らんちゃん写真集

あああ、寝込みそう。

かなり凹んでます。

私も、車も。

知らない間に蹴られたようで、助手席側の扉がベッコリ(涙)。

修理代幾らだろう……。オカネニヨユウガナイノニヤダー!!

犯人はね、多分近所の中学生らなんです。
でも証拠はないし、もしかすると違う人かもしれないし。
私、ここではのびのびとやっていますが、実生活は敵だらけなので(涙)。

私が住む地区は犬猫に対してメチャクチャな飼い方をしている人間が仰山いるんですよね。年中いろんな人ともめているので、誰にやられていてもおかしくない。そのうち刺されたらどうしましょう^^; あー、怖い怖い。

明日修理屋に見積もってもらいます。
あああ、やる気が出ない。

「そんなことつべこべ言ってないで、早くあたしの紹介をしてください」
クリックすると元のサイズで表示します

らんちゃんー! ごめんごめん^^ 遅くなったね♪

「ハハがしないならあたしが自己紹介しますから」
クリックすると元のサイズで表示します

「ママの手は気持ちがいいな」
クリックすると元のサイズで表示します

「ママと握手。あたしたち仲良しです」
クリックすると元のサイズで表示します

「ママのお手手にチュー」
クリックすると元のサイズで表示します

らんちゃんー! いい子にしているみたいだね。おばちゃんは嬉しいよー。これからゆっくりとパパママとの日々を紡いでね。それが私の願いです。

「言われなくても分かってます。それより、あたしのママ可愛いでしょ?」
クリックすると元のサイズで表示します

うんうん。可愛いよー。らんちゃんも可愛いしママも可愛い。ママお肌きれいだね。女はやっぱりお肌だよね。私なんて鼻の横にでっかい大人ニキビが出来 ちゃって外出したくないよ。スイカを食べれば肌がきれいになるって聞いてむしゃ食いしたんだけどニキビ、全然小さくならないよー。ビタミン剤も効かない し、車はベコベコだし、もーどうしたらいいの?

「そんなの知りません。それよりあたしの家族写真をみて」
クリックすると元のサイズで表示します

わー! パパもママも写ってる^^
あなた本当に幸せそうだね。
これからは何の心配もせずのびのびと暮してね。

「美女はサマーカットも似合うのだ。エへ」
クリックすると元のサイズで表示します

いや~ん。本当だ。超イケてるよらんちゃん。黄色系でまとめちゃってすごい夏っぽい。私も黄色着てみようかな? まあ、私が着てもパッパラパーに見えちゃうだけだろうけど^^;

とにかくらんちゃん、幸せそうで嬉しいよー!! おめでとう。

幸多&らんのパパママさんからチチにビールをたんまり頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します

私も耐えられず、1缶飲んじゃいました^^; ありがとうございました。

私にはお花を!
クリックすると元のサイズで表示します

素敵ー♪ お花っていいですよね~。

らんにかかった医療費も頂きました。全額華ママちゃんを介してシェルターにお渡ししました。

☆☆☆おまけ★★★

「ぼくの紹介は?」
クリックすると元のサイズで表示します

そそ。新しい子が来ました♪

華ママちゃんと引き離すのが辛かった^^; 連れて帰っていいのか? 聞いちゃったくらいです。華ママちゃん、 号泣でした。大切に預かりますので安心してね。新しい子はケンちゃんと言います。今度ゆっくりと紹介しますが、この子はこれから里親さんを募集するのでま だまだ703号室にいますから、先に家族を募集する猫の紹介をすると思います。長くなったので家族募集の猫たちは明日登場します! お楽しみに~♪

それから、みいさんに預けたリーや703号室のフック改めクー太に続き、ももママちゃんにお願いした黒猫のあじさいにも良縁が決まりました。応援してくださった皆さま、ありがとうございました。これからも幸せな猫が増えるよう頑張ります。ももママちゃんー、ありがとう&お疲れ様。

では。
私は今から車のことを思ってやけ食いしますから、今日はこの辺で……。

皆さま、サヨナラ。

かつくん「車、きついね。ぼくも通院の時によく乗った車だから悲しいです。誰が蹴ったのか分からないけれど、ハハ、敵が多いから気をつけなきゃだって。本当だよ。

あ、あとONE!ひとつきりの命たちの寄付金77,893円の中からコロの薬代(27,860円)を出させて頂きました。これで残りは50,033円になりました。残りも全額保護犬猫たちにつかわせて頂きます。ありがとうございました。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





お台場へ行きました♪

今日はうちの女の子を連れてお台場へ行きました♪
家族でゆっくりと過ごしたかったのでカメラは置いていきました。

とっても楽しかったです!

この写真は一年前のもの(チチ、デブ・笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じでぶらぶら散策。4時間も歩きまわりました^^
クリックすると元のサイズで表示します

今日は無駄使いをやめようってことでこれしか買ってません↓
クリックすると元のサイズで表示します

オシャレ好きのナナちゃんへワンピース、リルはおリボン、コロはおやつ、べべ&猫たちはなし。それからお世話になっている方へのプレゼントなども買いました♪ ちょっとでも買うと楽しい^^

リルのおリボン可愛いでしょ? 似合うでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

ナナにもつけました。見返り美犬♪
クリックすると元のサイズで表示します

ララ改めらんの家族写真を載せようと思ったんですがそれは次回にします!

今日は短いですがこの辺で。

☆☆☆お知らせ☆☆☆

クイズ王の4名さまへの通信です。

プレゼントの割り振りが決まりました。

犬を飼っていると思われるhanananさんには犬アルバムを送らせて頂きます。黒猫アルバム希望のあいさんには黒猫アルバムを送っちゃいます。でこすけさんは犬を飼っているんですが、黒っぽい子だし何でもいいと仰ってくれたのでバスソルトを送ります。で、mamekoさんですが……。mamekoさんは私の里親さんなんです。皆さまの記憶にも新しいぼんた(元ますお、マンチカンの男の子)との楽しい日々を送っています。猫アルバムを希望されていましたが、すらっとした黒猫のアルバムよりもピッタリなものを今日お台場で見つけたので、勝手にそれを送ることに決めました。

mamekoさん、苦情は受け付けません(笑)。

これをもらってぇー!
クリックすると元のサイズで表示します

キャー!!!

いいでしょ?

これ、貯金箱なんです。結構大きいのでお金がいっぱい貯まりますよー!
携帯のへぼいカメラで撮ったから可愛さが半減しちゃったかな^^;
でも、ぼんたにそっっっくりでしょ? 似過ぎー! 似過ぎて怖いー!

足短い! 顔でかい! まんまる! 模様も似てるー!

目が若干違うけれど、気に入らなかったら眼球をもっと黒く塗りつぶしてくださいね。ぜひ皆さまmamekoさんのブログを見てぼんたと比較してみてください。エへ。

mamekoさん以外は住所をお知らせください。
左側にメッセージボックスを設けました。

よろしくお願いします。ペコリ。

「ぼくと似てるね」
クリックすると元のサイズで表示します

そうでしょう?
君とそっくりな貯金箱を見つけて飛び上がったよ私(笑)。

かつくん「似てるね。確かに。クイズ王の皆さま、お名前と住所と電話番号(郵便番号もね)を教えてね。1週間以内に届けるって。明日はらんちゃんの家族写真と近況写真をたくさん載せるよ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





企みと祈り」

すべては一枚のチラシからはじまった。
手紙を添えてそれを夫妻に送ったとき、女にはほんの小さな企みがあった。祈りもあった。けれど、その時点では、まさかこんなことが起ろうとは夢にも思わなかった……。

夫妻は二日目の昼に会場へ現れた。チラシを送りつけた女とその夫と約一か月ぶりの再会の挨拶を交わすと、二人は会場のあちらこちらに目を配らせた。

ゴミのように捨てられた犬猫たちのパネル、救われたわずかな命と新しい家族の写真、並べられたケージの中で良縁を待つ犬、机上に並ぶ売り物の数々……。そう。ここは「ONE!ひとつきりの命たち」というチャリティイベントが開催されている会場である。

突如声をあげたのは、奥さんの方だった。

「あああ! あの子、ほらあの写真の子、幸ちゃんにそっくり!!」

「え? どれ?」

「上段の左から二番目の……」

「本当だ……」

気がつくと、ご主人は「保護犬の家族希望のアンケート用紙」に必要事項を記入していた。

女は目を見張った。そして口をポカンと開け、まぬけのようにその場に佇んだ。

それもそのはず。
つい一か月前、夫妻の自宅を訪ねた時、ご主人は女にこう言ったのだ。

「もう、犬は飼いません。……いや、飼うかもしれません。けれどそれはずっと先のことなんです。多分、自分たちが定年を迎える頃の話になるでしょう。幸多 と暮らして幸せでした。けれど、幸多の方はどうだったのか……。幸多に留守番をさせてしまったし、幸多の生活に制限をもうけてしまった。そもそも、自分た ちは犬を幸せにできるのか……」

女は慌てて返した。

「どうして? 幸ちゃんは幸せでした。そんなの、そうに決まってます。お二人は犬と暮らすべきです。勿論、今すぐにとは言いません。お節介のようですが、 私はお二人だからこそ、犬と暮らして欲しいのです。誰にでも犬を飼ってほしいと勧めている訳ではありません。実際、この人には飼ってほしくないな、と思う こともしばしばです。けれどお二人と暮らす犬は絶対に幸せになる、それを幸ちゃんが証明してくれた気がするんです」

「新しい犬を幸多以上に愛せるとは思えません」

「幸ちゃんのことをどれほど思ってくださっていたのか、私と夫には痛いほどよく分かります。だから、無理にとは言いません。けれどお二人なら、きっと幸ちゃん同様、新しく家族として加わった子を大切に思うはずです。いつか……」

「お前、いい加減にしろ。迷惑だし、しつこいぞ」

無我夢中でしゃべりつづけた女は、夫に遮られ、ハッと我に返った。

「ごめんなさい……」

~~~~~

「われわれのマンションには厳しい規定があります。体長が50cmを超える犬はどうしても飼えないことになっていて。ララちゃんはどうでしょうか? 50cm未満でしょうか?」

その場を担当するボランティアの女性(女の友人)に質問をするご主人の姿はまるであの時のよう。

「前輝くん(幸多)は50cm未満でしょうか?」

幸多を迎え入れる前、夫妻が唯一気にしていた点だ。
女はドキドキしながらメジャーを握りしめた一年半前を思い出していた。

「ちょっと待って。……49cm。ほら! 見てください。前輝(幸多)は49cmです」

「あああ、良かった! じゃあ、ぼくたちはこの子と暮らせますね」

「ぜひこの子をよろしくお願いします」

「はい。大切にします」

“大切にします”
その言葉通り、家族として迎え入れられてから天国へ旅立つまで、殆どの時間が癌との闘いだった幸多を支え続けた夫妻。頑張り屋の幸多が苦しい日々を笑顔で乗り切ったのは、二人の愛情があってこそのこと。

でしゃばりたい気持ちをぐっとこらえて、ボランティアの女性にやり取りをお願いした女の胸には、小さな希望が宿った。

どうかシェルターでご縁を待つ上段の左から二番目の写真の“ララちゃん”が、50cm未満でありますように……。
クリックすると元のサイズで表示します

数週間後、女は友人であるボランティアの女性に連絡を取った。

「ララちゃんの件、どうなった? あのご夫妻との話は進んでる?」

「残念だけど、ダメだった。ララちゃん、シェルターで測ってもらったら、体長が60cmだったみたいだから。サイズの問題で流れちゃった」

「え……」

女は深いため息をついた。

ああ、ダメか……。

→つづく→

かつくん「出た。つづくって……。
“女”ってもしや、ハハのこと? だって、それしかあり得ないよね。
でしゃばりでまぬけの女って言ったらぼくには他に思いつかないもの。あ、リルもか。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





703号室ニュース

1 703号室クイズについて

長い間、お世話になりました。あ、違うか^^;
長い間、クイズにご参加いただきありがとうございました♪ お疲れさまでした。
コメント返しが著しく遅れていますが、先にクイズ全問正解者の発表を行いまーす! 外れちゃった方、ごめんなさいね。

パチパチパチ……

皆さま拍手でお迎えください(笑)。

●mamekoさん
●hanananさん
●あいさん
●でこすけさん

以上4名の方です!!

お手数ですが、正解した4名の皆さまは今一度希望商品を書いてくださいね。

■バスソルト(ゼラニウムの香り)と石鹸(ローズマリー/炭)
クリックすると元のサイズで表示します

■犬アルバム(犬の部分がフワフワのフェイクファーでしおりがボーン型)
クリックすると元のサイズで表示します

■猫アルバム(猫の部分がフワフワのフェイクファーでしおりがねずみ型)
クリックすると元のサイズで表示します

3個のプレゼント。
4名の正解者。

う~ん……。

惜しい^^;

ってことで心が優しいわたくしは、プレゼントをもう一つ増やすことにしました。つまり、正解した方全員にプレゼントを送りつけます!(笑)。もうひとつ 買って来なくっちゃ! 何を買おうかな? まだ買っていないので何を買うかはお楽しみに。 尚、プレゼントの希望が重なってしまった場合には、申し訳あり ませんがこちらで抽選させてもらいます。でもまあ、絶対にひとつは当たるってことでお許しを~♪ ささ、4名の方! 何を希望するか書いて書いて♪

2 私の大切なマットレスを破壊した犯人について
クリックすると元のサイズで表示します

犯人は今日、連行されました。
ご家族が迎えに来たんです。

はい、もう分かりましたね^^;

こいつが犯人でした↓
クリックすると元のサイズで表示します

証拠写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

分かりづらいかもしれないけれど、爪が欠けてます。

犯「え? ミー? 忘れちゃったよもう……」

被「へえ~。でもYOUが忘れても、私は絶対に忘れないから大丈夫よ」

犯「…………」

よって本件は解決。
お騒がせしました。

私はチチの冬のボーナスを待って、ニトリに駆け込みます(涙)。

でもまあ、ゴクウの幸せが私の幸せだからいいのいいの。
土手で7年間も頑張って生きていてくれただけでプレゼントを沢山もらったような気になってしまうのは、私が犬らに見事に騙されているからでしょうか?(笑)

ゴクウのママさんー!
ゴクウは絶対に長生きしてくれないと困るので、来年検診をお願いします。ペコリ(笑)。そそ、沢山の手土産をありがとうございました♪ 八海山、チチ喜 んでます! 次旅行へ行く時も703号室に預けてくださいね~♪ ナナもリルも待ってますから! そして同窓会は強制参加でお願いしますよ! って、いつ やろうかな? 同窓会。

3 卒業猫フック改めクー太の妹猫について

昨日の午後、みいさんとクー太のママさんが我が家に集まりました♪

この可愛い子ちゃんのお渡しだったんです。
クリックすると元のサイズで表示します

クー太とお揃いのシュシュや浴衣をプレゼントしました♪ シュシュ、似合うでしょ?

みいさんが 保護したのぞみ改めきなこはクー太の妹になります^^ 他にもこれ級の可愛さのキティが3匹もいますので、子猫を家族に迎え入れようと考えている方はみい さんのブログを覗いてくださいね^^ クー太のママさんと最近やたらと会ってるな、私。帰りは途中の駅まで車で送ったんですが、汚い車の中に驚いたんじゃ ないかな? 言い訳をがっちりさせてもらいますと、洗車する時間がないのですよ、私には……(シクシク)。本来私はキレイ好き女なんですからね!! 本 当、ごめんなさいね^^;

ママさんから届いたクー太ときなこちゃん
クリックすると元のサイズで表示します

クー太いいお兄ちゃんになりそう♪
クリックすると元のサイズで表示します

仲良さそうに見えるふたりも、今はまだ距離があるそうですが、これから徐々に縮まっていくと思います。ふたりとも優しい子だからきっと大丈夫! ふたりの今後が楽しみです。ママさん、クー太ときなこちゃんを末永くよろしくお願いしますね。

以上、本日は3つの話題についてお送りしました。

かつくん「めまぐるしい出来事を一挙に伝えてみました。まだまだニュースあるよ。また遊びに来てね。ぼくたちいつも待ってます!

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





迎えに行くまで

もう明けてしましましたが、8月10日はかつの命日でした。

かつがいないのに、かつを求めてばかりの2年間。
あの夏がひどく暑かったせいで、私は夏が嫌いになってしまいました。

私からかつを奪い去った病魔が憎い。
今でもかつのあの闘病が生々しく脳裏にこびりついて離れません。

「かつくんのお陰で猫が好きになりました」

こういうメッセージを頂く度に思います。

私だって同じ。

かつくんに惚れ込んでしまったからこそこうして猫漬けの日々を送るようになったのです。

小さな頃「無口」だったかつは、徐々に心を開いてくれて、可愛い仕草や、今から思い起こせば、なんとまあ、愛しいいたずらの数々を繰り広げてくれました。 元気な頃のかつは、そりゃもう、表現しがたいほど自慢の子でした。けれど、私がかつの本質を知ったのは、皮肉にもかつが病に倒れてからだったのです。

病魔と闘うかつは、私にあらゆることを教えてくれました。

痛くても苦しくても、かつは絶対に諦めませんでした。

愚痴もこぼさない。

かつくんは最期まで、淡々と振舞いました。

脆いくせに、強かった……。

かつくん、これが生きるってことなのね。
かつくんの生き様は、切ないよ……。

かつの動作の全てをはっきりと覚えている私は、今になってもよく、“あの頃”にタイムスリップしてしまいます。

自宅に設置した酸素室内のかつ。
クリックすると元のサイズで表示します

かつが生きた最後の夜。
クリックすると元のサイズで表示します

小さな亡骸。
クリックすると元のサイズで表示します

誰か教えて。
どうして私はこんなにも、かつを愛してしまったのでしょうか?
2年も前にかつを失ったのに、ただの一日も、かつを考えない日がないのが辛いのです。

亡くなる3日前のかつ。
クリックすると元のサイズで表示します

この写真は、思い出作りの為に撮りました。
もうすぐこの世から居なくなってしまうことが分かっていたからです。
目の前のかつを失ってしまうかもしれないと思うだけで震えが止まりませんでした。
全てのものが憎らしかった。
消えてしまいそうな、かつすらも。

かつくん、会いたいよ。

お母さんかつくんをギューしたい。

かつくん「ハハ、完全にストーカーだね。でもぼくは思うんだよね。
ぼくが駆け抜けた時間の全てが、誰かの心の中に残っていることこそ、ぼくの証だから、元気なぼくの姿を見て和んだように、病と闘うぼくの姿も、それはぼくの一生のうちの大切な一部だと受け止めてほしい。

ハハは受け止めようと努力をしているけれど、それでもぼくを思う気持ちの大きさに負けて、折れそうになることがある。そんなときぼくはこう囁くの。

『ぼくが先に場所を取っておくから、ハハは精一杯自分に残された時間を生きて、ぼくのように全てのことに対して真摯に向かい合って、自分が正しいと思うことを貫いて、こっちへおいで。ぼくが必ず迎えに行くから』と。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク