ちゃたろが来ました

ピチコさん! 猫のおやつのプレゼントありがとうございます。うれしいです。

1mukae (15)

 

 

 

 

午前中、emi-goの病院へちゃたろを迎えに行きました。

1mukae (3)

 

 

 

 

最近大巻先生の病院ご無沙汰しちゃってる^^; 大巻先生の病院にも検診で行かないと。

 

 

 

emi-goのご主人中島先生は大巻先生の仲のいい後輩です。それにしても私は動物病院にばかり行ってる気がします。ほかに行く場所ないんだもん。しょうがないよね。

 

 

 

待合室にて。かわいい子ちゃんが自ら私のひざにのってくれました。

1mukae (5)

 

 

 

お隣が飼い主さん。こすずちゃんという名前だそうです。私の子みたいでしょ?

1mukae

 

 

 

赤のワンピースが似合ってました。

 

 

 

さあ、ちゃたろ、703号室に向かいますよ。

1mukae (18)

 

 

 

 

病院で慢性腎不全のあまぱんとさぶ用にセミントラ買いました。安くしてくれてありがとう。

1mukae (7)

 

 

 

 

家に着いた私は、玄関先で異臭を感知。ううっ・・・・・・イヤな予感がします。

 

 

 

ツイッターを見ている方はもうご存じですね。なんとネットの中が運子まみれ(号泣)。

1mukae (16)

 

 

 

見た瞬間、嗚咽ですよ。ちゃたろの衝撃的な姿にげんなり。

 

 

 

実は病院にいたときからほんのり運子臭が漂っていたのです。

 

 

 

emi-go 「え なんか ウンチ臭くないですか?」

 

私 「ね・・・・・・」

 

emi-go (あたりの空気をクンクン)

 

私 (まわりの空気をクンクン)

 

 

 

しかしニオイの元を特定できず、私はてっきりケージの中のだれかが運子をしたのだと思い、深追いしなかったのです。まさか私のキャリーがニオイの元だったとは(涙)。

1mukae (12)

 

 

 

「自然現象ですから・・・・・・」

1mukae (10)

 

 

 

まあ、そうだね。

 

 

 

ちゃたろ、ごめん。べちゃべちゃだから洗うしかない。来たばかりなのにかわいそうだけど。

1mukae (14)

 

 

 

「水攻めだけはやめてください」

1mukae (4)

 

 

 

 

いや。不本意だけどほかに方法がない。運子だけでなくおしっこもしてるじゃん。

 

 

 

格闘すること5分。顔まわり以外をシャンプー♪

1mukae (8)

 

 

 

 

ドライヤーの音を怖がったので、タオルでよーく乾かします。

1mukae (2)

 

 

 

 

「703号室は保護猫にやさしい空間をめざしているとうわさに聞きました。ウソだったのですね」

1mukae (6)

 

 

 

 

怖かったよね。がんばったね。ここちゃたろのスペースだよ。

1mukae (19)

 

 

 

 

部屋数少ないからチチとルームシェアしてください。

1mukae (17)

 

 

 

ちなみにチチには昨夜ちゃたろのことをはじめて伝えました。チチは私のブログを気まぐれに読んだり読まなかったりなので、事情に疎いのです。

 

 

 

「ごめんもうすぐ猫来る。1カ月以内にはなんとかするから」

 

 

「・・・・・・(横目ジロ)」

 

 

 

リアクションが薄めだったので了承を得たものとみなしています。

 

 

 

ちゃたろが落ち着いたあと、お子たちのお世話などなど

1mukae (9)

 

 

 

本日もあまぱんとさぶはおりこうに点滴を終えました。

1mukae (11)

 

 

 

ナナは日に日に抵抗がひどくなっています。

1mukae (13)

 

 

 

 

ちゃたろが増え、8頭になりました。べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶ、保護猫サク、保護猫ちゃたろ。みんな個性の強い面々ですのでまた会いに来てくださいね。

 

 

 

皆さまいいゴールデンウイークをお過ごしください。

 

 

 

私は明日の夜、一泊外泊予定です。ひとりきりで(超近場の)山荘へこもるイメージ。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク

10分更新 おれのアレンジ知りたいか?

べべちゃん だいじょうぶか? ミルクのにおいがするな ミルク飲んだのか?

kaeru (7)

 

 

 

 

うちはみんなそれなりに元気だから心配しないでな

kaeru (6)

 

 

 

 

あま兄は おでこあたりの白髪が増えたな あま兄 悩みでもあるのか?

kaeru (3)

 

 

 

ひとつもなさそうだな・・・・・・

kaeru (2)

 

 

 

よし たまにはおれがいいこと言ってみよう 聞きたいか?

kaeru (4)

 

 

 

井の中の蛙 大海を知らず・・・・・・

 

 

(一説には)つづきがあるの 知ってるか?

 

 

 

井の中の蛙 大海を知らず

 

 

されど空の深さを知る

 

 

 

これをおれがアレンジするなら

kaeru (5)

 

 

 

 

家の中の猫 外を知らず

 

 

されど愛の深さを知る

 

 

 

だな。

kaeru

 

 

 

 

読んでくれてありがとうな

 

 
KISS

IMG_2509

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

愛する末娘

MWさまよりプレゼント、ご寄付、お手紙が届きました。いつもありがとうございます。

dau (7)

 

 

 

ちゅーるも猫砂もうれしいです。レボリューションは地元で外猫のTNR活動している方たちとわけあってつかわせていただきます。にゃっ展お話会でお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

さて、平日はのんびり、週末はドタバタ^^;

 

 

 

くつろぐ猫たちを尻目に家の中を動きまわっています。

dau (4)

 

 

 

 

きみたちはいいよのう。保護猫サク坊は「おにい」たちに囲まれぬくぬく♪

dau (5)

 

 

 

忙しさ倍増の原因はチチが帰ってくるから(苦笑)。お子に関わってくれるのはありがたいけれど、汚しすぎ、散らかしすぎ、私を呼びつけすぎ、なにがどこにあるのかわからなすぎ。

 

 

 

でも、チチの本妻リル嬢はチチが帰ってくるのが楽しみで仕方がない様子

dau

 

 

 

 

リルがいいんならまあいいんだけど。

dau (9)

 

 

 

 

チチもリルを溺愛

dau (10)

 

 

 

 

常にふたりはセットで動いています。ここまで仲のいい夫婦もめずらしいわね(笑)。

dau (8)

 

 

 

 

チチだけでなく、リルは私にとっても目に入れても痛くない末娘。たまにはひいきしよ!

dau (11)

 

 

 

ふだんは1日に2~3回、ナナとセットでお散歩へ連れて行くのですが、この日はリルのピンで行ってみることにしました。13歳ですが、うちの犬たちの中ではいちばん若く、体力のあるリル。ナナのお伴ではなく、たまにはいっしょに走らないと、リルの体力がもったいない。

dau (2)

 

 

 

どこへ行く? お母さんリルの好きなところへつき合います!

dau (3)

 

 

 

ツイッターに載せたら「かわいい」の声をいただいた動画。ニコニコ笑っています。

 

 

 

 

こちらはある夜。お散歩の夢でも見ているのでしょうか?

 

 

 

大きな体に似合わず気持ちが繊細で、食まで細くて、イヤイヤばかりしてごはんを食べたがらず、お母さんの手を焼かせる末娘ですがこれからもたいせつに育てていこうと思います。

dau (12)

 

 

 

リル~! ちゃんと食べてくださいね。

 

 

 

うちは子だくさんファミリーなので、感動も頭数の分だけあります。

 

 

昨日はほほが寝ているべべをじょうずにまたがって行きました。

 

 

邪魔な障害物をよける風ではなく、べべを起こさないよう気遣い、静かに通っていったほほ。

 

 

 

べべをよけきったあと、よろけてそのままコテッと転んでしまいました。転んでもすぐになにくわぬ顔で立ち上がり、テクテク歩いてあまぱんのそばにたどり着いて、はいゴール!

 

 

 

「共存」の意味をほほに教えてもらった気がします。ほほえらいね。

dau (6)

 

 

 

 

明日からまた1週間はじまりますが、皆さまお身体をたいせつに!

 

 

 

次回はセス坊の卒業記事を書く予定です。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク

友好大使

皆さまこんばんは。遅くなりましたが、このあとまとめてコメントのお返事をします^^

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

昼母からのSOSで病院へ運びました。体の激痛ですって。

aaapp (14)

 

 

 

店に予約客が来るから仕事は休めないとのこと。すぐ効く注射と薬を処方してもらいました。私も通院がつづいていますが、母はたま~に助けてくれたりするので、お互いさまですね。

 

 

 

夜、ナナとリルの散歩へ行ったはずなのに、「散歩へ行きたい」と鼻鳴きで訴えるナナ

aaapp (16)

 

 

 

もう二度と散歩へ連れて行ってもらえないんじゃないか、風の悲しい表情で私を見つめます。

 

 

最近ナナは散歩から戻って足を拭いていると「散歩へ行こ!」と目を輝かせてはしゃぐのです。散歩から帰ってきたばかりだということも、散歩へ行ったことも忘れてしまうみたい。

 

 

かわいいからときどきつきつき合いますが、つき合いきれないときや忙しいときは適当に放置。キリがないからね(笑)。今夜はやたらしつこかったので、また行くことにしました。

 

 

 

みんなの要望をすべてかなえるのはむずかしい。どこで折り合いをつけるかが課題です。

 

 

 

さて、本日は我が家の「友好大使」をご紹介します。

 

 

 

「ぼく?」   ※写真MIHOさん

aaapp (5)

 

 

 

サクはまだ修行中でしょ? サクの面倒をいちばんにみてくれるお方のことですよ。

 

 

 

「ぼくだ!」

aaapp (9)

 

 

 

正解。あまぱん太郎(本名あまた)です。

aaapp (7)

 

 

 

ブログの登場回数が少ないからって影薄いと思っていませんか?

aaapp (19)

 

 

 

実際我が家ではすごい存在感ですよ。

aaapp (2)

 

 

 

平和主義者でだれとも仲よくできる温和な紳士

aaapp (3)

 

 

 

全顎抜歯後、ちょっとお顔が小さくなったけれど、食欲旺盛。肺の結節、慢性風邪、慢性腎不全と闘っています。体調が悪くてもイライラせず、じっとガマンする姿は心打たれます。

 

 

 

見習うべきところの多い、すばらしい猫です。

 

 

 

数ヶ月前に撮った写真。べべ公と競い合うように水を飲んでいました。

aaapp (4)

 

 

 

どっちがたくさん飲めるかな?

aaapp

 

 

 

あまぱんは水を飲みすぎたり、ごはんを食べすぎたりすると、ボエっと吐いてしまいます。

aaapp (18)

 

 

 

だからちょっとずつにしてくださーい!

aaapp (11)

 

 

 

足りない分は皮下点滴で補給

aaapp (6)

 

 

 

保定要らずですよ? すごくないですか?

aaapp (8)

 

 

 

動画に撮ってみました。信頼し合っているから、ゆるーい感じで治療しています。

 

 

 

慢性腎不全は「水分」がたいせつ。お互いがストレスにならない形で水分補給するのが理想ですよね。あまぱんの性格のよさ、扱いやすさにラクさせてもらっています。ありがとう。

 

 

 

あまぱんへのごほうびはブラッシング

aaapp (17)

 

 

 

ブラシを握るとすっ飛んできます。私の行動を常にチェックしているんだと思います。

aaapp (15)

 

 

 

たいへん。行列ができてしまいました。

aaapp (13)

 

 

 

 

いつもはみんなにゆずるあまぱんですが、ブラッシングのときばかりはお尻をグイグイ寄せて席を死守。はいはい。わかっているよ。あまぱんがメインね。あまぱんはロングコースね。

 

 

 

先日、セスの里親さんが撮ってくれた写真をトリミングしてみました。

aaapp (10)

 

 

 

ご家族はあまぱん推しだそうです。

aaapp (12)

 

 

 

実際にあまぱんに触れた里親さんから誉められるとますますうれしいですね。

 

 

 

我が家は全員が主役です。甲乙つけがたい逸材ばかり。

 

 

 

皆さまも愛するお子たちと濃厚な月日を重ねてくださいね~!

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク

深呼吸色のカーテン(犬猫ほとんど出てきません)

映画字幕翻訳家の松浦美奈さんから整腸剤のプレゼントが届きました。卒業生実葉へのお祝いコメントつき! うれしいです。松浦さんありがとうございます。

1katen (7)

 

 

 

松浦さんは猫をふかーく愛する方で、ご自宅のまわりの困った猫を何匹も保護し、厚いケアをしています。障がいのある猫も若くない猫も病を患う猫も関係なしに。保護エピソードは男前で、私は松浦さんをとても尊敬しています。昨年はマックスくんを里子に出しました

 

 

松浦さんが訳された映画はたくさん観ました。アナ雪やアメリカンスナイパーもよかったのですが、私は戦場のピアニストが胸に残っています。珠玉の名作ですよね。また観ようかな。

 

 

 

さて、お昼はサク坊がめちゃくちゃに散らかしたリビングの片づけを^^;

1katen (16)

 

 

 

 

夜は「無料ネイル」狙いで妹家へ

1katen (22)

 

 

 

妹の会社の愚痴をおとなしく「うんうん」聞いてさえいりゃ、タダでネイルしてもらえるのです。

 

 

 

「おまけ」までもらいました。「ガビガビのその顔につけるといいよ」とのこと。

1katen (3)

 

 

 

は、はいっ。そうしますね! ありがとう。

 

 

 

妹んちから帰宅後、iPhoneカメラロールをいじっていると、なつかしい写真が・・・・・・

 

 

 

昨年の秋頃撮ったのが出てきました。よし! これをブログネタにしよ♪

1katen (23)

 

 

 

今回は犬猫ではなく、私の趣味についてです。興味ない方はスルーしてください。

 

 

 

通販で買った寝室の前のカーテン。10年以上使ってボロボロに。繰り返し洗っていたのでけば立っているし、すその方は保護猫たちに裂かれ恥ずかしいレベル。

 

 

 

実葉を保護した頃、私はカーテンの買い換えを決意し、近所のホームセンターと、カーテンじゅうたん王国(知ってます?)の2社をまわり、あれこれ物色。

 

 

 

そしてついに出会ったのです。

1katen (17)

 

 

 

カタログを眺めながらイメージを膨らませる。うちに合うのはどれ?

 

 

 

心がウキウキと弾みました。私は家をいじるのがほんとうに好きです。

 

 

 

予算をちょいオーバーしたけど、定価の50%オフだし、これにする。

1katen (9)

 

 

 

 

布地にかすかな光沢のある2級遮光。気に入ったレースカーテンとの相性がよさそう。

1katen (5)

 

 

 

せっかくカーテンを新調するのだから、むき出しのカーテンレールに「カーテンボックス(バランス)」をつけたい。ボックスの色やサイズを業者さんと念入りに打ち合わせ!

1katen (11)

 

 

 

ボックス設置前。私はレールにチチがYシャツを大量にかけるのがイヤでした。

1katen (2)

 

 

 

ボックスをつけたあと、Yシャツをかける場所がなくなったので、チチはYシャツ類をクローゼットに入れるようになりました。くわえて、ボックスをつけることで「保温効果」を得られ電気代の節約にもなるのです。見た目も格段によくなるし、一石三鳥ですね~!

 

 

 

職人さんによる施工。この職人さんは偶然にも以前うちのリビングのカーテンを修理してくれたことがあるんですって。ふふ。猫の話で盛り上がりました。

1katen (19)

 

 

 

あっという間に、完成。あああ、いい!!

1katen (14)

 

 

 

壁は水色ですが、ボックスは「くすんだ白」をチョイス。天井の色とそろえています。

1katen (4)

 

 

 

保護部屋には木製のブラインドを。これも色が多すぎて迷いに迷ったけど、白に落ち着いた!

1katen (20)

 

 

 

グレーともブルーともつかない色のレースカーテン。時間帯やみる角度によって透明度や色彩感が変わってくるのです。うーん、深呼吸みたいな色?

1katen (8)

 

 

 

 

トルコ産のレース。ひじょーに美しい。毎日自分ちの寝室のカーテンにウットリしています。

1katen (6)

 

 

 

 

しつこい? ついつい目がいくもんで(笑)。

1katen (13)

 

 

 

カーテンの交換後、寝室を片づけようと決めた私

1katen (21)

 

 

 

私にもやればできるんだ・・・・・・

1katen (18)

 

 

 

ライトなんかつけちゃって。もう読書ざんまいですよ。

1katen (15)

 

 

 

しばらくは寝室に入るのが楽しみで仕方がなかったです。

1katen

 

 

 

「お母さん だけど今は?」

1katen (12)

 

 

 

 

へへ。ほんのり変わっちゃったね。そもそもべべの介護でベッドのマットレスはリビングに持っていってしまったし、サイズの合わないマットが無造作に敷かれているだけの状態に(汗)。

1katen (10)

 

 

 

 

でもカーテンはあの日のまま! いつかまた整理して、整理した空間を堪能しようと思います。

 

 

 

それまではフワッとゆるっとね。

 

 

 

数百の犬猫たちがバタバタと巣立ち築年数が二桁の中古マンションですが、私にとっては城。

 

 

 

自活するまで狭い賃貸コーポと古い団地を転々としながら暮らしてきた私は、「ペットOK物件」自体が夢だったし、自分の家に好きなものを置いて犬猫たちと暮らせるなんて幸せすぎます。

 

 

 

磨きながら末永くたいせつにしていきたいです。お子たちといっしょに。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク