バイバイ屋1

ほんの少し前まで私は途方に暮れていました。

 

 

気力体力が最底辺にあったとき、ようやく決まった保護猫メル子のご縁。それが当時の私の「希望」でした。だから「返還します」と言われ、シャッターが目の前に降りた気がしたのです。

 

 

トライアルですから、ふだんなら割り切れます。

 

 

しかしあのときはいつもに増して精神的にキツかった。思うところもあったし。

 

 

なにもかもを放ってどこか遠くへ逃げられたら……そんな妄想すらしていました。でも現実はどこにも行けません。残念ながら人としての責任が私にはあるのです。

 

 

自分の中に残っている気力をすべて振り絞ってはじめた黒真珠の赤い糸探し

IMG_5620

 

 

健康で甘えん坊の黒真珠をこれ以上「保護猫」でいさせたくありませんでした。

IMG_5324

 

 

8か月もの間、703号室で順番待ちをさせてどれだけ心苦しかったか……

IMG_4464

 

 

遠慮がちな姿、目が合うと駆け寄ってくる姿を思い出すと、胸がチクッと痛みます。

IMG_5225

 

 

私のまぶしいスター

IMG_5223

 

 

いつものパターンだと、あっという間に育ってしまう子猫のあおたん、かおたん、さおたんの家族募集を優先的にやるのですが、今回ばかりはできませんでした。

IMG_4133

 

 

たまには順番を守らないとね♡

IMG_5220

 

 

そして黒真珠の卒業を皮切りに、子猫のあおたん、かおたん、さおたんにも終の棲家が決まり、今、私は万感の思いでキーボードを打っています。

IMG_4138

 

 

私は「別れのプロ」です。

 

 

私は「バイバイ屋」です。

IMG_4132

 

 

保護猫たちを私は家族と同じ扱いで接しています。

IMG_4131

 

 

けれど私は彼らと、「さようなら」をします。

IMG_1949

 

 

いいさようならができるよう、絶えず模索しています。

 

 

いいさようならをするために私たちは出会うのです。

IMG_1549

 

 

 

ブログに綴る卒業レポートには、私なりに深い意味を込めています。

IMG_1497

 

 

応援してくださった方への謝意を込め、彼らの新たな住環境をお見せする。

 

 

努力してきた結果と、善き里親さんの自慢。

 

 

正々堂々と保護譲渡活動の透明感を出す。

 

 

微々たる保護譲渡活動の記録。忘備録。

 

 

そしていちばんは、我が家を巣立っていく彼らと里親さんへのプレゼントの気持ちで書いています。だってキラキラのスターたちだもん。小さな舞台だけど、最後は中央に立ってほしいです。

IMG_4137

 

 

モテモテの黒真珠

IMG_1521

 

 

「ハハ~ そういえばまなちゃんもぼくを意識した服装だったよね」

IMG_1541

 

 

太陽の光が似合う黒真珠

IMG_5626

 

 

隠れるのがじょうずな黒真珠

IMG_5619

 

 

友情に厚い黒真珠

IMG_1951

 

 

ウインクがセクシーな黒真珠

IMG_5622

 

 

「みなさん ぼく 黒曜石(オブジディアン)のオブに改名されました」

IMG_5586

 

 

宝石に疎い私は黒くてピカピカ光るきみに「黒真珠」位しか思い浮かばなかったけれど、里親さんが検索して見せてくれた黒曜石の画像を前に、「うーん。負けた、こっちだ!」と素直に唸ったのですよ。ほんとうにピッタリしっくりの素敵な名前をもらったよね。

IMG_5639

 

 

オブ、きみはすばらしい!

IMG_5627

 

 

きみは美しい!

IMG_5623

 

 

「照れるじゃないですか」

IMG_5624

 

 

きみとのかけがえのない8か月を、私は忘れません。

IMG_5637

 

 

卒業おめでとう。成長させてくれてありがとう。

IMG_5638

 

 

次回は皆さまを「オブ家」へご案内します。

 

 

途中走者より

 

 

BIG LOVE

 

 

スポンサーリンク





うちのタフガイ

皆さまこんにちは。黒真珠とあおたんが間もなく703号室を巣立ちます。

66 (6)

 

 

苦しい中で紡いだご縁なので、感無量のひと言に尽きます。

 

 

そして私のもとに来てくれた保護猫たちに改めて「ありがとう」を伝えたいです。

 

 

さおたんと

66 (7)

 

 

かおたんは、ひきつづき家族を募集しています。

66 (8)

 

 

さかえ先生、猫砂やおやつをありがとうございます。正直助かります。

66 (11)

 

 

にゃん太さんもフードなどをありがとうございました。

66 (10)

 

 

ちかたん、お菓子とちゅーるをありがとう!

66 (12)

 

 

里親さんや友人方に恵まれた日々を送っています。

 

 

先日ブログで紹介した天国へ旅立った卒業犬宙家に、13年前の同じ頃、私の保護犬タロの里親になってくれた黒田さん(現まるの里親)がお手紙を書いてくれたのです。私が郵送役をつとめました。

 

66 (4)

 

 

ふふ。なんかあったかいなあ。

 

 

さて、たまにはレギュラーメンバーのことでも書きますかね♡

66 (5)

 

 

ヘビーな病と闘っているあまぱん(推定15歳以上)はかなりのタフガイ

66 (9)

 

 

見てこれ↓ 点滴(皮下補液)を受けながらランチを召し上がるという^^;

66 (13)

 

 

毎週emi-goの病院で、あまぱんやさぶの闘病に必要なグッズを買っています。

66 (3)

 

 

買っても買ってもすぐになくなってしまう。ちなみに本日も行きますよ。emi-goが安く売ってくれていなかったらおそらく私は破産していたでしょう(苦笑)。

66 (1)

 

 

慢性腎不全組はコストがかかりますね。補液ひとつとっても1日1パックなくなります。点滴の針は4本、チューブ、シリンジ、薬、サプリ、猫砂も消費がはやい。

66 (17)

 

 

でも、やれることがあるうちが華だと思います。

 

 

保護猫の数が多いこともあり、トイレもまめに洗っています。

66 (2)

 

 

最近はキャパオーバーぎみなので、とにかく1匹でも多く幸せな卒業をさせ、自分自身の能力と向き合って活動量を決めていかなければ、と考えています。

 

 

あまぱんに補液をする足元には高菜が控えています。

66 (15)

 

 

滑ってしまうからマットを敷いている部分に行けばいいのに……

66 (14)

 

 

私をめがけて這ってくる姿が愛おしいです。お母さんの近くにいたいのね♪

66 (16)

 

 

台風の影響でシッターのお仕事がひとつ流れてしまいました。残念ですが、空いた時間はDVD鑑賞でもしようかな? もう一度観たいのがこちら↓

55 (9)

 

 

私を応援してくださっている脚本家篠崎絵里子さんの作品。実はすでに2回観ています。家族の在り方、が深くじわじわ胸に迫ってくる感じ……。好きです。

 

 

ひさびさにblogに我が子たちの写真を載せられて満足♪

 

 

このあと掃除もゆっくりできそうです。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





いいこと、など

皆さまの応援のおかげで保護猫黒真珠が我が家を巣立つことになりました。

117 (11)

 

 

本当にありがとうございます。

117 (6)

 

 

黒真珠は終盤大人気でしたよ。「ペットのおうち」経由のみならず、合計7名のあたたかいラブコールを受けたのです。ありがたい、のひと言ですね。

117 (4)

 

 

703号室は保護猫あおたん、かおたん、さおたんの終の棲家をさがしています。

 

 

「ピンクのおリボンがわたち さおたん」

117 (20)

 

 

グリーンは男の子のあおたん、赤がかおたんです。

117 (21)

 

 

私の手がまわらず、とりあえずさおたんをメインに「ペットのおうち」に掲載しました。もちろん、3匹とも家族募集中です。お問い合わせをいただいた場合、お返事までに1日~2日程度お待たせすることがありますのでご容赦ください。

 

 

暗い場所で撮った写真だから鮮明さに欠けていますがかわいいですよ♡

117 (7)

 

 

大きさはこんな感じ。だいたいわかるでしょ?

117 (8)

 

 

骨格がしっかりしてきたので、子猫の愛らしさを残しつつもいちばん飼いやすい時期ですよね。懸念だったコクシジウムは3度目の検便で発見されませんでした。昨夜撮った証拠動画(笑)。

 

※念のためあと1回薬を飲ませて検便します。

 

 

薬3匹分買ってきました。emi-goいつも安くしてくれてありがとうね。

117 (9)

 

 

emi-goの病院→シッターの仕事の打ち合わせ→母の店とまわったのですが……

 

 

店に入ったら私の本を買ってくださったにゃん吉さんご一行と遭遇。なんと前作も持っています。うれしすぎる。張り切ってサインしました。

117 (10)

 

 

ふふ。にゃん吉さん、奥さまはその後猫さんを保護できましたか?

 

 

さて、せっかくMIHOさんが撮ってくれたので、最後に先日あまぱんと東大病院へ行ったときの写真を載せますね。診察台の上のハンサムなあまぱん♪

117 (17)

 

 

腎臓の数値が少し上がったものの、体重が100g増え、貧血の値が20→22に改善されていました。肝臓も今は落ち着いています。よかった(涙)。

117 (1)

 

 

検査中のあまぱんを待つ間、MIHOさんと東大農学部のカフェへ

117 (14)

 

 

MIHOさんはランチを、私はアイスティーをオーダー

117 (16)

 

 

壁画をまじまじ見るのが好き

117 (13)

 

 

抜け感もあるオシャレな外観

117 (12)

 

 

エントランスにて

117 (18)

 

 

MIHOさんがいると待ち時間はあっという間です。

117 (19)

 

 

うちのあまぱんはすごくがんばっています。でも苦しそうではないです。

117 (3)

 

 

むしろイキイキしているように見えます。前田先生、岡本先生、やさしい眼差しで見守ってくれる皆さまのおかげです。目標は新年をいっしょに迎えること!

117 (2)

 

 

話し込んでしまい前田先生の写真を撮りそびれました^^; 楽しみにしてくださっている方がいたらごめんなさい。次回は前田先生にも登場してもらいます。

 

 

「ぼくの写真をどうぞ」

117 (15)

 

 

高菜の写真で勘弁してください。

 

 

高菜も日々「生きる」を更新中です。

 

 

ぜんぶ自分の意思でやっているとはいえ、うちには赤ちゃんからお年寄りまでいて、仕事も活動も家事もあるのでときどき「うおーーーーーー」となります。

 

 

最近わかったのですが、残念ながら、正しい正しくないではなく、努力をするしないではなく、頭の良し悪しでもなく、メンタルが強いか弱いかで運命が決まってしまうことって多い気がします。強靭なメンタルの持ち主がうらやましい。

 

 

ほんの隙間に笑える映画を観たりしてリラックスモードを作っていきたいです。

117 (5)

 

 

オチが怖かったけれど途中まではまあまあ楽しめた1本でした。

 

 

PS チチのtwitterにもクスクス笑っています。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





703スターだより(9月25日)

今日は2軒の卒業生のお宅へ行き、1軒のシッターの仕事に行きました。

 

 

どのお宅もブログにUPしたいと、iPhoneでパチパチ。でも放出する時間がなく、カメラロールが「ネタ」で溢れかえっているという。はあ。時間がかかってでも少しずつ出せたらいいな。ちなみに留守番時間が長くなりそうなとき、703号室メンバーはチチに様子見をお願いしています。

 

 

さて、今いちばん力を入れるべきは、保護猫たちのアピール!

 

 

#703スターだより、いっきますよ~!

 

 

「ハハ~ まずぼくの出番でしょ?  ぼく 黒真珠2歳 知ってるね?」

ffa (2)

 

 

「胸の白いチラ毛が エロいぼく」

ffa (3)

 

 

「みなさん ぼく 歯も超白いんですよ」    「歯が白いのは当然……」

ffa (5)

 

 

「お? さぶ兄だ♡」

ffa (10)

 

 

「セルフエステ中のさぶ兄」

ffa (12)

 

 

「さぶ兄さぶ兄 ぼくもお手入れして~」

ffa (11)

 

 

「はい 交代 つぎはわたちたちの出番です」

ffa (8)

 

 

「グリーンのリボンはあおたん(♂) 赤いリボンはかおたん(♀) ピンクがわたち さおたん(♀) くびもとをみれば みなさんわかるね?」

ffa (6)

 

 

「あおたんはやさしい かおたんはちいさい わたち(さおたん)はかわいい わたちたち そとでがんばって生き延びました かぞくが ほしいです」

ffa (9)

 

 

「ハハ 写真ヘタにもほどがあるわね」

ffa (14)

 

 

「ピントが まるで合ってませんから!」

ffa (13)

 

 

「ぼくたち 週末 ワクチンだって ドキドキです」  「です」

ffa (7)

