あまぱん恋し

海子の保護経緯を読んでくださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

海子とうちのあまぱんは現在病院に入院しています。あまぱんがいなくてさびしいです。

 

 

何回も病院に電話しちゃう。抜歯後お顔が腫れごはんをまだ食べていないようです。

 

 

あああ。あまぱんがますます痩せちゃう・・・・・・心配です。

 

 

私はひどい風邪を引いてしまい、咳が止まらなくなりました。仕事中もゴホゴホ。マスクが手放せません。皆さまは体調管理をしっかりとなさってくださいね。

 

 

今日はiPhone内に入っている写真を何枚か載せて失礼します。

 

 

 

ベロ出しナナちゃん。調子は変わらずです。ナナの治療にも専念したいですね。

nana (3)

 

 

 

とぼけたお顔がいちだんと萌えます。

nana (2)

 

 

 

トライアル中のこま吉(デカ円)。

nana

 

 

 

里親きちこさんが送ってくれた「においつき毛布」にのって婿入りの練習をしていました。

nana (6)

 

 

 

こま吉は毎日がんばっていますよ。里親さんもです。

nana (4)

 

 

 

早くハート型になればいいなあ♪

nana (5)

 

 

 

最後に、大好きな台湾タケノコの原型を(笑)。

IMG_2356

 

 

 

先日、MIHOさん、みいさん、まゆみさん、わかさんが食べに来てくれました。

IMG_2355

 

 

 

まゆみさんが撮ってくれた写真

IMG_2353

 

 

 

猫たちが繋いでくれた尊いご縁に感謝します。

 

 

もーーーーーーーーー!!

 

 

明日はぜったいに治りたい。後任の方が来るんですよ。引き継ぎをしなければならないので私はひとり黙々と仕事していられないのです。頼む風邪菌私から去ってーーー!!

 

 

まとまりのない内容で失礼しました。

 

 

703号室より愛を込めて!

 

 

 

スポンサーリンク





母娘ドライブ

チチの台所の使い方がいやです。炊きたてのごはんしか食べないのに毎回大量に炊く理由もわかりません。私は食料をムダにすることが大嫌いなので後処理に追われ、たいへんです。

 

 

今日はチチが風邪でダウンしたので、デカ円あらためこま吉のお届けは急遽母を誘いました。

 

 

こま吉、がんばって!!

taruie (4)

 

 

 

こま吉の様子はきちんとご報告したいのでおいおいUPしますね。

 

 

行きも帰りも運転はもちろん私。母は首都高や高速道路を運転しません。

 

 

なのにちゃっかりいい思いをしています(笑)。

taruie (2)

 

 

 

ぽん吉&こま吉家のご主人さまの扱っている商品をプレゼントしてもらいました。

taruie

 

 

 

「これで背中ゴリゴリやるといいよ~」とマッサージの説明付き。母ご満悦^^;

taruie (5)taruie (3)

 

 

 

うちの母親は「金にならないことをするな」と長年に渡り私の保護活動に反対してきました。

 

 

ほかの部分では譲歩できても、これを言われると私はダメです。よって、過去に何百回も衝突。

 

 

しかし今はなにも言いません。諦めたのか、わかってくれたのか。

 

 

私はまわりのステキな里親さんやお友だちのおかげだと思っています。母がみんなの姿を見ていろいろ感じたからですよね。ありがたいことです。

 

 

ちなみに行きの車内では先週店に来たイケメンの話を延々と。

 

 

イケメンが会計の際にかけてくれたひと言をくり返し自慢してきました。

 

 

「このお店のトマ玉は世界でいちばんおいしいですね」

 

 

あとは、私の不在時にお店に来てくださった里親さんや私の友人やブログを読んでくださっている方たちのエピソードを楽しげに話しまくっていました。よかったね(苦笑)。

 

 

帰りの車の中の話題は、昔母がアマー(祖母)をマッサージに連れて行った際、アマーが寝てしまい、隣のブースからアマーのいびきとオナラが聞こえてきた話。私は初耳です。爆笑ののち、無性にアマーに会いたくなりました。

 

 

 

それともうひとつ。

 

 

母が会話の中で「まだアンちゃんに家賃払ってもらってない」的なことを言ったので「なんのこと?」と思わず聞き返しました。私は母と社会に出てから同居してないし、いっしょに暮らしていた頃は自分なりに努力して母にお金を入れていたので意味がわからなかったのです。

 

 

母曰く、母のお腹に私が10か月いたときの家賃を回収しきれていないんだとか。

 

 

なるほど。母のお腹に住まわせてもらっていたんですものね。おもしろい発想だなあ。

 

 

 

疲れていたせいもあってか、帰りは何度も道をまちがえて高速を乗ったりおりたり。

 

 

でも、隣に母がいてくれたおかげで退屈せずにすみました。

 

 

 

こま吉、ジョイ、海子、うちのお子たちのことをひとつずつ整理してから書きたいので気長にお待ちくださいね。実はまだ、海子の亡くなった子猫たちの存在を胸に落としきれていません。

 

 

心を整理するのに少し時間がかかりそうです。

 

 

では今週もよろしくお願いします。

 

 

おやすみなさい。

 

 

スポンサーリンク





ひとり打ち上げ

保護猫海子(うみこ)さんの夜泣きで睡眠不足。食欲もいまいち。

 

 

なによりキツかったのは海子さん保護時に使ったと思われる筋肉の激痛^^;

 

 

ふだんの運動不足が祟ったのです。

 

 

ヨロヨロで向かった表参道のウイメンズプラザ。本日はフォスターアカデミーセミナーの講師を担当させていただくことになっていたのです。

anne (8)

 

 

 

少人数のアットホームな感じでほんとうに楽しかった^^

anne (9)

 

 

 

私は参加してくださった皆さまと以下のテーマをお話ししました。

anne (2)

 

 

【活動をはじめたきっかけ】

 

【なぜ個人で譲渡活動をするのか】

 

【14年前、ヨークシャーテリア大量遺棄の保護に関わった当時の反省および決意と結末】

 

【インターネットに特化した譲渡活動のノウハウと結果】

 

【譲渡に関して気をつけている点】

 

【活動資金、保護動物への問い合わせ数について】

 

【多岐に渡る質疑応答】

 

 

話していて懐かしさがこみ上げてきました。14年前、離婚し人生をリセットした私はワンルームのフルタイム労働でべべ付きの貧乏暮らし。だけど情熱に満ちあふれていたっけ。

 

 

あの頃志したものを今なお持ちつづけていられる喜びを噛みしめながら皆さまとの有意義な時間を過ごさせてもらいました。どうもありがとうございました。

 

 

 

休憩時間。小寺さん、松原さん、野生動物画家岡田さんとパチリ♪ (写真は岡田さんより)

anne (16)

 

 

 

記念撮影。光の加減でお顔が白くなった方が・・・・・・ごめんなさい。写真はにゃほいさんより!

anne (17)

 

 

ヒデゴンさん、このたびも名古屋からお越しくださった(!)にゃほいさんご夫妻など濃い面々も。すでに譲渡活動にどっぷりの方もいらっしゃるし、こういうセミナー自体がはじめてだとおっしゃる方も。犬猫を愛する気持ちで繋がった会場はとてもあたたかい雰囲気でした。

 

 

にゃほいさん、おみやげまですみません。ありがとうございました。

anne (15)

 

 

にゃほいさんのように真摯に活動をしていらっしゃる方の存在が私の励みになります。

 

 

UPが遅くなりましたが、さかえ先生からも慢性腎不全のナナへのプレゼントをいただきました。

anne (5)

 

 

さかえ先生、ありがとうございました。

anne (6)

 

 

 

今日のフォスターアカデミーセミナーはね、緊張せずにじぶんの思いや経験をのびのびお話しできたのです。だから終わったあと達成感でにっこりでした。

 

 

 

これで思い残すことはありません(笑)。しばらくはオフィシャルな場を控え、家にこもり闘病中のお子たち、保護猫たちとベタベタ過ごしまーす。仕事も6月でいったん終わりにしますしね。

anne (4)

 

 

 

帰り、表参道の和食屋さんにて、海子の保護、フォスターアカデミーセミナーの打ち上げをひとりひっそり行いました。直帰の予定がお腹が減りすぎてもたなかっただけなんですが^^;

 

 

 

こんなに空腹を感じたのはひさびさでした。シュワッとジンジャーエールで乾杯~♪

anne (14)

 

 

 

オーダーしたのは銀ダラの西京漬け、小松菜と油揚げのおひたし、シャケのおむすび、あさりのみそ汁。ううう・・・・・・体に染みわたるお味です。

anne (13)anne (10)anne (12)anne (11)

 

 

 

満腹になったら眠くなりました。靴擦れの足を引きずって703号室へ。

 

 

 

ただいま。

 

 

 

明日あなた巣立つね。デカ円あらためこま吉くん

anne (3)

 

 

 

うれしいんだけど、正直すっごくさびしい。

 

 

けれどやっぱり、うれしいです。

 

 

あと一回だけ大きなストレスをかけるけど、がんばれ!

 

 

スポンサーリンク





海子1

私にとって怒涛の20時間でした。願掛けの意味を込め詳細を書けずにいたのです。

 

ツイッターを追っている方は概要をご存じですね。

 

 

本日新たに猫を保護しました。これまで仮名すらなかった猫です。

 

 

「海子(うみこ)」と名づけてみましたがいかがですか?

 

 

凛として品のいい女性です。

 

 

殺処分間一髪のいきさつなど海子の紹介をしたいのですが、保護と餌をあげていた方との話し合いでエネルギーをほとんど使い果たしてしまったので、頭を整理する時間をください。

 

 

私は餌をあげていた方との約束を破って昼に海子を連れ帰りました。

 

 

精神的に限界でした。

 

 

昨日の夕方事情を知ったのです。

 

 

そのときは餌をあげている方の目があり連れて帰れませんでした。

 

 

夜、ブログを書く前にもう一度海子に会いに行きました。確認したいことがあったから。

 

 

案の定、海子はその場にいました。

 

 

再会後こっそり保護しようかとも考えましたが、しがらみがあってできませんでした。

 

 

海子が私の足元から離れなかったのに、私は海子を振り払って帰ったのです。

 

 

 

昨夜は苦しくて眠れませんでした。

 

 

正直私にとって、「保護」以外はどうでもいいです。

 

 

あの人の気持ち、この人の思い、を汲んでいるあいだに亡くなった子をたくさん見てきました。

 

 

私はそうしたくないです。

 

 

目的を果たすために頭をぺこぺこ下げるのは得意ですし、必要ならウソもつく気でした。結局、ウソをつくのは最終手段にしていたので「誠実な話し合い」で和解できましたが、とにかくなんでもやる気でした。

 

 

 

しかし保護が至難で・・・・・・

 

 

海子は長年外で生きてきた賢くたくましい猫です。

 

 

キャリー、洗濯ネット、捕獲箱、海子はどれにも強い警戒感を示しました。

 

 

お腹は減っていないようだったので、捕獲箱は壊滅的に無意味。見向きもしない。

 

 

素手でいくしかなかったのですが、勢い余って呼吸が合わず、一度失敗。

 

 

失敗後、超距離を取られながらも、二度目のチャンスを逃したら海子はガス室送りになるだろうと腹を括り、また「おいで~♪」「怖がらないで~♪」からゆっくりはじめることに。

 

 

脇の下に変な汗をかきながら何度も深呼吸。

 

 

一瞬私のもとに戻ってきてくれた隙に海子を撫で、海子の両肩を私の両膝で支え、軽く固定。

 

 

震える手で海子の首根っこを掴んでネットをかぶせました。海子は首根っこをつかまれても決して脱力はしまいと肩に力を入れ抵抗。ほんとうにむずかしかったです。

 

 

0.1秒でも早くどうにかしなければならなかったので、敢えてチャックを閉める時間を省き、手でネットの出口を塞ぎ、そばに(わざと)縦の形で置いていた捕獲箱に海子を落としました。

 

 

すぐ蓋。

 

 

保護の際、海子は訳がわからず暴れました。その暴れぶりに私はひるみそうになりました。

 

 

でも、もう保護をしないと自分の心がもたないのでやるしかなかったのです。

 

 

私はメンタル的に弱虫の部類だと自覚しています。

 

 

弱いからこそ火事場のクソ力を出せたのかなと。

 

 

人間追い詰められるとなんでもできますね(笑)。

 

 

 

「なあなあ 明日のセミナーだいじょうぶか?」

IMG_2537

 

 

 

「まったく準備してないんだってな」

IMG_2539

 

 

 

はい^^;

 

 

今から準備するにはもう遅すぎます。気力もありません。

IMG_2540

 

 

 

今日はね、ひさびさに自分をほめてもいい気がした。甘いかもだけど、もうなんもやりたくない。

 

 

 

さぶくんと熱々しながらまぶたが閉じるのを待つ所存です。

IMG_2541

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

スポンサーリンク





黒豹病院へ

東大病院に保存されているほほの電子カルテ

IMG_2345

 

 

 

身体学検査時に先生が撮った画像があまりにもかわいくてお母さんにんまり^^

 

動画もあるそうなのでいつか機会があったら見せてもらおう♪

 

 

 

先週もほほは通院をがんばりました。またキャリー内でおしっこしてしまったけれど(苦笑)。

IMG_2329

 

 

 

到着早々担当の先生にドライシャンプーをしてもらうほほくんでした。先生すみません。

IMG_2334

 

 

 

ステロイドを長期服用中のほほ。血液検査の結果がよくてホッ。

IMG_2344

 

 

 

これならば当面薬をつづけていけます。今回抗生物質が新たに追加され薬は3種類に。

 

 

毎日欠かさず飲ませています。

 

 

 

ほほもしっかり聞いている中で、先生にほほの日常を細かく伝えています。

IMG_2332IMG_2333

 

 

 

低空飛行でもいいから、ほほなりに飛びつづけてほしい。

 

 

それが私の考えです。勝手かもしれないけれど、ほほが生きようとしている限りほかの答えが見つかりません。最初はストレスを感じている風だったほほも通院にだいぶ慣れ余裕の表情を浮かべるようになりました。その姿を確認し私も精神的にゆとりが持てるようになったのです。

IMG_2341

 

 

 

ほほが検査を受けている小一時間のあいだ、東大敷地内を散策したりお茶をしたり。

IMG_2338IMG_2337

 

 

 

ただじっと待合室にいると、ときどき気が滅入りそうになるからです。

 

毎回万が一に備えつき合ってくれるMIHOさんとカフェでカモミールティを飲みました。

 

350円で得られる至福~! めざとい中年女子ふたりは雰囲気のいい場所を見つけては写真を撮り合い互いに見せ合っています。

 

 

 

ほほもたくさん撮ってもらいました。勇姿、と言いたいところですが、なんだか頼りなげだからちがうかな? でも勇姿だよね。立派だと思います。

IMG_2321

 

 

 

歯茎は相変わらずの腫れ方ですが、きちんと食べていること、前回と状況が変わっていないこと、血液検査の結果がよかったことに安堵し、見守ってくれる先生方に感謝の気持ちです。

IMG_2343

 

 

 

ほほがまだまだまだまだお世話になります。どうぞよろしくお願いします。

 

 

マジメな話、大学病院はもっと敷居が高いと思っていました。食わず嫌いというか、正直なんとなく腰が引けていたのです。研究機関だし、若い獣医師を育てる場所でもあるゆえ患者が置き去りにされてしまうのではないか、心と心を通わせながら「医療」に向き合えるのか不安で。

 

 

けれど東大の先生方やスタッフの方々とお会いするうちに自分のまちがいに気づきました。

 

 

ほほを無理にいじらず、私のめざすQOL向上にそっと手を添えてくださる形です。

 

 

もちろん、いくつか検査を受けさせてはいますが、それはほほを「正しく知る」ため。

 

「正しく知る」はほほの病気と向き合う上でたいせつなことですよね。

 

 

次回の予約を済ませ、薬をもらってお会計へ。11,180円。駐車場400円。前回までの(5月)分と合わせ135,750円。月末にあまぱんの抜歯手術を控えていて今月は医療費がキツいですが、抜歯は一度きりですし、べべ、ナナ、リルのドッグドッグなど、イレギュラーなものが盛り込まれていたので想定内。さぶの検診はオトナの事情で6月にまわさせてもらうことにしました。懐は淋しくなっても、気分はカツカツせず楽しく闘病生活をつづけていきたいです。

IMG_2346

 

 

 

帰宅後、いつもどおり703号室でダラダラまったり^^;

IMG_2350

 

 

 

美女軍団

IMG_2347

 

 

 

小腹が減ったと訴えるナナに手づくりおやつを少々

IMG_2328

 

 

 

ほかの人に少しでも慣れるよう、MIHOさんがこねこねしてくれています。

IMG_2322

 

 

 

デカ円あらためこま吉、ロングトライアルを目前に控え、チチも私もソワソワ

IMG_2349

 

 

 

幸せになってほしいです。 だけど存在感の大きなこま吉ですから、ねえ。

 

 

しばらくはこま吉ロスになるかもしれません。

 

 

皆さま見捨てないでくださいね。

 

 

いつも703号室をお読みいただきありがとうございます。

 

 

よい一日をお迎えください。

 

 

スポンサーリンク