Brother

嵐のように荒れくれた1週間もようやく過ぎ、休んでいられる週末がやってきました。とても待ち遠しかったです。はい。

1月4日に去勢手術で外泊したまもるとつよしが戻ってきません。

実はその足で既に卒業したからです。

おめでとう、と素直に書くにはちょっと勇気が必要でした。
手放す勇気、これです(笑)。

5兄弟だったまもるとつよしがやって来たのは、他の兄弟たちが巣立ってから。
ノア(あじ)や珠(さば子)に遅れること約1ヶ月。
子猫と呼ぶには少し大きくなりすぎていました。
5兄弟とも人を虜にしてしまいそうな美猫、だから少し大きくなっても大丈夫と、私には変な勝算がありました。うち1頭は残念ながら預かり家庭先で行方不明 のまま。だからこそ、下手に焦らず、じっくりと脱走防止対策にも力を入れてくれる良いご家庭を探すことに決めていました。

でも、今回はつよしの事が一番大きなネックでした。

ここまで人馴れしない子猫は初めてです。大体の子は、例え凶暴でも数日経つと落ち着いてきますが、つよしは他の子猫より、ずっとずっと警戒心が強くて心を 開きませんでした。甘えん坊のまもるとは対照的に、いつもいつも緊張して、いつもいつも警戒して、必要と感じたら迷わず長い爪を出して向かってくる。そん な子猫でした。

正直、とても苦労しました。
つよしのことを正直に書かなければならないけれど、誤解して欲しくない、ダメな犬なんて、ダメな猫なんて、何処にも居ない、そう思っていますから。つよしにはつよしの良さがあって、それを間近で見ていた私は、どう表現するべきか、苦悩の連続でした。

まずは自分が仲良しになりたい、そう思って無理矢理近づいてしまったこともあったし、良かれと思ってしたことが裏目に出たこともありました。これじゃ、誰にも振り向いてもらえない、だってまず、お見合いの時、希望者さんはつよしに触る事も出来ないのですから・・・。

誰だって、自分に甘えてくる子が可愛いに決まっています。
自分に擦り寄る子に心を奪われ、
自分と通じ合う子に運命を感じる。

それは悪いことでもないし、汚いことでもない。
人間の当たり前の感情です。

それを知った上で、どうつよしの里親さんに出会うか、出会えるのか、本当に悩みました。
悩んでいるうちに、なぜ手放さなければならないのか、それさえ分からなくなって、人馴れしているまもるだけを手放し、つよしは残そうかしらと考えたりしました。

その頃、ちょうどまもるが原因不明の熱を出してしまい、ならばいっそ、2頭とも我が家に残そうと思ったり、つよしを信頼できるボランティア友達に託してまもるを残そうかと迷ったり、頭の中は出口のない迷路に迷い込んだような、めまいが起きるような、悶々とした毎日でした。

悩んでいても仕方ないから、里親サイトにはまもるとつよしを掲載して、少しでも行動を起こすよう努力していました。まもるのお問い合わせは10件弱あった のに対して、つよしは1件だけ。それも「まもるくんか、つよしくん、どっちかください。」2頭のうち、どっちでもいいという内容のメールでした。つまり、 つよしだけを希望する方には出会えなかった訳です。

人は感情豊かな生き物です。
私も、チチも、
その例外ではありません。

一緒に居れば別れが辛い。
手がかかれば尚更です。

お互い、心のどこかで良縁を願い、そのもう片方では、それを恐れる日々を送りました。

大好きなまもる、ずっと一緒に居られたらいいね。
大好きなつよし、昨日より今日の方が、もっと大好きよ。

結果私は、2頭一緒に貰ってくださる方、手のかかる小さなお子様が居ないご夫婦、開口部が少ないマンションに住む方、何よりも優しくて2頭のことを心から 愛してくれる方、つよしのことを理解してくれる方、そのどれか一つでも欠けたら渡さないと決め、再度里親サイトに掲載しました。

これらの条件はいつもより厳しいと感じます。戸建てであっても、猫が脱走しないよう気を付けてる方は沢山居るし、私の里親さんの多くが戸建てに住んでいま す。小さなお子様が居るご家庭もあります。勿論、皆さま素敵な方ばかり。感謝の気持ちでいっぱいです。だからちょっと難癖?的な募集の仕方だったと思いま す。未練タラタラの(笑)。かなり強引だったと思います。でも、その時は、2頭を手放す理由が欲しかった。どうにか自分を納得させる、そんな理由が欲し かったから。

ここまで読めばもうお分かりだと思いますが、今、まもるとつよしはそんなお宅に居ます。

納得できる別れが出来て、私は本当に幸せです。
手放すことは苦しいことだけど、この苦しみは、味わう価値のある苦しみで、それはすぐ、最高の幸福へと変わってしまうタイプのものだから、心からこの苦しみを与えてくれたまもとつよしに感謝します。

ありがとう。頑張って幸せを掴みましたね。

いつも兄弟に優しくて、親猫のように振舞っていたつよし、天使のように甘えん坊のまも。ふたりはずっと一緒に居られるよ。

「俺様がずっとまもるを守ってあげる。」


「じゃあぼくは、沢山甘えてぼくたち二人分の、愛を乞うよ。」


次回は、そんなふたりを引き取ってくださった素敵な里親さんと、ふたりの近況をUPします。萌えること間違いなしの写真が手元にあるので、どうぞお楽しみに~♪

「次回は萌えまくりピクチャーだって。皆さま楽しみにしててね!ぼくもまもとつよしが幸せになってくれて本当に嬉しい♪二人そろって卒業なんて、凄いよ ね!週末はアクセスが減るけど、二人の卒業式には、是非皆さまに参加して欲しいです。愛のポチもよろしくお願いします。ペコリ。」

703号室かつくん&なな

スポンサーリンク





まも発熱

ご心配をおかけしています。

まもるの様子ですが、午前中、ユキちゃんみなちゃんに付き合ってもらって病院へ行きました。まもちゃん、ブルブル震えながらも(怖さのせい^^;)良く頑張ってお注射出来ました。抗生物質のお薬を処方され、3,4日様子を見ることに。

つよしは客間に入れっぱなしだし、ほほは水頭症のためか?動きが鈍いので、まもはいつも一番元気。一番甘えん坊!一番食いしん坊でストーカーのような猫な んです。遊ぶのも一番上手。何でも一番。それなのに昨夜は、客間でつよしとずっと一緒に寝ていて、つよしが遊びだしてもまもは遊ばず、じっと片隅に固まっ ていました。ご飯を与えても、口をペロペロ舐めて食べようとはせず、心配がマックスになりました。

1年前の私ならさほど心配せずに、ほっといたかもしれません。

でも、食べない、元気がない、というのはかつのときに嫌なくらい経験しているので、神経が過敏に反応し、気が狂うほど心配になります。あの時の悪夢がよぎり、クラクラしてしまい、胸が潰れそうになります。

まもるの妹の珠(旧さば子)も骨折した時食欲不振でした。
骨折していると分かるまでは心配で、逆に骨折で痛くて食べれないと知ると、ほっとしたくらいです。骨折ならかつの悪夢を繰り返すことはない「骨折」なら・・・。
それでも本人はつらいだろうから、その部分では本当に心配してしまいましたが・・・。

夜はまもる・つよしと一緒に寝ることにして、その前に熱を測ったら39.2度。
運動時ならこの熱はおかしくないけど、平常時なのにこの熱は高い。
念のため、つよしと散々遊んだほほの熱を測ると38度ジャスト。
運動しまくったほほの方が熱が低い。ますます嫌な予感がよぎります。

朝、お腹すいたーと騒ぐこともなく(いつもは大騒ぎ)朝ごはんも食べません。そこで熱を測った見たら38.6。昨夜よりは下がっていて平熱を保っていました。でも元気・食欲は無し。ユキちゃんに電話して迎えに来てもらって、病院へ急ぎました。

お口を開けるとリンパが腫れていて、おできのようなものが両端にあって、それが痛くて食べれないんだろうということで、抗生物質を処方されました。どんな 病気かはまだこの時期では判断がつかないとのこと。お注射もしてもらいました。まもはとってもいい子でしたが、怖いのか、ブルブル震えて私のジャンバーの 中へもぐってきて甘えて来ました。正直、もう可愛くて可愛くて・・・。

家へ帰ってしばらくして、さっき熱を測ったら39度。
微熱はまだ出ていますが、小さな猫缶半分くらい食べてくれました

この調子でよくなってくれることを祈っています。

「あのさ。」


良かったわね、まもちゃん♪優しいお兄ちゃんが居て^^


つよしはまもるが大好きでとっても優しいんです。つよしがいてくれるからまもるの様子の変化にすぐに気がつくことが出来ました。つよしとほほが普通にして くれたお陰で、まもるの様子がおかしいことに気がついたし、つよしを触ってまもるを触ると、体温が同じか?食欲は同じか?ヘルスチェックできるんですよ ね。ほほも体温測らせてくれてるし、比較対象があるお陰で、随分早期から治療を開始することが出来ました。

猫を2頭飼うとそこがいい。
ボランティアの仲間の中ではそういうことがよく言われています。
病気の早期発見希望なら、2頭飼いに限るってね!

まもは一旦里親募集を中止しますが、兄弟のつよしは引き続き募集中です!普通の猫に飽きて、こういう優しくて、でもそれをうまく表現できない猫と暮らしてみたい方、変わった方?(笑)からのお問い合わせをお待ちしています。

「まもるが良くなることを祈ってぽちっとクリックで応援してね。又まもるの様子をお知らせします。食べれない辛さが良く分かるから、ぼくもまんまる星より祈っています。ペコリ。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





募集停止

ちょっと状況が変わったので、まもるの里親募集を一旦停止します。
関係している方々にはご迷惑をおかけしておりますが、まもるは昨夜から急に食欲がなくなり、発熱している状態です。いつもは一番で遊ぶのに、昨日は遊べず、苦しそうでした。

今朝も食べてません。
あげても一口も口にしません。
頭の中には最悪なことがよぎります。

午後病院へ連れて行く予定ですが、そんな訳でちょっと募集は停止します。

「ご心配をおかけしています。又何か分かったらお知らせしますね。」

703号室かつくん

スポンサーリンク





幸せのはこぶね

今日はまず、先日卒業したさば子改め珠の兄弟あじ君の卒業記事から!
あじ君は、ユキちゃんみなちゃん(保護活動友達)が預かることになって、703号室に珠と一緒にやってきました。本当は5兄弟だったんですよ。珠・あじ 君・つよし・まもる、それからもう一頭オスの子が居たんです。けれど預かりさんのお宅で脱走してしまい、活動仲間のKさんにも協力してもらって、ポスター を貼ったり、家の周りを探し回ったりしたんですが未だに見つかっていません。一瞬のうちに居なくなってしまったそうで、私達は随分胸を痛めました。今も目 撃情報をポスターで集めている状況です。5頭揃って幸せにしたい、その一心で保護したのですから・・・。

この兄弟達、実は珠も入れて全員とても凶暴で人馴れしない子達でした。
その為、病院での診察も大変で、ケアが終わった頃には皆疲れてしまう位でした。だからあえて、珠とあじを離れ離れにして、お互い依存できない環境を作ることにしたんです。それが成功して、珠は甘えん坊さんに、あじ君も人間大好きな猫に変貌してくれました♪

預かり家庭から703号室に珠と一緒に移ったノア。緊張しまくりですね^^;


そんなあじ君の新しいお名前は「ノア」。はこぶねという意味があります。行ったお宅は、卒業生のアークが居るお宅。

アークはこのお方^^ 703号室に居たころのアーク。まおという仮名がついてました。


アークは比較的最近の卒業生ですが、忘れちゃった方はこちらを。

お届けには、ユキちゃんみなちゃんが行ってくれました。又ちょっと緊張?(笑)


パパママお兄ちゃん猫のアークと共に


そしてお届けの時、アーク&ノアのパパさんがなんと手料理を作ってくれたそうです。


この写真を見て、とても美味しそうだったので、ユキちゃんに私も食べたかったー!!と子供のように詰め寄りました(爆)。いいないいな。チチ、料理なんて全く作れないし、私もこんなご馳走が家で食べたいな!ご主人、凄いですよね。羨ましい。

そしてもう一つ隠された真相が(涙)。
アークとノアは、3ヶ月違いの兄弟猫なんです(涙)。同じ母猫が産んだ子。アークを保護した時、飼い主に絶対に母猫の不妊手術をするよう強く求めていたん ですが、飼い主曰く捕まらないとのこと。なら私達が捕まえるから家を教えて欲しいとみなちゃんがしつこく言ったのですが、家を教えてくれず、不妊手術出来 ていない状況です。

だから幾つか捕獲箱を貸して何が何でも絶対に捕まえて!と毎日のように電話していますが、捕獲箱には絶対に入らないそうで、飼い猫なのに?凶暴であまり触 れないとか?本当か?と不信に思いましたが、今私もつよしのこと触れるときと触れないときがあるので、もしかするとそういうこともあるのかもしれません。

飼い主は最低だと思います。今まで生まれてしまった子を全部センターに送りつけているんですから。それで何頭処分されてきたか。でもここで喧嘩してしまえ ば、次生まれたら又センターへ持ち込むだけ。うるさく言う私達に頼んでくることなく、簡単に子猫を処分してしまうでしょう。だからそのことで頭を痛めて ちょくちょく皆で解決案を探っている状況です。一度は手術を約束してくれたから、その気持ちを信じて説得している、韓国の北への太陽政策?・・・。生まれ たからと言ってどんどん持って来られても困るから、いよいよの時はその男性を尾行してでも家を突き止めてやろうと思っています。相手は男性だし、私達にも 限界はあるけれど、ちゃんと手術はやってもらわないと。子猫を保護して里子に出すことは、簡単なことではないし、不遇な命の絶対数を減らすには手術手術、 とにかく健康な子は手術しかないと思っていますから。

それでも、同じ母猫から生まれたアークとノアだけを見れば、とっても微笑ましいし、今日はめでたい卒業記事なので、この辺にしておかないと^^;

アークは703号室に居たころからほほとよく遊んでくれて、リリとも仲良くお昼寝していたから、もう1頭飼って欲しいなと思っていたんです。それが叶って嬉しいです。パパさんママさん、本当にありがとうございます♪そして末永くお幸せに~♪

ってことで、問題山積みでしかもまだ2頭残って居るんですが、一つ一つクリアしていってくれて良かった。残ったまもるは超がつく甘えん坊さん。

日中はこうしてほほと一緒にリビングで過ごしています^^


ゴロゴロ星人で、後を着いてまわるし、にゃにゃとお返事するんですよ。


可愛いお目目パチクリさせて罪な猫です・・・。

 

「ぼくイケテルでしょ?」


小さないたずらをしたので「こら!」と怒ったら、ダッシュで逃げていく姿にメロメロ。むやみに怒れません。可愛すぎて困ります。一兆円貰っても強く殴ったり絶対出来ない。それ位可愛いです(爆)。

それに対してつよしは・・・・・・・・・・・・。はあ。。。
同じ兄弟でここまで違うとは正直驚きです。育った環境・性別・大きさ等全部が同じなのに性格がここまで違うとなると、何が性格を形成しているのか?不思議 になります。お手上げ状態(泣)。アークも珠もノアもまもるも人馴れしている子猫ではありませんでしたがちゃんと向き合えばすぐに慣れてくれたので、つよ しのこの性格が不思議なくらいです。

「悪い?」


「俺様になんか文句ある?」


ないよー、ないよないよー(涙)。ないけどもう少し仲良くなりたいの。せめて抱っこして爪を切ったり、キャリーに入れて病院へ連れて行ったり、それ位は出来るようになりたい・・・。今は触るのが精一杯。

この前の作戦の他にも色々あって、今は大きな音を立てて、缶詰を持って手から一口ずつ与えています。ご飯くらいつよし一人でゆっくり食べさせてあげたいけ ど、ご飯のときは人馴れのチャンスだから・・・。最初は手からなんて冗談じゃないって感じで、猫パンチされ私も怪我をしましたが、今はちゃんとおとなしく 手から食べてくれます。強く噛まれる事もありますが、大げさに「いたっ!」と言って、ご飯ごと下げてしまうのを繰り返していたら、優しく食べてくれるよう になりました。片手で缶詰を与えながら、片手で撫でる、これを1日3回繰り返しています。最後の一口まで手からあげるので、時間がかかってしまいますが、 つよしともう少しだけ仲良しになりたいので。

完全に人馴れしてから募集とも考えましたが、他にも子猫の募集を手伝ったり保護したりしなければならないので、ここで一回里親さん募集を考えています。

つよしは本当はとても優しくていい子です。まもるやほほが大好きでいつもオモチャを優先的に使わせるし、グルーミングしてあげたりととても面倒見が良い。 でも犬が苦手なので、出来ればおとなしい小型犬か、先住猫が居るお宅が良いなと思っています。犬が苦手と言っても、自分から喧嘩を売るようなことはしませ ん。ただ、何故か激しく人間不信^^; でも今は一緒に遊んだり、撫でたり、布団の上にちょこんと乗ってきたりするようになりましたので、もっともっと距 離は縮むと信じています。

凶暴だった猫をゆっくり育ててみたいと思う、心の大きな方からのお問い合わせを心よりお待ちしています。優しい方のまもるのご家族も募集しています!!

生後5ヶ月弱
オス
ワクチン済み
エイズ白血病(-)
健康状況:超良好(汗)

私も募集を開始しながらも、諦めずにつよしを根気良く育てていきます。
つよしは絶対に変われる。
絶対にもっとよくなる。絶対!

「ぼき やさちい ねこさんだから ごはんは ひとりで たべれまち。」

 

「Ⅹ87ノア、本当におめでとう。掴んだ幸せをいつまでも大切にね。そしてまもるとちょっと変わった猫さんのつよしを沢山の方に知ってもらいたいので、良縁を願って、愛のポチをお願いします。ペコリ。」703号室かつくん

スポンサーリンク





媛珠

今日の胃カメラは、喉の麻酔の時からゲーゲーと嘔吐反射してしまい^^;看護士さんに情けないわね、という目で見られてしまいました。本当情けない(涙)。気持ち悪くて死にそうでした。でも終わって良かった♪です。

昨日はチチの誕生日だったので、手作りコース料理を食べさせました。手作りということが苦手な私。料理はちゃんとやりますが、手抜きが多く、焼き魚、煮物、おひたし、味噌汁が定番になってます。

コースなんて言わなきゃ良かった(爆)。作る段階の前に、材料を買った時点から既に戦意喪失してしまいました。でもちゃんと作りましたからね!!

おっとっと、あぶない。
このままだと又話が逸れてしまうので、今日は先日卒業したさば子ちゃんの様子を!
誕生日に私が作ったヘボ料理やプレゼントなどは又次回以降にします。

さばちゃんの事は正直迷いました。
ほほがさば子命で、もう抱きしめて1日の殆どを過ごしていたので、このままここで飼ってしまおうかしらと。そして私自身も、指を骨折したり、何かと手がか かったさばちゃんが可愛くて、手放すのは淋しい気持ちでいっぱいでした。実はブログではさば子と書いていましたが、家では違う名前までつけていました。

「あまねちゃん」8画です(笑)。

でも、さば子を希望してくださった里親さんとお会いして、やっぱりこの方にさば子を託してみよう、そう思い至りました。

さば子の新しいお名前は珠(たま)。真珠の珠ですね。つるっとして美しいさば子にピッタリ♪あまねちゃんも良かったけど(自画自賛)、珠ちゃんは古風の ような、新しいような、そんな名前です。可愛い!!沢山居そうな雰囲気ですが、たまちゃんという卒業生は居ないんです。まだブログで紹介していない多数の 卒業生の中にも居ませんし、既に紹介済みの子の中にも居ませんよね?ちなみに一番多い名前は何だと思いますか?

卒業生の中ではダントツで「そら」。
そらは多いです。雄大なイメージがあるのでしょうか?

どんな名前も、愛を込めてつけてくださったらその名前が一番その子に合うと思います。

珠ちゃんですが、珠ちゃんには先住のお姉さんになる猫が居ます。
実はお姉さん猫の媛ちゃんも、703号室の卒業生。
ブログをはじめたばかりの時に書いた記事なので、短いのですがこちらをご覧ください。
媛は、小さい時に捨てられて、動物病院で里親が見つかり、幸せになったはずなのに、生後7ヶ月で又動物病院に捨てられてしまった子です。捨てる前の2ヶ月 は、なんと小さなケージに入れられ、ベランダへ出されていました。募集を開始したのは4月頃だから、1月~3月までの極寒期、外へ放り出されていたことに なります。

理由は子供がアレルギーになったから。
もう、この理由で捨てる人、この理由自体がだいっ嫌い!!
アレルギーだろうが何だろうが、飼うと決めたら最後まで飼え!ですよ。
2度捨てられるなんて、猫の身にもなってみろ!!

その媛を貰ってくださって、大事に育てている里親さんだから、珠のこともきっと大事にしてくれる、色々と細かいお願いもしちゃいましたが、私にとって、その安心感は大きなものです。間違いなしの方ですから♪

里親募集中だった媛。チチに抱っこされて。奥には卒業犬アニーがエキストラ出演?・笑


お届けはユキちゃん(保護活動友達)と二人で行きました。久々に会った媛は興奮してしまったので、写真が撮れず、送ってもらうことに。

「お久しぶり。あたしは媛。おひめさまのように育ってます。」


「ここ、あたちの新しいお家。」

 

「あたちも真珠のように麗ちく育ってます。」


「広いお家大好き♪あたちいっぱい遊んでます。」


卒業した時期は大きく違いますが、2猫とも送り出すことが出来て本当に嬉しいです。
媛&珠、パパママと末永く幸せにね♪

★★★おまけ★★★

載せるタイミングを逃してしまった珠&ほほを。言葉はつけません。お好きに解釈してご覧ください。ほほがどれ程愛していたか、しつこかったか、分かるかもしれません^^;

 

 

「ほほの表情に注目してね♪結構笑えるよ。特に3枚目の写真のほほ。珠ちゃんの顔も。ぼくも媛ちゃんが少しだけやってきたとき、ガラス越しにストーキング してた。ぼくが媛ちゃん、ほほが珠ちゃん。ぼくたち703号室の猫さんは女の子猫さんが大好き。Ⅹ2媛ちゃんとⅩ86珠ちゃんがいつまでも幸せであります ように、愛のポチをお願いします。ペコリ。」

703号室かつくん

スポンサーリンク