 

 

「みなさん ただいま ひさしぶり メル子だよ」

ffa (16)

 

 

「戻ってきてしまいました 白まんじゅうがあたたかく迎えてくれています」

ffa (15)

 

 

「わたし いじわるな子じゃないもん 加害者じゃないし わるいねこじゃない わたしもわたしを愛してくれる家族がほしいです ほんとうにほしい」

ffa (1)

 

 

「レギュラーメンバーのぼくあまぱんからも 保護猫たちをよろしくお願いします」

ffa (4)

 

 

【家族募集中のスターたち】

 

黒真珠(黒猫 男子2歳)

あおたん(グリーンリボン 男子3か月弱)

かおたん(赤リボン 女子3か月弱)

さおたん(ピンクリボン 女子3か月弱)

メル子(サバ白 女子1歳弱)

 

(白猫:白まんじゅうは準備中)

 

 

なにとぞお見知りおきください。お問い合わせを切望しています。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





ちびノラスタ♡ あおたん、かおたん、さおたん

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

さあ、ビビり犬、老犬のあとは子猫ネタいきますよ~!

 

 

703号室は目まぐるしい。保護譲渡はもちろんのこと、SNSへの放出もひとりでやっているので手がまわらないこともありますが、透明性のある活動をめざしています。

 

 

自分が経験していること、感じたことをなるべくUPしますね。

 

 

気になっていたキジトラ3チビが本日やってきました。

faod (13)

 

 

きっと1回ではおぼえてもらえないと思いますが、サクッと紹介します。

 

 

男の子。仮名:あおたん

IMG_1703

 

 

女の子。仮名:かおたん

IMG_1700

 

 

女の子。仮名:さおたん

IMG_1699

 

 

遊びに来たチチが抱っこと人馴れをさせてくれています。

 

 

あおたん、かおたん、さおたん。外見も似ているのに名前まで似た感じですいません。

 

 

うちの隣町で保護された子猫たちです。

 

 

その地域はキジトラ率がめちゃくちゃ高いとのこと。TNRをしている地元の里親会の方や、私の近所の方、その職場の方など多くの方々が関わっています。昨日、全員で病院に待ち合わせ、ケアを見守ってもらい、丸投げしてもらいました。私が保護主&譲渡責任者になります。

faod (3)

 

 

【全頭に施した医療ケア】

faod (7)

 

 

①ブロードライン(駆虫)

faod (6)

 

 

②診察、体重検査(全員1キロ前後)、検温(全員熱が39度台で高め)

faod (5)

 

 

③ウイルス検査(2019.9.14時点では全員マイナス)

faod (10)

 

 

④血液CBC検査(パルボウイルスを懸念し白血球の数をはかりました。結果正常)

⑤検便(コクシジウムがわずかに1匹だけ確認されましたので駆虫薬を投与。念のためもう一度検便とコクシジウムの駆虫薬を飲ませます)

 

※ワクチンは体調が落ち着いてから改めて連れて行きます。

 

 

昨日の発熱は「緊張熱」と考えてまちがいでしょう。本日平熱に戻っていました。

faod (12)

 

 

爪切りも完了

faod (2)

 

 

先生、オペの合間に丁寧に診察してくださりありがとうございました。

faod (4)

 

 

emi-goもトリミングのお仕事の合間にどうもね♡

faod (1)

 

 

土曜はまるの散歩のあと、卒業生天音&ほたる家に打ち合わせに行く予定が入っていたので、あおたん、かおたん、さおたんは1泊病院にステイさせたのです。

faod (8)

 

 

組み立てたケージに入れて

faod (11)

 

 

ケージに入れた時点で、果たしてこの先そっくりの彼らを識別できるのか本当に不安だったのですが、1日経った今、全員のちがいが一発でわかります。

 

 

近所でスカウトされた小さいノラスタたちが我が事務所に来てくれました。

 

 

私なりに精いっぱい赤い糸を手繰り寄せたいです。

 

 

2日の間に手持ちのノラ猫あがりのスターたちが12冊売れ、気分爽快です。

IMG_1696

 

 

売りまくりたいので皆さま応援どうぞよろしくお願いしますね。

 

 

お水をほしがる不経済のあまぱんを添えて

faod (14)

 

 

 

LOVE(このあと3つ目の記事は厳しいかも……涙)

 

 

 

スポンサーリンク