ひらめ、プラス、啓示

今日からひらめの家族募集を開始しました。「いつでも里親募集中」に掲載済みなので、気になる方はぜひ覗いてみてください。ひらめの良縁を願っています。
クリックすると元のサイズで表示します

写真は午前中に撮ったもの♪
クリックすると元のサイズで表示します

まんまるでしょ? ピンクのシュシュ、似合いますか?

ひらめの家族探しにご協力ください。どうぞよろしくお願いします。ペコリ。

実は私、今夜、高速道路付近を運転中に、汚れた成猫のチャトラをみかけたのです。

まあ、運転中に猫をみかけるのは珍しい話でもないんですけど。

猫は移動中で、トボトボどこかに歩いて行く途中のようでした。

大きな道路まで10~20mの距離しかなかったので、みているこっちは、猫が車に轢かれてしまわないか、本当にひやひやしたものです。

ひとりだったし、洗濯ネットやキャリーがなかったし、おびき寄せるフード類も持っていなかったので、保護は絶望的。せめて猫缶のひとつでもバッグに入っていたら……。

でもね、チャトラ猫に出会う20分くらい前に、ふと予感がしたのですよ。

「私は今日、きっと猫を保護する」

長年活動してきて、こんな予感をおぼえたのは、はじめてです。

いったい何の啓示なの?

私には、霊感やそれに類似するものは一切ないし、あまり信じないので、こんな感覚が自分に起きるのは、不思議でした。その直後に出会った猫だから、余計に目を留めてしまったのでしょうか?

後続車がいなかったので、道路の中央に車を停めて、運転席のドアを開けたまま外に出ました。

「おいで!」

座り込んで猫に話しかけてみる。

猫は電柱の隅に隠れたけれど、一目散に逃げる雰囲気でもない。

ん……

どうするか?

今夜の私は、猫の保護道具をなにも持っていない。

まずは、いったん家に引き返して、道具を揃えて戻ってくるか?

でも、猫はどこかへ、移動中。公園や駐車場に常駐している猫とは、わけが違う。

私がここで車を発進してしまったら、二度と会えそうにない。

車、車……

そうだ! 私には、車がある。

運転席のドアは、今、開いている。

私がこの猫を抱き込んだまま、一緒に車に乗り込めたら、とりあえずは密室状態を作れる。

猫と私がいる場所と、車との距離を頭の中ではかりながら、猫に手を伸ばしてみました。

撫でても、無抵抗。

気持ちよさそうにするわけじゃないけど、固まってるだけで、攻撃性はなさそう。

問題は抱きあげた時、どういうリアクションを取るか。

私自身、冷静じゃなかったけど、逃げるわけにはいきませんでした。

この子の命がかかっている。

自分にかかっている。

おごりに聞こえるかもしれないけど、寒空の下、交通量が激しく多いこの場所に置いていくよりは、私が連れて帰った方が、猫にとって、ずっといいだろうと思ったのです。

意を決してがしっと抱きあげたら、猫の心音が腕に伝わってきました。

ドキドキ、ドキドキ。

当たり前だけど、お前さんは、生きているんだね。

そして今、とても怖い思いをしているんだね。

でも私は、この手を離すわけにはいかないんだよ。

抱きあげたまま、急いで車に乗り込もうとしたら、猫が暴れて、腕を引っ掻かれてしまいました。

慌てず、引っ掻かれた腕はそのままに、反対側の手で、首根っこを掴んで、車に乗り込み、ドアを閉めました。

やった!

これで密室になった。

問題は、その後。

車内にフリー状態の猫は、大パニック。

運転が危なかったのは言うまでもありません。

なんとか目的地に着いた後、キャリーと洗濯ネットを持ってきてもらい、車窓をほそーく開け、先に洗濯ネットを受け取りました。洗濯ネットに猫を入れてか ら、ドアを開け、キャリーに移したのです。ネットに移してからじゃないと、ドアを開けた瞬間、いきなり猫が車の外に飛び出すかもしれないのでね。

長くなりましたが、啓示通り、猫を保護できました。

ひとりだったし、なんの道具も持っていなかった割には、すべてを終えるまでに5分とかからなかったのが、自分でも驚きです。火事場のクソ力って、こういうことですね、きっと。

猫はその後、ルルさんの厚意で、ルル家へ移動。私のいきつけの病院が休診中なので、明日、ルルさんが谷塚動物病院へ連れて行ってくれるそうです。ありがとう。すばらしい友だちに恵まれて幸せです。数日後、703号室にやってくる予定ですので、どうぞお見知りおきください。

ついさっき保護したチャトラくんを、「きのこ」と名づけました。未去勢の男子です。
クリックすると元のサイズで表示します

写真は早速ルルさんが送ってくれたものですよ~♪ ハンサムでしょ?

ひらめ、(うららさんに預けている)くりちゃん、きのこ、募集する子がたくさんですね(汗)。

がんばります!

おやすみなさい^^

かつくん「また賑やかになるね。猫は外にいない方がいい。虐待の対象にもなりかねないからね。どの子もみんな、お家の中で暮らすべきだと、ぼくは思います。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





愛のにおい

時給1,050円ほしさに、新橋でせこせこ働く主婦にとって、帰宅後の最大の楽しみは、この猫と戯れるひと時。
クリックすると元のサイズで表示します

どうですか? さっき撮ったばかりの写真ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

必要以上に、かわいいと思いませんか?
クリックすると元のサイズで表示します

縁あって、私の保護犬猫になってくれた子たちは、みんな等しく愛おしい。

けれど、外見の好みで言ったら、ひらめはまさに、私のドストライクなのです。
クリックすると元のサイズで表示します

大きくて、まあるくて、手足が短くて、たれ目の情けない表情をしたひらめは、まるで生きるぬいぐるみのようです。この容姿は、ずるいですね。

「ハハ~! かゆいー!」
クリックすると元のサイズで表示します

はいよ。

ブラシでかいかいしようね。

どう? 気持ちいいでしょう。かゆいの、どっかに飛んで行った?
クリックすると元のサイズで表示します

うまく説明できないけれど、たまに私、ひらめをくちゃっとつぶしてしまいたくなる衝動に駆られるんです。あ、本当にやっちゃうわけじゃないからね(笑)。

ひらめの首元に私の顔をくっつけて、思いっきり息を吸ってみる。
クリックすると元のサイズで表示します

もう一度。

もう一度。

うん。

やっぱりそう。

ひらめは、愛のにおいがする。

できることなら、ずっと私が抱きしめていたいけれど、そうはいかないから、家族を探さないとね。

会った方は絶対に虜になります。

猫好きの人間を惑わすフェロモンが、ひらめの頭の先から、しっぽの先まで、ぷんぷん漂ってます。

声も死ぬほどやばいです。

ひらめの美声に、くすぐられます。

クンクン。

クンクン。

嗅がせて、お願いっ!

「もぉー! ハハうざいよぉー! 一回嗅ぐごとにシーバ3粒!」
クリックすると元のサイズで表示します

ふっ(笑)。

私はひらめにぞっこんです。

だからこそ、ひらめの赤い糸を探さないとね。

ひらめが、生まれてきてよかった! って、毎日しみじみ思うほど、幸せにしてくれる家族をみつけるから、ひとつだけ、私に見返りをちょうだい。

私が苦しい時は、ひらめのゴロゴロ音の振動を、私の胸に押し当てて。

卒業までは、いつもそばにいて。

いっぱい食べて、いっぱい甘えて。

病気しないで。

チュウを拒まないで。

「ひとつじゃないじゃん……」
クリックすると元のサイズで表示します

へへ^^;

私は、貪欲な女だねぇ。

かつくん「ひらめ、ハハの心を弄んじゃってるね。まあ、確かに、いいキャラだよ。

ひらめに夢中だけど、必ず卒業させるってハハは言ってます。そろそろ本格的に家族募集を開始するので、師走の忙しない時期ですが、みなさま、応援お願いしますね。ペコリ。

携帯電話にまつわる“横着なおねがい”は、次にするとして、実はぼくからお知らせがあります。

カレンダーができあがりました。

今年はネットでの販売を見送り、企業用だけになりましたが、写真を提供してくださった里親さんは、記念に送らせていただきます。

今週か、遅くても来週中には着くよう、メール便にて発送します。届かない場合、郵便事故などが考えられるため、お手数ですが、ハハに必ずご連絡ください。遠慮は不要です!!

連絡は、お電話か、PCのアドレスにお願いします。

ハハもまだできあがりをみてないそうです。どんな感じに仕上がっているかな?

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





抜糸

おはようございます。もう師走ですね。今日は2週間ぶりのスヌーゴンのお泊りの日なので、朝からはりきって洗濯や掃除に精を出しています! そろそろ本格的な大掃除もしないとなあ(遠い目)。

そうそう。

うちの里親さん(メロディ&マリアママさん)が保護したさび猫の「くりちゃん」がこちら↓
クリックすると元のサイズで表示します

半長毛の美さび猫さん。経緯はまた改めて書きますが、どうやら、捨てられてしまったようなのです。くりちゃんは、人間大好きの甘えたさん。だから今度こそはちゃんと甘えられる理想的な里親さんを探さないとね! がんばりますので応援お願いしますね。

現在、うららさんの厚意で預かってくださっているので、うららさんからもくりちゃんの写真が送られてくると思います。そしたらブログに載せますね。私が落ち着き次第、里親さんを募集しますが、気になる方はどんどんお問い合わせください。誠意を込めて対応します。

さて、土曜日は、ジャンの抜糸に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

チチも行きたかったようですが、実際に行けたのは私ひとり。

「今日もいっぱい痛いことすんの?」   「今日はしないよ。すぐ終わる」
クリックすると元のサイズで表示します

「チクチクする」                 「抜糸だからね」
クリックすると元のサイズで表示します

男同士、そんな会話を交わしながら? あっという間に終えました。

その後、ガン細胞が肺へ転移しているかを確かめるため、レントゲンを撮り、診察は終了。

これからジャンは、黒木先生の先輩の病院(横浜)に転院します。ジャンちから徒歩圏内にあるその病院は、抗がん剤治療だけでなく、免疫療法も取り入れてい るので、今のジャンにはピッタリだと思います。病理出身の牛草先生が、外科出身の黒木先生と密に連絡を取り合い、ジャンの今後について考えてくださること でしょう。ありがたいです。お願いします。

またこちらの病院にかかることがあったら、私も絶対に会いに行って、皆さまにジャンの様子をお伝えしますね。一緒にドッグランへ行く予定があるので、まずはその時の写真ですね!

「ジャンくん、痛かった? ヨシヨシがんばった!」
クリックすると元のサイズで表示します

里親さんは、こうやって、ずっとジャンをみつめています。
クリックすると元のサイズで表示します

お家には、ラブラドールのヤンキーくん、ダックスのタンちゃんが待ってるんだよね。そしてご実家には、チワワのラブちゃんもいるし。

新たにジャン家に加わったダックスのタンちゃんとチワワのラブちゃんは、ジャンの里親さんがペットショップで買った犬ではありません。数ヶ月前、ジャンたちを連れて遊びに行った川に、2頭で捨てられていたのです。

タンちゃん&ラブちゃんを保護した日から、里親さんはメールでその様子をお知らせくださってくれていたので、私も早くドッグランで会いたいな^^ タンちゃん、フィラリアの治療、がんばってね。

この後、ジャンを受付にいたemi-goに預け、私とジャンママさんは、病院近くのファミレスへ。

お茶をすすりながら、いろいろお話ししました。

ジャンママさんは少し落ち着かれたようで、しっかりと前を向いていました。

大きな愛に包まれたジャンは、幸せな犬だと、改めて感じました。

お茶の後、ジャンを迎えに行ったら、ジャンはクリスマス用の赤いバンダナをつけられ、ますますかわいく変身していましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します

emi-go、ありがとう^^ ジャンママさん喜んでたね♪

ジャン、よく似合う!
クリックすると元のサイズで表示します

また会おうね。次は一緒に走ろう。

★★★ありがとう★★★

MWさまより、私へのフルーツ、お手紙、ジャンへのDフラクションプレミアムが届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

Dフラクションプレミアムは、ジャンママさんにお渡ししました。免疫力アップを期待して、今、毎日ジャンに飲ませているそうです。MWさま、どうもありがとうございました。ジャンママさんにお手紙をみせたところ、ジャンママさんは涙ぐんで喜んでいました。

かつくん「ぼくも走るジャンが早くみたいな。いっぱい食べて、遊んで、休んで、元気にしててね。

次回は、ひらめのこと、カレンダーのこと、ハハの携帯電話のことをお送りします。

みなさま、今週もよろしくお願いします。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





アドバイスを求めます!

皆さまこんばんは。

ほのへのお祝いコメント、ありがとうございました♪ あとでゆっくりお返事させてくださいね。

さて、いろいろ書きたいことがあるのですが、身内に不幸が起き、明日、長野県へ行くことになりました。なので今回は簡単な更新になります。

私のある里親さんが成猫を保護し、私が相談を受けたので、その子の里親探しを引き受けました。その猫の写真を紹介したり、今日、抜糸だったジャンの写真をUPするのは、またにします。

ジャンとバイバイした後、姉ちゃんの 保護猫ルイのお届けにつきあいました。ルイは新宿区のお嬢様猫になりましたよ♪ 実は今日、姉ちゃんの伴侶シェルティのチャッピーが亡くなりました。姉 ちゃんがどれほどチャッピーを溺愛してきたか、ケアにつとめてきたか、間近でみていた私は、姉ちゃんの胸中を察するのが怖いほどでした。なのに、里親さん との約束をずらさず、ルイを届けてきたのです。

理由は、「里親さんが楽しみにしているから、私的なことで、その楽しみを奪いたくない」とのこと。

チャッピーの冥福を祈るとともに、姉ちゃんの気丈さに、改めて感動しました。

私も保護主として、姉ちゃんを見習わなければなりません。

ルイ、絶対に幸せになってよね。

私はまだまだだな。

里親さんと卒業生の役に立ちたい! そう考えていても、実際はなかなか手が回らないのが現実で、本当に不甲斐なく、情けないです。ごめんなさい。でも、いつも里親さんと卒業生の多幸を祈っています。家族だと想っています。

そんな卒業生のことで、ここを訪れる心やさしい皆さまに、お願いがあります。猫の尿路結石や、食物アレルギーに詳しい方がいたら、ぜひお知恵を拝借したいのです。

卒業猫ほのの先輩にあたる卒業生メロン(同じ公園の出身)は現在、おしっこ問題を抱えているそうです。水をあまり飲まず、排尿は1日1度だけ。通常なら、 PHコントロールなどの療法食を食べさせれば落ち着くはずなのですが、メロンは、どうやら、「トウモロコシ」にアレルギー反応(嘔吐)が起きるようで、療 法食のほとんどにトウモロコシが入っているのが、里親さんの頭痛の種なんだとか。
クリックすると元のサイズで表示します

私宛に相談のメールが届いたのですが、私の拙い経験では、十分な回答を返事することができませんでした。

自分なりにじっくり考えて書いたつもりなのですが、根本的な解決法になっていなかったようなので、皆さまのご意見やアドバイスをいただきたいのです。

詳しくは、里親さんのブログSweet☆Melonに書かれていますので、そちらをご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します

ここにコメントを残してくださっても大丈夫ですし、里親さんのブログに直接コメントしてくださるのも大歓迎です。

私ももっと勉強を重ねて、卒業生たちの力になれるよう、がんばります。

どうぞよろしくお願いします。ペコリ。

スポンサーリンク





ほのの卒業2

へへ^^; お待たせしました。

すぐつづくみたいな終わり方だったのに、こんなに時間がかかってしまい……すみません。

ほののお家への突入レポです!

お見合い時もお届け時もルルさんが 来てくれました。この日は、ほのと同じ日にほぼ同じ場所で保護された、棗くん(エルメス)のお届けも入っていたんですよ。午前中に棗くんをお届けしてか ら、その足でほののお家に向かったんです。その後も、なんと! 翌朝の4時半までルルさんと一緒に保護活動していました^^; 超、ハードスケジュール (笑)。楽しかったけど。

ほののお家は、ペット可の分譲マンション。うちとちがって、まあ、キレイにしてますこと
クリックすると元のサイズで表示します

リビング横のお部屋が、ほのルームになります!
クリックすると元のサイズで表示します

玄関には、足止めになるゲートが設置されていました。結構な高さがありますね。
クリックすると元のサイズで表示します

身長164cmのルルさんと比べるとわかりやすいかな^^

キッチンのゲートは低すぎていらなかったかも、って里親さんが笑ってました。
クリックすると元のサイズで表示します

ふふ。でも、一瞬、食いしん坊の侵入を遅らせられるかもしれないし(笑)。

常に換気で開けそうな窓は、前もって脱走防止対策を施してあります。
クリックすると元のサイズで表示します

これ、アミアミじゃなくて、家にあった「棚」を利用して作ったそうです。すっごく丈夫で見栄えもいいし、素晴らしい創意工夫に、私の方が勉強になりました。

ロックもついていたので、窓はこれ以上開かないです。
クリックすると元のサイズで表示します

里親さんとトイレの砂を用意している間
クリックすると元のサイズで表示します

ほのはケージ内に待機。ここどこ~? って顔ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

爪切りに強い不安感を抱いていた里親さんに、実際にほのの爪を1本切ってもらうことに!
クリックすると元のサイズで表示します

ほのがおりこうだったので、想像より簡単だったようで、里親さんも一安心♪

「わ~ できた♪」

だって。

ほのの里親さんご夫婦って、本当にやさしいんですよ。あたたかい眼差しでほのに接してくれるのです。ほのと里親さんは、みていてこっちの目尻が下がるほど、いい関係です。

「今日からよろしくね」     「ほの、よかったね」
クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影っ
クリックすると元のサイズで表示します

奥ゆかしいはずの私なのに、図々しく真ん中に入れてもらっちゃいました。家に帰ったら、ほのがいないのが淋しいので、抱っこも私が(爆)。この写真をみて、ほのの手をあげすぎちゃってることに気づきました。大丈夫。ほのは痛がってなかったですからね~!

里親さん&ルルさん&私の記念写真は、ご主人が撮ってくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

いずれも、顔出しの許可はいただいています。

短時間でバタバタ写真を撮って、必要書類のやり取りをして、嵐のように去った私たち。お邪魔虫はとっとと退散して、ほのに静かな空間を提供しないと。移動 日はどうしたって、緊張してしまうだろうから。でも、ほのは環境適応能力が高いので、私も安心してお届けできました。人見知り&場所見知りの激しい猫の場 合は、こうはいきませんもの。

最後に、どうしても撮りたかった、バルコニーでの一枚を
クリックすると元のサイズで表示します

危ないからほのは出さないけど、人間にとってすごく快適なバルコニーでした。うちのスヌーゴンが喜びそう。こんなにバルコニーが広かったら、パーティもで きるはずなんですが、里親さんは洗濯物を干す時しか出ないそうです。宝の持ち腐れですね。なんなら、このバルコニー、うちにくださいよ(笑)。

里親さんから送られてきたほのの写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

ルルさんがお婿入り道具に持たせたベッドに入ってくれたほの。ルルさんにも写真を転送しました。

ここ数日は、撫でると小さくゴロゴロいうんだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

それが嬉しくて、ご主人と奥さまは、交代で撫でているらしい。

ほのにかかった医療費の他、ご主人の北海道のおみやげや、たいやきをいただきました。おいしかったです。ありがとうございました。

おかげさまで、ほのは良縁に恵まれました。

餌やりさん以外の人は、見向きもしてくれなかった一匹の元野良猫。

個体識別のために? “薄茶”と呼ばれていた元公園猫のほの。

生きて生きて生き抜いて、この度、ようやく自分のお家を手に入れました。

すっかり寒くなってきた今も、外には以前のほののような猫たちがたくさんいます。

1匹でも多くの猫が、そして犬が、家族を得られるよう、祈りながら、微力な活動をつづけていく所存ですので、これからも皆さま、どうぞよろしくお願いします。ペコリ。

かつくん「Ⅹ179ほの、おめでとう。もうひもじい思いをしなくていいんだよ。家族にいっぱい甘えてね。ほのの幸せを、いつまでも願っています。ぼくもほのが大好きだよ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク