ご心配おかけしました

今尚、ダニエルがこの世の中にいないことが淋しくてなりません。ダニエルの死について、私の不 適切な書き方に対して多数のコメントやメッセージ、又はメールをいただきました。叱咤激励を受け、客観的に自分を見つめなおせただけでなく、温かい励まし には今一度立ち上がる勇気を頂きました。ありがとうございました。

二度とこのような思いをするようなことがないよう、これからは里親様達と力を合わせ、頑張っていきたいと思います。昨日、ダニエルの里親さんからもお電話 を頂きました。ご心配なく。喧嘩などはしていませんし、無礼もはたらいておりません。ただ、「またダニエルの写真を送りますね!」とのお申し入れには応え られず、私自身が消化してからお願いいたしますと答えました。そして今回のことで気を落とされることなく、日々頑張ってくださいと申し上げました。

多数のコメントの中に「不慮の事故を覚悟して保護活動をするべきではないか」との内容のものがございました。そして「不慮の事故に遭ってしまった里親さんの心のケアこそが最優先では?」とのご指摘も頂戴しました。ダニエルは可愛がられましたが、同時にとても短い生涯でもありました。里親さんの無念さは計り知れないものであると推測いたします。もっと深くそのお気持ちを察するべきでした。反省いたします。ただ、私達保護活動している者は、誰しもが不慮の事故などを想定して犬猫を渡してはいません。いや、想定はするけれど、それを回避してもらうつとめがあるんだと思います。

例えばとても大切ないのちを他の方に託すことを決めたとします。日々その子に触れ、日々その子を抱きしめ、病院へ連れて行き、ご飯を与える。正直、ただで 出来ることではありません。お金がかかります。時間も莫大にかかります。里親様のご厚意で治療費などをご負担してくださる場合もありますが、それでも苦し いときがあります。今だから言いますが、去年は生まれて初めて姑にお金を借りました。嫁として恥ずかしい思いをいたしました。親子とはいえ、甘えるべきで はない。自分の範囲を超えてやるべきではない、そう何度も考えましたが、現実目の前に横たわるいのちを無視できる訳ありません。それは自分が選択してやっ ていることだから、納得はしています。お金も勿論、返しました。全部自分が好きでやっていること。でも、一つだけ、もし一つだけ見返りを求めることが出来 たら、私は里子に出した子に長生きして欲しい。その考えは間違いであっても曲げません。絶対に。私は、「不慮の事故があるのはしょうがない」と覚悟して笑 顔でその可愛い子を送れません。覚悟など、出来るはずもありません。私の誓約書には、そういう文言は記載しません。あらゆる危険から回避させて、天寿を まっとうさせてくださいとお願いしています。私自身がまだ、未熟者で達観していないからかもしれません。多分そうです。でも、一度抱き上げたいのちの温も りを簡単には忘れません。何年経っても彼らを忘れません。今までも、これからも私には考えることは出来ません。「不慮の事故を覚悟して里親探しをするべき だ」とは……。そして、私が常に一番考えるべき対象は、保護犬猫であり、人間の心のケアは大切ですが一番ではないと思います。

里親さんを責めるのは、筋違いです。責めるように読み取れる文章を書いたことは、私自身の至らないところであり、本意ではありません。もう少し上手に整理 して書くべきでした。反省いたします。けれどいつもいつの日も、私が最優先でケアすべきは保護したいのちであり、彼らの声に耳を傾けることだけに集中して いきたいと思います。勿論、彼らを懸命に守り、安全な生活を送らせてくださる里親さんはとても大切な存在で、それはわざわざここで深く言及しなくてもご理 解頂けると感じています。

これからも理想を天ほど高く持ち、自分にも厳しく里親探しをしていきたいと思いますので、もし私の偏った考え方にご賛同いただけましたら応援お願いいたし ます。これまでの不適切な表現、ご心配・ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。次回はお待ちかね? ACOが703にやってきた経緯をUPします!  強引なやり方で保護したので、また反感をかっちゃいそうですが(汗)もう保護しちゃいました。エヘへ。

スポンサーリンク





責任

バイトを終えて、只今帰ってきました。コメントに目を通して、私は自分の書き方に間違いが多々あることを教わりました。不快な思いを与えてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

里親さんは、ダニエルを大切にしていました。ダニエルの写真を送ってくれたのも、ダニエル自身ではなく里親さんです。そのようなことが分からないほど、私 の目は曇っていません(笑)。今まで放し飼いで数匹の猫ちゃんを失ってしまったから、ダニエルは家猫としてちゃんと育てます。そう約束してくれました し……。私は約束が守られていたと、信じています。「あの日たまたま、ダニエルが出てしまい、そして死んだ」のだと。ただ、痛い思いをして死んで行ったダ ニエルを思うと、心が切なくなりました。それだけです。私が痛みを代わってやることもできず、まだ若いのに死んでしまったことが悲しいのです。ただそれだ けなのに、それだけのことを文章にすることが出来ず、一体何をやっているのだろうとますます落ち込んでおります。里親さんを選ぶ重責が苦しいと思うだけで す。選んだ里親さんが悪いということではありません。うまく言えませんが、選んだことを後悔しているわけでもないんです。ただもし次に里子に出すようなこ とがあったら、私はどのようにすればよいのか、何を伝えたら一秒でも長生きさせることが出来るのか分からなくなったのです。まさか「猫が危ないので一生外 出を控え、換気するさえこと諦めて窓を開けないで下さい」とは言えません。けれど「守ることを守ってくださったらあとは事故なら死んでしまってもしょうが ない」とも言えるでしょうか?それが難しいと思っています。誰にだって間違いはあるし、間違いをおかさなくても生活をしていく上で避けては通れないことが 沢山あります。玄関の開閉。窓の開閉。ダニエルは、たまたまあいていた窓から出て、命を失っただけかもしれません。ただ、赤いリボンをつけて、我が家を巣 立ったダニエルの姿。私が最後に見た可愛いリボン姿のダニエル。私の中で、時間はそこで止まっています。誰かを責めたいわけではありません。ダニエルを今 まで大切にしてくださった里親さんには感謝します。ただ私は悲しい。ダニエルの死を悼んでいます。そして、立ち直るまでには少し時間がいる。それだけ。

読んでいて不快な思いを与えてしまった方々にお詫び申し上げます。私は保護しただけ。育ててきたのは里親さんです。私ではありません。分かっています。私 は少々、人間に厳しすぎましたね。人間を敵にまわすことに慣れてしまって、文章の書き方さえ間違えてしまいました。いのちと愛が満ち溢れる世界であります ように。

スポンサーリンク





堕ちてゆく心

兼ねてから私は、里子に出した子を完全に幸せするために里親さんに厳しい条件をつけてきまし た。寿命いっぱいいっぱいまで生かす。それが私の信念でした。里子に出した子を一頭でも不幸にしたら、私のこの微力な活動に終止符を打つことになるかもし れないからです。130頭以上の犬猫を里子に出してまいりました。彼らの幸せな近況は私の救いであり、宝でした。

昨夜、グリのお届けの帰りにチチと夕飯について盛り上がっているときに1通のメールを受け取りました。「ダニエルが急死しました」体中の血が引いていく思 いがいたしました。ダニエルは3兄弟の子猫で、約2年半前、私が里子に出した黒猫の男の子でした。とても優しくて、甘えん坊でした。そして、兄弟の中で一 番最後まで我が家に残った子でした。我が家では高い場所に良く登って、叱るとゴロゴロと言いながら近寄ってくるから、思わず抱きしめてしまうほど可愛い子 でした。お渡しの日には、可愛く見えるように、赤いリボンをつけてオシャレをさせました。車の中でゴロゴロ甘えてきて、運転を邪魔されました。

昨日、開けておいたトイレの窓から脱走したそうです。里親さんが半日かけて捕まえて家の中に入れましたが、その数時間後、苦しみながら死にました。車には ねられたのか、あるいは高い場所から落ちてしまったのか、内臓が破裂して口から血を出して、部屋中をのたうちまわったそうです。病院へ運んだときにはもう 既に、死後硬直の状態でした。我が家を巣立って2年5ヶ月。2歳と7ヶ月の短い生涯でした。命は儚いものですね。その日の朝までは、確かに元気だったそう です。ダニエルは幸せだったと思いますが、正直、最期は不憫です。幸せに暮らしているダニエルをいつか紹介しようと思っていたので、私は心の整理がつきま せん。唯一つ言える事は、犬猫の運命はいつも私の掌にあり、私の一存で彼らのそれが大きく左右されるということだけです。私が決めた運命に、彼らは従うほ かありません。私が決めた家庭に彼らは旅立っていくのだから。その重責が今はとても苦しいし、寿命まで生きれなかったダニエルを思うと胸が痛みます。ダニ エルはたぶん、完全室内飼育で飼われていた家猫です。たまたま不運に脱走し、脱走直後に命を失った、とのことでした。


やればやる程、分かっていくことがあります。でも、やればやる程、分からなくなってしまうこともあります。なんだかしばらく、このまま落ち込み続けそうです。ダニエル、痛かったでしょう……。

飼い猫の脱走に気をつけてください。網戸は完全ではありません。突き破って死への扉を開けます。「昨 日までは平気だったの。でも、今日に限って!」よくある事です。脱走は死を招きます。飼い犬の脱走及び盗難に気をつけてください。店先に繋いだまま、買い 物へ行かないでください。リードはしっかり握ってください。首輪は緩くありませんか?愛すれば愛するほど、徹底的に管理してください。
正しい管理は愛を意味します。

私が抱えるACO(犬)と土手の片足のない猫のみーちゃん(現在あいりママさん宅にお世話になっています)については、もう少ししたら考えます。里子全部が幸せでいなければ、この活動は意味がないのかもしれませんね。

昨日までの多数の温かいコメントを嬉しく拝見していますが、なかなか返信できずにおります。立ち上がるまで、しばし温かく見守っていただけたら幸いです。 私がやってきたことが間違いではなかったと思える時が来たら、また皆さんよろしくお願いしますね。皆さんのアクセスやコメントが私の糧でした。ではでは。

スポンサーリンク





リレー

土曜のお昼、ボランティア友達のユキちゃんと一緒に元気改めメロディをお届けしました。前の日 はドックランでご満悦だったようで(笑)、いい卒業式をあげることが出来ました。チチは参加できませんでしたが、703の記事を見て、メロディの笑顔に一 人泣いていたそうです。きっと遠い空から「おめでとう」と祝福していたのでしょう。


メロディは、沖縄で産まれました。5兄弟のカルテが残っています。他の子が3キロ弱あったのに対して、《元気 ♂ 1.2キロ》と書かれていました。卒業の前日、改めてカルテを見直し、愛しさがこみ上げました。


全然元気じゃなかったから、“元気”と名づけられたのね。元気になりますようにとの祈りがこもった仮名だったのね。元気を保護し、お世話し、何度も病院へ連れて行ってくれた沖縄のボランティア、Kさんのためにも幸せになってね。約束だよ。


いつもいつも困っていて、でも本当は嬉しくて。
「べべちゃん邪魔だよ……。ぼくが主役だよ」


初恋も体験したよね。


眠った顔は天使だよ。


可愛い可愛い天使だよ。


みんなと仲良く遊べたよね。


べべが大事なパンダさん、壊しちゃってごめんね。


月並みだけど、あなたの幸せをずっとずっと祈っています。

新しいおうちは、千葉県。Tさまの里子として迎えられました。ご夫婦と、大学生・高校生のお兄ちゃん2人。お仕事の都合でご主人にはまだ会えていません が、チチと来週末早速ご挨拶に伺う予定です! ご主人も勿論、メロディと暮らすことに大賛成で、ケージなどを奥様と一緒に買いに出かけたそうです。犬と暮 らすのは初めてのご家族ですが、何度もメールをやり取りしてその優しそうなお人柄にメロディを託すことを決めました。子犬は時にいたずらでコードをかじる 事がありますので感電に気をつけてくださいとお願いしたら、「リビングのコードを全て抜いて出かけます」と。その他にも、私がアドバイスをさせていただい たことやお約束事を実践してくださっています。メロディはおトイレの失敗もなく、食欲旺盛で元気に過ごしているそうです♪ チチもきっと安心してくれると 思います!

新しいお家で(メモリースティックをまた忘れてしまったので携帯での撮影です 涙)


可愛がってくれたユキちゃんと


自分からケージに入ってくつろぎます♪


ずっと幸せにね。来週末会いに行くからね!!

メロディを飼わなかった理由は、一つだけです。
メロディを飼わなかったのは、次の子を保護するため。
今までの愛しい卒業生全てに共通していることです。彼らを飼わなかったのは、次の子を保護するため。ただそれだけです。まだ見ぬ新しい子の為に、横にいる 愛しい子を手放すのは正直、辛いです。頑固な信念だけで成り立っている状態だから、可愛い寝顔を見ていると気持ちが大きく左右します。「このままここに居 てもらいたい」そう思わずにはいられません。

それでも、私は別れを選択します。
それが正しいかは分かりません。
でも、今までも、そしてこれからもきっとずっと別れを選択すると思います。
ただの別れは選びません。最高の別れを選びます。

私はアンカーにはなれません。いつも途中走者。
けれど最高のアンカーにいのちのバトンを渡す途中走者でありたいと思います。

Ⅹ41メロディ、卒業おめでとう。沖縄から良く来たね。
703より愛を込めて。

スポンサーリンク





回想

今日は、ラン(琥珀)のお届け。一人で行きました。


もう、これが最後の2ショット。


ケージから琥珀を出し、キャリーバックに移した後白玉を見ると、彼はひとりぼっちでこっちを向いていました。


お届け先は、先住犬コーギーのキリンちゃんがいるお宅です。素敵なマンションでした。奥様と、遊びに来たお母様が琥珀を迎え入れてくれました。大らかなタ イプのご家族で、私も安心! キリンちゃんもすごく可愛い子でした。幸せになった様子は、しばらくお待ちください。UPしますから!

行きは遅刻しないよう気を引き締めているので、琥珀の様子をちょくちょく気にする以外は運転だけに集中します。でも、無事に届けた帰り、一人きりの車内は、妙に静まりかえるから、色んなことを思い出す空間に変化してしまうのです。

ふと、5年以上前によく見ていたサイトを思い出してしまいました。当時の私は、保護活動に興味がありましたが、何をどうはじめたらよいか分からず、本やイ ンターネットを良く見ていました。その中に、犬を処分していく様子を克明に綴ったサイトがあったのです。虐待サイトではありません。サイトを運営している のは、自分でも犬を飼っている獣医師でした。サイト名も、URLも、詳細も良く覚えていません。ただ、どこか市町村のような自治体で運営されている?(ご めんなさい。公営なのか私営なのか忘れました。多分公営?)施設で働く獣医師が、犬達を処分していくシーンは頭に焼き付いています。

まず飼い主に不要の烙印を押された犬が、施設にやってきます。

殆どは、雑種の成犬で、まだ若く、イキイキしている子達でした。獣医師は処分は忍びないと、飼い主を説得しますが、説得に応じる飼い主は皆無。仕方なく、 無機質な犬舎に犬を移すのです。犬達は、不安でいっぱい……。サイトの管理人の獣医師は、自らが犬を処分するまで、毎日、その世話を担当し、様子を写真に おさめていました。

必ず長めのリードでゆっくりと散歩をしてから、丹念にブラッシングをします。処分日は特に念入りに手入れをして、長い散歩へ出かけます。散歩から戻ると一 旦休ませて、それから缶詰を与えます。いつもはカリカリだけですが、この日は特別。美味しくてどの犬も嬉しそう。でも、ごはんを食べるのは、これが最後。 餌の中に、睡眠薬を混ぜてあるので、犬達は満腹になると眠りにつきます。

そして、眠った犬にあの世行きの注射をします。
勇気ある方は、是非最期をご覧下さい」と書かれているボタンをクリックすると、犬達の死に顔を見ることが出来ます。

秋田犬の若い雑種の子が印象的でした。
飼い主に不要とされやってきたのに、とても優しい顔をしていました。無機質な犬舎の中でも、ゆったりと寛いでいました。

「僕、ちょっと暇だな」
そんな表情を浮かべている写真は、見ていて心が砕けそうでした。
最後の散歩の写真。振り返って、大きな口を空けて嬉しそうに笑います。この2時間後にはこの世に居ないと思えないほど、いのちが満ち溢れた一枚でした。

ブラッシング。気持ち良さそうに寝そべります。

死が近づいてきます。
缶詰。スゴイ勢いでがっつきます。
「美味しいよ とても美味しい!」

注射―。
死。
私は、その死に顔を見ました。
穏やかでしたが、死を受け入れていない表情でした。それどころか、何も分かっていない様子でした。どうして自分がこうなったのか、なぜ死ななければならないのか……。

私はもう一度、死の2時間前の散歩の写真をまじまじと眺めました。

頭が狂いそうになりました。

サイトを運営し、犬たちの世話をし、殺さなければなかなかった獣医師はそれから少しずつ精神を病んでしまい、胸中を綴れない状態になりました。犬が好きでたまらなかった獣医師が、どんな気持ちで処分していくのか、飼い主は知っているのだろうか……?

私はしばらくすると、そのサイトのURLをパソコンから削除しました。

そして真剣に考えました。
「私に何ができるのだろう?」

それから5年半。
私はまだ達成感を深く味わったことはありません。
救えないいのちの多さに、崩れそうになってしまうからです。

家に着くとべべと元気がこの通り


プロレスしてるではありませんか。

いのちは尊いですね。

スポンサーリンク