あかりについて1

昨年の3月に保護して以来、私はずっと「あかり」と名づけた女の子の未来と行く末を案じていました。
クリックすると元のサイズで表示します

保護したのはうちの近所。

あかりは大きな道路のヘリをオドオド歩いていました。

その姿にこちらが緊張を覚えたほどです。

あれじゃあ、轢かれるのも時間の問題だと。

新顔だしきっとテリトリーではないはず。

お腹が減りすぎて食べ物を求めてさまよっているうちにこんな大きな道路まで。捕獲箱を仕掛けてみるとあかりはすぐに入りました。やっぱりお腹が減っていたのです。お腹には子猫が入っていました。妊娠中の猫の食欲はすさまじいのです。

妊娠していたものの、保護当初のあかりはおばあちゃんにも見えました。老けていて……外暮らしに疲弊し完全に老猫の形相です。

苦労していたんですね。

家に入れてみるとこれがまた大変で。

はじめのころは威嚇しまくり。

それも通用しないと知ると、今度はひたすら固まる作戦に出ました。

猫じゃなくて、岩なのです。

どんなに話しかけても撫でても、心を開こうとしない。
クリックすると元のサイズで表示します

しっぽを丸め足を踏ん張りにらみをきかせる。

その頑なさに私の方がねをあげそうでした。

人慣れ作戦に協力してくれていたチチも
クリックすると元のサイズで表示します

次第に「こりゃむずかしい。岩だよ」などと吐き捨てる始末(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、時間のあるときには触ってくれましたが、同じくらい頑なだったひかる(はな丸)もいたし……そのうちなんとなくチチがはな丸、私があかりの担当になって。

数ヶ月間はほとんどケージで過ごしてもらいました。

環境に慣れたあと、ケージから出す運動時間を決め、ケージに戻ってもらいたいときは缶詰をケージに入れ、缶詰ほしさにあかりがケージに入ったらさっと鍵を閉める感じで。

でも、環境には慣れても人には慣れない。

あかりの根深い人間不信をどう溶かせばいいのか。
クリックすると元のサイズで表示します

とにかく毎日私はあかりに絡みまくりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ごはんを減らして空腹状態を作り、一歩でもこちらへ近づいてもらう。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてケージに逃げ帰ったあとはひたすら撫でる。撫でる。撫でる。撫でる。いやがってもなお。

他の子が1週間程度でできることを、あかりは2カ月かかります。
クリックすると元のサイズで表示します

臆病で慎重で繊細なのです。

卒業猫アー太郎プー太郎コンビ(あーちゃん、ふく)にも協力してもらいました。あーちゃんとふくは脅し役? で、ほほ、あまた、私が庇う役。当時の保護猫たちも含め家族が一丸となりみんなであかりの心の鎧とたたかったのです。
クリックすると元のサイズで表示します

二歩進んで一歩下がる。

一歩進んで二歩下がる。

あかりはあかりのペースですこーしずつ、こちらに向かいはじめてくれた気がします。だからこそあかりを充分に理解してくださる方でないと、ご縁が成り立たないとも思いました。現に一度トライアルで失敗させていますしね。
クリックすると元のサイズで表示します

もしもう一度出戻ってきたら、そのときはあかりをうちの子にするつもりでした。覚悟を決めたら不思議と気持ちが幾分楽になり、肩の荷が重く感じすぎなくなりました。

あかりのご縁はね、私側からお願いしたのです。

このご家族ならばと何カ月も悩んだ末に勇気を出して自分から電話。むやみやたらにごり押ししたんじゃないですよ。2頭目を漠然と考えていらっしゃることを お話していましたし、めったに私のブログにコメントを書かない里親さんなのに、昔ブログで行った保護猫の人気投票であかりに票を投じてくださったこと、里 親さんのお人柄、環境……総合的に考えた上です。

あかりはたぶん、一生、「完全なる無防備キャラ」にはならない気がします。ある程度人慣れしても警戒心は残るでしょう。パニックを起こした際に無理に近づ くととっさに逃げ、脱走などの事故に繋がりやすいです。脱走防止についてのお願いを里親さん方にはひととおりしていますが、あかりは特に注意が必要になる かと。

その部分でも今回私がお願いした里親さんは完璧な方で、環境を考えるとこの上なくあかりにマッチする気がしました。

電話で話した数日後にご夫婦であかりに会いに来てくださることに。せわしい師走なのに、快くお時間を作ってくださいました。
クリックすると元のサイズで表示します

卒業猫みものパパさんママさんです!!
クリックすると元のサイズで表示します

みももなかなかご縁が決まらなかったんだよね。みもの卒業後、みも家とは家族のようにつき合わせてもらっているのです。みもんちなら安心できます。私が!

