ぼくの今(はな丸)

こんばんは。今日は週末に訪ねた卒業生宅をご紹介します。

チチと私、1日で3軒の卒業生を訪問したんです(笑)。

どのお宅も時間が足りないほど楽しかったです。

懐かしい面々が登場しますよ!

2回にわけて更新します。

「保護されて数週間後の頃のぼくだよ」(預かりうららさんちにて)
クリックすると元のサイズで表示します

はい! おわかりですね。

トップバッターはうちの近所で出会った「ひかる」改め「はな丸」!

最初はもうボロボロのガリガリでした。

保護を決めたのは、目から血の混ざった涙を流しながら彷徨っていたから。すでに目はつぶれかかっていました。盲目になってしまったら厳しい外界では生きられないのに。

保護後、預かりうららさんの献身的なケアと目の精密検査を経ました。目は現在、きれいに治っています。

そしてこのお猫さん、異彩を放つ703号室卒業生の中でもひときわ手ごわかったです。近づいただけで脱糞するほど繊細なガラスのハートの持ち主でした。

なにもかもが怖い。

拒絶拒絶拒絶!

ストレートな怒りんぼともちがう。

石のように硬く心を閉ざしていたのです。

FIVキャリアでもありました。

慣れるまでにかなり時間がかかったし、家族探しのハードルは高かったです(自分比)。

保護期間はなんと1年以上(汗)。

ご縁探しも一筋縄にはいきませんでした。

ようやくめぐり会ったのが今の里親さん。

このたびは「はな丸」が卒業まる1年を迎えたので、里親さんがチチと私をお誘いくださったのです。

見覚えのあるエントランスを逸る気持ちでくぐり
クリックすると元のサイズで表示します

王子さまのお宅へ
クリックすると元のサイズで表示します

窓にはしっかりと脱走防止柵がされたままです。

はな丸王子はお決まりのリアクション(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

こうなると思ってました^^;

でもさわれましたよ♪(チチバージョン)
クリックすると元のサイズで表示します

私もこねこね
クリックすると元のサイズで表示します

ママは余裕のにっこり抱っこ。すごすぎるよ。
クリックすると元のサイズで表示します

お茶をいただきながらこれまでを振り返ります。
クリックすると元のサイズで表示します

初耳の話がいっぱい飛び出しました。

はな丸は数ヶ月大絶叫で鳴きつづけたそうです。我が家では一切夜鳴きをしなかったので、聞いたときは驚きました。そしてやはり里親さんに対しても、ビビリや拒絶の部分を色濃く出していたんだとか。リビングで家族が普通に過ごすようになるまでに、半年かかったそうです。

半年ですよ?

半年間、粘り強い根気を持ってはな丸に向き合ってくださったおふたりを尊敬します。

そして徐々に心を開くようになった彼を、深い愛情で包んでくださったおふたりに感謝します。

ホームレスだった彼が、今、こんな風に暮らしています。
クリックすると元のサイズで表示します

ご家族には無防備な姿も晒します。
クリックすると元のサイズで表示します

こういう姿を目の当たりにすると、私は無限の可能性を感じるのです。

「慣れるわけがない」

「できるわけがない」

そう決めつける方が関わった犬猫たちは、慣れるわけがないし、できるわけがないのです。

でもそれは、その先を見ようとも信じようともしない方の偏見や狭い見識によってもたらされた当然の結果かもしれません。

なんてえらそうに書いている私も、自信喪失で凹みっぱなしになることしばしば。しかし私は犬猫たちを信じています。もちろん、長い時間がかかる子もいるで しょう。簡単にいかないことも多いでしょう。でも必ず、犬猫たちは関わった人間とどこかの時点で心をぶつけ交わるのです。それが早いか遅いか、わかりやす いかわかりづらいかだけのこと。

はな丸とご家族が改めて教えてくれました。

チチが撮ってくれた記念写真
クリックすると元のサイズで表示します

はな丸、祝1年!

幸せになったねえ!!

この幸せを、少しでも長く噛み締めてほしいです。

わがままな保護主より

はな丸家よりバームクーヘンをいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございました。おいしかったですよ♪

次回は、はな丸のママさんが本気で惚れこみ、2匹目の家族として迎え入れることを真剣に考えたという卒業生のお宅と、大の仲良しの里親さんとのランチについてUPします!

ハンデのある子もない子も

若い子も若くない子も

健やかな子も病める子も

甘えん坊も怒りん坊も

美しい子もぶちゃいくな子も(笑)

みんなみんな終の棲家を得られますように。

スポンサーリンク





吉報などいろいろ

速報^v ゜

みいさんやりました!!
クリックすると元のサイズで表示します

紅緒、長丸、ライゾー、ボンゾー、密豆のママ猫を保護したのです。

本当にお見事すごいみいさん!

みいさんならやると思ってました。

やると決めたことはしぶしぶだけど絶対やるんですあの人。

5匹の子猫のほかに、子猫たちのおじに当たる「蘭丸」とママ猫、計7匹の猫を短期間に保護したみいさん。絶対に疲れているはずです。全部一緒にやるからがんばろうね。

ママ猫の保護場所はみいさんと相談しますね。

皆さまも喜んでくれたら幸いです。

今日、日中はお子たちとラブラブすると決めていました

時間がないのを言い訳に、うちの大切なお子を放置できないです。

季節が季節だから犬を連れて外出するのはやめたけど、家の中でベタベタしました。おやつをあげたり撫でたりしながら♪

蛙足のべべ! 子犬の頃からこういう不思議なポーズが得意です。
クリックすると元のサイズで表示します

エアコンついているのに、暑くてだらけるナナリル
クリックすると元のサイズで表示します

完全に放心状態のあまぱん。食べているかダラダラしているかのどっちかしか見たことありません。
クリックすると元のサイズで表示します

リルとさぶはお尻合いの関係
クリックすると元のサイズで表示します

眺めているだけで目尻が下がります。

どのお子も個性的で美しいです。

楽しい午後のひと時でした~!

そして夜は、紅緒、長丸のワクチンとさぶの腎臓検診に

病院でまるぽこの母さまやみーちゃんと偶然会いました。二方とも保護活動に尽力されています。化粧していてよかった(笑)。

待合室で「待ち中」のさぶ
クリックすると元のサイズで表示します

さあさ、長丸くんー! お注射がんばろうね^^
クリックすると元のサイズで表示します

爪きり中も優等生
クリックすると元のサイズで表示します

紅緒は大騒ぎしてしまいましたが、無事ふたりとも3種ワクチンを終えました。紅緒、遊びすぎて右目が結膜炎気味になってしまったのでお渡しまでの数日間、しっかり目薬で治していきます。
クリックすると元のサイズで表示します

子猫たちのあとは、さぶの診察

さぶ氏、余裕の貫禄です。
クリックすると元のサイズで表示します

爪切りも難なくクリアー。看護師さんに甘えまくり私の嫉妬心をかきたてました。隅に置けない男です。
クリックすると元のサイズで表示します

腎臓は残念ながら、少し悪くなっていました。

CREAが3.1(4月)→3.8に上がっていたんです。

でも減っていると思われた体重は逆に増えていました。

5.1キロ(4月)→5.2キロ

先生と相談した結果、あと1回モニターリングし、次の数値がさらに悪くなっていたら皮下点滴をはじめることにしました。ちなみにBUNは正常値なのでご心配なく。

同じ日の午後に703号室卒業犬むじろうファミリーが診察に訪れていたらしく、べべへのおやつを病院で買ってくださったとか。看護師さんが手渡してくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

ありがとう!

むじパパさんむじママさんー!

何年もむじを大切に育ててくださり感謝です。

※むじのツイッターから勝手にむじの画像をお借りしました。

岩の上でひんやりのむじろう
クリックすると元のサイズで表示します

鼻がマッシュルームみたい
クリックすると元のサイズで表示します

都心に住んでいるむじ家は、6年前の譲渡時に私とお約束くださった「ダブルリード」を今も実践しています。すべてはむじろうの安全のため。深い愛情を感じます。
クリックすると元のサイズで表示します

このほか長年私と共に保護活動してきた小宮さん(今は北海道に移住)からも夕張メロンが届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

早速いただきましたが甘くておいしい! ありがとうございました。

毎日があっという間ですが、生きるっていいですね

LOVE!

次回は卒業生ファミリーに会いに行ったときの様子をUPします。

スポンサーリンク





大きくなあれ

紅緒と長丸の成長が著しいこの頃です。

高い場所にもよじ登るようになりました。降りれないけど。ふと見ると、3段ケージの上に置いたかごに入っていました。びっくりです'_';
クリックすると元のサイズで表示します

生きる力が漲り、体調が安定しています。
クリックすると元のサイズで表示します

思えば、はじめは苦労の連続でした。

先に卒業したきょうだいのライゾー(安丸)を含め、お腹がゆるゆるの状態で我が家にやってきたのです。子猫の下痢は命に関わることもあることから、心配で眠れませんでした。

みいさんに充分引継ぎ事項を聞いたはずなのに、不安になって夜中電話かけたこともあったっけ? その逆のパターンもあり、私たちはなにかあったらすぐに夜間診療に駆け込もうねと約束していました。実際、みいさんは密豆を連れて時間外診療に行ったことも。

下痢の原因は特定されていないままですが、大巻先生が処方してくれた漢方薬とad缶でうちの3ちびは徐々に回復してくれました。今だから笑って話せます が、みいさんは一時、本気でパルボを疑い私に電話をかけてきたのです。私はさすがにパルボの可能性は低そうだと言ったのですが、「下痢」を通り越して毎回 ほとんど「水下痢」だったので、無事に育つのかドキドキの連続で。

大きくなあれ!

大きくなあれ!

私は毎晩、子猫たちを抱いて呪文を唱えました。

「大きくなあれ!」

ねーあんたたちさあ、自分がかわいいの、知ってるんでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

「ギクっ 知りません」(長丸)
クリックすると元のサイズで表示します

「げぼくぅーー おろしてーーーーー」(紅緒)
クリックすると元のサイズで表示します

特に紅緒、紅緒は絶対確信犯だよね。

まあ確かにかわいいよね。

なにをしても許す!

生きていてくれるならなんでも許す!(笑)

現在紅緒と長丸は保護部屋で暮らしています。

保護部屋には先輩保護猫ウイがいます。

ウイは子猫たちにやさしく接してくれます。子猫たちに噛まれても、しっぽで遊ばれても、いやな顔せずにつき合っています。ウイはまだ人なれが不完全ですが、上手な子守で私の活動を助けてくれているのです。いい子ですよ。しびれます。
クリックすると元のサイズで表示します

紅緒と長丸が巣立ったら、ウイにもっと時間をかけたいです。

そしてゆっくりでいいから人と仲良くしてもらえるよう努力していく所存です。ウイがいつか本当の家族に出会えるまで一緒にがんばります^^

その他のメンバーも元気に過ごしています。

今日は703号室を代表してほほの写真を!
クリックすると元のサイズで表示します

自分のお子ながら、うっとりの貴公子♪

ほほがもう中年だなんて信じられないなあ ̄ー ̄

べべ、ナナ、リルも相変わらずです。また写真を載せますね。

あまぱんとさぶも私にべったり♪
クリックすると元のサイズで表示します

大きめ男子のペアなので胸が圧迫されて苦しいです(汗)。

でも幸せ!

さぶは明日病院に連れて行きます。腎臓の定期健診です。

紅緒と長丸は1度目のワクチンを打ちます。

またお知らせしますね。

次回は里親交流紀(3つ)を順番にお届けします。

★★★ありがとう★★★

みいさん経由でちびままさんよりおいしすぎたマンゴーとさくらんぼと水ナスが届きました。どれも美味でしたが、マンゴーが特に……
クリックすると元のサイズで表示します

思い出すだけでよだれが出そうです。ごちそうさまでした。ちびままさん、ありがとうございました。

スポンサーリンク





ぼくたちの楽園

ぼくたちがもっと小さかった頃

ある日突然、ポイっと

ゴミのように捨てられてしまいました。

いろいろあったぼくたちは

今日、楽園にたどり着いたのです。
クリックすると元のサイズで表示します

ぼくたちはスタートラインに並びました。

3きょうだいそろって、軽やかなステップで……。

ぼくたちの家族を紹介します。まず両親です。
クリックすると元のサイズで表示します

お父さんと呼ぶのはお父さんもぼくたちもまだ少し照れますが……お父さんはマルチな才能に富んだ自由業人。「多才」とはお父さんのための言葉かもしれません。

お母さん……ママ……は自宅で石鹸教室、手作り化粧品教室を開いています。在宅ワークだからぼくたちはお留守番がほとんどありません。
クリックすると元のサイズで表示します

1Fスペースに設けられたキッチンつきの石鹸教室からはほのかにいい香りが漂っています。

今度生徒として青い服のハハとみいママも参加するそう。ふたりがどれだけ不器用なのか、ぼくたちは知っています。はたしてふたりの石鹸は、完成するんでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

ぼくたちのママが青い服のハハとみいママにプレゼントしてくれた手作り石鹸。立体的でハイクオリティなクマさんは、ぼくたちの次にかわいいです。
クリックすると元のサイズで表示します

お父さんからは台湾の高級茶が贈与されました!
クリックすると元のサイズで表示します

お父さん、異常なほどの台湾好き。青い服のハハは台湾出身ですが、青い服のハハよりも台湾にくわしいのです。台湾の魅力をたくさん語ってくれました。

青い服のハハは大喜び そりゃそうだねルーツだから。

ほかにもぼくたちにかかった医療費や、療法食などを青い服のハハとみいママに渡してくれました。ふたりともしおらしく恐縮していました。療法食はぼくたちの先輩たちがつかっていたもの。療法食の写真は青い服のハハが近日中にUPします。

ぼくたちの家族は人間以外にもいます。

犬のつきさん(16歳)
クリックすると元のサイズで表示します

犬のコロネくん(推定8歳)
クリックすると元のサイズで表示します

震災後に動物愛護団体の方に保護されました。先代のペキニーズ、コタローくんを彷彿させる外見がぼくたちの両親の目に留まったのです。男性が苦手で口が出てしまうことも。でも楽しそうに生きています。

ぼくたちの両親は深い情と強い責任感を持った人たちです。
クリックすると元のサイズで表示します

保護した犬猫たちを中心に天国にはぼくたちの先輩が眠っています。

最長は黒猫の重千代さん。享年23歳。猫の23歳ですよ?

写真左:重千代さん、上:福°ちゃん、右:ぐうさん
クリックすると元のサイズで表示します

最短で亡くなったのは「福°ちゃん」。
クリックすると元のサイズで表示します

まだ生後2ヵ月半の若さで心臓病で亡くなってしまったのです。ぼくたちの両親が力を尽くして保護した大切な宝ものでした。
クリックすると元のサイズで表示します

家の中に酸素室を用意しての献身的なケア
クリックすると元のサイズで表示します

重千代さん、ぐうちゃん、福°ちゃん、ほかの先輩方も、みんな愛をまとって旅立ったのです。
クリックすると元のサイズで表示します

そういえば天国の福°ちゃん、だれかさんに似てませんか?
クリックすると元のサイズで表示します

左側に写ったおてんばさん。ぼくたちの姉妹「紅緒」のことです。

ぼくたちの両親は、紅緒に福°ちゃんの姿を重ね合わせ、青い服のハハに家族希望のお問い合わせを出しました。紅緒はほかの方に決まりましたが、縁あってぼくたちが家族になったのです。

ちなみに蜜豆(黒猫)は、23年生きた重千代さんと重なったそうです。

きっかけは紅緒だったけど、ぼくたちと会いぼくたちを迷いなく希望してくれたやさしい両親。すべては福°ちゃんがもたらしてくれた縁!

福°ちゃん、ありがとね!

元気いっぱいのぼくたちが網戸を裂いて外に出ないよう、窓には脱走防止の格子をつけてくれたし(先日紹介済み)、2F、3Fのぼくたちの生活ゾーンの入り口にはしっかりと扉があるのです。この扉の奥に階段があるからやんちゃなぼくたちでも、玄関へは勝手に行けません。
クリックすると元のサイズで表示します

ぼくたちのお家は、猫の行動パターンや動線を考え、猫と暮らすために設計されているのです。先輩たちのおかげですね。

カラフルなハンモックつきのケージもぼくたちのお気に入りスペース
クリックすると元のサイズで表示します

お見合いの時にも
クリックすると元のサイズで表示します

ぼくたちの卒業の日も
クリックすると元のサイズで表示します

青い服のハハとみいママはおいしいお菓子をごちそうになりました。みいママはお行儀よくお皿まで舐めてましたよ(これ本当!)。猫のぼくたちと同じ行動だったので、青い服のハハが若干引いてました。

余談ですが、青い服のハハはぼくたちのお家にあるソファの低さに気づき、ママにたずねてみました。

「ソファがとても低くないですか?」
クリックすると元のサイズで表示します

そしたらママの口から予想どおりの答えが

「犬が不自由な体で上がろうとするので買いなおしたんです」

まあ、ぼくたちの家族ってこういう方たちです。

ぼくたちのお父さんがはじめたかなりセンスの高いぼくたちのブログ、ぜひ見てね。青い服のハハとみいママははまりまくりです。

ぼくたちの本当の名前を覚えてくださいね。

経緯はぼくたちのブログに書かれています。

なるほど~! の唸り声をあげながら読む青い服のハハ!

安丸(キジ白)→ライゾー

若丸(黒白)→ボンゾー

密豆(黒)→密豆

家族の腕に抱かれて眠る

ぼくたちより何倍も大きな体に包まれて

ぼくたちの楽園で

よーし!

ぼくたちは生きるぞ!
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「X204ライゾー、X205ボンゾー、X206密豆、卒業おめでとう。

ここでなら幸せに暮らせるね。ご家族ははじめ2匹希望でしたが、ひとり残るきょうだいを不憫に思い、熟考の末、お見合いののち改めてメールで3きょうだい全員を家族として迎え入れたいと仰ってくれました。

決して軽く考えたわけではなかったのがハハとみいさんにヒシヒシと伝わり、心の底から感謝の気持ちになりました。

次は紅緒と長丸の番ですね。とりあえずふたりは近日中にワクチンを打ちに行くそうです。

※みいさんと里親さんとハハのiPhone写真をミックスしています」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





眠っている間に

準備をしている間の心の中は、いつも甘酸っぱい
クリックすると元のサイズで表示します

昼過ぎ、そろそろお届けに向け出発しなければなりません。

なにも知らずに保護部屋内で長丸、紅緒と大運動会を開催中だった安丸を腕に抱き、玄関のほうに連れて行きました。その際、普段なら私の姿を見つけると、きょうだいのだれよりも先に駆け寄ってくる安丸が、今日はチェストの下に身を隠したのです。

おいで。さあ、行こう!
クリックすると元のサイズで表示します

キャリーにひとり入れられた安丸は、不安そうに鳴きました。

割と長い時間、鳴きつづけました。

真剣に私に訴えていたんだと思います。

「ぼくをひとりどこに連れて行くの?」

安丸……怖いんだね。

小さな頭で一生懸命考え、自分の未来を案じているんだね。

わかるよ。わかる。

エレベーターに乗り、駐車場で車を出し、助手席に荷物とキャリーを載せ……一連の動作を淡々と無言でこなす私の姿に、キャリー越しの安丸の不安鳴きはいっそう強くなっていくばかり。

安丸が鳴く鳴く鳴く

いや、鳴く、鳴く、泣く。

車を発進させた私は、運転の合間に話しはじめました。

相手は儚い子猫ですが、だからこそ、応えなければならない気がしたのです。

―――安丸、安くん、安くん、怖い?

ひとりはやだねぇ。

長丸と仲良しだったもんね。

さっきまで一緒に走り回っていたんだよね。

もっと遊びたかったんでしょう。ごめんね。

でも私を信じて、30分だけ、がまんしてくれない?

目を閉じて眠るといいよ。

安丸が運動会のつづきの夢を見ている間に

その間に

必ず安丸の孤独感を解決するから。

そしてその1時間後に、楽園に連れて行ってあげる。

絶対に連れて行ってあげる。

約束する―――

驚くことに私が一通り話し終わってから5分も経たぬうちに、助手席が静かになりました。

ふと隣に目をやるとプラスティック板越しに安丸の寝姿が……

さっきまであんなに泣いていた安丸が、お腹を出して寝ていたんです。

うそ……でしょ?

思わずひとり言をつぶやき、写真を撮りました。

キャリーの蓋が開いたことに気づいて、目を覚ましてしまったけど
クリックすると元のサイズで表示します

すごい落ち着いた表情だと思いませんか?
クリックすると元のサイズで表示します

少し笑っているような。

どこかおとなっぽく感じられるのは、ついこの前までキトンブルーだった安丸の両目が、成長に従いいつの間にか琥珀色に変色したからでしょうか?

安丸が寝落ちしてから約30分後、みいさんちに着きました。助手席に乗り込むみいさんに開口一番私がお願いしたのは、安丸をみいさんが持ってきたキャリーに入れること。

若丸(黒白)、みつ豆(黒)との合流です。

これで安丸との一つ目の約束は守りました。

同じ未来を生きる3匹がひとつの輿の中に入ったのです。
クリックすると元のサイズで表示します

安堵感溢れた私は、腹ごしらえをしようとコンビニでおにぎりを買い、余裕で次の目的地へ
クリックすると元のサイズで表示します

これから安丸はみいさんちにいた同腹のきょうだいたちと命の最後の日まで共存していくのです。

若丸(私たちは若さまと呼んでいます)
クリックすると元のサイズで表示します

安丸に負けず、大きくなるんだよ!
クリックすると元のサイズで表示します

みつ豆、いっぱい食べるんだよ
クリックすると元のサイズで表示します

おてんばはほどほどにね!
クリックすると元のサイズで表示します

きょうだい同士、仲良くね。

みいさんちを出てから約1時間後、終の棲家に着きました。
クリックすると元のサイズで表示します

ここがあなたたちの本当のお家で私がさっき言っていた“楽園”です。

2つ目の約束も無事守れました。

安丸と若丸とみつ豆は新しいお家に着くなり、大はしゃぎで走りはじめました。さっきの不安鳴きが幻かのように(笑)。

よかったよかった!

私はときどき、保護動物たちの未来を決める重責に潰されそうになります。掘り下げて考えすぎて、前にも後ろにも右にも左にも行けなくなり、呼吸困難すら感じます。

すべては自分の決定次第。

彼らを楽園に導くのも、地獄へ突き落とすのも自分の決定次第。

命はこの上なく重いです。

でもだからこそ、良縁だと信じられるものに出会うと、体の底から生きる力が漲ってくるのです。私は自分ひとりの力で生きているのではなく、我が家に来てくれた保護犬猫たちとその里親さんたちに生かされているのですね。

どうもありがとう。

安丸、若さま、みつ豆の家族紹介は、次回につづきます。

お楽しみに!

※若さまとみつ豆の写真はみいさんのブログから拝借しました。

LOVE!

スポンサーリンク