
クリックすると元のサイズで表示します

ウイ坊、ウインクで人の心を鷲づかみにする作戦に出ました。

ほっぺのお肉がよーく伸びます♪
クリックすると元のサイズで表示します

でこちゅう
クリックすると元のサイズで表示します

憂いをたたずんだような流し目はウイ坊の十八番
クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどの人(+犬&猫)はみんな騙されます。

ほだされまちがってかつおバーをあげてしまうのです。
クリックすると元のサイズで表示します

いいんだよね。

今まで苦労してきたんだもん。

ちょっとぐらい甘やかせてもいいんだよね。

「いいの? ハハありがとう。ならもう1本くれませんか?」
クリックすると元のサイズで表示します

ウイ、やわらかい表情がじょうずになったねえ……
クリックすると元のサイズで表示します

ウイの安心している顔は、ウイの怒った顔より数倍ハンサムよ

私たち人間が薄情で冷淡なおかげで

ウイは本来の自分を忘れてしまうほど苦労をしてきたんだよね。

小さな猫として生まれてきたから

さぞ不便もあったでしょう?

生き直そう!

ウイを保護したとき、私はウイの「提灯持ち」になり、ウイの前途を照らそうと心に誓いました。

ウイは暗がりの中を生き延びてきたのよね。

ウイが夜闇に溶け消えてしまわぬよう

躓かずに済むよう

ウイの足元を照らし、目的地に案内する役になろうと決めています。

本当の家族に出会える日まで

前を向いて歩いていこうね、ウイの歩幅で。

「モデルのぼくからのひと言撮影エピソード! ぼく、たくさんの視線を浴び大きなカメラを前に少し怖がったよ。耳がペタンと倒れてしまいました。でも、みいさんは真剣だしハハはしつこいしで……やるしかなかったのです」
クリックすると元のサイズで表示します

「撮影風景の1枚↓ 提灯持ちのハハが高みの見物客ポーズなのは、一応ぼくたちの邪魔にならぬよう配慮してのこと……だそうです」
クリックすると元のサイズで表示します

ウイ(推定2~3歳)は現在家族募集中です!

お問い合わせをお待ちしています。

スポンサーリンク





コメントを残す




*