かわいいお土産、医療費もありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

年明けに正式にあかりを迎えたいとのご連絡をいただきました。飛び上るほどうれしかったです。今みもとあかりの間にはまだ若干距離がありますが、広いお家の中それぞれが折り合いをつけながら上手に暮らしてくれると信じています。

やったね美猫さん♪
クリックすると元のサイズで表示します

次回はあかりのお届けのときの様子や会いに行ったときの写真をUPしますのでお楽しみに^^

あかりの赤だるま開眼です! まつ毛も描いてくれてます。
クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもみも、あなたひどいわね(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

パパの手が傷だらけじゃないの!

PS また豪雪ですね。外の子たちを思うと胸が痛みますが外にのりまきがいなくて本当によかった。

スポンサーリンク





幻記事

追記:わー(汗)。朝起きて案の定記事を消そうと思ったらすでにコメントが。皆さま、お聞き流 しくださいね。のりまきが我が家に来た以上、健康体のさぶは巣立つべきだと思っています。ただ個人的にとてもタイプで、なんていうか、まあ、自分勝手な欲 ですね。さぶ氏の家族募集も考えていますが、こんなにかわいいさぶですから、お問い合わせが100件以上来るのではと本気で心配なのです。私自身が今、い ろいろと忙しくてお問い合わせに対応できないので少しお時間をいただければと思います。ううTдT 理性理性! 理性で物事を考えなければ!

消してしまうであろう私の本心

さぶちゃんと永遠に暮らしたいぞー!!

理屈抜きにさぶに惚れた。

さぶなしの人生は考えられない。

さぶへの愛を理詰めで分解できない。

さぶは私のつぼにはまっています。

つぼどころか、どつぼにはまって体が抜けない状態です。

ジャンピング抱っこ

エンドレスチュー(お手手添え)

膝から下りない

甘え泣き

もう全部好きで好きでたまりません。

これは病気でしょうか。病気なら治療が必要ですが、どういう治療を受けるべきか悩んでいます。さぶを独占したい。欲にまみれたババアの夜中の独りごとでした。

たぶんこの記事はすぐに消すので幻記事になりますね。

おやすみなさい。

さぶが好き!

スポンサーリンク





盛りだくさん

ここ数日のできごとの中からブログにUPしたかったことを少しずつ。

【べべナナリルと残雪の土手を歩く】
クリックすると元のサイズで表示します

面倒なことでもあるんだけど、散歩はやっぱいいもんですね。

散歩の時間は家族の営み。ずっと一緒に歩いていきたいです。

【グッチ地味に家族募集中】
クリックすると元のサイズで表示します

まるいたわしのような漆黒グッチ。他のネタが多すぎてグッチの家族募集アピールが充分でないことは自覚しています。これからがんばりますので皆さま、グッチにも目を留め心を寄せてくださいね。

【紹介したかったアームス里親さんのブログ】

先住猫にールくん(写真はすべて里親さんのブログより拝借)
クリックすると元のサイズで表示します

アームスくん
クリックすると元のサイズで表示します

アームス坊と二ール兄
クリックすると元のサイズで表示します

うらやましすぎるほどオシャレなお家にて
クリックすると元のサイズで表示します

好き勝手生きている模様(笑)。里親さんのブログにはまってしまい、毎日かじりつくように読んでいます。子猫だったアームスくんが幸せなおっさんになってくれてうれしい。

うちもボロボロだから、今年中に壁紙くらいは張り替えないとなあ(遠い目)。もうお客さんをお招きするのが恥ずかしいレベルで……。

【ピチコさまありがとう!】

さぶがお好きと言ってくださったピチコさま。たくさんのフードプレゼントをありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

「もりもり食べて元気に生きるぞ!」
クリックすると元のサイズで表示します

さぶくん、えらいねえ♪

【森絵都さんの“漁師の愛人”完読】
クリックすると元のサイズで表示します

短編小説でしたが、どの章も森さんの表現力のすごさに感嘆。一番好きだったのは、最後の“漁師の愛人”。立場がちがうのに不思議と主人公女性の気持ちに共 感。これ以上書くとネタばれしそうなのでやめておきますが、丁寧な心理描写は圧巻です。そしていつもながらですが終わり方がいいです。サクッとしているの にあとからじわじわこみ上げるものが。

うーん! 私も逞しく生きるぞ!

【シロニック・ロブチ氏キャラを変える!】
クリックすると元のサイズで表示します

驚くほどあまあまになってしまったシロニック^^;
クリックすると元のサイズで表示します

もうねえ、異常なかわいさですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

いまだにお問い合わせはありませんが、この子の里親になれる方は世界有数の幸福者だと断言できます。姉妹してシロニックにメロメロ。特に妹がやばいことになってます。

「ん? なになに?」      「まめちゃん、家が汚いね」
クリックすると元のサイズで表示します

「しー! それ言っちゃだめだよ」    「あっっ」
クリックすると元のサイズで表示します

私も抱っこさせてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

べたべたに甘えてくれてありがたかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

シロニックへのお問い合わせをお待ちしています。

妹か私にご連絡くださいね。

私にご連絡くださる場合はまずコメントをください。いただいたコメントは非公開設定にし、私と妹だけが読みますのでご安心ください。その際、メールアドレスなどのご連絡先もお書き忘れなく。

【ようこそのりまき】

月曜の昼、MOMOペットクリニックへ搬送
クリックすると元のサイズで表示します

のりまき、ぷんぷん怒ってました。病院で降ろしたあと、希望する処置をスタッフに伝え、私は自分の病院へ!

夜、のりまきのことで先生と電話。

そして改めていろんな覚悟をしました。

さぶちゃんとちがい怒ってますので捕獲箱から出せず。チチと相談しこのような形で自ら出てくるのを待つことに!
クリックすると元のサイズで表示します

今はやわらかい猫ベッドの上でくつろいでいます。

のりまきを幸せにする!

そう決めての保護でした。

でも、ご縁を探せるかどうか……それも含め友人たちには打ち明けていたのです。ある種勘のようなものですが、のりまきの家族募集はむずかしいかもしれないと考えていたのです。外れてほしい勘でしたが。

今も外れてほしいと願っていますが、のりまきは余命宣告のカウントダウンがはじまったようです。

703号室では卒業生宅のようないい生活を送らせてやれませんが、僭越ながら、外暮らしよりはいいのではないかと思います。

そういう意味合いも込めての幸せにする! として皆さまにはご理解いただければ幸いです。まずは仲良くならないとはじまりませんね。

今週も盛りだくさんでお送りします。

次回はあかりの卒業について。

スポンサーリンク





速報 のりまきを保護しました!!

大雪が降る前夜、一縷の望みをかけ捕獲箱設置。

夜中の3時過ぎまで粘ったけれど、無理でした。

箱、撤収。

パラパラと雪が舞いはじめた外を、空箱抱えひとり歩くむなしさ。

翌朝は予報通りの大雪。

憎き天候のせいで仕事Bに行けず。

家でダラダラ韓国ドラマを観ていたけれど、頭の中にあるのは「のりまき」ばかり。昨年6月27日の記事で保護したい猫がいるって書いたんですが、あれはのりまきのことでした。

何度も何度も失敗し、そのたび焦燥感や挫折感に押しつぶされそうに。私ひとりではどうにもならないかも。いっそ猫の捕獲を専門に活躍する方にお願いしてみようかとも考えました。近しい友人たちにも悩みを相談したりして。

チチも書いていましたが、のりまきは神出鬼没で、いつ会えるのか、どこを寝床にしているのか不明です。以前の餌やり宅が急に引っ越してからは特に会えなくなり、たまにすれちがっても、彼がどこに向かっているのかどこへ帰ろうとしているのか本当にさっぱりで。

でも、ここは猫にやさしい地域ではないので餌やりしている家は稀。さぶを保護した家の向かいの老人宅以外、餌やり宅はないはず。

ただ、老人とコミュニケーションが取れない私には、のりまきが何時頃出没するのか、何時頃消えるのか知るすべがありません。

たとえ捕獲を専門とする方にお願いしても、正確な情報を伝えられなければ成果は得られません。忙しい方々に無駄足を踏ませるだけです。まずは自分で努力をしつくすしかない。

ああ。

間仕切りのない世界からのりまきを連れ帰るむずかしさ。

またいつ新顔が増えるかわかりませんが、今のところ、近所を徘徊する野良猫はのりまきだけ。

最後の子をとりこぼしたくない。

連れて帰りたい。

観察すらできない猫を……いったいどうすれば?

8ヶ月間悶々でした。

その間に他の子たちを数匹連れて帰れたからそれでよしとしたかったけど、苦しかったから終わりにしたかったけど、どうしても忘れることができない性分で。

そこにあの雪です。

家の中で心穏やかにいられるはずなどありません。

雪がやむのを待って、私はまた箱を設置しました。

正直どこに箱を設置したらいいのかも謎だけど、もう賭けです。

雪の間、身動きが取れなかったであろうのりまきは、雪がやんだら必ず羽を伸ばしに外に出る。お腹もすいているはずだし、テリトリーのパトロールも怠らないはず。

だって猫だもん。

ほとんど勝手な想像と妄想でやる気を作り出し、箱を持って703号室を飛び出しました。

そして3回目の見回りの際、遠巻きに箱の扉が閉まっているのが見えた気がしたのです。

心臓がドキドキ高鳴りました。

小走りしたら思いっきり汚い残雪の上をすっ転びました。

でも、見間違いじゃなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

中にのりまきの姿を確認した瞬間から、涙がとめどなく溢れてきて、膝を折っての嗚咽です。

いつもは息を潜め、近所の迷惑にならぬよう気をつけながら、コソコソしてばかりでしたが、今日はダメ。溢れてくる感情を抑えきれなくて。

これはゴールでなくスタートですが、この上なく幸せです。

のりまきについてはどんな結果であれ、リリースしません。

皆さま、やったね!!

悲願達成ですよ。

昨日とはちがう心もちでのりまきのことを書ける。

堂々と!

のりまき、のりまき、のりまき!

のりまきの名を叫びたい!

ありがとう。来てくれてありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します

大雪の中ひとりぼっちで大変だったね。

絶対幸せにします。

スポンサーリンク





泣き笑いの奇跡2(ふく)

プップあらためふくの卒業記事第二弾です!

まだ読んでいない方は一つ下の記事をご覧ください。

そして今回のご縁の仲介役になってくださったアームスくんの里親さんのブログも近々ご紹介したいと思います。すでにコメント欄を読んで見に行ってくださっている方もいらっしゃるでしょうけど^^

「あら? あやしい男女と大福もちがきましたけど?」
クリックすると元のサイズで表示します

先住猫むぎちゃん、警戒中(笑)。

ふくのために用意された新しい首輪
クリックすると元のサイズで表示します

爪とぎ
クリックすると元のサイズで表示します

むぎちゃんとおそろの食器
クリックすると元のサイズで表示します

「すんすんすんすん」
クリックすると元のサイズで表示します

「ここどこ?」
クリックすると元のサイズで表示します

ひととおり探検したあと、むぎちゃんお気に入りゾーンに!
クリックすると元のサイズで表示します

今回、ふくを迎えるにあたり、脱走防止の徹底をしてくださいました。面倒がるどころか、「むぎのためにもなりますから」ときっぱりさっぱり!

玄関にはちょっとした足止めの柵を
クリックすると元のサイズで表示します

カメさんの水槽や釣り道具などが置いてあるご主人の趣味部屋の小窓に柵を
クリックすると元のサイズで表示します

そしてリビング横の和室の吐き出し窓にもこうして↓
クリックすると元のサイズで表示します

窓を開けて外を眺める際も安心ですね。

コーヒーやおやつ
クリックすると元のサイズで表示します

お茶などもいただきながら和気あいあいお話しました。
クリックすると元のサイズで表示します

ユーモアセンスが高いおふたりですが、それだけではなく内面からにじみ出るあたたかさや品を感じるのです。人間として未熟者この上ない私には、見習うべきところがいっぱいです。
クリックすると元のサイズで表示します

「まあ、確かにハハは未熟です」
クリックすると元のサイズで表示します

ふく、お前もな(笑)。とりあえず夜鳴きやめれ!

ふくについて書かれたご主人のブログも読んでみてくださいね。

以下、ご主人が撮ったむぎ姫&ふく王子の写真を!

本気で鼻血が出そうだったこの写真
クリックすると元のサイズで表示します

ツイッターで見かけてご主人におねだりして送ってもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

やばかわ

うさぎ疑惑のあるふく?
クリックすると元のサイズで表示します

永遠の子猫は運動がお好きのようです^^
クリックすると元のサイズで表示します

少しずつ仲良くなっていってね♪
クリックすると元のサイズで表示します

これで昨年7月に出戻ってきたあーちゃんのんた、ふくの全員が再出発の切符を手に入れました。私のせいで辛い思いをさせてしまった猫たちが再び家族を得て歩み出せることを、里親さんおよび応援してくださった皆さまに心より御礼申し上げます。
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「X198ふく卒業おめでとう。ハハはふくをおもしろキャラとしてみんなに紹介していたけれど、本心はいつもなんて強い男の子だろうと誇りに思っていたんだよ。すごいがんばったよね。ひたむきに生きてきたんだよね。ぼくは知ってますよ。

これからは心の荷を下ろして笑いながら生きてほしい。ご家族とふくの福をぼくも願っています」
クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク