あまぱんが逝きました

我が家に灯っていた明かりが、昨日の朝消えてしまいました。

5 (15)

 

 

Twitterよりblogで報告したかったのですが、どうしても気力が出なかったです。

 

 

また、悲しみに打ちひしがれてネガティブなことだけを書いてしまいそうで怖かったので今ごろのお知らせになってしまい、ごめんなさい。萎んだ風船のような自分がいます。

 

 

あまぱんの生前は多くの方に気にかけていただき、かわいがっていただきありがとうございました。

 

 

あまぱんは病魔と闘いぬいて、静かに息を引き取りました。

5 (10)

 

 

「病魔」と書いているのは、私の憎き相手に対してだからですが、当のあまぱんは、どんなにつらくても飄々と病気と向き合っていた気がします。うちの平和親善大使は「病魔」ともお友だちだったのかもしれません。ゆったりボーイの底力。見上げた根性です。

5 (6)

 

 

火曜日の東大病院でめちゃくちゃな数値を出したにもかかわらず、帰宅後はちゅーるを2本食べたり不自由な身体であちこちに行きたがったり最後まで明るく元気だったあまぱん。水曜日の夕方あたりから容体が急変し、呼吸数が早くなり、おしっこが出なくなりました。よって、水曜日の夜はシリンジごはんや皮下補液をストップし、深夜まで前田先生や中島先生と連絡を取り、もし生きていたら木曜日の朝いちばんに中島先生の病院へ連れて行く手はずを整えていたのです。

 

 

木曜日の朝、病院へ運ぶ車内にて

5 (7)

 

 

このあとあまぱんはスッと逝ってしまいました。

 

 

そのまま病院へ行き、あまぱんの死亡を確認してもらい、体内に残っていたわずかなおしっこを出してもらいました。あまぱんの膀胱はよくがんばった。

5 (8)

 

 

遺体の写真を載せるのは迷いましたが、私にとってこれは汚らわしいものでもかわいそうなものでもないので、皆さまにお察しいただければありがたいです。

 

 

気分が悪くなる方はどうかスルーしてくださいね。

 

 

シリンジごはんや粗相でベトベトのあまぱんをトリマーさんがきれいに洗ってくれました。私の自慢のハンサム王子をピカピカにしてあちらに送りたかったのです。

5 (9)

 

 

帰宅後、チチが買ってきたドライアイスを下に敷いてみんなのいる場所へ

5 (11)

 

 

 

まるでただ寝ているみたいでしょ?

5 (12)

 

 

驚くほどおだやかな顔をしていますよ。

5 (14)

 

 

みんなでダラダラしようね。

5 (1)

 

 

机の上を整理してクスッと笑えたあまぱんの薬の袋。あまたなのに「アタマ」って……

5 (13)

 

 

あまぱん、いつも笑わせてくれてありがとう。場を和ませてくれてありがとう。

 

 

あまぱんは先代かつに似た猫を探していた私がインターネットの家族募集掲示板で一目ぼれしたまんまるの成猫。保護譲渡活動をしていた私が例外的に里親になったのです。703号室にお婿入りしてくれたのは2008年の1月。以後は家族として12年年半、私の横で保護犬猫たちを共に育ててくれた頼りになる同志でした。もしよかったらあまぱんが来てくれたいきさつを読んでくださいね。

 

 

「外猫カン太くん/幸せの703号室」

 

 

年齢不詳でやってきたあまぱんは推定16~18歳と先生方に言われています。

 

 

来た当時の性格の落ち着き方、犬歯の下がり具合、病気の発症時期、白髪の生え方や衰え方からして、私は間を取って、17歳以上くらいかな? と推測しています。

 

 

先代かつの写真

5 (16)

 

 

こうして並べてみると、あまぱんと似ているような、似ていないような。

 

 

若かりし日のあまぱん

5 (5)

 

 

重い水頭症を患っていた「年下の先輩猫ほほ」をたいせつに守ってくれたよね。

5 (17)

 

 

↑ この一枚は、703号室に来て2か月後に撮ったものですよ。お婿入り道具に持たせてもらったお気に入りのベージュのベッドの中にほほを宝物のように入れて抱きかかえていたあまぱん。

 

 

自分も完全に環境に馴れていない頃なのに、やさしいね。

 

 

ほほが先に旅立ったあとも、粘り強くお母さんのそばにいてくれました。

 

 

首の後ろが針山になるほど毎日毎日点滴の針を刺したけれど、あまぱんは一回も鳴かなかった。抵抗もしなかったし、逃げもしなかった。あっぱれの雄姿です。

5 (4)

 

 

点滴が終わって膨れたあまぱんを見て、アマザウルスってからかってごめんね。

5 (2)

 

 

本当はとても誇りに思っているよ。

5 (3)

 

 

あまぱんは約6年間いろいろな闘病をつづけています。4年前から本格的に慢性腎不全と闘ってきました。老体になってからは不治の病の肝アミロイドーシスを患い、その影響でほかの病気もたくさん併発しました。ああもうダメか今度こそお別れかと覚悟をするたびに不死鳥のごとく死の淵からよみがえり、私に希望と勇気を与えてくれました。あまぱんにもらったものの多さを私は忘れません。

 

 

あまぱんは不屈の精神で「猫の入れ物」をいっぱいいっぱいに使い果たしてくれました。

 

 

あまぱんの「いい細胞さんたち」の見事な闘いぶりを讃えたいです。

 

 

あまぱんの闘病の中に私は「家族の在り方」を学ばせてもらいました。

 

 

やりきった感があり、思い残すことは少ないです。

 

 

けれど、あまぱんの存在感があまりにも、あまりにも、あまりにも自分の中で大きくて、どんどんどんどん膨れ上がって、もう抱えきれないほどに膨れ上がって、皆さまにご心配をおかけするでしょうけれど私は生きているのがしんどくなりました。

 

 

生きたくても生きられない方からしたらとんでもない発言ですが、本音が許されるなら、リルとさぶを見送ったら一刻も早くすぐにべべ、ナナ、ほほ、あまぱん、かつ、(私が見送ってきた)ユキ、まーも、SALA、ゴンタ、コロ、高菜の元へ急ぎたいほどです。

 

 

私の人生を彩ってくれた分身たちと離れている時間が苦しいです。

 

 

感情的なことを書いて皆さまを困らせて申し訳ありません。言いたいのはそれ位愛おしいってこと。命あるものに「永遠」はないのでしょう。わかっています。私の嘆きをうちの子たちが望んでいないことも。でも、私は身がちぎれそうに痛いです。そしてむなしい。

 

 

グチグチとみっともないことを失礼しました。お目汚しの極致ですね。反省します。

 

 

あまぱんと暮らせてただただ幸せをもらった12年半でした。

00is (2)

 

 

また必ず出会えると信じてあまぱんに一度だけさようならをします。

00is (3)

 

 

次出会ったら離さない。

 

 

あまぱんに伝えたありがとうが、あまぱんに届いていますように。

00is (4)

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





みんなで紡いだご縁(てりたま)

都心のマクドナルドの前でごはんのおねだりを日課にしていた外猫てりたま

33 (15)

 

 

てりたまの日中の保護劇は多くの方の注目を引きました。

33 (10)

 

 

私の素手スカウトが成功したことを書いたこちらの記事をぜひお読みください。

33 (8)

 

 

その際、てりたまを心配したいろんな方に声をかけられたのです。

 

「どこかの動物愛護団体の方ですか?」

 

「この猫をどこへ連れて行くのですか?」

 

「保護猫活動をされているなら(身分を証明できる)HPなどを持っていますか?」

 

改めて、首都圏での保護猫活動の関心の高さを知り、驚いたほどです。

 

 

もちろん、私は聞かれたことに答え、名乗ったのですが、その後その方たちからの連絡はありません。このブログを読んでいないと思いますが、本日の記事はてりたまの保護シーンを間近で見ていた方にもお届けしたいです。今、こんなに幸せだよ、と。

 

 

さて、まずは「てりたま相関図」を拙い言葉で説明してみます。

 

①かおりんの長男さん

→外でてりたまを見かけ、お母さんのかおりんにその存在を伝えました。

②かおりん

→自分の息子さんから相談されて、てりたまを保護しようと動いた私の友人

③フラゴビさん

私のSNSを経由してかおりんのSNSを見て、「(かおりんの撮ったてりたまの写真は)まさに自分たちが気にかけている猫だ!」と気づいてかおりんに連絡した方

④フラゴビさんのご主人

→フラゴビさんとともに外猫てりたまのお世話をしていました。

⑤私

→てりたまが外にいるときから、かおりんにてりたまの保護や譲渡に関する相談を受け、「どうにもならなかったらお願い~」と言われ、実際にてりたまを保護

 

 

どうでしょうか? わかりましたかね^^;

 

 

無事に保護したあと、てりたまはかおりんちにステイ。かおりんと相談して、てりたまを一般募集(広く家族募集)する前に、いちばん気にかけ動いていたフラゴビさんご夫妻に打診するのはどうだろう? という流れになったのです。

 

 

フラゴビさんはすでに2匹の愛猫と暮らしているので、不安もあったようですが、ご夫婦で話し合った末、てりたまとの長期トライアルを希望してくれました。

 

 

余談ですが、かおりんと私の関係を少し掘り下げると、私の勉強会や講演会に昔からかおりんはいつも参加してくださって、それが縁で友だちになったのです。

 

 

トライアル先のフラゴビさんのお宅で集合

IMG_3324

 

 

このメンバーで会うのは2度目

IMG_3323

 

 

かおりんの長男さんも参加(ご結婚おめでとうございます)

IMG_3326

 

 

「顔見知りの身内でのなあなあの譲渡」とならないよう、譲渡誓約書(トライアル用)もきちんと交わします。フラゴビさんが細部にまで気を配ってくださったのです。

IMG_3344

 

 

おいしい和菓子をごちそうさまでした。

IMG_3343

 

 

「ドームベッドはおちつくわね」

IMG_3330

 

 

ケージに布をかけてもらって

IMG_3346

 

 

外猫時代からのつき合いの、てりたまとフラゴビさん

IMG_3352

 

 

「てりたま」という名もフラゴビさんがつけたのですよ♪

 

 

別室にいたフラッフィーくんと

IMG_3368

 

 

ゴビくん

IMG_3367

 

 

トライアルはふたりの王子が決め手となるので、どうか徐々に受け入れてね。

 

 

玄関の脱走防止柵のにゃんがーど

IMG_3337

 

 

木のぬくもりがいいですね。

IMG_3340

 

 

猫部屋もありました。

IMG_3339

 

 

猫部屋の腰高窓にはルーバーがついているので猫は脱走不可能

IMG_3338

 

 

うっすら透けて見えますか? リビングの掃き出し窓にも脱走防止柵が……

IMG_3329

 

 

その横の「てりたまルーム」の掃き出し窓にも柵がつけられていました。

IMG_3331

 

 

いうことなしの安全性ですよね。

 

 

猫ドア(ドアノブにも注意!)

IMG_3335

 

 

テント

IMG_3327

 

 

オモチャ各種

IMG_3355

 

 

ベッド各種

IMG_3332

 

 

巨大なキャットタワー

IMG_3336

 

 

うちのさぶあたりが見たら「おれもそっち行く」と引っ越しを決意されそうで怖いです(苦笑)。

 

 

フラゴビさんはノラ猫あがりのスターたち(ノラスタ)を読んでくださっている方

IMG_3345

 

 

本当にうれしい。とても光栄です。

 

 

人に甘える健気な性格がかわいくて通り行く人の心をくすぐったてりたま

IMG_3342

 

 

けれど、果たしてそれが猫にとって望ましい生活環境でしょうか?

 

 

私は人間の庇護のもとに生きられる猫のほうが断然「自然な姿」だと思います。

 

 

フラゴビさん、お菓子やあまぱんへのお見舞いをありがとうございました。

IMG_3385

 

 

かおりん、超絶大好きなマンゴーとシャインマスカットをありがとうございました。即ペロリですよ! 補液パックもうちで遠慮なく使わせてもらいますね。

IMG_3387

 

 

てりたまという宝を見つけたかおりんの長男さんと

IMG_3359

 

 

私もちゃっかり記念写真を♥

IMG_3362

 

 

まずはトライアルだけど、時間をかければきっと共生できると信じています。

IMG_3334

 

 

「わたし がんばる~」

IMG_3333

 

 

よっしゃー!

 

 

かつくん「x300てりたまおめでとう。トライアルが無事に終わりますように。てりたまは703号室卒業生というより、ハハがあたためてきた人と人の縁がじんわりと広がって、みんなで結んだ赤い糸だと思います。広義的な波及ですね。かおりんからブログ配信を依頼されたハハ。ぼくがしゃしゃり出てきたけど、5人でコラボした感じだよね。かおりん、お疲れさまでした」

1-3483

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





アスター2

「みなさん いよいよぼくのおうちにご案内します」

IMG_9929

 

 

「ぼく ぼくのペースで少しずつなじんでいます」

IMG_9930

 

 

いや~ん^^; 卒業から3週間近く経ってしまいました。私、「お届けレポ」を書くのが遅すぎますね。本日はアスターの新しい環境を皆さまにご紹介します。

 

 

アスターのご縁が決まる前から、里親のコスモちゃんと私は仲よしでした。

 

 

なぜなら、コスモちゃんのお母さま(ご実家)には703号室卒業生のハリ(三本足で優雅に生きるハリの卒業記事はこちら)がいるからです。お母さま家にはハリ、娘のコスモちゃん家にはアスター♡

 

とても深いご縁を感じます。

 

 

美しいだけでなく、ハキハキして責任感の強さが際立つコスモちゃん

IMG_0357

 

 

学生のときに家族として加わったロンちゃんを16歳で看取るまで溺愛しました。

IMG_0347

 

 

自宅での補液(点滴)も通院もこなし、できる限りのケアをした方です。

 

 

だからまだ完全には慣れていないアスターの爪切りも通院もコスモちゃんなら難なくできるのです。

 

本当にすごい。尊敬です。

 

 

アスター宅は陽当たりのいい2DKのお部屋

IMG_0339

 

 

窓から外が見える広い廊下にアスターのケージを設置してくれました。

IMG_0359

 

 

ごはんもうちと同じものが用意されていましたよ。

IMG_0350

 

 

「環境が変わって ぼく いっぱいいっぱいです」

IMG_0360

 

 

そりゃそうだよね。しばらくはしょうがない。

 

 

玄関とキッチンに入らないよう脱走防止対策が施されています。

IMG_0345

 

 

吐き出し窓もこの通り。コスモちゃん夫妻は安全意識が高いのです。

IMG_0344

 

 

コンパクトながらもくつろげるリビングには立派な猫タワーが♪

IMG_0335

 

 

清潔な室内のいたるところに「アスターグッズ」があって保護主は大満足!

IMG_0354

 

 

主役はこの通りだったのであまり写真が撮れなかったけれど(苦笑)。

IMG_0338

 

 

かわいいクッキーでティータイム♪

IMG_0334

 

 

アスターにかかった医療費のほか、ちゅーるやお菓子のおみやげをありがとうございました。

IMG_0476

 

 

家族写真↓ コスモちゃん、ご主人さまアスターをよろしくお願いします。

IMG_0336

 

 

以下がコスモちゃんより届いた近況写真です。

IMG_0951

 

 

カメラを向けると怖がるそうですが、おうちにはだいぶ慣れています。

IMG_0952

 

 

ハンモックいいねえ~!

IMG_0953

 

 

オッドアイの王子さま。どう見ても外で灰色に汚れているより家の中が似合っています。

IMG_0949

 

 

アスターと家族の道のりははじまったばかり。これから一歩ずつお互いに歩み寄っていくんだと思います。私も距離が縮まるのを楽しみに見守っていきたいです。

 

 

かつくん「x296アスター卒業おめでとう。コスモちゃんがついているから大丈夫だね。食欲旺盛、よく食べよく出しているそうです。それがなによりだよね」

1-3483

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





まう家2(得た)

皆さまこんばんは。少し空いてしまいましたが、まうの新居へご案内します。

IMG_2416

 

 

まう家は都心の分譲マンション。703号室からは車で30分の近距離♪

IMG_2395

 

 

なんとテラス付きで、玄関はもちろんのこと、テラスからも出入り自由!

IMG_2402

 

 

夜撮った写真なのでわかりづらくてごめんなさい。

IMG_2400

 

 

雰囲気は伝わるでしょ?

IMG_2424

 

 

細かい目地の木枠が張り巡らされているので脱走は100%不可能

IMG_2404

 

 

おまけに二重扉です。

IMG_2403

 

 

先代まりんちゃんのためにフルリノベーションした犬ファーストのお城ですよ♡

IMG_2391

 

 

リビングとテラスを安全に行き来できる構造です。

IMG_2392

 

 

玄関にも飛び出し防止柵を設置してくれました。

IMG_2408

 

 

里親さんの安全意識の高さが皆さまに伝わるでしょうか?

IMG_2411

 

 

保護主には安心の環境です。

IMG_2412

 

 

床は犬の足腰への負担を考えて一面タイル張り

IMG_2413

 

 

おかげで人間は寒い思いをしているんだそうです(笑)。

IMG_2396

 

 

リビングの一角に設けられた広々としたまうゾーン

IMG_2421

 

 

同じサイズのケージを私も倉庫にひとつ持っているのですが、これ、大型犬のみならず、超大型犬でも悠々と過ごせる大きさなのです。頑丈だし、いいでしょ?

 

 

ドキドキ顔のまうくん

IMG_2405

 

 

まうはいろんな意味で恵まれていると思う。

IMG_2406

 

 

里親さんのお人柄も、環境も、そして犬への思いや接し方も……

IMG_2407

 

 

里親さんの心が徐々にまうに伝わりますように。

IMG_2414

 

 

まうは賢いから「咄嗟の逃げ」だけ気をつけてもらえれば大丈夫ね^^

IMG_2415

 

 

まうのために用意された刻印式の迷子札。名前は「まう」のままです。嬉しい。

IMG_2387

 

 

先代まりんちゃんにごあいさつをさせてもらいました。まりんちゃんは素敵なお家で珠のように愛されてきたのですね。まりんちゃん、まうをよろしくお願いします。

IMG_0658

 

 

(※里親さんがお仕事で使っている名刺のアイコンは笑顔のまりんちゃんですよ)

 

 

「今度一緒に飲みましょう。遊びにきてください」

 

 

まうへ未練べったりの私を気遣って、お声がけくださった里親さん。

 

 

ご心配をおかけしているとわかりつつも、胸にじーんと響きました。ありがたいお言葉です。実は近々まうの通院でまうに会う約束をしているのです。楽しみで指折り数えています。

 

 

写真をぱちぱち撮りながらはしゃいだ気持ちのまま、まうを置いて帰りました。

IMG_2419

 

 

駅まで送ってくれた里親さん(奥さん)と他愛もない話をしながら……

IMG_2420

 

 

淋しさと喜び、心配と安心……いろんな思いを抱えながら家路に着きました。きっと私だけでなく、みんなそうやってそれぞれの人生を生きているんだろうなあ、と。

 

 

何かを選べば、一見、何かは失う。何もかもを満たすことはできないのです。

 

 

けれども私は自分の選択が正しいものであると信じてまうを手放しました。

 

 

しかも私は「失った」わけではなく「得た」のだと考えています。

 

 

良縁を得た。

 

 

まうを求めてくださった里親さんの一連の言動の中に日本の未来への希望を得た。

 

 

微々たる活動の(自分なりの)正確さを得た。正解も得た。

 

 

里親さんのおかげで譲渡の醍醐味を自分の肌で感じて、得た。

 

 

役所を悪者にするような情緒に訴える感傷的な言い方をするべきかはわかりません。最近さまざまな意味でこの活動に於ける理性の大切さを痛感しています。でも私は、もしまうたちを保護しなかったらまうたちはすでにこの世にいなかった可能性がとても高かったことを知っています。だからこそ、まうの譲渡を通じて得たものを噛み締めています。私はまうの命を繋げた。やった。できた。

 

 

まうは善きご夫婦に見初められ、不動の住処を得た。

 

 

それでも、「元野犬の咄嗟の逃げ」は怖いので、里親さんにはくれぐれもご注意くださるようお願いしています。里親さんは手にぐるぐる巻けるようにと長めのリードをオーダーし、ダブルリードで慎重に外に連れ出してくださっています。

 

 

いい譲渡をしたとうぬぼれていますが、皆さまいかがでしょうか?

 

 

おいしいお菓子や肉まん……

IMG_9574

 

 

まうにかかった医療費を過分にお預かりしました。ありがとうございました。

IMG_2427

 

 

以下が里親さんより届いたまうの近況画像です。

IMG_0181

 

 

落ち着いた顔をしていますね。

IMG_0195

 

 

まうってどこか儚げな表情をしていますよね。

IMG_0206

 

 

「てへ ぼく 元気ですよ」

IMG_0254

 

 

黄色似合う~! まりんちゃんのおさがりだそうです。

IMG_0289

 

 

赤も似合う!

IMG_0654

 

 

テーブルの下にて

IMG_0321

 

 

夜は里親さんと一緒にねんね。うちにいたとき同様、寝室では大胆になるそうです。

IMG_0371

 

 

キッチンに立つと「ひょっこりさん」になるんだとか。これも我が家と同じ光景^^;

IMG_0420

 

 

まう、やるじゃん。すごいね~ 立派立派! まうのペースで馴染んでいってね。

IMG_0581

 

 

まうが大好きです。まうを愛育してくださる里親さんも大好きです。深謝。

 

 

応援してくださった皆さまにこうしてご報告できてよかったです。ありがとう。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「x295まうおめでとう。最高だね。ハハはまうと里親さんのキューピットになれて喜んでいます。持病もあってほかの仔犬より無愛想だけど、全部まうの持ち物だから、まうの丸ごとを受け止めてくれる里親さんとの出会いに703号室一同、感謝しています。ありがとう」

1-3483

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





風雅くんとして

皆さまこんばんは。つづきが遅くなってごめんなさい。

 

 

ふうちゃん改め風雅くんの新居へご案内します。

 

 

風雅くんの里親さんは長年猫と暮らすのが夢だったそうです。

 

 

念願かなってにゃんにゃんちゃんを迎え入れ、そして長い時間を経て「もふもふ譲渡祭」に出たふうちゃんと出会い、2匹目の家族として名乗りを挙げてくださったのです。

 

 

もふもふ譲渡祭で私のかわりに譲渡ブースを担当してくれたみいさんは、里親さんのふうちゃんへのちゅーるのあげ方が穏やかで素敵だったと話していました。

 

 

猫に関する安全意識の高い方なので脱走防止対策は完ぺき!

Inked33 (6)_LI

 

 

玄関にも当然高さのあるゲートが設置されていましたし、キッチンから室内に入るときも写真のとおり柵がたてられています。まさに2重の安心ですね。

33 (29)

 

 

カレンダーにはふうちゃん婿入りの日がしっかりと書かれています。

33 (30)

 

 

名前もさんざん迷ったのですね(笑)。

33 (31)

 

 

ふたりで話し合って「風雅」にしたのです。由来は前のお家との繋がりですが、里親さんと友人宅と私の胸にしまっておきます。気品のあるいい名前でしょ?

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)をお買い上げくださいました。感謝!

33 (32)

 

 

私はこうしてノラスタが少しずつ波及していくことがとてもうれしいです。

 

 

「あなたはだれ?」

33 (2)

 

 

ごめんね^^; 獣臭がするでしょう。今日は新しいお友だちを連れてきたの。

 

 

「なんの話?」

33 (13)

 

 

にゃんにゃんちゃんかわいいねえ♡ 怒っているお顔もイケてます。

33 (20)

 

 

風雅くんのために新設されたケージ

33 (3)

 

 

コンパクトで機能的。ずっと使えそうですね。

33 (19)

 

 

風雅くん、リラックスしてね♪

33 (33)

 

 

里親さん世帯と隣に住む息子さん世帯はなんとこの内側の扉で行き来できるのです。自己物件ならではの造りですね。うらやましい限りです。

33 (18)

 

 

息子さんともごあいさつさせてもらいました。礼儀正しくやさしい男性です。

 

 

猫ファーストのお部屋

33 (26)

 

 

いたるところに猫グッズが……

33 (28)

 

 

おもちゃ発見

33 (5)

 

 

もふもふ譲渡祭バザーの戦利品の一部を見せてもらいました。

33 (17)

 

 

りょうちゃんのねこまくらとマイ太郎さんのシュシュも買われたのですね。

 

 

おいしいお菓子とお茶をごちそうさまでした。

33 (25)

 

 

里親さんがソワソワしているのが伝わってきて、微笑ましかったです。

 

 

どれだけ心待ちにいてくださっていたのか……。

 

 

風雅くんは幸せですよね。皆さまもそう思いませんか?

33 (24)

 

 

先住さんがいるお宅ですのでまずは2週間のトライアルでしたが、私は戻ってこないトライアルだと踏んでいました。なぜならば風雅くんはほかの猫さんがOKですし、里親さんは年単位で馴染ませていきたいとの固い意思をお持ちだったのです。風ちゃんおめでとう。安心して日々楽しくね!

33 (4)

 

 

プレゼントありがとうございました。

33 (1)

 

 

※お預かりした(風雅くんにかかった)医療費は全額友人のご主人に渡しました。

 

 

トライアル終了後、正式譲渡のお申し込みをいただきました。

 

 

風雅くん、終の棲家で家族に囲まれながらワイワイ生きていきます。やったね。

 

 

以下は里親さんのSNSから拝借した写真です。

IMG_9644

 

 

別室の隔離からスタートしたふたりですが、だんだんと距離が縮まっています。

IMG_9659

 

 

里親さんの努力の賜物ですね。

IMG_9658

 

 

外猫時代の風雅くんを知る者としてこういう姿は感無量です。

IMG_9660

 

 

 

一匹でも多くの犬猫たちが終の棲家を得られますように。

 

 

私も微力ながら1頭1頭丁寧にご縁を結んでいきたいです。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ294風雅くんおめでとう。よかったね。風雅くんを取り巻くすべての善意が結んだ結果だと思います。ハハにかわってもふもふ譲渡祭で里親さんの対応をしたみいさん、お疲れさまでした。ぼくからもありがとうを送ります」

1-3483

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク