Faint Love

第3話 “リア子意中のヒト”

「ねーねー、おねい、ハハ~、まーだー?」
クリックすると元のサイズで表示します

「はやく支度しないと、遅れちゃうよ?」
クリックすると元のサイズで表示します

「お庭の植木のお手入れは、帰ってきてからでもできるでしょ?」
クリックすると元のサイズで表示します

「ひとりで少し遊んでなさいって言われても、今日はなんだかねずみ遊びって気分じゃなくて……」
クリックすると元のサイズで表示します

「わたし、ドキドキする。エヘ♪」
クリックすると元のサイズで表示します

リア子を輿に入れ、姉ちゃんとともに向かった先は……

「へへ」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくがお世話になっている病院ですよ。リア子ちゃん、ぼくに会いに来たのかな?」
クリックすると元のサイズで表示します

「ごめんなさい……そうじゃなくて……
クリックすると元のサイズで表示します

わたしが会いたかったのは、バカ面スヌーゴンじゃなくて、その後ろにいる光明なお方の方で……

スヌーゴン、診察の邪魔だから、ハハと一緒に待合室で待っていてくれない? シッシ」

はーい、リア子ちゃん、お口あ~んってあけてね
クリックすると元のサイズで表示します

(あ、ダメ! わたし、今日はまだ、おねいに歯磨きしてもらってないっ!!)

お口の中がきれいになってる! 口内炎が消えちゃったよ。リアちゃん!
クリックすると元のサイズで表示します

(え? ほんとう? あれが効いてるのかしら? 毎日がんばって飲んでてよかった! わたし、黒木先生に口臭がきつい女だと思われたら悲しいもの)

はい。抜糸しましょうね。まずはこのババシャツをちょきちょきしなきゃ
クリックすると元のサイズで表示します

(く、黒木先生っ! い、いきなりそんなぁ

おとなしくしてて。今全部、脱がしちゃうからねー
クリックすると元のサイズで表示します

(せ、先生……)

ほーら脱げたっ
クリックすると元のサイズで表示します

(ま、待って。わたし、心の準備がまだ……すっぽんぽん姿を、黒木先生にはみせられないっ

大丈夫。力を抜いて。ぼくは、リア子ちゃんのお腹の中まで知り尽くしているんだから
クリックすると元のサイズで表示します

(え? お腹の中って……もしかして、わたし、なにか勘違いを?)

抜糸後、リア子の担当医師、黒木先生と今後のことを話し合いました。現地点ではもう、なんの治療も要らないそうです。リア子の状態はどんどんよくなってい るようです。保護当初、口の中にいくつかあった口内炎は、すべて消えました! ちゃんとお世話をすると、ここまで変わるんですね。感動しました。お世話と いっても、姉ちゃんは、良質なごはんと、サプリメントを与えているだけですけどね。

リア子、よかったねー。

パチパチ。

「ん?」
クリックすると元のサイズで表示します

黒木先生が、もうしばらく通院しなくていいって^^

「いやーーーーーーーー!!!」
クリックすると元のサイズで表示します

じゃあ、念のため、月末にもう一度ワクチンを打とうか?
クリックすると元のサイズで表示します

また来るの?』              「うんっ!」
クリックすると元のサイズで表示します

※クロキセンセイ、スミマセンデシタ(汗)。ゴキョウリョク、アリガトウゴザイマシタ。ペコリ。

かつくん「リア子、乙女だね。黒木先生のことが好きなんだね。でも、知的でやさしそうな外見が好きなわけではないんだって。実は他に理由があるらしい。それはまた今度ね。

週末は、新しくきた猫(チチが名前を発表します!)の経緯と、リア子のCMをお送りする予定です。めいと大吉のことも書きたいって。皆さま、お楽しみに。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





最近の出来事と名前決め

チチです。
ハハは今仕事中なので、今回は私から投稿させていただきます。

突然ですが、料理って難しいですね。
どーでもいいことですが、最近スパゲッティを作りました。
世の中に無数にある行為の中で、最も”センス”が必要とされるのが料理といっても過言じゃない気がしますがいかがでしょうか?
塩コショウの量や調味料が全体の味にどう影響するのか全くわからないので、目分量で入れてしまう人は私からすればものすごい才能の持ち主です。
途中で味見しながら調節といっても、熱すぎて味が分からないので意味ないし。。。
余分な水分を飛ばすっていうのも、美味しさや栄養素まで飛ばす気がして抵抗あるし。。。
今判明していることは、玉ねぎトマトにんにくをブチ込めば、恐ろしい味にならないことだけです。(間違ってます?)

だいきちに聞いてみよう!
だい「いいんだよ、男は喰う専門で!浮かない顔してんじゃねーぞ!!めい!飯持ってこい」
クリックすると元のサイズで表示します

めい「はーい!チチ、ごはんだって!」
クリックすると元のサイズで表示します

・・・。

「ぼくも、作ってもらうのが好きです」
クリックすると元のサイズで表示します

「いただいた後は、こうやって、ん~~ってうんちするんですよ」
クリックすると元のサイズで表示します

さすが、スヌーゴン!ためになるよ。

リル、お前はどう思う?

リル?聞いてるか?

リル?何してるの?
クリックすると元のサイズで表示します

リル「だれ?この子。」
クリックすると元のサイズで表示します

うわぁ~君は誰だ?!

「へへ、皆さまはじめまして!あちきはまだ703号室の名前も決まってない猫でござんす。いい男でっしゃろ?ブサイクなんて言わんといてね!」
クリックすると元のサイズで表示します

「わがままは言いもはん、お腹がすいたらこうやって手のマッサージしましょか?」
クリックすると元のサイズで表示します

この子は最近703号室へ来た、中々の苦労をしてきた子です。
この子が703号室へ来るまでの経緯は別途ハハからご説明差し上げます。
が・・・名前が、703号室での名前がまだ決まっておりません。
ということで、私の中でいくつか候補があるので、1番いいのを選んで頂ければと思います。(あくまでも卒業までの名前ですが)
候補は↓です。ランクは私の中でのお気に入りです。

<Aランク>
・おしょう
・いっきゅう
・くーかい

<Bランク>
・しゃか
・いえす
・あらあ

<Cランク>
・海老蔵
・蟹蔵

<圏外>
・(不佐)育男
・枯葉太郎

かつくん「中々かわいい子が来たね。ぼくはこの愛嬌ある顔好きだな。
ハハが枯葉太郎って言ってるけど、チチは変えたいんだって。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





春吉のご縁が決まりました!

おかげさまで、春吉のご縁が決まりました。応援してくださった皆さま、バナーをはってくださった皆さま、どうもありがとうございました。現在、お届け日を調整中のため、春吉はまだしばらく703号室にいますので、また会いにきてくださると嬉しいです♪

新しいお家の紹介は、卒業後にさせていただきますね。

SAでルルさんとともに保護した春吉は、たっくさ~んの家族希望をいただきました。

高速道路のサービスエリアで哀愁を漂わせていた春吉のネームカードをtennjanさんが作ってくれました。tennjanさんいつもありがとう^^
クリックすると元のサイズで表示します

春吉! おめでとう!
クリックすると元のサイズで表示します

鰻猫さんに特別にお願いして、お婿入りベッドを用意しました。
クリックすると元のサイズで表示します

鰻猫さん、いつもありがとうございます。赤い方はすでに、卒業猫あずきちゃんへ送ったので、春は黄色の方にします♪ 春は、鰻猫のベッドが大好きで、いつ もベッドの上でくつろいでいるから、きっと喜んでくれると思って^^ SAでは、冷たい地面の上に座っていた春ですが、これからはベッドの上でぬくぬくと 生きてほしいです。私のあつーい気持ちがこもってます。春、LOVE!

そうそう。あずちゃんはとっても元気に暮らしているので、ご安心ください♪ 里親さんとはちょくちょく電話で話しています。かわいい写メールも送られてきています。卒業猫あずちゃんは、コンテストに参加しているので、応援してくださいね。

参加している犬猫たちは、どの子もかわいいのに、あずちゃん、なんと未だに1位に君臨しています。応援してくださる皆さまのおかげです。ありがとうございます。ペコリ。

ここから投票できます⇒ http://contest-2011.doubutukikin.or.jp/vote/detail/311/

1日1票有効なので、よろしくお願いしまーす! コメントも大歓迎っ!

生後3か月の時のあずちゃんin Room 703
クリックすると元のサイズで表示します

「最近、ぼくの写真が少ない(遠い目)」
クリックすると元のサイズで表示します

「しょぼん」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくの写真ももっと載せて」
クリックすると元のサイズで表示します

そうね。あまたんも春も、いっぱい載せないとね^^; ごめんね。
あまたんはうちの大切なお子だし、春吉は、未来のご家族が楽しみにしてくれているかもしれないしね。うちは主役が大勢いるから難しいな。なるべくたくさん更新しないとっ。

「たのんだよ、ハハ」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくがほほくんにいじめられているところとか」(本当はグルーミングしてもらってます)
クリックすると元のサイズで表示します

「せまいベッドの上で、ナナちゃんたちとギューギューになっているところとか」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくのけなげさや悲しみを前面に出してくれないと」
クリックすると元のサイズで表示します

あ、そ?
それは失礼しました^^; でも春吉、それなりに楽しそうに暮らしているから、悲しさはアピールできないわ(汗)。ベッドの上も、そんなにせまそうでもないし……。

「オレなんて、一件も問い合わせないよ? オレ、ダメ?」
クリックすると元のサイズで表示します

「あたちもー! あたち、この前ハハにたくさん写真を載せてもらったのに、誰もみてなかったのかしら? 一件もお問い合わせもこないんだけど……あたち、ブスぅ?」
クリックすると元のサイズで表示します

大吉とめいは、私の力不足で、なかなかアピールできず、お問い合わせがありません。春吉も、めいも、大吉も、私の中では甲乙つけがたい存在ですから、どうか、大吉とめいにも、ステキなご縁が舞い込んでくることを切望しています。

前にも書きましたが、めいと大吉は、セットでなくて構いません。それぞれがしっかりと良縁を掴むことが一番です。住宅の頭数制限などで、1匹までしか飼え ないなど、人それぞれの環境があり、事情があります。めいと大吉は仲良しですが、セットでなければならないほど、依存しあってはいませんので、1匹ずつの お問い合わせも大歓迎です。

春吉が卒業したら、めいと大吉、新しくきた猫、それから、リアンドクシネのプリンセス、リア子についても、今以上に力を入れてがんばっていきたいと思います。

愛する保護猫たちのために。
外で順番を待っている犬猫たちのために。
いや、私自身のために。

ぜひ、応援してください。

かつくん「リア子の第3話をお届けしようと思ったのですが、春吉の吉報を先にしました。リア子のキャラがハハの頭の中でどんどん濃くなってゆき、もう止められないそうです。

半分以上、楽しんじゃってるね、ハハ。

いまいちコメント数が少ないから、みなさまはうんざりだったりして? 被災地、しかも原発問題が起きている地からきた、白血病キャリアの成猫は、ただでさ え、シリアスで悲壮感たっぷり。ましては、リア子の儚げなイメージが、もろ、“かわいそうな猫”の雰囲気を醸しだしているから、ハハたちは、現実を現実と 認めた上で、必要以上に、かわいそうウリをしたくないらしい。でも、だからって、誤解しないでね。ハハたちに余裕があるわけではありません。わかる方には わかるよね? ハハたちは、これでも結構必死です。

必死でリア子の家族を求めています。リア子はおとなしい猫ですが、ちょっぴりおてんばで、気分屋さん。現在の健康状態は、すこぶる快調です。すごい食欲らしいよ。

被災地の犬猫のためになにかがしたい、そう思っている方は大勢いるはずです。がんばってきたリア子の、命のバトンを受け取ってください。そして、アンカーになってください。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





光の方へ

第2話 “リア子の過去”

陰から光へ移動するリア子
クリックすると元のサイズで表示します

光の方へ、光の方へ。

「わたし、もう、ここでは、がんばれそうにない。早くわたしを連れだして!」
クリックすると元のサイズで表示します

わかった、わかった。新しい世界へおいで。ところでリア子、鼻の頭、黒いよ?
クリックすると元のサイズで表示します

汚れなのか模様なのか、わからなかったわ(笑)。

「ごめんなさい……見苦しい姿を……
クリックすると元のサイズで表示します

ずっと外を彷徨っていたから、つい、お手入れを怠って、ここ最近まで、洗顔してなかったの。わるいけど、やわらかめの布を湿らせて、わたしの鼻を、拭いてくれない?」

「わたしは生れ育った町を離れました。野良猫だったけど、昔は、のどかなこの町が、きらいじゃなかった。でも、故郷ではもう生きられない。誰もいなくなった町で、そう悟った。だから、これからは、前を向いて、未来の家族の家猫として生きていきます」
クリックすると元のサイズで表示します

リア子の家族を募集しています。

リア子の保護当時の場所、状況、状態、体調を、保護に居合わせたもうーすさんemi-goちゃんと 話し合い、病院の先生にも見解をうかがいました。その結果を、リアンドクシネのメンバーで分析したところ、メンバー全員が、99.999%の確率で、リア 子はもともと、野良猫だったと考えています。震災後であることを差し引いても、今までまったくケアされたことのなさそうな雰囲気と、不妊手術すら受けてい ない事実、それからリア子の人間に対する、強く静かな警戒心など(警戒心は、近頃消えました)、どれをとっても、リア子がこれまで、人間の寵愛を受けてこ なかったことをさしています。リア子は誰かにとって、家族同然の特別な存在ではなく、せいぜい、気のいい餌やりさんがいたか、いなかったか、でしょう。私 はどうしても、リア子を今、命懸けで探している人がどこかにいるようには思えません。でも、もし、万が一、リア子を命懸けで探している人がいたら、あるい は、そういう方を知っている方がいたら、すぐに名乗りをあげてください。まあ、間違いなくいないはずです。だって、リア子を保護した場所は、まだ立ち入り 禁止区域ではなかったし、本気でリア子を連れだそうと思えば、2ヶ月半も時間があったのですから、どうにかできただろうしね。

だから、これから出会う家族が、リア子にとって、はじめての家族です。

そして、本当の家族になります。

リア子と暮らしてみませんか?
必要なら、リアンドクシネの私たちが、永久に、全力でバックアップします。
不必要なら、でしゃばりませんから(笑)。

※本日掲載した写真(福島時代のリア子)はもうーすさんの提供です。

もうーすさんは、 昨日、703号室を読んで、すぐに写真を送ってくださいました。私は昔から、もうーすさんの写真が、どの写真家よりも好きでした。もうーすさんが撮ってく れたリア子の写真を眺めているだけで、涙がとめどなく溢れました。もうーすさんの写真の中のリア子は、透明感があり、儚げで、なのにどこか、力強い。リア 子の生きようとする力が、カメラを通してこちらにしっかり伝わってきました。いろんな人が、リア子を気にかけてくれています。改めて、リア子を幸せにした い、そう思いました。

もうーすさん、ありがとうございました。

明日は、リア子を預かっている姉ちゃんと一緒に、リア子を連れて、動物病院に行きます。不妊手術の抜糸の日なのです。リア子は、病院へ行くのが嬉しいんだろうな。うふふ。

クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

至急、リア子のご家族を求めています! お心ある方はお問い合わせください!

仮名:リア子
推定:4~5歳
体重:2キロ
性別:メス(不妊手術済み)
現時点で必要な医療ケアはすべて終えています。
FIV(-)
FeLV(+)

かつくん「リア子の預かりをしてくれている姉ちゃんと リア子の話はまた今度ね。703号室の、春吉、めい、大吉、新たにきた猫、べべちゃん、ナナちゃん、リル、ほほ、あまた、スヌーゴンのことも忘れないでく ださいね。書くこといっぱいで更新が追いつかないけど、今いる子すべてが、703号室の主役です。また703号室にいる子たちのことも、おいおい書きま す。ハハ、今日は春吉を連れてワクチンを打ちに行きました。

近日中に、リア子専用HPがOPENします。HPは、パピコ代理さんの力作ですよ。

いいなあリア子は。もうーすさんに写真を撮ってもらえて。ぼくも生きていたらぜひ撮ってほしかった。tennjanさんにイラストも描いてもらえるし、里親さんになった方は、楽しみがいっぱいですね!

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





リアンドクシネのプリンセス

第1話 “リア子の自己紹介”

「Attention please, ladies and gentlemen. Hello, my name is Princess Liaco.It is my pleasure to meet you! Oops, excuse me! I’ve been abroad for a while, so I tend to speak in English on and on…」
クリックすると元のサイズで表示します

訳:ねえ、聞いて。はじめまして! わたしの名前はプリンセスリア子。ナイスチューミーチュー。あら失礼。わたしったら、向こうの生活が長い帰国子女なのでつい、英語をベラベラと……

「ごめんなさい……うそをついた。
クリックすると元のサイズで表示します

わたし、本当は福島県出身なの。

つまり、普通の日本猫。

冒頭の英語の部分はパピコ代理にお願いしてちょちょっと訳してもらった。実は福島県の原発付近区域から、emi-goに連れられ、亡命してきたの。東京って広いのね。輿(※キャリーバッグ)に入らず、自分の足で歩いたら、きっと迷ってたわ。

ふざけてるんじゃないの。これでもまじめに、自己紹介しているつもり。だけど、わたし、緊張すると、どうも自分が出せず、オロオロしちゃうから、ちょっとおどけてみただけ。

だって今日がネットデビューだし。いえ、正確には一度某ブログに登場していたけど、あの写真はナシ。みんな、みないでね」
クリックすると元のサイズで表示します

「わたしの出身地、つまり福島県のあちらには、まだわたしの仲間がたくさんいて、救いの手を待っているの。だから、なんだかわたしだけ、悪い気がするけど、助かったからには、堂々と生きようと思う。

実は、自己紹介がてら、福島リア子のわたしから、みんなにお願いがあるの。

どうかわたしの仲間のことも、気にかけてください。わたしたちのために、寝食を忘れ、現地に入っている人たちがいることを知ってほしい。その人たちが連れ帰ったわたしたちを、あたたかい気持ちで迎え入れ、保護、または里親探しをしている人たちもいることを知ってほしい。

そして! ここからが本当のお願いです。わたしたちを助けてほしい。ゴーストタウンでひっそりと暮らす犬や猫、いいえ、それ以外の場所でも、日本全土で、 日夜、飢えや孤独感と闘っている犬や猫、センターで死を待つだけの犬や猫が、大勢いることを、忘れず、心を寄せてほしい。助けてね! それぞれにできるこ とを、できる範囲で」

「We want to live!」
クリックすると元のサイズで表示します

訳:わたしたちは生きたい!

 

至急、リア子のご家族を求めています! お心ある方はお問い合わせください!

仮名:リア子
推定:4~5歳
体重:2キロ
性別:メス(不妊手術済み)
現時点で必要な医療ケアはすべて終えています。
FIV(-)
FeLV(+)

かつくん「リア子、未だかつてないほど強烈なキャラになりそうです。第1話~第10話までつづく予定だから、お楽しみに。楽しいかどうかは、保証しませんが。

リア子は福島県のとある町から、一足お先に幸せを掴んだふっくんとともにやってきました。ハハたちは、はじめから、リア子を受け入れるつもりでした。もうだいぶ前に、リア子は病院を出て、預かり宅に身を寄せています。紹介が遅くなってごめんなさいね。

最初みた時、ここまでみすぼらしい猫だと思わず、ハハたちは思わず失笑したらしい。でも、その幸薄そうな顔が、みればみるほどはまるんだよー。魅せられる。

リア子、またの名はするめ。次回は、第2話“リア子のお部屋”を!

第3話“リア子のサポーターたち”も一緒に書いちゃうかも。

リア子は、703号室だけの保護猫ではなく、リアンドクシネ全員の保護猫です。保護主が強烈な5人だから、パワーも5倍だね、きっと(汗)。ちなみに、リアンドクシネの5人は、それぞれ違う役割です。ハハの役割はわかるでしょ? 宣伝と、文章。

リア子とあわせ、703号室のめいと大吉のこともよろしくお願いします。ペコリ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク